マクロビオティックの指導現場からシリーズ」カテゴリーアーカイブ

「鱧の骨切り特訓講座」で感じたこと 改めて身震いする感動

昨日は「鱧の骨切り特訓講座」を開催しました。
時間がかかる内容のため、10時半には全員が集合してくれました。
それでも終了したのは20時半近くになって、皆さんがお疲れだったと思うのですが、なぜか全員が笑顔で楽しそうでした。
難しいことを覚えようとして、頑張っている姿が素敵で、さすが秘伝コース生だなあと感心しました。

一人で鱧をおろす本数は例年通り3本なのですが、今年は希望者が多かったため、交替でまな板を使うようにして、他の人の練習を観察する時間を設けました。
そのことが功を奏して、他の人から学んだり、順番待ちの間に骨で包丁使いを練習したり、時間を有効に使っていました。

そして、なんと!
全員がとても上手に鱧の棒寿司を作り上げたのです。
たった3本おろしただけで、こんなに上手にできるなんて、毎年そばで骨切り特訓を見てきた私としては驚きです。
鱧を無駄にしないために、中川さんが考え抜いた練習方法は、驚きの効果を上げてくれたのでした。

年々進化するむそう塾らしく、素人さんが京料理人でさえ難しいとされる鱧の骨切りに挑むなんて、頭がクラクラしてきますが、ちゃんと結果を出してくれる塾生さんがいることを、誇らしく思うのでした。
それにしても中川さんの指導力は凄いなあと思いました。
今年も身震いするほど感動した私です。
毎年撮りためた動画を塾生さんに何本も送って、私からも応援しているところです。

今年は19日にもう1回特訓講座があって、5人が挑戦することになっています。
どんな感動的な場面が展開されるでしょうか?
今から楽しみにしています。

棒寿司だけでなく、こんなお料理も楽しんでください。
美味しいですよ〜。


(鱧寿司 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)




(鱧チリ 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


*   *   *

ところで、秘伝コース生ともなると、技術の細かいところを、感覚でも自分で掴み取ろうとする学び方が上手になってきます。
昨日は包丁が左手に当たる感覚を教えてほしいと、中川さんから実際に包丁を当ててもらっていました。
そうすると、ご自分で思っていたよりもっと手応えがあったようで、感動していました。(ウルウル)




この塾生さんは、満足コースでも熱心に桂剥きや刻みの練習をされていたからこそ、今あらためて猫の手に触れる包丁の感触を確かめて、はっきりと自分の目指すところが定まったのだと思います。
頑張って練習していたからこそ、味わえた感動だったのです。
彼女にとっても「刻み革命」が起きた一日だったようです。

こういうことは、教室で直に習って初めて得られる学びで、だからこそ京都まで通うことは大変貴重な機会なのです。
お料理には香りとか食感とか、何よりも大切な味があるので、やはり直に伝える必要があります。
オンラインであってもこればかりは伝えられません。


+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ | 4件のコメント

桂剥き投稿メールから 包丁砥ぎが出来るようになって嬉しい 

2019年度幸せコースの桂剥き投稿は、本日の21時に金曜クラスの提出が締め切られました。
あとは土曜クラスと日曜クラスの提出が残っています。

例年なら締め切り時間ギリギリまで粘るのですが、今年は最終日を待たずに「桂剥き美人2019」の認定が発表されるなど、新しい変化がありました。
一番最初に認定された“ぺろり”( Ha 12-10)さんは、実は昨年の今頃は「秘伝コース生」だったのです。
しかし、秘伝コースで改めて桂剥きの重要性を知り、今年の幸せコースを再受講されたのでした。

そして、新しい塾生さんと肩を並べて桂剥きに取り組みました。
なかなか脱力が出来ず、途中で体に痛みを感じたり、体調が悪くなる日がありました。
私が凄いなあと思ったのは、あれだけ頑固な尺取り虫だったのに、ちゃんと克服されたことです。
まだ後輩さんにも尺取り虫の人がいますが、あれは完全に直さないと駄目です。
合谷が開いてしまうからですね。

ぺろりさんのこれからの課題は、スピードアップでしょうか。
そのためにすることはもう分かっていらっしゃるので、あとは桂剥き投稿期間が過ぎても一人で練習できるかどうかです。

では、最終投稿のメールをご紹介します。
ぺろりさん、公開をご許可くださいまして、ありがとうございました。

*   *   *

<ぺろりさんのメールより>

中川さん こんにちは。
桂剥きの動画と写真を送りましたので見てください。

今日で最後の投稿です。長い間ありがとうございました。
休んだのは 2回、よく続いたと自分でもびっくりしています。

途中で具合が悪くなりましたが、力み過ぎという事がわかり、丹田に力を入れる事を意識する事でその後は以前の様に疲れる事も無くなりました。

はじめの頃は、腹痛や頭痛で辛い時もありました。
今では、仕事も楽になりました。(力み過ぎ)

桂剥きもここまで上手になるとは思っていませんでした。
教室の時に「焦らず丁寧に自分の出来る範囲で剥く」と思ったのが良かったみたいです。家でも自分のペースでコツコツと、褒めてもらっても驕らない。

中川さんの言われた事を何回も繰り返し考え、どういう事を言われているのか考えました。
そして「同じ事を言われない様に一歩、半歩でもいいので少しでも進歩できるようにしよう」と思っていました。

包丁砥ぎはとても不安で、「ここで出来なかったら出来るようにはならない。どうする自分。このまま出来ないままにするのか出来るようにするのか」自問自答しました。

でも、何とか出来るようになって(最初は信じられなかったです)、桂剥きが出来た事よりも包丁砥ぎの方が嬉しかったです。
桂剥きも嬉しいです。

今まで本当にありがとうございました。

○○○○○ Ha(12-10)



(大根のケン マクロビオティック京料理教室 むそう塾 ぺろりさんの作品)


+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロビオティック料理教室 むそう塾, 体験談 | 2件のコメント

マクロビオティックの指導現場より 午前中は身体が重くて何をするにも億劫だったのがウソのようです 

今は幸せコースで提出された食事日記を添削中です。
この食事日記の添削は、私がとても多くの時間を要するので大変なのですが、せっかくむそう塾に通ってくださるのですから、日々の食べ方が健康につながるようにしてあげたいと思って、今年も続けています。

提出順にお返事をしているのですが、昨夜お返事を差し上げた塾生さんから、とても嬉しいご報告がありました。
Tさんの快諾を得ましたので、全文を掲載させていただきます。


<Tさんからのメール>

美風さん

こんばんは。
食事日記を診ていただきありがとうございました。
食事内容は直すところがないとの事で安心しました。

食事日記の中でも水分量はとても意識していました。このまま続けて行けば体調の変化も期待できるとのこと、嬉しいです。

水分量に気をつけてからはトイレの回数が減ってきたのですが、人よりはまだ多いと思います。
日記を付けてから気がついたのですが、ホッとしたい時にトイレに行く傾向があります。
以前は朝起きたらコップ1杯のお水、日中はこまめに水分を摂っていました。
相当、身体に負担をかけていたんだと気づくことができて本当に良かったです。

今年の1月に初めてむそう塾を訪れた時、今まで自分はなんて損をした生き方をしていたんだと心の底から思いました。
その時の自分は本当の私ではないと思ったのです。

違うということだけはわかったのですが、本来の自分がどういう人間なのか、こうなりたいといった明確な目標はまだわかりません。
目標を定めて努力することは楽器の練習でいつもしていることなので、今後の自分の目標が見えたらきっと楽しいだろうなと思います。
長い間体調不良で悩んでいたので、その間に試した巷の健康法やヨガ、整体などの知識がごちゃ混ぜになっています。
何かあれば直ぐに美風さんにご報告しますので、その時はよろしくお願いいたします。

中川式玄米を食べ続けて100日目頃から体調の変化を感じました。
中川さんがおっしゃっていたことが本当だったと、実感できたのが嬉しかったです。
午前中は身体が重くて何をするにも億劫だったのがウソのようです。
朝からてきぱきと洗濯物が干せることが本当に嬉しいのです。

今では習慣だった朝のコーヒーはほとんど飲まなくなりました。
昆布と鰹節できちんとお出汁を取ったお味噌汁をいただくだけで頭がシャキッとします。
煮干しのお出汁とは大違いですね。

引き続き、三種の神器を大切にして氣を整えたいと思います。

T

*   *   *

<マクロ美風より>

Tさん、お返事をありがとうございました。
そして、詳しくご報告をしてくださってとても嬉しかったです。
あなたは珍しく、直すところがない内容の食事日記を送って来られました。
きちんと記録されたお食事内容、細かく観察した体調、こまめにお料理されている様子が伝わってきて、あなたの「本気」を感じました。

私から水分量も含めてOKをもらうのは、とてもハードルが高いのですが、あなたは意志が強いから大丈夫だと判断しました。
そうしたら、やはりあなたは最初から意識して食事日記のチャンスを活かされたのですね。
ここが素晴らしいと思いました。

人の気持ちって黙っていても伝わるものですよね。
愛クラスに来られてから、あなたは中川さんのアドバイスも、私からのアドバイスもしっかり受け止めて実行してくれました。

その結果、ちゃんと100日目あたりから体調の変化を感じてくれましたね。
これが体の自然の姿なのです。
体はあなたの食べたものに、ちゃんと反応してくれているのです。
だから、「食べたもののようになる」というのは本当なのです。

美味しいお味噌汁が着実にあなたの体質改善をはかりつつありますね。
そして、毎日糠漬けも召し上がっておられます。
これで三種の神器は揃いました。
あとは、ここからどれだけ陰陽バランスを取っていけるかにかかっています。

私がついていますから、安心してせっせと行動してください。
そうして動きながら陰陽を感じて行けばよいのです。

見事な食事日記と行動力でした。
桂剥き投稿も頑張っていますね。
音楽の練習で培った根性が、きっとあなたを大きく花開かせてくれると信じています。

*   *   *

下の表は、Tさんの食事日記に書かれたある日の「飲み物の量」です。
分かりやすくするために、この日のお食事内容を書いておきます。

【7:30】 起床
【8:30】 朝食
「玄米ご飯180g 味噌汁(豆腐60g・わかめ・合わせ味噌)180cc 糠漬け 胡瓜半分」

【9:00】 白湯50cc
【9:50】 水50cc
【11:30】 ジャスミン茶50cc

【13:00】 昼食(外食) 水50cc
「蕎麦パスタランチ あさりのトマトパスタ90g グリーンサラダ 両手てのひら分 小松菜のポタージュ80cc そば粉のパン 1切れ コーヒー50cc」

【16:00】 緑茶100cc

【19:50】 夕食
「玄米ご飯200g グリンピースご飯(白米)70g アスパラガスの牛肉巻き70g サラダレタス片手 手のひら分 パプリカのオーブン焼き 1/3個 味噌汁(カブ・わかめ・合わせ味噌)150cc 糠漬け 胡瓜6切れ」

【23:30】 水100cc
【23:50】 就寝

【水分合計】860cc
お食事から:410cc
飲み物から:450cc


*   *   *

Tさんが偉いなあと思うのは、水分のとり方が非常に上手なことです。
事前に私が話していたことをキチッと守っています。
体の負担にならない水分のとり方が出来ていて、これが玄米を食べ始めて100日以降の体調の変化に大きく貢献できていることは間違いありません。

毎食のお料理の中で水分を摂っていれば、お食事の後でそんなに水分は欲しませんが、肝心なお料理に水分が少ないと、飲み物としての水分が増えてしまい、ミネラルバランスが崩れてしまう人が多いのです。
体調不良の根源は、まさにこの水分のとり方にあるといっても過言ではありません。

お食事の中で摂る水分と、飲み物として摂る水分は、体への作用が異なることを知っておきましょう。
特に梅雨時は体調不良の人が多くなります。
体内の水はけが悪いためですが、それを改善して元気に毎日を過ごせるようになってほしいと思います。


+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: 塾生さんのメールから心に響いたこと, マクロビオティックの指導現場からシリーズ, 食べたもののようになる, からだ | コメントする

正しい乱切りの仕方 京料理人 中川善博の動画より 

今年も幸せコースの6月授業が終わりました。
3クラスそれぞれに特徴があって、今後の成長を楽しみにしています。

男性ながら育児やお料理も頑張っている塾生さんや、すでにお腹が大きいので、幸せコースの途中で出産をされる塾生さんがいます。
あるいはこれから妊娠される塾生さんもおられるでしょう。
皆さんがそれぞれの環境で頑張っていかれるので、むそう塾では全力で応援させていただきます。

さて、今月は実習だけで座学がない授業でした。
11:30〜16:00まで4時間あまり、立ちっぱなしで包丁を持っているので、緊張して疲れた人も多かったことでしょう。
緊張には個人差があるので、このくらいなんて平気といえる体力がつくようになりましょう。

ところで、今年からは「乱切り」も切り方に入れました。
それは、お弁当の単発講座を開催した時に、乱切りが出来ない人が結構いらして、ビックリした経緯があるからです。
こういう日常的な切り方でも怪しい時代になって来たのですね。

過去にアップした記事ですが、もう一度リンクしておきますので、ぜひ正しい乱切りが出来る人になってください。



(胡瓜の乱切り 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


乱切りの決定版! 前後から 筋入りまで!(動画付き) 2016.6.6
中川善博による胡瓜の乱切りお手本(動画付き) 2016.6.5
胡瓜の乱切り(ゆっくり動画付き) 2016.5.15
むそう塾の動画チャンネルを参考にしましょう(胡瓜の乱切り) 2015.8.19
胡瓜の中華風ピクルス(乱切りの動画付き) 2014.8.21


+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: 京料理人 中川善博の動画, マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロビオティック料理教室 むそう塾 | コメントする

マクロビオティック京料理教室 むそう塾での学び方 塾生さんの体験より

スポーツでもダンスでも何かを習う時には、まず教えてくれる人の模倣から入ります。
模倣するには、教えてくれる人と自分の違いを知らなければなりません。
お料理でもそれは同じことなのですが、多くの人はそういう認識を持っていないようです。

でも、むそう塾ではプロがギリギリのところまで突き詰めたお料理方法を伝授するので、まずは教わったとおりに復習するのがベストなのですが、これがなかなか実行出来ない人が多いです。

そこには面倒くさいとか、恥ずかしいとか、大体できればいいじゃないとか、そんなに細かくやらなくてもとか、とにかく自分が負担に感じることをしたくない人が多いのです。
でも、美味しいお料理を作るためには、最低限身につけてほしい技術があります。
そして、自分の体を守るためにも、疲れないように、あるいは怪我をしないようにするための姿勢があります。

それを最初に教えるのですが、人間は自分の癖を直すのは本当に難しいらしくて、なかなか本気になってくれません。
でも過去には、左利きなのに右手で包丁を持つ練習をしたり、お箸を持ったりして、上手に使えるようになった先輩がいました。

外国では左利きも個性として直されないようですが、日本料理の世界では左利きの人は苦労されるようです。
繊細な仕事が多いので、どうしてもその時に違和感が出てしまうことがあるのだそうです。

習い事一般に関してそうですが、姿勢というのはとても重要です。
目的に合わせた姿勢というのがあって、その姿勢次第で結果が変わってきます。
お料理は繊細な世界ですから、手仕事の姿勢を見ただけでその人の腕がわかるほどです。

*   *   *

むそう塾はプロを育てる所ではありませんが、レベルはプロと同じことを家庭で使う道具に合わせて教えています。
お料理の味もプロレベルです。
ですから、当然その技術の習得は簡単なものではありません。
練習が必要です。

でも、むそう塾にはお料理を苦手とする人が沢山集まっていますので、その人たちの目的を叶えてあげなくてはなりません。
ですから、少しでも上達してくれるように日夜フォローを続けています。

そのうちに練習が楽しくなって伸びて行く人もいますし、練習は嫌いだけど美味しいものは食べたいという人たち、そこそこ練習はするけどこれまでより断然美味しいからこれでいいやと思う人など様々です。

でもね、それでもいいのです。
お料理方法や使う調味料が違うだけでも、今までのお料理より何倍も美味しくなっているはずですし、ご家族の反応も良くなっているはずですから。

どのへんを目指すかは習う人の自由です。
ただ、他の料理教室と違うのは、本人のやる気次第でプロのレベルまで到達することが可能な料理教室だということです。
プロの練習は厳しいものですから、決してそれを強要するものではありませんが、本人が求めればどこまでも指導する用意があります。

一般的には調理師の資格が取れる学校がありますが、そこで教えた経験を持つ中川さんは、「この方法では上達しないな」と思ったそうです。
多くの弟子を育てた経験もあるので、苦手な技術というのも知り抜いています。
それでむそう塾を始める時には、少人数でマンツーマンというスタイルにしたのでした。

あとは本人のやる気次第です。

*   *   *

そんなむそう塾で一番技術的に難しいお料理を教えるのが「秘伝コース」ですが、その復習投稿をされた晴さんの例をご紹介しましょう。
5月の授業は鰹をおろしてお刺身を作ることでした。

5月30日の朝の復習投稿ですでに合格されていた晴さんですが、その時の指導をもとにもう一度復習投稿されました。
それが素晴らしい練習内容だったので、ここで記事にさせていただきます。

【5月30日 朝の復習投稿】
<中川善博より>
上手に出来ています。  ギュッと陽性な盛り付けができていますね。 合格です
はたしてこの1皿の盛り付けを何秒で盛れたでしょう? 測りましたか?
必ず計時するか、iPhoneで動画を撮っておきましょう。
おろしが隙間埋めのように貼り付けられているのが気になります。
おろしの重心点、手前の曲げた2切れの重心点、奥の台盛りの重心点を見抜いて盛りましょう。

<晴さんより>
中川さん、こんにちは。
ご指導ありがとうございます。

はい。
やっていくうちに盛り付けの理解不足がどんどん分かってきて、
こわごわ牛のように盛り付けをしました。
おろしは、手前の隙間が気になって埋めてしまいました。

盛り付けの基本を、表現を変えて何度も教えていただいて、
今回もはっと思うことがありました。
ありがとうございます。

*   *   *

【5月30日 夜の復習投稿】
<中川善博より>
ぐっと良くなりましたね。 私の言うことがやっと伝わったと感じます。
疾走感もキレも表現するには「速度」がいるのもわかってくれましたね。
あらためて 合格とします

<晴さんより>
中川さん

たくさんのご指導をありがとうございました。
合格がいただけたかどうかに関係なく、やっと自分の中で納得ができました。

お造りの盛りは難しいと思うと、どんどん考えながら盛り付けてしまっており、
とにかく速さを意識して作って盛ってみただけで、こんなに表情が変わって
驚きました。

中川さんのおっしゃられる通りに、動画を撮って練習してみて、
自分を知り、投稿のためではなく本当の練習ができたと思います。
動画を見るのは怖いし、ひと手間かかることを億劫がって今まできたのですが、
中川さんが常々おっしゃられていることすべて、自分に当てはまっていて、
自分の上達の機会を逃してきました。
どんなに牛でも、台所が片付いていなくても、とにかく動画を撮って、
中川さんに診ていただきたいと思います。
これからもご指導よろしくお願い致します。

合格をありがとうございます! 嬉しいです!

*   *   *

晴さんはメールとは別に、中川さんにiMessageで動画を送っていました。
練習内容を判断してもらうためです。
これが前回の指導を踏まえた練習ということですね。
晴さんの許可を得ましたので、動画を載せておきましょう。
(この記事のために、わざわざYouTubeにアップし直してくれました。)

【鰹のたたき 背身平造り】


【鰹のたたき 腹身平造り】


【鰹のたたき 盛付け】



*   *   *

いかがでしたか?
5月31日の投稿に寄せられた晴さんのコメントが素晴らしい内容ですね。
今までの成長を阻んでいたものを払拭するべく、動画を撮って自分の練習している姿を中川さんに送ったのです。
たった数分の動画であっても、指導してもらうべき情報が正しく伝えられています。
これが中川さんがいつも口を酸っぱくして伝えている効率的な練習方法なのです。

ところで、晴さんにこの動画をブログの記事に使わせてもらえないかどうかお伺いしたところ、次のようなお返事をいただきました。

とても恥ずかしいですが、動画も恥ずかしいですが、これも私の今の姿なので、よろしければなんでも使っていただきたいです。
今までも、先輩方や皆さんが動画を提供して下さるおかげで、勉強させていただくことができています。
少しでもご恩をお返しすることができるのでしたら、嬉しいです。
よろしくお願い致します。

ありがたいですね。
こうしてこの動画がどなたかの参考になって、あるいはやる気を引き出してくれるかもしれません。
先輩から後輩に、むそう塾の理想的な練習風景が伝わるといいなと思います。

ちなみに、むそう塾でお料理がとても上達した麗可さんは、恥をかなぐり捨てて中川さんに食らいついて行きました。
何秒かの動画でも良いから中川さんに送って、YESかNOかの返事をもらうだけでも無駄な練習が省けます。
こうしてお互いの時間を有効に使って、お料理上手な人になってもらえたら嬉しいです。


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロビオティック料理教室 むそう塾 | 2件のコメント