マクロビオティック料理教室 むそう塾」カテゴリーアーカイブ

松飾りや小正月のこと 糖尿病の人はぜひ小豆を食べましょう

講座に関する記事ばかりが続いてしまいました。
今日は1月15日。
小正月の今日まで松飾りをしている地方は主に関西圏で、関東圏は1月7日までというのが多いようです。
でも、全国各地には1月20日までというところもあるそうですね。

ちなみに、私の育った北海道の実家では、1月15日まで松飾りをしていました。
しかし、自分の家と隣の家で風習が異なることもあって、全部同じというわけではありませんでしたから、お雑煮の中身はビックリするほど違っていました。
北海道開拓によって、あちこちの県から移住して来たためなのでしょう。

では、なぜ関東では1月7日で松の内が終わるかというと、どうやら江戸時代に徳川幕府が「正月飾りは1月7日までとする」というお触れを出したからだそうですよ。
武家社会ではいつまでもお正月気分に浸っていられなかったのかな?

 
 

【小豆の力】

なにはともあれ、今日は15日。
ということで、小豆を召し上がって体を労ってあげましょう。
小豆は水分の排出力が強いので、甘いものの摂りすぎでむくんでいるような人には絶対食べてほしいです。

今は糖尿病の人も多いのですが、マクロビオティック仕様の小豆南瓜で、お父様の糖尿病を治してしまった人もいますよ。
私はマクロビオティックを知るまで、そんなに小豆を日常的に食べていなかったのですが、小豆の産地で生まれ育ったので、小さいときから母がよく小豆料理を作ってくれました。

そして、母への感謝とともに、せっせと小豆入り玄米ご飯を食べていた時期があります。
玄米ご飯に陰性さが増して、陽性になっていた体にはとても美味しく、1年位食べ続けていました。

あ、そうそう。
もし小豆を単独で茹でる場合は、ぜひ茹で汁を飲みましょう。
この茹で汁こそ、小豆の効能がしっかり入っているので、ザーッと捨てないようにしましょう。
市販でオーガニックの「小豆茶」というのも売っていて、美容にうるさい芸能人も飲んでいるとか。
自然食品店でも売っていると思いますが、やはり小豆そのものを汁ごと使えるお料理をしましょう。

下の写真は、満足コースの2月の授業で小豆を茹でたときの煮汁です。
やさしい甘味があって、とても美味しいんですよ。

 
 


(小豆の煮汁 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾, からだ | コメントする

「飽きないおせち」 むそう塾で習ったおせちの感想

塾生の好(このみ)さんから嬉しいメールが届きました。
素敵なお写真とともに!
彼女の頑張りに改めて感動するとともに、お料理が彼女を支えてくれていると強く思いました。
特におせち料理は精神面への影響がとても大きいので、自分を高めるためのお料理と位置づけられるでしょう。

<好さんからのメール>

美風さん

こんばんは。
ツイッター楽しく拝見させていただいてます!

2020年のおせち料理は、先ほど嬉しい感想を頂きましたのでメールさせていただきます。
御節料理を初めて持って行った親戚の方から(先日お礼は聞いていましたが)先ほど直接会った時に、
「絶品!どのお料理もすごく美味しかった!!」と興奮状態で伝えてくださいました。
姉は
「御節料理って途中で飽きるイメージだけど…
 この御節料理は…全く飽きないね、お箸が進むよ。」と。
(おせちでもあとを引いた様です!)

お正月に御節を囲んで家族で華やかに新年をお祝いできる幸せに今年も感動いたしました。
むそう塾にサポート頂き、たくやさんの美味しいお魚や多くの素材に助けられながら、(もちろん家族にも)大好きなことをさせて頂きました。

今回はお節料理に向き合いたいと強く思えば思うほどに日々の過ごし方、お料理との向き合い方がいかに大切であるか感じました。そして美風さんのお弁当記事のアドバイスからも勇気を頂きました。
12月26日に胃腸炎になって高熱が出たこともきっかけになり、やるしかないという気持ちがさらに固まりました。
実際体力が持たず休憩しながらでしたが美味しく丁寧に作ることを心に置きながら作りました。残念だったのは盛り込む際に体力が限界で(情けない・・・)次回はその時間ももっと楽しみたいです。
弱気と、強気の…心の陰陽を繰り返しながらの年末でもありました。

日常に戻った今、
改めて私はお弁当作りに支えられていると感じる日々です。
私の軸です!

おせち料理を撮影したものを送らせて頂きます。
(アップの写真ばかりですが)
おせちの盛り付け秘伝講座をとても楽しみにしております。
よろしくお願いいたします。
69ー4

 
 

<マクロビオティック京料理教室  むそう塾 塾生(好)さんのおせち>

 
 

ちなみに、好さんが中川さんに投稿されたおせちはこちらです。

 
 

<マクロ美風より>

素敵なお写真をいっぱいありがとうございます!
12月24日のお弁当投稿でのやり取りは、しっかり覚えていますよ。
おせちってその時だけが勝負ではないのですよね。
それまでの1年間の過ごし方がすべてそこに集約されるので、もうここでジタバタしてもしょうがないわけです。

反対に、コツコツと1年間頑張って来た人は、その持てる力をそのまま出し切ればよいわけで、ある意味こちらの方が平常心で臨めることになります。
これはスポーツでも音楽でも習い事でも試験でも、何にでも共通することですね。
そんな生き方の基本みたいなことを、お料理からも学べることをお伝えしたかったのでした。

それにしても、ご親戚の方の興奮状態や、お姉さまの“飽きない”発言も、素晴らしいことですね!
特におせちで飽きないなんて、世の中の常識を覆す出来事だと思います。
その要因は色々ありますが、なんといってもむそう塾のおせちは美味しい!お料理の集合体だからでしょうね。

好さんはそんな素晴らしい技術を伝授してもらえたので、あとは毎年その精度を高めて行くことを楽しみましょう。
素敵なメールをありがとうございました!

 
 


カテゴリー: 塾生さんのメールから心に響いたこと, マクロビオティック料理教室 むそう塾 | 2件のコメント

【京料理人伝授! 七草粥の作り方】 中川式七草粥と旧暦での七草粥


(七草粥 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

昨日、Tweetで中川式の七草粥の作り方を流しておきましたら、今朝、多くの塾生さんが作ってTwitterで投稿してくださいました。
嬉しかったです。
Tweetのおまとめは下記からご覧になれます。

「むそう七草2020」


 
 

私も中川さんが作ってくれた七草粥をいただいて来ました。
実は、作りたての写真はこちらで、七草の艶々感が素敵です。
でも、お箸を動かしているうちに七草の輝きが後退して行きました。(上の写真)
これが『速くシャッターを切れ!』と中川さんがいつも指導している理由です。

 
 

今年も作り方を中川さんのそばで見ていたのですが、やはり餡の練り方がすごかったです。
中川式七草粥の特長は、なんといってもこの銀餡の作り方にあると思います。
それは、マクロビオティックの陰陽を深く知れば知るほど納得出来る方法だからです。
ここが美味しさのポイントですね。

【京料理人伝授! 七草粥の作り方】 必見!
【中川善博の料理】  七草粥  2016  


 
 

【満足コースの皆様へ】

今までは、授業のある日が7日だった場合、中川さんの七草粥をいただけたのでした。
でも、その作り方を知りたい人が多かったので、ブログの記事で公開しましたが、味も知りたいと言う人のために、昨年は満足コースのカリキュラムに入れたのですが、材料が揃わずできませんでした。

そこで、2月1日の授業で七草粥のデモを行います。
ただし、今年は旧暦の1月7日が新暦の1月31日なんですよね〜。
ですから、習ってから復習をしたい人のために、ある方法をとります。
その方法をiMessageでお送りしますので、それを実行しておいてください。
よろしくお願いします。


 
 

【七草粥の関連記事】
七草粥を旧暦でいただくのもよいものです 2018.1.7
中川式七草粥 絶品の陰陽料理 2016.1.7
七草粥 自然界と同期するために旧暦を意識してみましょう 2014.1.7
人日の節句 2008.1.7
お正月と旧暦の話 2006.1.1
七草粥 2005.1.7
松の内 たまには画像無しでお話してみよう 2005.1.4

 
 

【七草粥のtogettar】
「むそう七草 2020」
「むそう七草 2019」
「むそう七草 2018」
「むそう七草 2016」

 
 


カテゴリー: 講座のご案内・連絡事項, 京料理人 中川善博の動画, マクロビオティック料理教室 むそう塾 | コメントする

「ビーガン食の1歳児が餓死/米」の記事に思うこと マクロビオティックとの違い

2019年12月27日に「ビーガン食の1歳児が餓死/米」というアメリカのニュースがネットで流れてきたのですが、忙しくてこれに対する記事を書く時間が取れませんでした。
こちらにも下記に転載させていただいて、このニュースに対する問題点を考えてみたいと思います。


【三つの問題点】
まず第一の問題点は、これだけの情報では正確な把握は難しいのですが、年齢を考慮したお食事ではないことです。
人は年齢や性別や肉体的特徴によって、食べ物を調整するべきですが、その部分が細かく実行されていなかったように思われます。

第二の問題点は、穀物の摂取はどうなっていたのか?ということです。
記事ではそのことに触れていないので、詳しくわかりませんが、穀物が少しでも入っていたら、おそらく結果は変わっていただろうと思うのです。
それほどに穀物は重要であり、健康に欠かせないものです。

第三の問題点は、ビーガン食を続けた期間の長さです。
どんなに体に良い食べ方であっても、長い期間続けるとその効果は変化してくるものです。
漢方薬だって同じ生薬を長い期間使わないのと同じように、いつも体調をみながら細かく調整しながらお食事をいただくのが真の健康に貢献できる食べ方なので、そこが充分でなかった可能性があります。

 
 

【似た食べ方 玄米菜食】
この問題の根本は、偏った食事を長く続けた結果にあります。
それはビーガンだけでなく、少し似ている厳格な玄米菜食の実践者にもいえることです。
しかし、玄米菜食の場合は、玄米という穀物がしっかり入っているので、このニュースの事例とは違うと考えます。
とはいえ、動物性を摂取しないことに変わりはなく、そこが体調とピッタリ合っていることを確認せねばなりません。

【マクロビオティックとの違い】
単に玄米菜食というと、「=マクロビオティック」のことだと思われる人が多いのですが、マクロビオティックは動物性を一切いただかない食事法ではありません。
体調と相談しながら動物性もいただくのが本来のマクロビオティックです。
そして、その基準となるのが「陰陽の考え方」です。
常に陰陽の判断がともなってこそマクロビオティックと言い得るのです。

そして、マクロビオティックでは穀物の摂取を大切にしています。
まずは穀物があって、それから野菜や海藻です。
ですから、野菜と果物だけというのは、短期的に目的があって、陰陽のバランスを取るために摂取する場合があるということになります。

しかし、マクロビオティックの歴史の中では、一切の動物性を排除した教えをした指導者がいたりして、それが誤解を生んでいるものと思われます。
そういう指導者であっても、食養(あるいはお手当)として動物性を用いる場合があるのですから、やはりマクロビオティックは菜食一辺倒ではないと理解できるでしょう。
以上から、陰陽を忘れた食べ方はマクロビオティックではないことが明らかです。

 
 

転載開始

<ビーガン食の1歳児が餓死/米> 2019.12.27

世界では健康志向の高まりから、ベジタリアンやビーガンになる人が増えている。海外には、幼いわが子にも、そのライフスタイルを押し付けて、死なせてしまった親がいる。

 海外ニュースサイト『Daily Mail』と『Fox News』は、1歳6カ月の息子を餓死させた両親を、殺人罪で起訴したと12月24日までに報じた。

 記事によると9月27日、アメリカ・フロリダ州に住む両親(父30歳、母35歳)の自宅から、息子が冷たくなって、息をしていないと警察に緊急通報が入ったという。救急隊が駆け付けたが、その場で死亡が確認されたという。

 司法解剖の結果、息子は同年齢の子供よりも小さく、栄養失調による脱水症状などの合併症を引き起こして死亡したことが分かったという。この結果を受けて、両親とも児童虐待および殺人など複数の容疑で11月に逮捕に至った。

 警察の調べによると、両親はビーガン(乳製品を食べないベジタリアン)であり、子供たちにも、生野菜と果物しか与えていなかったという。母親は、亡くなった息子を自宅で出産しており、病院への通院歴はなかったようだ。この両親には他にも3、5、11歳になる子供がいて、3人とも学校には通っておらず、年齢の割には体が小さく、栄養失調状態だったという。歯が黒く虫歯を放置されている子供もおり、極度なネグレクトが疑われたため、3人とも保護された。

 母親は「亡くなった息子は1週間前から食事を受け付けなかった。歯が生えてきたからだと思っていた。他の子供たちには自宅学習させていた」と話し、容疑を否認しているという。

 このニュースが世界に広がると、ネット上では「成長期の子供には栄養が必要。自分がビーガンだからって身勝手すぎる」「近所の人は子供たちの状態に気付かなかったのか?」「ビーガンでも大豆とかたんぱく質を取れる食品はある。学校にも行かせないし、単なる虐待だな」などといった声が挙がった。

 昨今、欧米では、健康志向の若者を中心にビーガンになる人が増えているという。ビーガンとはベジタリアンの一種で、肉、魚はもちろんのこと、乳製品などの動物由来の食品を食べないベジタリアンを指す。特にビーガン食は、低カロリーのため、ダイエット食としても人気が高いという。

 その一方で、健康被害も報告されており、ビーガン食を長く続けると、必要な脂質やたんぱく質が不足し、中には栄養不足に陥ってしまう人もいるという。成長期の子供は特に注意が必要なはずだが、海外には他にも、幼い子供にビーガン食を与え続け、栄養失調にさせた親がいる。

 海外ニュースサイト『CNN world』は、オーストラリア・シドニーに住む幼い娘にダイエット食を与え続け、健康を害したとして起訴された両親が、ともに刑務所行きを免れたと8月22日に報じた。

 同記事によると、ひきつけ発作を起こした当時1歳7カ月の娘が病院に運ばれたことから、両親によるネグレクトの疑いが浮上。娘を診察した医師が、娘の栄養不足と、骨の発達がみられず、歯も生えていないと指摘したという。

 娘はビタミンが欠乏し、骨がもろくなる「くる病」も発症。両親は、娘にビーガン食を与え続け、娘を栄養失調に陥らせたとして起訴された。しかし判決で裁判長は、母親がうつ状態であった可能性を示唆。思慮分別を欠いていたとして、刑務所行きではなく更生プログラムを含む18カ月の社会奉仕を命じたという。

 健康に気を配ることは大切だが、栄養バランスは考えるべきだ。もしも子供の健康を害すようなことがあれば取り返しのつかないことになる。

記事内の引用について

Vegan parents who eat only raw fruit and vegetables plead not guilty to murder charges for the starvation death of their 18 -month-old son
(Daily Mailより)https://www.dailymail.co.uk/news/article-7825261/Vegan-parents-plead-not-guilty-murder-charges-starvation-death-18-month-old-son.html

Florida vegan couple charged with murder after 18-month-old son dies of malnutrition: cops(Fox Newsより) https://www.foxnews.com/us/florida-vegan-couple-charged-murder-18-month-old-son-dies-malnutrition-starvation

Vegan parents whose strict diet left baby ‘severely malnourished’ avoid jail (CNN Worldより)
https://edition.cnn.com/2019/08/22/australia/australia-vegan-baby-intl-hnk-trnd/index.html

転載終了

 
 

(紅白本結び 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾, 食べたもののようになる | コメントする

2020年新春のおせち投稿者 感動をありがとうございました

新しい年が明けました。
私は夫の実兄が昨年他界したため、新年のご挨拶を控えておりますので、2019年12月31日の感動を今年第1号の記事にしたいと思います。

31日から1日にかけて「おせち投稿」が続々と寄せられました。
そのお一人おひとりにドラマがあって、毎年おせちのドラマに感動します。
色々な背景の中でおせちに挑戦してくださった塾生さんたちを、心からねぎらってあげたいと思います。


おせち投稿をしてくださった塾生さんたちは次のとおり。(投稿順)

1 ひかるさん(秘伝コース修了)
2 舞さん(秘伝コース修了)
3 ゆこさん(秘伝コース在籍)
4 朝さん(秘伝コース修了)
5 ナッパさん(上級幸せコース在籍)
6 okameさん(満足コース修了)
7 あさちゃん(秘伝コース修了)
8 じゅんじゅんさん(上級幸せコース修了)
9 未佳さん(満足コース在籍)
10 かがやきさん(満足コース修了/無双原理&盛付コース在籍)
11 ゆきさん(秘伝コース修了)
12 みほさん(秘伝コース修了)
13 クリちゃん(秘伝コース在籍)
14 きよさん(上級幸せコース在籍)
15 さえさん(秘伝コース在籍)
16 さなえさん(満足コース在籍/無双原理&盛付コース在籍)
17 壽乃さん(秘伝コース在籍)
18 あみさん(秘伝コース在籍)
19 京子さん(満足コース在籍)
20 麗可さん(秘伝コース修了)
21 好さん(秘伝コース修了)
22 めぐさん(幸せコース在籍)
23 みんみさん(秘伝コース在籍)
24 ばんびさん(秘伝コース修了)
25 かよさん(秘伝コース修了)
26 晴さん(秘伝コース在籍)

・秘伝コース修了者 10名
・秘伝コース在籍者 7名
・満足コース修了者 2名
・満足コース在籍者 3名
・上級幸せコース修了 1名
・上級幸せコース在籍 2名
・幸せコース在籍 1名

Twitterでのおまとめは下記にあります。
「むそうおせち2019-2020」

*   *   *

中川さんのブログでは、投稿文も全文掲載しております。
それはきっと、私と同じく感動して、投稿してくださった塾生さんのお気持ちを共有したかったのだと思います。
私も全員の皆さんの文章に感動を受けたり、涙したり、ともに歩んできた1年間の出来事に思いを馳せて、胸がいっぱいになりました。

つわりの真っ最中だったり、子育て中だったり、体調を崩したり、お仕事がメチャクチャ忙しかったり、様々な状況の中でも、おせち投稿に挑戦してくださった25名の塾生さんたち。
きっと皆さんの共通点は、「美味しいから作りたい!」だったのではないでしょうか?
あるいは、習ったお料理の集大成としてだったかもしれません。

私は、おせち料理を作っていると、作り手が素直になって感謝の気持ちが湧いてくるように思います。
その精神面での整理のされ方がスッキリしてとても心地よいので、また作りたいと思われる方も多いようです。
達成感とともに、最後を締めくくったという納め方は、けじめとしてもとても精神的に良い終わり方だからでしょうね。


今年は秘伝コースの修了生が10名も投稿してくださって、とても嬉しかったです。
一生モノの技術を毎年確認する場として、今年も12月31日の投稿を早くも期待しております。
幸せコースから満足コースまでの人たちは、まだ「秘伝コースのおせち」を習っていないので、ご自分の今できるお料理で投稿してくださいました。
この経験はとても貴重なものになります。

また、前日夜まで出汁巻き玉子の練習を頑張っておられためぐさんは、家族でおせちに取り組んでくださって、その微笑ましい光景が目に見えるような投稿文でした。
ぜひ、秘伝コースまで進んで、「プロのおせち」を作れるようになってほしいなあと思いました。
めぐさんには新人賞を差し上げたいほどです。

*   *   *

【梅人参】
上級幸せコースの皆さんは、梅人参の復習投稿を楽しんでくれましたので、やはり女性は可愛らしいものに心が踊るようです。
包丁仕事が難しいのですが、練習しているうちに夢中になってしまうところがあるので、筑前煮に梅人参を加えてお正月らしく作ってくれました。
梅人参はここの傾斜が難しいですね。

(梅人参 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

【花百合根】
もう一つ、おせち料理の中で案外と難しいのは、もしかしたら「花百合根」かもしれません。
包丁仕事がものをいうし、その茹で方も難しいのですが、優しいお味でとても美味しいお料理なので、切り口の角度をマスターして、素敵に花を咲かせられるといいですね。

(花百合根 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

*   *   *

【おせちの盛付秘伝講座】
おせち投稿をしてくださった皆さんは、この投稿に対する中川さんの講評を知りたいと思います。
中川さんはTwitterで「もし質問や意見がある場合は松の内が済んだら受け付けます」と呟いておられましたが、私は全員が一同に集まって、かつて開催した「盛付秘伝講座」のように、全投稿作品を中川さんが一つ一つ解説して、今年の12月31日に備えた方が確実に勉強になると思います。

今は真夜中で中川さんと相談できませんが、ご希望者が多ければ貸し会議室を借りてでも開催したいと思います。
「おせちの盛付秘伝講座」といった感じで。
日程は2月24日()が第一候補です。
(中川さんがOKしてくれると嬉しいな。)

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロビオティック料理教室 むそう塾 | 12件のコメント