マクロビオティック料理教室 むそう塾」カテゴリーアーカイブ

陰陽バランスを考えた茄子料理 食べ物でクールダウンを 

6月に入った途端に暑い!
といっても、湿気がないので北海道の真夏みたいで、爽やか〜♪

気温が上がると、夏野菜がグングン育ちます。
夏野菜の一つに茄子がありますが、このブログにも茄子のお料理が紹介されています。
マクロビオティックの陰陽バランスを考えた茄子のお惣菜 2014.7.3

せっせと摂って、うまく陰陽コントロールしておきましょう。
え? 茄子は陰性だから食べない?
昔の私みたいですね(笑)

でもね、動物性を摂る人は、茄子のカリウムが陰陽バランスをとってくれるので、食べたほうがいいですね。
それから、なんといっても皮の部分に含まれるポリフェノールが、強い抗酸化作用があるので、皮をつけたままのお料理でいただきましょう。

茄子と油は相性がよいので、油焚きもおすすめです。
懐かしいお料理ですよね。
でも今は油焚きを知らない人もいるので、あえて記事にしておいたのです。

 
 


(千両茄子と万願寺唐辛子の揚げ浸し 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

暑い夏にはクールダウンしてくれる食材が、自然の恵みとして登場してくれます。
そして、カラフルな色合いのお野菜も多くて、見ているだけでも元気をもらえそうですよね。

動物性には食べすぎの弊害というのがありますが、植物性にはまず食べすぎで問題になるということがありません。
ですから安心して、お野菜や果物を摂りましょう。
人工的なクーラーで体を冷やすより、食べ物でクールダウンした方が健康的です。

 
 


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾, 食べ物あれこれ | コメントする

食べ物の組み合わせから風邪の効用まで

【食べ物と私】

マクロビオティックを知る前の私は、良い食材を入手して、美味しくお料理することに神経が行っていました。
しかし、マクロビオティックを知ってからは、「良い食材」の選び方がもっと厳しくなって、これでもか、これでもかと止まるところを知りませんでした。
でも、今は「清濁併せ呑む」路線になっています。

きっとこれは大丈夫と思って手にした食材でも、口にしたくない添加物が含まれていたり、わずかながらでも農薬が使われていたり、買えるものがどんどん減ってしまいます。
そのくらい今は純粋に作られたものが少ないのです。
それは流通のためでもありますが、自分で作らなくなったためでもあります。

そんな環境の中で、いかに自分の健康を守るかと考えたとき、やはり「食べ物の組み合わせ」は毎日できる健康法でもあるのです。
なぜなら、人間の健康の源は腸にあるからです。

 
 

【腸内環境をベストにする】

腸内環境をベストに保つには、2つしか方法はありません。
口から入る物をコントロールする。
悩み事やストレスを抱えない。

手っ取り早く①を実現する方法は、全体の食事量を減らすことと、必ず「毒消し」をすることです。
毒消しという言葉は、私もマクロビオティックに出会ってから知ったのですが、一般的にいうなら「中和」と言った感じですね。

食べ物は「アルカリ性」とか「酸性」といった分類の仕方もありますが、東洋医学やマクロビオティックではそれを「陰性」「陽性」と分類しています。
こちらの分類の方が分かりやすいので、ぜひ陰陽の視点も採用してみてくださいね。

そのうえで、「陽性」と「陰性」を組み合わせて「中庸」な状態が理想的です。

 
 

【注意】

何事もそうですが、細かく神経質になって「木を見て森を見ず」状態になる人がいます。
それによってストレスを抱えたら意味がありません。
ですから、陰陽を意識するのは8割くらいにして、あとの2割は遊びとして残しましょう。
その方が長続きしますし、精神的にもストレスになりません。

私は野口整体で、10割を目指すと体はかえって弱ってしまうと教わりました。
たとえば、胃が弱いからといって、それを庇う食事ばかりにする必要はなく、時々毒を入れるのが理想とも。

そういえば、これは人間関係でもいえますね。
純粋培養のひ弱な人より、ちょいワルな人に魅力を感じてしまいますもの(汗)
つまりは、何事にも弾力が必要ということですね。

 
 

【風邪の効用】

こちらの過去記事も参考にしてみてください。
健康の基本的な考え方(健康でないことこそが人間として当然である)
なお、「風邪の効用」はぜひ読まれることをお奨めします。
新型コロナウイルス問題もからめて、健康や病気を考え直すよい機会だからです。
もしかしたら、あなたの人生を変える一冊になるかもしれません。

 
 


風邪の効用 野口晴哉著)

 
 


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾, 食べたもののようになる, マクロビオティックが楽しい♪, 新型コロナウイルス, からだ, こころ・想い | コメントする

むそう塾 2021年度の「幸せコース」にまだ間に合います

昨日は「第13期幸せコース」の初日授業がありました。
「玄米の炊き方秘伝講座(愛クラス)」から何年も待ってくださった方も含めて、6名の方が定刻までに集まってくださいました。
もうお一人男性の方がお申し込みなのですが、お仕事の関係で欠席されました。
今後もお仕事とにらめっこしながら、受講できるように頑張ってくれるそうです。

授業は前半で実技指導、後半で座学がありました。
座学は膨大なテーマの中から、一番最初に知ってほしい内容をお伝えしました。
しかし、それはエッセンスのみなので、ぜひご紹介した書籍からも幅広く考え方を学び取ってください。
その過程で必ず解らないことが出てくると思いますので、そんなときには遠慮することなく、気軽にメールをください。
二人三脚で理解を深めましょう。

なお、食事日記については、3週間記録して、6月7日(月)21時までにメールに添付してお送りください。
到着順にメールにてお返事を差し上げます。
陰陽的なものの考え方や食べ方は、今後の生き方や体調管理に大いに役立ちますので、この機会をご活用ください。

 
 

今年は開講直前にキャンセルがあったため、1名の席を残してスタートしました。
この席が1年間もったいないなあと思います。

新型コロナウイルスの真偽はともかくとして、影響はあちこちに拡がっています。
しかし、こんなときだからこそ、陰陽を学ぶ意味は想像以上に大きいのです。
情報が錯綜しているとき、その中から正しい情報を見抜く手がかりが得られます。

不安な情報ばかりに接していないで、その不安をかき消してくれる土台を自分自身が築くことができます。
これからでもその学びをしたいと思われる方は、どうぞ6月の授業からご参加ください。
あなたの1年が激変することでしょう。

不可能を可能にする。
そんなチャンスがむそう塾にはあります。

 
 


(マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 


カテゴリー: 講座のご案内・連絡事項, うれしかったこと, マクロビオティック料理教室 むそう塾 | コメントする

ただいま「豚まん」ブーム中 「アジア料理講座 第6弾」

【豚まんブーム】

ただいま、「中川式アジア料理講座 第6弾」でお伝えした「豚まん」のiMessageが、中川さんに着々と届いているそうです。
一番の難関は餡を包むところですが、以前に餃子を習っている塾生さんが多いので、そこそこ上手に包めていました。

中川さんが苦労して開発した結果、こうして皆さんに大歓迎されて、すぐ作ってもらえるのは、とても嬉しくて報われます。
試食を頑張ってくれた麗可ちゃんも喜んでいるのはもちろんです。

「中川式アジア料理講座 第6弾」は、5月14日(金)に、もう一度開催します。
後々語り継がれるであろう「絶品 豚まん」を習えるチャンスをお見逃しなく!

 
 


(豚まん 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

<豚まんを包み始める手つき>

(豚まん 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

【熱々のバナナパウンドケーキ】

それから、「第2期  自由人コース1」でお伝えした「バナナパウンドケーキ」ですが、焼き立てを食べるのも美味しいと私が言ったので、早速実行している人がいるようです(笑)
美味しかったでしょう?
自分で作ったからこそ、熱々を食べられるんですよね。

パウンドケーキは固くてボソボソしたもの、というイメージを塗り替えた優しい食感なのがうれしいところ。

 
 


(バナナパウンドケーキ 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 


カテゴリー: うれしかったこと, マクロビオティック料理教室 むそう塾 | 2件のコメント

むそう塾が伝えたいマクロビオティックと現実が一致してきました

【がんじがらめのマクロビオティックでないお料理】

「マクロビオティック京料理教室むそう塾」が今していること。
それは、「徹底した美味しさと健康」を現実のものにするべく、塾生さんに伴走していることかなと思います。
中途半端な美味しさは世の中にゴロゴロありますが、それを食べて健康になれるかというと、どうも怪しいものが多いのが現実です。

その中で、体に取り入れても安心と思えるもので、最高の技術を投入した結果が「むそう塾の美味しいお料理」として600種類以上お伝えしてきました。
「マクロビオティック仕様」として、食べ物の制限をすることなく、もっと自由に楽しくお料理を作って、結果は健康になっているというのが「むそう塾スタイル」です。

 
 

【甘いもの】

実は、私は授業で5月1日から4日間連続で甘いものを食べました。
なんだか1年分の甘いものを食べた気がします(笑)

5月1日
<抹茶と小豆のパウンドケーキ>

5月1日
<バナナのパウンドケーキ>

5月2日
<紅茶のシフォンケーキ>

5月2日
<抹茶のシフォンケーキ>

5月2日
<三色団子ぜんざい>

5月3日5月4日
<胡麻団子>

 
 

【動物性も】

いやあ、こんなに毎日甘いものを食べたのは、生まれて初めてです。
でも、毎日甘さに負けないようなメニューも用意してあったので、連続講座が終わった今朝も平気です。
いつもどおり、スカッとした朝を迎えました。
ちなみに、陽性のメニューは次のとおり。

5月1日
<鶏南蛮蕎麦>

5月2日
<あさり蕎麦>

5月3日5月4日
<チャプチェ>

ちなみに、お蕎麦は麺だけでなく、汁も飲み干します。
こんな感じで。
美味しくて、ゴクゴク飲んでいるうちに、なくなってしまうのが現実です。
むそう塾オリジナルの「うどん出汁」は、お蕎麦にも使えて最強です。
この「うどん出汁」は、「上級幸せコース」で習います。

 
 

【陰陽バランス】

むそう塾が一番大事にしていること。
それは「陰陽バランスの取り方」です。
しかし、甘いもの(陰性)を摂ったら動物性(陽性)を摂ればいいという単純な考え方ではありません。
料理方法の陰陽も含めて、トータルで陰陽を考えます。

5月1日と2日は、「自由人(びと)コース」というレベルの高いコースだからこそ、こんなにも甘いものをお伝えしました。
このコースに至るまで、すでに陰陽を使いこなしてくれている人たちばかりだからです。
やっと理想と現実が一致して来た手応えを感じます。

マクロビオティックだからと制限したお食事をするのではなく、マクロビオティックだからこそ、陰陽で自由なお食事をして健康になってほしいと思っています。

*   *   *

4日間、たくさんの塾生さんの笑い声が教室に溢れました。
コロナ禍の今だからこそ、笑える環境が必要です。
三方の窓全開で薫風を感じながら過ごした4日間でした。
室内にいても自然を感じられる空間こそが「陰陽バランス」の取れた場所になります。

そこに集う塾生さんたちの笑顔。
これが最高に良い氣(陽性)を発します。
この氣があるからこそ、私は皆さんから元氣をいただいているのだと感謝しています。

陰陽バランスが取れた心地よい空間としてのむそう塾を、あなたの健康のためにご利用ください。
笑顔の仲間の存在は、きっとあなたを元氣にしてくれることでしょう。

 
 

【おまけ】

ちなみに、昨日は授業が終わってから、中川さんの大好きなソフトクリームを食べに行きました。
中川さんへの慰労会のつもりで。
その後、教室に戻ってからお片付けをしましたが(笑)

 
 

Holly’s café ホリーズカフェ 本能寺会館店
(道路を挟んで京都市役所前にあって、お店の前にソフトクリームの目印が置いてあります。)

帰宅してから、糠漬けを食べたのは言うまでもありません。
こんな日が続いても、今朝は惚れ惚れするような素晴らしいお通じがありました。
腸内環境は良好なんだなと確認できて、嬉しかったです。

おしまい。


カテゴリー: うれしかったこと, マクロビオティック料理教室 むそう塾, 料理人 中川善博の陰陽料理 | コメントする