投稿者「マクロ美風」のアーカイブ

「もうだまされない 新型コロナの大誤解」西村秀一著

新型コロナウイルスに関する情報は、実に色々飛び交っていて、その内容も天と地ほどの差があります。
それにワクチンのことを入れると、多くの人が混乱している姿が伝わって来ます。

2020年の1月からもう1年半も経ったというのに、未だにオロオロしている人が多い現状に、日本国民の現実を見た気がします。
オロオロの原因は不勉強だからです。
きちんと勉強して急所をつかめば、もっと落ち着いて行動できるし、何より精神的に安定します。

一番問題なのは、テレビが垂れ流す情報を鵜呑みにしてしまうこと。
こんなものに洗脳されてはなりません。
もっと自分で勉強しましょう。

そして、あなたの五感を信じましょう。
「これっておかしくない?」
そういう感覚が実は正解だったりします。

反対に人工的なものほど怪しかったりします。
もっと自然体でもあなたの体は守られます。

環境も考え方も閉塞的にならないこと。
とにかく風通しを良くしましょう。
そうしたら、あなたの疑問が一つ一つ氷解していくことでしょう。
そして、もっと自由に行動しようという気になれるはず。

この本を読むと、きっと風通しがよくなって、不安が減ると思いますよ。

 
 

もうだまされない 新型コロナの大誤解 西村秀一著

 
 


カテゴリー: 新型コロナウイルス, からだ | コメントする

中川式鉄火味噌が出来上がりました

梅雨のときには体調がイマイチの人が多くなります。
これは低気圧によるところが大きいのですが、湿気に負けている人もあちこちで見受けます。

先日もちょっと元気が出ないと言っている塾生さんがいました。
そんな人は「甘酒」を召し上がってみるのもいいですね。
飲む点滴と言われるくらい即効性があります。

俳句の世界では甘酒は夏の季語であり、今頃飲むものです。
私も実家で母が甘酒を作っていた遠い記憶があります。
子どもはそもそも元気なのですが、甘さに惹かれて飲んだ想い出があります。

しかし、もっと陽性なものが欲しい人もおられることでしょう。
特に授乳中のお母さんや、病気中のかたは、血液を作ってくれるものの方が合っています。
そんな方には、やはり鉄火味噌がおすすめです。
鉄火味噌には、ジワジワと体力をつけてくれる力があります。

昨日、鉄火味噌が出来上がりました。
ご希望者はマクロ美風までメールをください

中川さんのコメントを添えておきます。
【中川善博より】
優しい陽性に仕上がりました。
ジメジメ暑い夏でも美味しいと感じるでしょう。
免疫上げたりクーラー病から護るお役にたてますように。
これはまたあっという間に無くなりそうですね。

*   *   *

【注文できる人】
①むそう塾のパスポート取得者
②愛クラス受講者でむそう塾が許可した人

【注文先】
・マクロ美風宛にメールを送る(郵便番号・住所・電話番号・個数を忘れずに)
・ご連絡:マクロ美風が受信後、麗可さんからiMessageまたはTwitterのDMが届く

【一瓶の内容量】
22g

【送料】
原則として無料(1個の場合は別途送料あり)
※事前にご連絡いただければ、教室でお渡しすることもできます。

【代金】
MessageまたはDMに記載

 
 


(中川式鉄火味噌 料理:麗可 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 


(中川式鉄火味噌 料理:麗可 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
むそう塾が教えている陰陽料理名一覧
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: 講座のご案内・連絡事項 | コメントする

これから開催予定の講座案内(2021.6.24現在)

このページはこれから開催予定の次の講座のご案内をしています。(ご案内順)
・2021年7月の玄米ご飯の炊き方秘伝講座のご案内
・2021年7月の小豆玄米ご飯の炊き方秘伝講座のご案内
・2021年6月〜12月の単発講座のご案内
・2021年度各コースのご案内

※初めての方が受講できるのは、「玄米の炊き方秘伝(愛クラス)」のみです。

 
 

【単発講座 玄米ごはんの炊き方秘伝講座(愛クラス)】
<2021年>
【7月】
25日(「第140回玄米の炊き方秘伝講座(愛クラス)」 あと4席

 
 


【単発講座 小豆玄米ごはんの炊き方秘伝講座(特別愛クラス)】
<2021年>

【7月】
30日(金)「第10回小豆玄米ご飯の炊き方秘伝講座(特別愛クラス)」 満席

 
 

【単発講座 愛クラスを除く】
<2021年>
【6月】

26日(「単発煮物講座 第2回」 満席
27日(「夏の特別料理講座 涼麺と賀茂茄子のピザ」 あと2席
【7月】
12日(月)「鱧の骨切り特訓再受講講座」 満席
13日(火)「鱧の骨切り特訓講座」 あと2席
22日(「無双原理コースメニュー講座(1)夏」 満席
23日(「単発煮物講座 第3回」 あと1席
24日(「作り置きできる逸品料理講座」 満席
【8月】
9日(「夏のお弁当講座」 あと4席
14日(「サンドイッチ講座 第1弾」 あと4席
15日(「アジア料理講座 第4弾」 あと4席
28日(「夏から秋の極上お弁当講座」 あと5席
29日(「サンドイッチ講座 第1弾」 あと5席
【9月】
20日(「アジア料理講座 第6弾」 あと4席
23日(「無双原理コースメニュー講座(2)秋」 あと5席
25日(「速攻おかず10選」 あと2席
【10月】
23日(「アジア料理講座 第2弾」 あと2席
29日(金)「イタリアン ベーシック講座 第1弾」 あと8席
30日(「イタリアン ベーシック講座 第1弾」 満席
31日(「牡蠣(かき)料理五種講座」 あと5席
【11月】
3日(「アジア料理講座 第5弾」 あと2席
23日(「おせち料理三種とおせちの詰め方講座」 あと3席
【12月】
11日(「中川式おでん講座」 あと4席

【開催ご希望講座はこちらから】

 
 

【2021年度1年間コースの内容】 受付締切
・5/9〜「第13期幸せコース」
・5/15〜「第11期上級幸せコース」
・5/16〜「第8期満足コース」
・5/8〜「第7期秘伝コース」
・5/1〜「第2期自由人(びと)コース1」
・5/2〜「第1期自由人(びと)コース2」

【2022年度各コースの申込受付は11月から始めます。】

 
 

2021年度マクロビオティック京料理教室 むそう塾 年間コース日程表 2021/5〜2022/4】(2021/6/24現在)

 
 


カテゴリー: 講座のご案内・連絡事項, 玄米の炊き方講座 | コメントする

「鱧の骨切り特訓再受講講座」開催のご案内

そろそろ鱧が美味しい季節になりました。
京都にご縁ができてから、毎年夏には鱧をいただいていた私は、すっかり鱧が好きな人になりました。
白身でさっぱりとして、それでいて色々なお料理にアレンジができて、しかも美味しい鱧。
そんな鱧の魅力に心躍るようになりました。

そんな美味しい鱧がお料理できるようになるため、むそう塾では毎年秘伝コースの希望者に、「鱧の骨切り特訓講座」を開催しています。
今年も7月13日にその講座を開催する予定です。

それとは別に、「すでに特訓講座を受講したけれど、もっと上手になりたい人」を対象に、別の日程で講座を開催することになりました。
定員は4名なので、もう一度鱧に挑戦したい塾生さんの登場をお待ちしています。

ご希望された方は次のとおり。(6/23現在)
1 おはるさん(3-3)
2 ペロリさん(10-12)
3 かよさん(83-1)
4 さとこさん(100-2)

 
 

【講座名】
「鱧の骨切り特訓再受講講座」

【開催日】
2021年7月12日(月)

【会場】
「むそう塾」京都市左京区孫橋町18

【内容】
受講者のレベルに合わせて決める

【タイムテーブル】
11:00  開場
11:30〜17:00 実習

【定員】
4名

【申込資格】
2020年までに「鱧の骨切り特訓講座」を受講した人

【受講費】
55,000円(税込)

【受講費の支払期限】
仮受付メール到達後7日以内

【申し込み方法】
こちらの予約システムから 随時受付

【締切】
定員になり次第

【キャンセル料】
・開催日の15日前~8日前:受講費の50%
・開催日の7日前~当日:受講費の100%
(ご返金に伴う振込手数料はいただきません)

 
 

(鱧の棒寿司 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 


カテゴリー: 講座のご案内・連絡事項 | コメントする

京都 瓢亭さんの松花堂 6月の献立

きょう、久しぶりに瓢亭さんへ行きました。
12時の予約でしたが、お客さんは他に1組だけ。
なんだか申し訳ないような感じです。
もちろん、ノーマスクで入りましたが、入り口では手の消毒と検温を求められました。

 
 

【松花堂弁当】


(京都 瓢亭別館)

 
 

6月といえば「水無月」です。
左下に胡麻豆腐で水無月が。
ちゃんと小豆を添えて。
じゅんさい好きの私には、嬉しい一品でした。

そして、やっぱり煮物椀は鱧です。

 
 

7月になったら、「鮎の塩焼き」を別注文できます。
そうしたら、また行きましょ。

 
 


カテゴリー: 京都やマクロビオティックのことなど | コメントする