子育て・野口整体・アトピー」カテゴリーアーカイブ

子育てで悩んでいる方々へ 私と息子のアトピー体験から伝えたいこと

子育てに悩みはつきものですね。
月齢にしたがって、年齢にしたがって悩みの中身は変わりますが、それは基準がわからないためもあると思います。
昔は子育ての先輩の情報、今ならネットからの情報が錯綜して、目の前の子どもと比較してしまうのではないでしょうか。

私が子育てをしていた時はネットなんてありませんでしたから、ひたすら本と野口整体の指導が頼りでした。
しかし、野口整体の本どおりに子育てをしようと思うと、とても人手が必要で現実的ではない側面がありましたので、可能な限りという折り合いをつけながら実践しました。

初めての子育てはなんでも心配の材料になるのですが、2人目3人目を育てているお母さんは、まさに「生きているだけでいい」と達観した考え方が出来ていて、まぶしかったです。

私の育った頃、そして兄弟のことを考えても、親の過干渉はなく、生きやすい時代だったなあと思います。
でも、今は少子家庭が多いので、1人のお子さんにかける親のエネルギーがとても多いのだと思います。
それで、ボロボロになっているお母さんも多いですね。

でもね、親は子育てで消耗しすぎるのは良くないと思います。
元気な姿を見せられる限度内でいいし、子どもへの関わりはそれだけでも十分です。
ある意味、親はそこに存在するだけでいいのかもしれません。

子どものためを思ってあれこれしたくなる親がいますが、それはどんな子どもをイメージしているのでしょうか?

私はこの歳(71歳)になって、やっと子育てがわかってきたような気がします。
それは、子どもが10代や20代ではまだ子育ての極意がわかっていなかったなあということです。

つまり、30代以上の大人の特徴は、すでに乳児のときにかなり表れていて、そのときには親もそのことに気づけていないから、単に「困った」ことと認識しているのだと思います。
あるいは困った認識すらなく、「そんなもの」と思っているかもしれません。

そして、成長していく段階で、一つひとつその特徴を確認していくことになるのです。
ですから、本当に子育ての基準なんてないのが正しいのかもしれません。
一つだけあるとすれば、元気でご機嫌がよいことでしょうか。

つまり、子どもの「氣」ですね。
これに勢いがある育て方をしていれば、間違いないと思います。

*   *   *

下の写真は、息子が中学1年のとき、入学式で写したものです。
まだあどけなさの残る顔で、今の姿とは別人です。
実は、この写真を写したときには、すでにアトピーが刻々と再発していたのです。
左目の上下に少し赤みがかった腫れがあります。
朝はなんでもなかった顔が、帰ってきたらブクブクに腫れて、そこから地獄の苦しみが何年も続きました。
環境が変わったことによるアトピーの再発でした。
これは、幼児のときとは別のアトピーです。

 
 

 
 

私はアトピーを通じて息子と向き合って来たのですが、そこから子育てのあり方を学んだ気がします。
本当に良い氣がみなぎっているときには、アトピーは悪化しなかったからです。
息子はつらかっただろうけど、私には学びになった子育てでした。

ですから、今子育てをされている皆さん、どうぞお子さんの生きる力を信じて、良い氣でいられる時間を多くしてあげてください。
それが最良の子育てにつながると信じています。

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: 子育て・野口整体・アトピー, からだ, こころ・想い | コメントする

『子どもが小さいんです』と心配されるお母さんへ

先日、『子どもが小さいんです』と相談されました。
きっと一人でいっぱい悩んだのでしょう、可哀想に。

いいんですよ、小さくても。
大きければ安心できるものでもないのです。

子どもはどんどん変化するので、気にかけるのは機嫌がいいかどうかだけでOKですよ。

ママが「こうあらねば」と思っていると、それはつらい子育てになるので、母子手帳に振り回されないようにしましょう。
大きい子も、小さい子も、強い子も弱い子も、みんな可愛い我が子です。

だから、まず心配しないこと。
あまり気にしないこと。

*   *   *

マクロビオティックを知っている人なら、陰陽の判断ができますね。
子どもはそれだけで大人より陽性なので、大人より陰性な食べ物でも良いのです。
親に「陽性にしなくちゃ信仰」があると、陽性+陽性で子どもの成長には好ましくありません。

甘いものや添加物には気をつけてあげたいですが、動物性を食べないからと悩む必要はありません。
特に玄米ご飯を食べていれば、そんなに動物性を欲しがらなくても当然です。
動物性は欲しがれば与えてもよいですが、積極的に食べさせようとしなくてもかまいません。

ましてや、動物性を食べないから小さいのだろうか?なんて悩む必要性はありません。
大きくなるのは陰性の力なのですから、そこを間違えないようにしましょう。

子どもはいつ大きくなるか誰にもわかりません。
早くに成長する子、のんびり成長する子、急に成長するときもあれば、成長が足踏み状態のときもあります。

大きくなってほしい親心は痛いほど理解できるのですが、心配するのではなく、朗らかな気持ちで待ちましょう。

*   *   *

ここで食べ物の陰陽のことを思い出しましょう。
固体より液体の方が陰性なので、子どもが固体を嫌ったら液体での料理方法にすると、すんなり飲んでくれることがあります。
固体の食感を嫌うことがあるからです。

子どもが大人より水分を欲するのは、子ども自身の体の欲求なのかもしれませんね。
体温も大人より高いので。

そもそも食べ物に対する反応は個人差が大きくて、それは大人になっても同じです。
おっぱい(またはミルク)をすごく飲む子もいれば、あまり飲まない子もいます。
大人になっても、食欲旺盛な人もいれば、食が細い人もいます。

部活を始めると急に食欲が増すお子さんもいます。
本当に人それぞれなので、体格は個性そのものととらえて、必要以上に悩みを抱えないようにしましょう。

生きていればそれだけでいいのです。
機嫌がよかったらなおいい。
そのくらいの割り切りをしましょう。

 
 


(教室の掛け花 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: 子育て・野口整体・アトピー, からだ | 2件のコメント

赤ちゃんが産まれました!

幸せコース金曜クラスの“ゆう”さんに、女の子が産まれました。
メールをいただきましたので、記事にさせていただきます。

 
 

<ゆうさんからのメールより>

マクロ美風 様

124-1○○です。
9/14に女の子を出産しました。写真を添付します。
予定日から6日遅れで産まれたためご報告が遅くなりました。
予定日の台風の日を外し、家族全員立ち会える日時を選んでくれたようです。上の子2人は何度も何度も抱っこして喜んでくれ、幸せいっぱいです。

玄米効果か妊娠期間最後まで体が軽く、予定日を過ぎた割に3206グラムと、ほぼ予定日だった上の子2人より軽く産まれてくれて、体への負担が少なかったです。

来月は産まれた子を連れて行く予定ですので、どうぞよろしくお願いします。
結果的に9月幸せコースを受講出来たのではというのが少し心残りですが、まずは今しかできないことを精一杯やっていこうと思います。
昨日は満月の影響か、入院した病院ではお産ラッシュでした。
陰陽も関係するのでしょうか。面白そうです。

 
 

 
 

*   *   *

<マクロ美風より>

ゆうさん、ご出産おめでとうございます!
そして、お疲れさまでございました。
6日遅れた赤ちゃんらしく、しっかりと満ちて産まれた堂々のお顔をされていますね。
玄米ご飯をしっかり召し上がってくれていたので、妊娠中もとてもお元気でお見事でした。
赤ちゃんは理想的な体重ですね。
台風による停電被害もなかったようで、良い氣の巡りの中でのご出産を素晴らしいと思いました。

鼻筋の通った美しいお子さんだこと!
美人さんになりますね!
女性は月の影響を受けやすいので、満月の時に出産される方は多いんですよ。
もちろん、陰陽も関係します。

これから3人のお子さんを育てながらの日々は、さぞかし大変でしょうが、あなたなら笑顔で楽しみながら乗り越えてしまうことでしょう。
そういう強さと手際良さがあなたにはありますので、安心して見ていられますね。
来月、お子さんにもお会い出来ることを楽しみにしています♪

 
 


カテゴリー: 子育て・野口整体・アトピー | 6件のコメント

子どもが喜んで食べてくれる「美味しくなるためのノウハウ」がむそう塾にあります

むそう塾では一般のお料理教室やマクロビオティック教室とは違ったメニューが並びますが、そのどれにも「美味しくなるためのノウハウ」が詰め込まれています。
マクロビオティックの陰陽すらも「美味しくなるためのノウハウ」の一つなのです。

なぜそんなに美味しいものにこだわるのか?
それは、美味しいものを食べた時、人は心が癒やされ、幸せ感が増すからです。
それは子どもにハッキリと見てとれ、親が子どもの「好き嫌い」だと思っていたことが、実は「不味いから食べなかった」という現実を知ってガックリすることがあります。

つまり、子どもは食材の良し悪しや、料理の美味しさや不味さを敏感に感じ取っているのです。
ですから、むそう塾で習ったお料理を持ち帰ると、お子さんが黙々と食べてくれたという報告が後を断ちません。
それが嫌いな食材であっても。

せっかく作ったお料理を、お子さんがイヤイヤして食べてくれないと、作った人は哀しくなりますよね。
それで時間も材料も無駄だと思って、出来合いのお惣菜や外食に走ってしまう人が多くなるのですが、そこがボタンの掛け違いのスタートです。

実は、一番安全で美味しいのは「我が家で作ったお料理」なのです。
でも、その「美味しくなるためのノウハウ」を知らない人がいらっしゃるので、そういう人のために、むそう塾では数多くのお料理をお伝えしています。
もちろん、お子様だけでなく、ご主人様や親御さんにも大好評で、次に習うお料理をご主人様が楽しみにされていると、塾生さんが話してくれます(^o^)

過去に教えたお料理はこんなにあります。
もう506種類を超えました。
むそう塾で京料理人中川善博が10年間で教えたマクロビオティックの陰陽料理一覧(2019年4月25日現在)

 
 

(黒毛和牛と独活のパスタ 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

このパスタもきっとご家族様の大人気になることでしょう。
本当に美味しかった!\(^o^)/

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: 料理人 中川善博の陰陽料理, 子育て・野口整体・アトピー | コメントする

「子どもが幸せになることば」は生きる力が湧いてくる本

「映画は監督で観る」といいますが、それが本なら「編集者で読む」というのが私の選択基準です。
いや、本は作者で読むという人がほとんどかもしれませんが、「この編集者の考えていることはこういうことだったのか」と、何冊か読みながら「その人」を知っていくのはとても愉しいものです。

会ったことのない編集者であっても、その人と一緒にお酒を酌み交わしながら語り合ったときと同じような満足感に浸れるから不思議なものです。
とはいっても、この満足感は私だけの一方的なものなのですが(笑)

編集者が情熱を込めて作り上げた本は、行間を読むようにして読むのが私流。
そして最後に、「この本を作ってくれてありがとう」という気持ちで本を閉じます。

今回読んだ本は、「子どもが幸せになることば」です。
編集者は、「読みたいことを、書けばいい。」の今野良介さん。

え? 71歳の私が子育ての本を?
いえいえ、そこらへんの子育ての本とは、大きく違います。
71歳の私でも、「自分を育てるために」この本を読んでよかったです。

お子さんがいない人でも、あなたの心に引っかかっていることの答えがこの本から得られるかもしれません。
なぜなら、誰しも子どもの頃があったからです。
もし、心に引きずっているものがあるのなら、その時まで遡って絡まった糸をほぐすことが出来るかもしれません。

今、子育てに疲れている人は、本なんて読む暇がないかもしれません。
本を読むより眠りたいのが素直な気持ちかもしれません。

でも、この本はきっとあなたに新たな生きる力を与えてくれる
そんな気がします。

 
 


子どもが幸せになることば 田中茂樹著 今野良介編集 ダイヤモンド社)

 
 

 
 

今野良介さんの紹介記事はこちらから読めます。

 
 


カテゴリー: 子育て・野口整体・アトピー, 本の紹介 | コメントする