「玄米の炊き方秘伝(第114回愛クラス)」開催のご案内

現在むそう塾で使用しております圧力鍋は、輸入がストップしておりますため、新しくお鍋を供給できない状況です。
そのために、再受講者に限ってサードジェネレーションの炊き方で愛クラスを開催することにしました。
開催日はクリスマス・イブではありますが、ご都合のつく方は「より美味しい玄米ご飯」を目指して時間を共有しましょう。

*   *   *

【講座名】
「玄米の炊き方秘伝(第114回愛クラス)」

【開催日】
2017年12月24日(

【会場】
授業・懇親会とも:「なかがわ」京都市左京区孫橋町18

【内容】
・中川善博による玄米炊飯デモ1回&試食
・各自が自分のお鍋で実際に炊く練習&試食
・玄米の量り方や洗い方の実習(1名ずつ)
・玄米とお塩の診断(1名ずつ)
・再受講者の圧力鍋のフタ、部品のチェック(1名ずつ)
・昼食(福ZEN:玄米ご飯・おばんざい・お味噌汁・糠漬け・三年番茶)

【玄米投稿の回数】
受講後10日間のうち3回まで

【タイムテーブル】
11:00       開場
11:30~12:15 お食事
12:30~16:00 玄米炊飯のデモ・各自の実習・診断・質問など
16:00      記念撮影
16:00~18:00 懇親会

【定員】
6名

【受講資格】
むそう塾のパスポート取得者(ビジョン鍋のある人に限る)

【持ち物】
・デジカメまたは比較的新しい携帯電話
・お鍋
・お米(1回炊飯分)
・お塩(1回炊飯分)
・鍋敷き
・ふうわりさん
・教室とカセットコンロが異なる場合はカセットコンロ

【お子様】
会場が狭いため、申し訳ありませんがご同伴出来ません

【受講費】
21,600円(消費税を含む)

【受講費の支払期限】
仮受付メールが届いてから7日以内

【申し込み方法】
こちらの予約システムから

【締切】
定員になり次第

【キャンセル料】
・入金前:0%
・開催日の15日前~8日前:受講費の50%
・開催日の7日前~当日:受講費の100%
(ご返金に伴う振込手数料はいただきません)




(滋賀県産玄米 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


カテゴリー: 講座のご案内・連絡事項, 玄米の炊き方講座 | コメントする

これから開催予定の講座案内(2017.9.26現在)

このページはこれから開催予定の次の講座のご案内をしています。(掲載順)
・2017年10月〜11月の玄米の炊き方講座のご案内
・2017年9月〜12月の単発講座のご案内
・2017年度各コースのご案内
・2017年度糠床宅配のご案内
・中川式糠漬け(じゃい安)のご注文案内
・中川式鉄火味噌のご注文案内

初めての方が受講できるのは、玄米の炊き方秘伝(愛クラス)のみです。

【単発講座 玄米の炊き方講座(愛クラス)】
<2017年>
10月21日(「玄米の炊き方秘伝(第112回愛クラス)」 満席
11月18日(「玄米の炊き方秘伝(第113回愛クラス)」 満席
12月24日(「玄米の炊き方秘伝(第114回愛クラス)」(再受講者のみ)あと1席

【単発講座 愛クラスを除く】
<2017年>
【9月】
30日(「上級幸せコースのうどん出汁を使ったお料理7選」 満席
【10月】
1日(「上級幸せコースのうどん出汁を使ったお料理7選」 満席
2日(月)「上級幸せコースのうどん出汁を使ったお料理7選」 満席
9日(「春のお弁当講座 再開催」 満席
13日(金)「上級幸せコースのうどん出汁を使ったお料理7選」 満席
20日(金)「上級幸せコースのうどん出汁を使ったお料理7選」 満席
【11月】
3日(「秋から冬の極上お弁当講座 再開催」  満席
13日(月)「おせち料理三種とおせちの詰め方講座 再開催」  満席
23日(「お弁当のおかずにもなるあとひき料理講座」 満席
28日(火)「お弁当のおかずにもなるあとひき料理講座」 満席
【12月】
1日(金)「お弁当のおかずにもなるあとひき料理講座」 満席
11日(月)「お弁当のおかずにもなるあとひき料理講座」 満席
15日(金)「お弁当のおかずにもなるあとひき料理講座」 満席

【2017年度各コースの講座内容】
5/6〜  「2017年度(第9期)幸せコース 土曜クラス」 満席
5/7〜  「2017年度(第9期)幸せコース 日曜クラス」 満席
5/9〜  「2017年度(第9期)幸せコース 火曜クラス」 満席
5/13〜「2017年度(第7期)上級幸せコース 土曜クラス(A)」  満席
5/14〜「2017年度(第7期)上級幸せコース 日曜クラス(B)」  満席
5/21〜「2017年度(第7期)上級幸せコース 日曜クラス(C)」  満席
5/26〜「2017年度(第4期)満足コース 金曜クラス」  満席
5/27〜「2017年度(第4期)満足コース 土曜クラス」  満席
5/28〜「2017年度(第3期)秘伝コース」  満席

【2017年度中川式糠床宅配のご注文】
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合) 随時受付中
【中川式糠漬け(じゃい安)のご注文】
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文方法  随時受付中
【中川式鉄火味噌のご注文】
香りの良い中川式鉄火味噌が出来上がりました 随時受付中


【マクロビオティック京料理教室 むそう塾 2017年度日程表】(2017.9.26現在)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事のご案内】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: 講座のご案内・連絡事項, 玄米の炊き方講座 | コメントする

秘伝コースの課外授業「瓢亭」さんが終わりました

むそう塾からトコトコと東に歩いて行くと、瓢亭さんに着きます。
そのくらい近い所で、今日は秘伝コースの課外授業でした。

お料理の内容は中川さんのブログでご紹介されますが、秘伝コースの皆さんに学んでいただきたかったのは、瓢亭さんの氣です。
入り口からお庭、そしてお部屋の設えに至るまで、狭いむそう塾にはないものを感じとっていただきたかったのです。

お料理のレベルは、常々中川さんから習っている内容なので、懐かしいお味だったり、自分でも作れるお料理だったりするのが、むそう塾の凄いところです。
敏感な舌をお持ちの塾生さんが、次のようにTwitterで呟いておられました。

「素材は1つ1つ個性があるのに、どれ一つとしてお味が突出してないところが素晴らしいなと思いました。」

これがむそう塾でいつもうるさく指導している内容ですね。
これは人間関係にも似ています。
誰か一人だけが突出していない空間って、とても居心地のよい穏やかな氣が流れますね。
それが調和です。
京料理の真髄は、そういう穏やかな氣にあるのだと感じています。

これはマクロビオティックの陰陽がうまく調和しているのと同じで、安定を生み出します。
瓢亭さんで穏やかなお料理をいただき、綺麗に手入れされたお庭に目を細め、その氣で自分の日常を振り返ると、そこから何かしら感じ取れるものがあったのではないでしょうか。
グルメで終わってしまうのではなく、深いところで調和というものを感じ取っていただければ、今日の課外授業は満点です。


【追記】
マクロビオティック京料理教室 むそう塾 秘伝コース  課外授業 2017.9.25




(京都 瓢亭 お食事が終わって帰るところ)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文案内
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾 | 3件のコメント

食事日記の第一号が届きました

幸せコースの食事日記第一号が届きました。
送信時刻は真夜中の3時10分。
お子さんが寝静まっている時間帯に頑張ってくださったのですね。
3週間お疲れさまでした。
しっかり感想も書かれていて、良い内容でした。
これから次々と食事日記が届いて来ますが、塾生さんの体調を作っている裏側をきちんと把握して、より良い生活が出来るようにアドバイスにつなげたいと思います。

マクロビオティックは頭で理解するだけでなく、実生活に反映してこそ意味があるので、こうして食事日記で個々人の生活ぶりを報告してもらっています。
これが実に多くの情報を含んでいて、一方的に教えるだけではマクロビオティックの本当の良さは伝えきれないか、誤って解釈される危険性があります。
その人の体調と暮らし方に合わせて初めて陰陽が力を発揮してくれますので、ありのままに恥ずかしがらずに、正直に記録することが大切です。

二人三脚で健康と充実した生き方への一歩を踏み出しましょう。
マクロビオティックの陰陽を正しく知ることは、人生にとって強い味方を得たのと同じです。




(ほうれん草の金胡麻和え 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾 | コメントする

ピルを飲むことが現代女性の活躍には必要不可欠?

昨日、陣痛促進剤や無痛分娩のことで記事を書きましたが、こちらの記事にいただいた現役産婦人科医師のコメント内容が衝撃的です。
今はお産だけでなく、女性の体のことも、自分で守らなければいけない時代になってしまったのでしょうか。
自分の考え方と同じ方向で対応してくれる病院や医師を選ぶことが、ますます重要になってくると思われます。

それにしても、女性がピルを延々と飲み続けるなんて、考えただけでもクラクラします。
女性の特徴を抑えて生きるなんて、そんな不自然な生き方が本当に良いと思っているのでしょうか?
・もっと人間の体を信じてあげたい。
・もっと体の力を引き出してあげたい。
私はそんなふうに思います。

*   *   *

【甘いものと生理痛 ジュースの話などマクロビオティックの観点から】  2017.6.4

てんこさんのコメントより> 2017.6.5

昨日、仕事関係の勉強会が東京でありました。
話を聴いて驚いたのが、生理は何年来なくても良い、月経は女性が社会で活躍する為には邪魔な物、という考えが堂々と述べられていたことでした。
(演者は現役の産婦人科医師です)

中学生のほとんどが月経を負担に感じているというアンケート結果が示され、その負担から開放してあげるのが産婦人科医の役割、という論調でした。
月経がちゃんとくることは健康のバロメーターなんかじゃない、とも述べられていました。。

まれにスポーツをする時に月経中が一番調子良いと言う患者さんがいる、という点にも触れられていたのですが、それが本来あるべき姿とは評価されず特異な例として示されていました。

妊娠の希望さえ無ければ何歳からでも何年でもピルを飲み続けてよい、むしろピルを飲むことが現代女性の活躍には必要不可欠なんだという結論で、全国から集まった産婦人科医がこれを鵜呑みにしてしまうだろうことにとても恐ろしい気持ちになりました。

月経がくることは女性として自然なことで、中学生ですでに月経痛に悩んでいることが不自然なんだと思った方があの会場に私以外に居たかどうか。。
(自然であるべき、と思っている人が居ないかもしれません)

人が本来持つ能力を取り戻す・修正するお手伝いをせずに、どんどんクスリ漬けにして良いことをしている気になっている現代医療は、本当に罪作りです(と松見先生もおっしゃっていました)
もちろん、体調不良はクスリを飲めば治る、飲まなければ治らない、と思い込んでいる患者さん自身にも問題はあるわけですが。

昨日の話のまま実践されてしまうと、妊娠希望のない女性は全員ピルを飲まされてしまいそうなので、そんな恐ろしいことになる前に月経中が最高に気持ちいい!という女性が増えて欲しいものです。
美風さんの記事をヒントに私もコツコツ頑張ります。。




(京都 無鄰菴)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文案内
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: からだ | コメントする