マクロビオティックの陰陽はその都度変わる 絶対的なものではないから

こちらの記事のコメントにお返事を書いていたら、長くなってしまったので記事にしてお返事をさせていただきます。
まずは彩生さんのコメントから。

 
 

美風さん

ブログで詳しく書いて下さってありがとうございました。
コメントするまでに時間がかかり、申し訳ありませでした。

決断と諦めの陰陽のお話を聞けて人生の中で180度かわるくらいの衝撃でした。
なんとしてでも行く!と無理矢理するのは陽性でもなんでもなく、準備不足だったということですね。今回のことだけでなく、温かい海外暮らしで子どもがこんなに風邪をひくことを知らずに今まで過ごしてきたので、そういうことに対しても準備が必要だということがわかりました。

マクロビオティックが好きになってから、陰陽で考えることが世界のどこでも暮らしていけるだろうと思いました。
でも、自分の陰陽の考え方が未熟で間違って体調を壊したり、うまく判断できないことが多くありました。
むそう塾では中川さんの絶品の心と身体にも優しいお料理だけでなく、美風さんと中川さんからの陰陽の口伝が私は京都に行く度に本当に楽しく思っています。

そして家族ができ、子どもに恵まれより自分の時間を捻出することが課題でしたが、「人生を陽性に生きるということは時間を無駄にしない」という言葉に、母になってこれから仕事もするとなった私には、より陽性になることが必要だと感じました。

より陽性に身体だけでなく心も変化できるよう助けて下さってありがとうございます。

*   *   *

<マクロ美風より>

彩生ちゃん、こんにちは。
コメントをありがとうございます。

彩生ちゃんのコメントには大事なことがいっぱい含まれているので、他の皆さんとも共有したいと思いました。
陰陽を考える上での参考になったらいいなあと思って、長いお返事ですが色々書いてみますね。

まず、無理に自分の思い通りにするというのは、一見すると陽性のようにも思えますが、後でもめ事を招くことにもなります。
もめ事(陰性)は氣の低下を招くので、できれば避けたいものです。
(注:もめている時は悪い陽性状態)

今だけのことを考えたら、行動することが陽性のように見えても、その先にもめ事の種を内包している行動は、必ずしも陽性とはいいません。
一連の流れで判断すると、それは陰性になります。

それよりも、気持ちよく出発できる環境を整えて、帰宅後も笑顔で過ごせることが本当の陽性な行動です。

同じ24時間を、トラブルに心を痛めて過ごすのか、ミスの後始末のために時間をさくのか、笑顔で過ごせる時間を増やすのか?
もう答えは明らかですよね。
ですから私は、トラブルやミスを可能な限り避けるような生き方をおすすめします。

それでも子育て中は、思いがけないことが勃発しますから、常に余裕をもった計画を立てておきましょう。
ギリギリの計画を立てると、結果として子どもを叱ったり、「早く!」とせっついたりしがちで、みんなの気持ちが陰性になってしまいます。

*   *   *

海外生活が長くて、日本での子育てにはまだ慣れていないあなたが、ご家族の思わぬ体調不良に翻弄されながらも、こうしてご自分のやりたいことを目指して頑張っておられるのは、本当に偉いと思います。

あなたはすごく頑張り屋さんです。
でも、そういう人に多い傾向として、誰かに甘えることが苦手というのがあります。
最近、こういう人が多いですね。
それはきっと、学生時代から「頑張って勉強しろ!」と植え付けられているからかもしれません。

でもね、甘えてもいいのです。
甘えられる人が側にいることは幸せなことなのです。
そして、甘えられたら嬉しいのです。
(私も塾生さんから甘えられると嬉しいです。)
子育ては、案外甘え上手な人がそこそこ軽やかに乗り越えています。

クヨクヨと悩むくらいなら他人の力を借りる。
そう割り切って次に進む方が時間が無駄になりません。
時間が足りないのではなく、ご自分のふんぎりが悪いだけということもあります。
こういうときは、物事の結論を長引かせないことを意識するといいですね。

*   *   *

ところで、マクロビオティックの陰陽を考える時、間違って解釈されていることが多々ありますよね。
ネットだけの情報だとそういうことが起こり得ます。

陰陽は上っ面だけとらえていると、核心を見抜くことができません。
特にマクロビオティックの陰陽は、中医学の陰陽とは少し異なる部分があるので、なおのことです。

目の前の状態だけで考えるのか、結果だけとらえて考えるのか、結果のその後まで考えるのか?
その都度陰陽が変わります。
お料理でもそうですよね。

大事なことは、陰陽は相対的なものであるということです。
これをついうっかり、絶対的なものとして取り込んでいませんか?
昆布は陽性、砂糖は陰性というふうに。
でも、昆布が陰性な働きをしたり、砂糖が陽性な働きをする場面もあるのです。
100%陽性、100%陰性ということはありません。

ですから、色々なケースで陰陽の視点から考えて当てはめてみる練習が必要です。
ある程度練習すると、考え方の順序が理解できてきますので、そうなったらしめたもの。
あらゆる事象で練習してみましょう。
(実はこれが面白くて面白くて、夜を徹して語り合いたいほどなんですよ。)

むそう塾のサイトに、「陰陽を感じる日々の暮らし」というコーナーがあるのをご存知ですか?
先輩たちが日々の暮らしの中から、陰陽視点で感じたことをメールで送ってくれて、記事にしたものです。
先輩たちもこうしながら陰陽をジワジワと身につけて行かれました。

陰陽は話しながら身につけていくのが一番手っ取り早いですね。
考え方の間違いをすぐ修正できるチャンスがあるからです。
でも、それが無理なら、こうしてメールでの会話を利用しましょう。

むそう塾は、学びたいあなたを色んな形で応援しています。

 
 

(雪が解け始めた京都東山です 2022.1.21)

 
 


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロビオティック料理教室 むそう塾, マクロビオティックの陰陽で考えてみよう | コメントする

塾生さんからの復習投稿があまりにも素晴らしくて涙が流れた 

心が洗われるような場面 思わず涙が出てくるような場面

そんなことは しょっちゅうあるわけではない

しかし けさ 涙が流れる感動をした

 
 

(実山椒の佃煮 料理:Ryokoさん マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

(穴子の飯蒸し 料理:Ryokoさん マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

(菜花の伊風お浸し 料理:Ryokoさん マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

これらの写真を見たら なぜか涙が流れた

澄んでいて

迫力があって

爽やかで

心をつかまれた

 
 

コメントにも感動した

師弟のやり取りに

厳しさだけでない

愛を感じた

 
 

実は 彼女は病気を抱えてむそう塾にやってきた

だが 今はこんなすごいことができるようになった

この写真に彼女のすべてが反映されている

 
 


カテゴリー: うれしかったこと, マクロビオティックの指導現場からシリーズ | 2件のコメント

これから開催予定の講座案内(2022.1.18現在)

このページはこれから開催予定の次の講座のご案内をしています。(ご案内順)
・2022年1月〜2022年2月の単発講座のご案内
・2022年度各コースのご案内

※初めての方が受講できるのは、「第3回 京料理人中川善博の料理試食会」のみです。

 
 

【単発講座】
<2022年>
【1月】
29日(「中川式お寿司講座 第2弾」 あと1席
30日(「牡蠣(かき)料理五種講座」 満席
【2月】
11日(「玄米の炊き方秘伝講座」 満席
18日(金)「おなじみ料理講座 第1回」 満席
23
日(「中川式玄米稲荷寿司と春夏バージョン金平牛蒡講座」 あと2席
26
日(「第3回 京料理人中川善博の料理試食会」 あと7席
27日(「おせちの盛付秘伝講座」 あと1席
28日(月)「おせちの盛付秘伝講座」 あと5席

【再開催ご希望講座はこちらから】

 
 

【2022年度1年間コースの募集内容】 受付中
・5/15〜「2022年度(第14期)幸せコース」 日曜クラス 満席
・5/16〜「2022年度(第14期)幸せコース」 月曜クラス あと8席
・5/21〜「2022年度(第12期)上級幸せコース」 あと3席
・5/22〜「2022年度(第9期)満足コース」 満席
・5/14〜「2022年度(第8期)秘伝コース」 満席
・5/7〜「2022年度(第3期)自由人(びと)コース1」 満席
・5/8〜「2022年度(第2期)自由人(びと)コース2」 満席
・5/29〜「2022年度(第1期)自由人(びと)コース3」 満席

 2022年度各コースの受講ご希望者状況

 
 

【2021年度1年間コースの内容】
「2021年度(第13期)幸せコース」
「2021年度(第11期)上級幸せコース」
「2021年度(第8期)満足コース」
「2021年度(第7期)秘伝コース」
「2021年度(第2期)自由人(びと)コース1」
「2021年度(第1期)自由人(びと)コース2」

 
 

2021年度マクロビオティック京料理教室 むそう塾 年間コース日程表 2021/5〜2022/4】(2022/1/18現在)

 
 

2022年度マクロビオティック京料理教室 むそう塾 年間コース日程表 2022/5〜2023/4】(2022/1/18現在)

 
 


カテゴリー: 講座のご案内・連絡事項, 玄米の炊き方講座 | コメントする

「おなじみ料理講座 第1回」開催のご案内

昨日、お豆腐の記事を書いたところ、すぐ反応してくれる塾生さんがいらしてくれたので、講座を開催することにしました。
2月になってしまいますが、「おなじみ料理講座 第1回」として開催したいと思います。

湯豆腐の他に豚丼や豚汁、さらにはココアまで加わって笑ってしまうのですが、たまにはこんな楽しい講座もいいかもしれません。
みんなでハフハフしましょ。

前から豚汁や豚丼の話はしていたのですが、中川さんが乗り気ではありませんでした。
「そんなの誰でも作れるじゃないか。」って。
でも、私は食べたいなあと思うのです。
なんていうのでしょうね。すでに知っているお料理だけど、中川さんならもっと爽やかな味にしてくれる期待みたいのがあるんです。

「豚丼」は私の故郷の料理なのですが、お店で食べるのはそんなに美味しくないので、私は自分流にアレンジして作っていました。
それを中川さんなら、どんなふうに仕上げるのだろうか?
そんな思いがあったのです。

「豚汁」は男性から絶大な人気があるし、子どもたちも喜んで食べてくれるのに、中川さんはお味噌汁にゴチャゴチャ具を入れるのを嫌うのです。
中川さんが陽性だからなのか?
料亭料理が長いからか?
もともとお味噌汁が嫌いだったからか?

でもまあ、そんなこんなを吹き飛ばして、私の希望を聞いてくださることになったので、私としてはすごく嬉しいのです\(^o^)/
これは私の特別な事情があるからかもしれません。
それはこちらの記事で。

ちょうど開催日がお誕生日の方や、懐かしい塾生さんもいらしてくださるとのことなので、定員を増やして開催します。
ご希望者は次のとおりで、満席になりました。
1 ペロリさん
2 だいだいさん
3 京子さん
4 ようこさん
5 おはるさん
6 ばんびさん
7 こたろうさん
8 康栄さん
9 ゆきさん
10 彩生さん

*   *   *

【講座名】
「おなじみ料理講座 第1回」

【開催日】
2022年2月18日(金)

【会場】
むそう塾(京都市左京区孫橋町18)

【内容】
<下記メニューのデモと試食>
1 湯豆腐
2 豚汁
3 もつ煮込
4 大学芋 ← こだわりの大学芋だとか
5 豚丼
6 なめらかココア  ← 作り方が画期的

<昼食>
すぐ試食からスタート

【タイムテーブル】
11:00      開場
11:30~17:00 デモ&試食
17:00      解散

【定員】
10名

【受講資格】
幸せコース在籍以上(2022年度幸せコース申込者もOK)

【お子様】
会場が狭いため、申し訳ありませんがご同伴出来ません

【受講費】
55,000円(消費税込)

【受講費の支払期限】
開催日の1か月前まで

【申し込み方法】
こちらの予約システムから 随時受付

【締切】
定員になり次第

【キャンセル料】
・開催日の15日前〜8日前:受講費の50%
・開催日の7日前〜当日:受講費の100%
(ご返金に伴う振込手数料はいただきません)

 
 

(まだお料理の写真がないので、材料のひとつを載せておきましょう。後日差し替えます。)

 
 


カテゴリー: 講座のご案内・連絡事項 | コメントする

「開墾のはじめは豚とひとつ鍋」 北海道の十勝と曽祖父とお菓子

北海道の十勝には、「ひとつ鍋」というお菓子があります。
これは北海道開拓に当たった依田勉三という人が、「開墾のはじめは豚とひとつ鍋」という言葉を残したところから来ています。
中に求肥が入っていて、私の大好きなお菓子でした。
もう、50年近く食べていませんが・・・。

私の母方の曽祖父・曾祖母は、鹿児島から大勢の人を連れて十勝入りして、開墾の果てに十勝の地に骨を埋めました。
まだまだ士農工商が身についた時代ですから、曽祖父自身は鍬を振るうより指揮する立場にあったそうです。

曽祖父は鉱脈探しをしていたそうですが、膨大なお金がかかるので、その資金は鹿児島の実家から送られていたようです。
十勝でも海沿いの離れた所に住んでいたため、私は写真でしか見ていないのですが、胸まで伸びた白いお髭が堂々としていて素敵でした。

その曽祖父の写真を、小学生の私はずっと筆箱に忍ばせて御守りのようにしていました。
ですから、特別な想いがあるのかもしれません。

母は5歳の時に実母を亡くし、その後尋常高等業学校(今の中学校)を卒業するまで、曽祖父母に育てられました。
ですから、武家教育の片鱗とともに女性としての嗜みも古いものでした。
嫁入り道具の中にお琴があって、母の鏡台の引き出しからお琴の爪を見つけて遊んで怒られたのをよく憶えています。

母はよく曽祖父や曾祖母の話をしてくれたので、鹿児島は九州で一番最初に旅行先に選びました。
兄も私と同じで、曽祖父のことが大好きで、鹿児島の曽祖父の実家を訪ねたそうです。
今も立派で長〜い塀に囲まれた中に、当主が住まわれていたそうです。

こうして、自分のルーツを辿れるのはありがたいものです。
精神的な支えにもなって、自分も頑張ろうというエネルギーが湧いてきます。

兄と私はどうやら曽祖父の性格によく似ているようで、新しいことに強く興味を持つようです。
何歳になっても夢をもって、新しいことに挑戦できるなら、そんなに嬉しいことはないのですが、そのためには健康を確保しなくてはなりません。

鹿児島には美味しい黒豚があるので、それを使って健康のために活躍してもらいましょうか。
中川さんは、京都は牛肉文化だと話していましたので、それで豚肉はそんなに使いたくなかったのかもしれません。
でも、私にはこんな想いがいっぱいこもった豚肉なのです。

長生きだった曽祖父(96歳没)と曾祖母(94歳没)も食べたであろう豚肉料理を、中川さんの腕でさらに美味しくしてもらうことを、とても楽しみにしています。

 
 


(十勝日誌 画像は六花亭のサイトからお借りしました。)

 
 

 
 

「ひとつ鍋」単体より、私は「十勝日誌」であれこれ入っている方が好きです。
十勝にはお菓子の材料がいっぱいあるので、案外お菓子王国なんですよ。

 
 


カテゴリー: うれしかったこと, 食べ物あれこれ | コメントする