食べたもののようになる」カテゴリーアーカイブ

食事日記の添削を終えて 「人は食べたもののようになる」を改めて実感

「人は食べたもののようになる」という言葉は本当だと、塾生さんの食事日記を添削すると再確認します。
それは、体調や体型だけでなく、精神面も「食べたもののようになる」からです。
昨日、塾生さんへの食事日記のお返事がすべて終わって、このことを強く実感したのでした。

主食が確立できていない人は、やはり精神面でのブレが大きいです。
反対に惚れ惚れするほど決断力と体力のある人の食事日記は、玄米ご飯がたっぷりでビックリするほどでした。
いえ、玄米ご飯でなくてもよいのですが、やはりお米の力は私達が考えている以上にパワーを持っているようです。

むそう塾で習ったお出汁が美味しくて、具の入っていないお味噌汁を飲んでいる人もいました。
理想的には具を入れて陰陽バランスをとってほしいところですが、彼女はとにかくお味噌汁に飢えていたのでしょう。
体の声が私には伝わってきます。
甘いお菓子や甘いパンで著しくミネラル不足になっているからです。

私から厳しい返事をもらった塾生さんが何名かいます。
しかし、食事日記は今までの食生活の記録なので、これからはむそう塾で習ったお料理で上書きしてくれればよいのです。
きっと今までの食生活を変えたくてむそう塾に通う決心をされたのだと思いますので、その分伸びしろが多いことになります。
その人達が笑顔になれるように応援してあげたいと思っています。

主食が確立していない食生活は、一人暮らしならいざしらず、お子さんがいるとなると責任重大です。
お子さんの味覚形成や、食文化としても家庭の味を伝えられないからです。
子どもの時には、やはり食事が楽しいことを教えてあげたいし、色々な味を経験させてあげたいですからね。

男女を問わず、食べることに前向きになれたら、それだけでも積極性が出てきます。
その積極性の繰り返しは、必ず精神面に良い影響を与えます。
自分で自分の食べるものを作れたら、人生として文句なしです。

そんな大袈裟なと思われるかもしれませんが、老人でもお料理ができる人とお料理ができない人では、圧倒的に勢いが違いますし、お料理ができれば生き方の選択肢も広がります。
ですから、人間の生命エネルギーを左右するのが食事だと実感します。

だからこそ、食に真正面から向き合って、素敵な人生にしてほしいなと強く思います。



(にゅうめん 万古焼青十草丼 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


第11期幸せコースの皆さんは、読書感想文と食事日記が終わって、今は桂剥き投稿の真っ最中です。
美味しいものを求めてむそう塾にいらしてくれたのに、過酷な日々かもしれません。
でも、今のこの体験が必ず美味しいものに結びつきますので、へこたれずについて来てください。
7月には麺三昧の授業が待っています。

食事日記を拝見しても、麺類の登場が圧倒的に少なかったです。
軽いものを食べたくなるとパンに走るのが今の時代のようですね。
でも、むそう塾ではいっぱい麺料理が習えますので、ググッと食卓の景色が変わりますよ。
そして、あなたの体も心も変わってきます。
お楽しみに!


+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾, 食べたもののようになる | 2件のコメント

マクロビオティックの指導現場より 午前中は身体が重くて何をするにも億劫だったのがウソのようです 

今は幸せコースで提出された食事日記を添削中です。
この食事日記の添削は、私がとても多くの時間を要するので大変なのですが、せっかくむそう塾に通ってくださるのですから、日々の食べ方が健康につながるようにしてあげたいと思って、今年も続けています。

提出順にお返事をしているのですが、昨夜お返事を差し上げた塾生さんから、とても嬉しいご報告がありました。
Tさんの快諾を得ましたので、全文を掲載させていただきます。


<Tさんからのメール>

美風さん

こんばんは。
食事日記を診ていただきありがとうございました。
食事内容は直すところがないとの事で安心しました。

食事日記の中でも水分量はとても意識していました。このまま続けて行けば体調の変化も期待できるとのこと、嬉しいです。

水分量に気をつけてからはトイレの回数が減ってきたのですが、人よりはまだ多いと思います。
日記を付けてから気がついたのですが、ホッとしたい時にトイレに行く傾向があります。
以前は朝起きたらコップ1杯のお水、日中はこまめに水分を摂っていました。
相当、身体に負担をかけていたんだと気づくことができて本当に良かったです。

今年の1月に初めてむそう塾を訪れた時、今まで自分はなんて損をした生き方をしていたんだと心の底から思いました。
その時の自分は本当の私ではないと思ったのです。

違うということだけはわかったのですが、本来の自分がどういう人間なのか、こうなりたいといった明確な目標はまだわかりません。
目標を定めて努力することは楽器の練習でいつもしていることなので、今後の自分の目標が見えたらきっと楽しいだろうなと思います。
長い間体調不良で悩んでいたので、その間に試した巷の健康法やヨガ、整体などの知識がごちゃ混ぜになっています。
何かあれば直ぐに美風さんにご報告しますので、その時はよろしくお願いいたします。

中川式玄米を食べ続けて100日目頃から体調の変化を感じました。
中川さんがおっしゃっていたことが本当だったと、実感できたのが嬉しかったです。
午前中は身体が重くて何をするにも億劫だったのがウソのようです。
朝からてきぱきと洗濯物が干せることが本当に嬉しいのです。

今では習慣だった朝のコーヒーはほとんど飲まなくなりました。
昆布と鰹節できちんとお出汁を取ったお味噌汁をいただくだけで頭がシャキッとします。
煮干しのお出汁とは大違いですね。

引き続き、三種の神器を大切にして氣を整えたいと思います。

T

*   *   *

<マクロ美風より>

Tさん、お返事をありがとうございました。
そして、詳しくご報告をしてくださってとても嬉しかったです。
あなたは珍しく、直すところがない内容の食事日記を送って来られました。
きちんと記録されたお食事内容、細かく観察した体調、こまめにお料理されている様子が伝わってきて、あなたの「本気」を感じました。

私から水分量も含めてOKをもらうのは、とてもハードルが高いのですが、あなたは意志が強いから大丈夫だと判断しました。
そうしたら、やはりあなたは最初から意識して食事日記のチャンスを活かされたのですね。
ここが素晴らしいと思いました。

人の気持ちって黙っていても伝わるものですよね。
愛クラスに来られてから、あなたは中川さんのアドバイスも、私からのアドバイスもしっかり受け止めて実行してくれました。

その結果、ちゃんと100日目あたりから体調の変化を感じてくれましたね。
これが体の自然の姿なのです。
体はあなたの食べたものに、ちゃんと反応してくれているのです。
だから、「食べたもののようになる」というのは本当なのです。

美味しいお味噌汁が着実にあなたの体質改善をはかりつつありますね。
そして、毎日糠漬けも召し上がっておられます。
これで三種の神器は揃いました。
あとは、ここからどれだけ陰陽バランスを取っていけるかにかかっています。

私がついていますから、安心してせっせと行動してください。
そうして動きながら陰陽を感じて行けばよいのです。

見事な食事日記と行動力でした。
桂剥き投稿も頑張っていますね。
音楽の練習で培った根性が、きっとあなたを大きく花開かせてくれると信じています。

*   *   *

下の表は、Tさんの食事日記に書かれたある日の「飲み物の量」です。
分かりやすくするために、この日のお食事内容を書いておきます。

【7:30】 起床
【8:30】 朝食
「玄米ご飯180g 味噌汁(豆腐60g・わかめ・合わせ味噌)180cc 糠漬け 胡瓜半分」

【9:00】 白湯50cc
【9:50】 水50cc
【11:30】 ジャスミン茶50cc

【13:00】 昼食(外食) 水50cc
「蕎麦パスタランチ あさりのトマトパスタ90g グリーンサラダ 両手てのひら分 小松菜のポタージュ80cc そば粉のパン 1切れ コーヒー50cc」

【16:00】 緑茶100cc

【19:50】 夕食
「玄米ご飯200g グリンピースご飯(白米)70g アスパラガスの牛肉巻き70g サラダレタス片手 手のひら分 パプリカのオーブン焼き 1/3個 味噌汁(カブ・わかめ・合わせ味噌)150cc 糠漬け 胡瓜6切れ」

【23:30】 水100cc
【23:50】 就寝

【水分合計】860cc
お食事から:410cc
飲み物から:450cc


*   *   *

Tさんが偉いなあと思うのは、水分のとり方が非常に上手なことです。
事前に私が話していたことをキチッと守っています。
体の負担にならない水分のとり方が出来ていて、これが玄米を食べ始めて100日以降の体調の変化に大きく貢献できていることは間違いありません。

毎食のお料理の中で水分を摂っていれば、お食事の後でそんなに水分は欲しませんが、肝心なお料理に水分が少ないと、飲み物としての水分が増えてしまい、ミネラルバランスが崩れてしまう人が多いのです。
体調不良の根源は、まさにこの水分のとり方にあるといっても過言ではありません。

お食事の中で摂る水分と、飲み物として摂る水分は、体への作用が異なることを知っておきましょう。
特に梅雨時は体調不良の人が多くなります。
体内の水はけが悪いためですが、それを改善して元気に毎日を過ごせるようになってほしいと思います。


+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: 塾生さんのメールから心に響いたこと, マクロビオティックの指導現場からシリーズ, 食べたもののようになる, からだ | コメントする

食事日記のこと チャンスのこと

むそう塾の幸せコースでは、毎年食事日記を提出してもらっています。
これは義務ではありませんが、毎年全員が提出してくれていました。
しかし、今年は初めて全員提出ではない年になりそうです。

それだけお食事が体に及ぼす影響を知らないか、重視していない人が多いのでしょう。
マクロビオティックのことを知らないでむそう塾に来られた人もいらっしゃるので、それは仕方のないことかもしれません。
でも、人は食べたもののようになるので、これからはお食事の大切さに目覚めてほしいなあと思います。

たとえば、2名の方の飲み物を比較してみましょう。
【Aさん】


【Bさん】


どちらも朝5時から夜10時までの同じ時間帯で、働いている日です。
Bさんはなぜかご飯が飲み物の欄に入っていますが、記入間違いでしょう。
ただ、この時刻に夕食のカレーを召し上がっています。
ご飯が終了してすぐジュースを飲んでいます。
それからほうじ麦茶、梅酒と続きます。

果たしてそれは体が求めているのか?
気持ちが求めているのか?
そんなことを細かく見ていくのが食事日記の添削です。

一方Aさんは、朝にお番茶を飲まれただけで、夜まで何も飲んでいません。
でも、その間にお味噌汁を2回飲んでいます。
Bさんはお味噌汁を3回飲んでいます。
このお二人はもちろん、体調の違いがくっきりしています。
陰陽も驚くほど違います。

体はこれまで食べたものの領収書です。
心はこれまでの生き方の決算書です。

提出した方がいいのになあと思う人ほど提出しないという現実を前にして、日本人全体の医療費のことや、政治のことや、一人ひとりの意識の覚醒に思いを馳せています。

むそう塾は、あなたがあなたの人生をより良くするためのお手伝いをしています。
ですから、絶好のチャンスを逃さないようにしてくださいね。




昨日の授業で、桂剥きを98センチ切れずに剥いた新人さんがいました。
きっとこの授業に備えて動画などで予習をされていたのでしょう。
毎年そのような人がおられます。
チャンスを味方につけるべく頑張って偉いなと思います。

人生はたった一度だけ。
後悔しない生き方をしましょう。


+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾, 食べたもののようになる | 4件のコメント

かかとがザラザラしている人には玄米を試してみてほしいなあと思います

気温が上がって半袖姿の人が多くなって来ました。
そんな季節になると私はつい肘に目が行きます。

自分も含めて肘はいつも綺麗でありたいもの。
それは、その人の日常を物語る部分だから。

お食事をするとき、肘をついて食べる人の肘はガサガサしていて汚いですね。
その姿勢も見苦しいです。

でも、人はものすごく疲れている時には、自然に肘をつきたくなったりしますから、そんな時には「ああ、疲れているんだなぁ」と労ってあげましょう。

肘とともに足のかかとも気になる部分です。
お顔は美人なのにかかとがザラザラしていたら、ちょっと寂しいかな。

動物性の摂取が多いと、角質部分がザラザラしやすいですよね。
お若い時には代謝がよいので何とか保っていたお肌も、年齢が上がって来て代謝が落ちてくると、肘やかかとが荒れてきます。

でもね、私はマクロビオティックを知って玄米ご飯を食べるようになったら、かかとが綺麗になりましたよ。
動物性を摂らなかった影響も大きいかもしれません。
20代でマクロビオティックを知らなかった時の方が、かかとがカサカサしていました。

これは玄米に含まれる油分が毎日少しずつ体に入って行くからなんでしょうね。
糠漬けを漬ける人はお分かりだと思うのですが、糠床をかき混ぜると手がヌルッとしますものね。
あれが米糠に含まれている油分です。

だから、毎日玄米を食べていると、お肌の調子がよくなってくるというのは、とてもよく分かります。
まるで自然の乳液をつけているみたいだから。
腸の状態が改善される効果も大きいですね。

あ、先日も塾生さんから、「美風さんのお肌がきれい!」と言われたのですが、私は何十年もスッピンです。
もうかれこれ40年くらいになるでしょうか。
もうすぐ71歳ですから、肌はゆるんできていますが、明らかに玄米を食べてからの方が調子がよいです。

もちろん、かかとのトラブルもありません。
ありがたいことです。



(教室の掛花 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: 食べたもののようになる, からだ, マクロ美風の体験的マクロビオティック | コメントする

製造方法がよいことと美味しいことは違う現実 塩分に注意

ネットや本を参考に新しいお料理を作る人が多いと思いますが、そこに書かれている調味料と自宅で使う調味料がまったく同じでないと、参考にしたお料理と同じお料理はできません。
それほど調味料はお料理の味を左右します。

私はマクロビオティックを知る前に、かなりこだわって選んだ調味料を使っていたのですが、マクロビオティックの指導校に通うようになって、そこで使っている調味料に変えました。
何年もその調味料を使っていたのですが、だんだんその陽性さがつらくなって、むそう塾を始める時にほとんど変えました。

つまり、あまり陽性の強くないものにしたのです。
中にはマクロビオティックを知る前の調味料に戻ったものもあります。
陰陽的にも、製造方法的にも問題がなかったからです。

幸せコースの授業で、自宅で使われている調味料を味見したところ、塾生さんがまさに「食べたもののように」なっているので、こちらも学びになりました。
総じて塩分のきつい調味料をお選びでした。

中には手作り味噌を持参された人も何人かいましたが、合格したのはたった1名でした。
むそう塾が始まって11年の間に、合格したのはたった3名なので、手作り味噌のハードルの厳しさを感じます。
ポイントは発酵ですね。発酵が味を決めるのです。
餅は餅屋に、これがむそう塾の結論です。

*   *   *

なぜそんなに調味料を厳しく選ぶかと言うと、健康に対してはもちろんですが、お料理の仕上がりをまろやかにしたいからです。
まろやかに仕上がると体に負担をかけないので、結果として健康につながります。

お醤油やお味噌は当然のことながらお塩を使いますが、自然食品店で扱っている商品には塩辛いものが多くて、結果として塩分過多になってしまう場合があります。
自然食品店=美味しい=健康と言い切れない商品もあるのです。

塩分過多になると、お料理の美味しさが半減するだけでなく、どうしても甘いものがほしくなったり、水分がほしくなったりします。
それが体の反応なのです。

ですから、むそう塾ではお料理を美味しくする以上の塩分は摂りたくないのです。
胡麻塩もしかりです。

塩分の摂りすぎは様々な不調の原因になります。
つい食べすぎてしまう、生理が止まったまま、冷え性になった、便秘になったなども強すぎる塩分が影響している場合があります。

マクロビオティックの大先輩でも、塩分で失敗している人はたくさんおられます。
ですから、同じ過ちを犯さないためにも、正常な体の反応を大切にするべく、調味料の塩分濃度を細かくチェックしているのです。



(教室の掛花 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, 食べたもののようになる, からだ | 4件のコメント