塾生さんのメールから心に響いたこと」カテゴリーアーカイブ

マクロビオティックの指導現場より 陰性のよさを実感してくれた塾生さん

秘伝コースの復習投稿で、とても嬉しかった投稿文がありましたので、記事にしてその感動を共有したいと思います。
“さえ”さんからの投稿です。

 
 

<抜粋はじめ>

【百合根饅頭】
鶉丸を作る時、○○と△△を裏漉しする時、饅頭の生地を丸める時、ひとつひとつ丁寧に集中して作っている自分にふと気づき、工程の多さに大変だと思わずにただひたすら黙々と作っていることに、「あ〜、これがおせち効果なんだー」と実感しました。
あのおせち料理を作り上げられたら、その後はあのおせちに比べたらこれくらいと思えるようになるとのお言葉を思い出し、このお品を習うのが1月であることに納得してしまいました。

この百合根饅頭が出来上がった時もとても嬉しかったです。
優しい舌触りでとても美味しくいただきました。
夫も料亭でもなかなか食べられない一品だと感激してくれました。
餡はお教室で弱火すぎたので、もう少し強めにしたところ強火すぎて一度失敗してしまいました。
でもおかげで加減を掴む良い勉強になりました。

【穴子の飯蒸し】
夫が一口食べると、「優しい味だね〜〜、疲れた身体にこの優しさは本当にいいな〜」としみじみ言いながら美味しそうに食べてくれました。
残業続きで疲れているのはわかっていたのですが、今まではそんな時は煮物を出していましたが、蒸しもののふっくらしっとりした風合いが身体を優しく包むのだなぁ〜と学びになりました。
自分のお料理の中に蒸しものが加わったことがとても嬉しいです。

何度も作って得意料理にします。

ご指導宜しくお願い致します。

<抜粋おわり>


 
 

いかがですか?
なんて素敵な投稿文なのでしょう!
12月にあの大変なおせち料理に取り組んだからこそ、1月に習った工程の多いお料理も夢中で作れたところが素晴らしいですね。

大変だからとおせち料理を作らない人が多い中、あえて大変なことに挑戦して自分を高めて行く生き方が実現できていて感動しました。
ご主人様のご感想もありがたいですね。

そして、穴子の飯蒸しですが、陰陽的視点がきちっと押さえられていて素晴らしいです!
蒸しもののふっくらしっとりした風合いが身体を優しく包むのだなぁ〜」という部分は、まさに陰性の力であり、「煮る」と「蒸す」の陰陽差を実感されているところが、さすが秘伝コースのレベルです。

中川さんが、秘伝コースでは蒸し物を教えたいといって入れたメニューだったので、蒸し物の素晴らしさを実感していただけて、とても嬉しかったです。
以下にさえさんの素敵なお料理のお写真を載せておきましょう。


 
 

<さえさんのおせち投稿> 2019.12.31
【一の重】

 
 

【二の重】

 
 

【百合根饅頭】

 
 

【穴子の飯蒸し】

 
 

どのお写真もとても美しく、落ち着いた品の良さを感じさせます。
そして清楚です。
こんなに素敵なお料理を作れる人になってくれて、むそう塾を始めてよかったなあと心から思っています。

さえさんの復習投稿記事は、こちらからご覧になれます。

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: 塾生さんのメールから心に響いたこと, マクロビオティックの指導現場からシリーズ | 2件のコメント

海外にお住まいのむそう塾生お二人

むそう塾生のうち何人かは海外にお住まいになっています。
コースに通われた方、愛クラスだけ受講された方、色々ですが、一度お会いするともう一生忘れません。
玄米を炊きながら時間を共有して、心が通っているのですから当然です。

ご主人の海外赴任で一時帰国されているKさんは、Macを買うために相談メールをくれました。
今年の夏に本帰国されるので、来年から幸せコースに通う予定で、今から環境を整えるべく準備をされているのだそうです。
お子さんの可愛い写真も添付してくれました。

そうそう、愛クラスを受講された時は妊娠中でした。
その後出産されて、単発講座を受講される時に、赤ちゃんを連れてきてくれました。
可愛かったあ♡

 
 

【Sさん】
また、ずっとアメリカに住んだままのSさんは、何とかアメリカから幸せコースに通いたいと思われていて、ブログもTwitterもFacebookも見てくれているそうです。
よ〜く目を通してくださっていて、次のようなご感想を寄せてくださいました。

昨年末辺りからのきよさんの目を見張る成長ぶり驚きました。
ここまで成長されるとは、驚きと共に感動し、朝さんや好さんのお弁当と見間違えたかな?と思うほどでした。

コツコツと努力されている姿を想像すると、胸にぐっとくるものがあり、目頭が熱くなりました。
きよさんは自分と家族の為に頑張っておられると思いますが、きよさんを取り巻く家族以外の人々にもきよさんの頑張りが伝わり、希望と感動のお裾分けを頂いたようで、気持ち新たに私も頑張ろうと思えた日でした。

めぐさんの初おせち投稿!
めぐさんの頑張っている姿に感化され、私も人生で初めてお節を作りました。
元旦に娘達に着物を着せ、かるたをやり、お節を頂きました。
為せば成る!!こんな私でもやれば出来る!と言うことが分かり、少し自信が持てました。

*   *   *

Sさんは、離れているからこそ、よ〜く読み込んでくださっているのだなあと感心しました。
きよちゃんやめぐちゃんも、こうして第三者を感動させられていることをお伝えしたくて、この記事を書いています。

むそう塾には北海道や九州から日帰りで通う人が何人もいますが、ネットのおかげでまったく距離感を感じないで勉強が出来ています。
ありがたいことですね。

でも、お味だけはネットではお届けできません。
これだけは京都までいらしていただかないと、味わっていただけないのです。
香り、舌触り、歯ごたえ、触った感触などなど、動画でも伝えきれない部分があります。

さらに、実際に食べてみたあとの体の調子やお通じまで含めて観察するのがマクロビオティックなので、必ず召し上がってほしいのです。
喉で、お腹で健康を感じ取っていただけたら嬉しいです。

 
 


(教室の掛け花 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 


カテゴリー: 塾生さんのメールから心に響いたこと, マクロビオティックの指導現場からシリーズ | 6件のコメント

「飽きないおせち」 むそう塾で習ったおせちの感想

塾生の好(このみ)さんから嬉しいメールが届きました。
素敵なお写真とともに!
彼女の頑張りに改めて感動するとともに、お料理が彼女を支えてくれていると強く思いました。
特におせち料理は精神面への影響がとても大きいので、自分を高めるためのお料理と位置づけられるでしょう。

<好さんからのメール>

美風さん

こんばんは。
ツイッター楽しく拝見させていただいてます!

2020年のおせち料理は、先ほど嬉しい感想を頂きましたのでメールさせていただきます。
御節料理を初めて持って行った親戚の方から(先日お礼は聞いていましたが)先ほど直接会った時に、
「絶品!どのお料理もすごく美味しかった!!」と興奮状態で伝えてくださいました。
姉は
「御節料理って途中で飽きるイメージだけど…
 この御節料理は…全く飽きないね、お箸が進むよ。」と。
(おせちでもあとを引いた様です!)

お正月に御節を囲んで家族で華やかに新年をお祝いできる幸せに今年も感動いたしました。
むそう塾にサポート頂き、たくやさんの美味しいお魚や多くの素材に助けられながら、(もちろん家族にも)大好きなことをさせて頂きました。

今回はお節料理に向き合いたいと強く思えば思うほどに日々の過ごし方、お料理との向き合い方がいかに大切であるか感じました。そして美風さんのお弁当記事のアドバイスからも勇気を頂きました。
12月26日に胃腸炎になって高熱が出たこともきっかけになり、やるしかないという気持ちがさらに固まりました。
実際体力が持たず休憩しながらでしたが美味しく丁寧に作ることを心に置きながら作りました。残念だったのは盛り込む際に体力が限界で(情けない・・・)次回はその時間ももっと楽しみたいです。
弱気と、強気の…心の陰陽を繰り返しながらの年末でもありました。

日常に戻った今、
改めて私はお弁当作りに支えられていると感じる日々です。
私の軸です!

おせち料理を撮影したものを送らせて頂きます。
(アップの写真ばかりですが)
おせちの盛り付け秘伝講座をとても楽しみにしております。
よろしくお願いいたします。
69ー4

 
 

<マクロビオティック京料理教室  むそう塾 塾生(好)さんのおせち>

 
 

ちなみに、好さんが中川さんに投稿されたおせちはこちらです。

 
 

<マクロ美風より>

素敵なお写真をいっぱいありがとうございます!
12月24日のお弁当投稿でのやり取りは、しっかり覚えていますよ。
おせちってその時だけが勝負ではないのですよね。
それまでの1年間の過ごし方がすべてそこに集約されるので、もうここでジタバタしてもしょうがないわけです。

反対に、コツコツと1年間頑張って来た人は、その持てる力をそのまま出し切ればよいわけで、ある意味こちらの方が平常心で臨めることになります。
これはスポーツでも音楽でも習い事でも試験でも、何にでも共通することですね。
そんな生き方の基本みたいなことを、お料理からも学べることをお伝えしたかったのでした。

それにしても、ご親戚の方の興奮状態や、お姉さまの“飽きない”発言も、素晴らしいことですね!
特におせちで飽きないなんて、世の中の常識を覆す出来事だと思います。
その要因は色々ありますが、なんといってもむそう塾のおせちは美味しい!お料理の集合体だからでしょうね。

好さんはそんな素晴らしい技術を伝授してもらえたので、あとは毎年その精度を高めて行くことを楽しみましょう。
素敵なメールをありがとうございました!

 
 


カテゴリー: 塾生さんのメールから心に響いたこと, マクロビオティック料理教室 むそう塾 | 2件のコメント

マクロビオティックの陰陽を知ることは財産 美味しい牡蠣料理のその後

むそう塾では講座を開催すると、その日のうちに授業の様子を写真や動画でブログの記事にします。
その画像を参考にしながら復習するためでもあり、教室での雰囲気を思い出す手がかりにもなるからです。
場合によっては、限定公開の動画を各自にお送りすることもあります。

こうして、正しい作り方を持ち帰っていただいて、教えたとおりに再現できるようにしています。
買い物や復習の途中でiMessageを使った質問も多く、さらに、復習投稿で出来上がりが正しく再現できているか、勘違いしているかを確かめることができます。
ここまでしなければ、教えっぱなしでは正しく伝わらないのがお料理でもあります。

そこまでしても、味見ができませんので、習ったお料理を教室まで持参して、出来上がりの確認をしてもらう塾生さんも多く、これでやっと自分のものになって行くのが本当のところです。
いくらオンラインで教えても、お料理は味が伝わらないとお話にならないんですね。
ですから、本ではなおさら程遠くなるのが現実の姿です。

*   *   *

先日開催した「牡蠣料理五種講座」を初めて受講された、新人のkoさんのコメントが素敵だったので、ここに転載します。

> 時間に追われ、どうしようかと迷いながらも当講座を受けて良かったです。受講中、むそう塾さんにこうして身を置いていることが不思議ながらも必然のような感覚を覚えました。
> 教えてくださったお料理は想像していた味と全く違っていました。静かな深い感動だと思います。料理は作った人が映ると聞いていますが、私は今回のお料理すべて、いい表現が見当たらないのですが、「私はこのお料理のような人になりたい」。改めて心からそう思いました。ありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。

koさんが、深いところでむそう塾のお料理をご理解してくださったことが、とても嬉しかったです。
そして、「私はこのお料理のような人になりたい」という文章に涙がにじみました。
昨夜、感動のあまりに、ついTweetしたところ、塾生さんからも同じ気持ちですとiMessageが届きました。
その塾生さんは泣けたそうです。
わかります。そのお気持ち。

koさんは、来年の5月から幸せコースに通われる予定なのですが、健康のために牡蠣料理はぜひ覚えておいた方が良いので、特別に受講を許可しました。
今年の9月24日に「玄米の炊き方秘伝(愛クラス)」を受講されてから、玄米と糠漬けを欠かさず召し上がるようになって、ご家族様の体調がグンと変化されたそうです。
特に体調がすぐれなかったご主人様の調子が良くなったことに驚かれていました。

「食事を変えただけでこんなに変わるんですね〜」
これがkoさんのご感想でした。
そうなんです。主食を変えただけでも体は変わるんです。
糠漬けもダイレクト便でせっせと召し上がっておられるので、その効果もあいまってkoさんご一家は、これからどんどん体力がついてくると思います。

*   *   *

また、先輩塾生の香さんから嬉しいコメントもありました。

中川さん、美風さん

昨日は牡蠣講座の開催ありがとうございました。

私は牡蠣が大好きなのですが、息子が食べないため、昨年は受講を見送りました。でも、やはりブログを見ると美味しそうで、今年は自分のために絶対に受講しようと思っていました。
教えて頂いたお料理はどれも予想以上の美味しさで、特に最後の牡蠣ご飯はお腹がいっぱいのはずなのにいくらでも食べたい美味しさでした。

そして、今日は早速牡蠣パスタを作ってみました。
すると、牡蠣嫌いの息子が「美味しいー!」とペロッと平らげてしまいました。
パスタとスープは食べるだろうと思っていましたが、牡蠣本体まで食べるとは驚きました。
さすが中川式です。
また、好き嫌いの多い息子の食べられるものが増えました。
いつもありがとうございます。

麗可ちゃん、TAMOさん

お二人のサポートのおかげでいつもスムーズに講座を受けることができ感謝しています。ありがとうございます。

嬉しいですねぇ。
お子さんが嫌いな食べ物が食べられるどころか、平らげてくれたことが本当に嬉しいです。
こういう例はむそう塾では日常茶飯事で、今までの好き嫌いはなんだったの?と戸惑うお母さんが続出です。
子どもは正直ですから、美味しければ食べてくれるのです。

*   *   *

こんな感じでむそう塾の授業は続いています。
お料理が苦手な人でも美味しいお料理が作れるようになって、お料理に自信がついた結果、自分自身にも活力がみなぎってくる生き方。
そんな変化を日々見せてもらえて、こちらまで元気をもらえます。

その源は「美味しいお料理」です。
単にグルメ料理ではなく、マクロビオティックの陰陽をしっかり踏まえて、さらに召し上がる人の陰陽も考慮した作り方なので、このような結果が出るのだと思っています。
陰陽を知ることはどなたにとっても財産ですね。

 
 

(大阪にて 撮影:中川善博)

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: 塾生さんのメールから心に響いたこと, マクロビオティックの指導現場からシリーズ | コメントする

「中川式肉じゃが」 ご主人様たちの反応が嬉しい

「肉じゃが」はポピュラーなお料理ですが、各家庭で作り方に違いがあって、それもその家庭の味として良いと思っていました。
ところが、2014年5月4日に新しい肉じゃがの美味しさに目覚めてしまいました(笑)
その時の記事をどうぞ。
中川さんの肉じゃがが絶品! 2014.5.5

そのお味が忘れられなくて、2014.12.202014.12.21にはついに「満足コース」でお伝えしたのでした。
満足コースの肉じゃがが美味しすぎます! 2014.12.21
皆さんからも大喜びされて、その美味しさに唸っていただけて、本当に嬉しかったです。

それから毎年、満足コースでは「中川式肉じゃが」を教え続けていますが、今年は9月に教えて、今はその復習投稿が届いているところです。
先日投稿された塾生さんのご主人様の反応が嬉しかったので、記事にさせていただきます。
元々はあまり肉じゃががお好きではなかったようなので、その変化が面白いです。

*   *   *

【京子さんの投稿より】
肉じゃが好きではない主人の感想は一口目から「うわっ、何これ美味しい!!」
「肉じゃがって途中まではカレーと同じと言うけれど、それならカレーにしてくれっていつも思ってた。普通の肉じゃがは汁が雑味だらけで嫌だけど、この煮汁は透き通っている!」(そんな作り方ではありません!と説明しました。)
「この肉じゃがなら好物は肉じゃがと言える」
「肉もジャガイモも美味しいけれど、玉葱の旨味が凄い!!」
「そもそもの味が美味しい」
と、とても興奮してもらえました。
私が作ったものでこの反応なら、中川さんのを食べたらどうなるんだろうか…と思いました。

主人の肉じゃがへの認識が変わって良かったです!
あの美味しさに近づけるように練習します。


(中川式肉じゃが マクロビオティック京料理教室 むそう塾 塾生さんの作品)

*   *   *

【さなえさんの投稿より】
夫は「美味しい!」とひとりで鍋半分食べてしまい、私も煮汁をごくごく飲める優しい肉じゃがに箸が止まりませんでした。
定番料理をこんなに美味しく作れる様になれて満足コースを受講して良かったと改めて思いました。


(中川式肉じゃが マクロビオティック京料理教室 むそう塾 塾生さんの作品)

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: 塾生さんのメールから心に響いたこと, マクロビオティック料理教室 むそう塾 | コメントする