京都やマクロビオティックのことなど」カテゴリーアーカイブ

京都タワーと京都のお店あれこれ

ジェイアール京都伊勢丹の8階から。

タワーの真後ろに比叡山の頂上が隠れる。

 
 

加賀屋 京都店から)

 
 

京都のホテルやデパートはあちこちで活気づいて来た。
しかし、今まで休業していたお店は、名前が変わっていたり、閉店してしまったり、コロナの影響を現実に感じる。

ここもその一つ。
以前は「吉兆」さんが入っていて、何度もお世話になった場所。
中の作りはそのままで、名前だけが変わった。
竹茂楼ホテルグランヴィア京都店(京懐石 美濃吉)

本店は名前のとおり竹がいっぱいあって、緑の中にある。
本店の方が趣はあるが、あちこちのホテル内に店舗がある。

日本全国がマスクにさよならして、早く活気のある日常に戻ってほしいものだ。

 
 


カテゴリー: 京都やマクロビオティックのことなど | コメントする

2022年9月30日 京都の空

窓を閉めようとしたら

空がきれいだった

 
 

あ 三日月

 
 

 
 


カテゴリー: 京都やマクロビオティックのことなど | コメントする

秘伝コースの課外授業 瓢亭さんでのお料理より

今日は「秘伝コース」の課外授業の日でした。
予報ではお食事が終了した頃から雨とのことで、100%の確率だったのに、一日中雨は降らず教室まで歩いて帰れるお天気になりました。

中川さんの方ですでに記事がアップされていますが、私も少し撮影したので、一日の様子を残しておきたいと思います。(iPhone撮影ですが)

 
 

「瓢亭」さんに着きました。
いつ雨が降り出すかわからない空です。
奥で仲居さんが待っていてくださるので、歩きながら大急ぎで撮影です。

 
 

私の大好きな苔の道が続きます。
今年は雨が多いので、苔がとても生き生きしていました。

 
 

鯉が泳いでいます。

 
 

お部屋に入りました。

 
 

こういう昔の仕事がいいですねぇ。

 
 

時間前に全員が揃って、仲居さんがお飲み物のオーダーを取ってくださいます。

 
 

お飲み物が出てくるまで、しばしお話を。

 
 

さあ、乾杯しましょう!
女将さんのお顔も見えます。

 
 

【先付】茄子トマト 塩水雲丹 ずんだ 芽紫蘇
【三宝】鮎うるか焼き 小芋きぬかつぎ 枝豆
【飲み物】私は「瓢亭さんの自家製梅酒ロック」

 
 

【向付】明石鯛へぎ造り 花穂紫蘇 菊花 山葵 土佐醤油 トマト醤油

 
 

これを中川さんが写すとこんなに美しくなります。(iPhone撮影です)
写真をAirdropで中川さんから全員がもらって、その美しさに驚き、急に写真の撮り方練習が始まりました。
お皿の角度や位置に注意。

 
 

【煮物椀】丸玉豆腐 すすき三度豆 焼き粟麩 白髪葱 露生姜

 
 

【八寸】瓢亭玉子 かます寿司 はじかみ 甘海老香酒漬け水母はららご 鱧柚子味噌田楽 焼栗蜜煮 揚げ銀杏

 
 

【焼物】子持ち鮎塩焼き 酢蓮根 蓼酢

 
 

これも中川さんが写すとこんなに美しいのです。(iPhone撮影です)
みんなで撮影練習をしました。

 
 

【炊合せ】冬瓜 鱧 松茸 ふり柚子

 
 

【赤出汁】豆腐 刻み茗荷
【御飯】枝豆ご飯
【香の物】長茄子ぬか漬け 紫漬け じゃこえのき

 
 

中川さんの手。

 
 

【水物】桃コンポート 梨ジュレ シャインマスカット 玉子アイス

 
 

【お菓子】お品書きにはありません

 
 

これも中川さんが撮影すると、ググーンと立体感が!

 
 

【お薄】お品書きにはありません

 
 

こんなに沢山のお料理が胃袋の中へ。

 
 

記念撮影のために並んでいる途中。(全員ではありません)

 
 

教室に戻って、器のお勉強をしているところ。

 
 

外は少し蒸し暑い日でしたが、瓢亭さんの中はとても心地よく室温調節がされていて、最後まで気持ちよくお勉強させていただきました。
むそう塾にはないものを学ばせていただいて、大変貴重な経験になったことでしょう。

毎年、この日を境に塾生さんの本気度が増すのを実感するのですが、今年もすでに嬉しいご報告をいただいています。
外を知るって大事ですね。

瓢亭さん、大変お世話になりました。
また来年もよろしくお願いいたします。

 
 


カテゴリー: 京都やマクロビオティックのことなど, マクロビオティック料理教室 むそう塾 | コメントする

さようなら IntelチップのMacBook iPhoneのこと 

2020年6月23日から2年2か月使った Intelチップ搭載のMacBook Proに、今日さようならをしました。
2021年にM1 Pro搭載のMacBook Proが発売された時にも、買い換えずにいたのですが、ついに買い替えに至りました。

「ビックカメラJR京都駅店」の4Fにあるソフマップで売却したのですが、買取価格は285,600円(購入時価格746,680円)でした。

先代の16インチMacBook Pro は、メモリ 64GB、ストレージ 8TBと、全部盛りだったので、手放すのが惜しかったほどです。
でも、先日からM1 Pro搭載のMacBook Proを使い始めて、Appleシリコンの素晴らしさを知ってしまったので、サクサクと動く方で仕事をしたいと思ったわけです。

 
 

***

日本時間9月8日2時には、Appleから新商品の発表があるようですが、iPhoneなどを買い替えたら、あまり型落ちしないうちにすぐ売ってしまうのがいいですね。
(メーカーの下取り価格は、平均的に安すぎなので)

発売後まもなくでしたら買取価格も高いので、私はいつもこうして新しい機種にしておくようにしています。
そうすると、大体販売価格の半分の値段でiPhoneを使える計算になります。
ちなみに、本日の買取価格はこんな感じでしたよ。

 
 

 
 

***

売却につき合ってくれた息子と一緒に、久しぶりに「宝泉 京都駅店」へ行きました。
今では新幹線の乗り降りをするだけの京都駅になっていますが、たまにはゆっくりとお茶を飲む時間がとれてよかったです。
落ち着いた空間が好きな、お気に入りの喫茶店です。

 
 

(宝泉 京都駅店)

 
 


カテゴリー: 京都やマクロビオティックのことなど, その他 | コメントする

マクロビオティックでは陰性も大事にね 便秘の人へ 

先日「マクロビオティックで頻尿になった人 塩分のとりすぎが問題」という記事を書きました。
その後Aさんとメールでやり取りをしているのですが、マクロビオティックで最初に入り込んだ知識が邪魔をして、なかなか陰性を取り入れることに躊躇されています。
ご本人なりに今まで努力されていたのですが…

すごくよく分かります。
怖いんですよね。
今まで頑張って来たことが無駄になってしまうようで。
私にも一時期そういうことがありましたから、とても理解できます。

そういう時って、頭で食べているんですよね。
あれは陰性、これは陽性って分類して。
でも、体が本当に求めているものを食べるのが本来のマクロビオティックであることに思いが至れば、解決への道は開かれます。

今日いただいたメールに次のような文章がありました。
本当は、ほわほわしたパンのようなものにバターをたっぷり付けて食べたいのですが
腸によくないかなぁと我慢しています。米粉パンなら少しましかなと焼いてみました。
食べながらこういうものが今は欲しているのかと泣きながら食べました。

Aさんはまだ強い玄米信仰があるので、このようになったのでしょう。
そして、小麦粉は腸に悪いという知識が入っているのでしょう。

でもね、食べ方次第ですよ。
Aさんはガリガリに痩せておられるそうですが、それは腸から栄養分をうまく吸収できていないものと思われます。
ですから、そんな腸に小麦粉は厳禁と思われたのでしょう。

間違いではないですが、その知識に振り回されるととても悲しく、味気ない食生活になったりします。
メールに書かれていたように、ほわほわした陰性をAさんは求めていたわけですから、思い切ってバターを塗って召し上がったらよいと思います。
バターは動物性だからと敬遠することなく、良質の栄養源として使われたらよいのです。

バターにはビタミンAやDをはじめ、カルシウム、カリウム、リン、ナトリウム、マグネシウム、亜鉛などのミネラルも入っています。
とても大事な栄養素が揃っていますし、消化しやすい状態なので、腸がお疲れのAさんにはおすすめです。
ほうれん草のバター炒めなんて簡単で栄養的にもバッチリですよ。

油分は陰性ではありますが、エネルギー源であることも忘れないで、上手に取り入れてほしいなあと思っています。

 
 

(茄子の油焚き 中川さんのブログ記事より)

 
 

陰性の代表にあげられる茄子ですが、油との相性がとてもよいので、こんなふうに煮物にして召し上がるのもよいですね。
こちらのお料理は、胡麻油と昆布出汁で炊いてありますが、出汁はお好みで変えてもかまいません。
美味しく感じるお味に仕上げましょう。

 
 


カテゴリー: 京都やマクロビオティックのことなど, 食べたもののようになる, からだ, こころ・想い | 4件のコメント