食べ方は生き方そのもの

やっと3クラス分の食事日記の添削が終わりました。
連日パソコンに向かって、長時間Excelの画面を見続けるのは、68歳の年寄りには大変な作業ですが、一字一句漏らさず読み切りました。
そして、確実にポイントをお伝えするため、Wordで感想とアドバイスをお一人ずつ書きました。
あとは塾生さんがそれを実行出来るかどうかです。

私は実行不可能なことは記事にもしませんし、塾生さんにも言いません。
机上の空論も振りかざしません。
すべては体験したことや、周りで経験した人がいる内容を書いています。
ですから、本人がやる気になって挑戦してくださったら、確実に答えが出るものだけをアドバイスに書きました。
それも相手の実行度を踏まえた上で。

よくマクロビオティックの食事指導で経験することですが、相手の性格や行動力を無視して、理想の組み合わせを一方的に伝えるだけの指導者がいます。
そうするとどうなるかというと、結果が出ないだけでなく、本人もとてもつらくなってしまい効果が出ません。
病気で命がかかっていても、なかなか実行しない人もいるのが人間というものです。
いかに実行してもらうか?
それには相手の陰陽はもちろん、考え方や生き癖まで把握しないと無理ですね。

誰しも嫌なことや面倒なことはしたくないものです。
仮に命がかかっても嫌なことには手を染めないで生きようと思う人が多いのも事実です。
多くの人の食事日記を見て思うのは、食べ方は生き方そのものということです。
空腹を満たせれば何でも良いのではなく、そこにマクロビオティックの陰陽をからめて食材やお料理方法を選べば、あなたの体はもっと処理能力が上がります。
そのコツをお伝えするべく、まずは食べ癖と体の反応をチェックするのが食事日記の添削でした。

そんな自分を踏まえて、これからどんな自分になりたいのか?、どんな生き方をしたいのか?、それを実行段階に移すのが今日からです。
生まれ変わるのもよし、そのまま突っ走るのもよし。
ただ、一つだけ伝えておきたいことがあります。
それは、主食がしっかり入っている人は底力があって、精神的にブレていない人が多いことです。


%e4%ba%ac%e9%83%bd%e7%94%a3%e6%9d%be%e8%8c%b8-%e3%80%80%e3%83%9e%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%93%e3%82%aa%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e4%ba%ac%e6%96%99%e7%90%86%e6%95%99%e5%ae%a4%e3%80%80%e3%82%80

(京都産 松茸)

幸せコースの10月授業は、松茸ご飯と栗ご飯です。
高級料亭の一番出しの取り方も伝授します。
松茸ご飯は玄米で、栗ご飯は白米で炊きます。
玄米でふっくらした炊き込みご飯を作るのは、とても難易度が高いのですが、中川式は陰陽をとことん研究した炊き方なので、白米と同じように美味しい玄米松茸ご飯が炊き上がります。
他のマクロビオティック料理教室で、玄米の炊き込みご飯を習ったことのある人には驚きの炊き上がりです。


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当


カテゴリー: からだ, マクロビオティック料理教室 むそう塾 | コメントする

マクロビオティックの食事日記 「人の運命は食にあり」

私は常々望診をしていますから、相手を見ると日々の食べ物が想像できます。
水分量の多寡や、甘いものの好き嫌いなども手に取るように伝わって来ます。
この望診力はやはり数をこなすことで一層精度が上がりますので、塾生さんと深くおつき合いさせていただいて、何年も観察していると、食べ物の力の怖さみたいなものを感じます。
ですから、先人が食べ物に着目したのも頷けますし、水野南北の「人の運は食にあり」というのも納得できるのです。

水野南北は江戸時代の観相家ですが、彼の考え方は食養の石塚左玄にも影響を与え、当然のことながらマクロビオティックの創始者桜沢如一にも影響しているのです。
そしてまた私も、水野南北が残した人体実験や、食べ物に対する洞察には少しずつ頷けることが多くなってきました。
水野南北は食事と開運を結びつけた人ですが、今の時代にそのまま当てはめることは出来ないにせよ、少なくてもマクロビオティックの判断力とはリンクしているのを感じるのです。

あなたが口にする食べ物が、あなたの人生と運を左右すると知ったら、少しは真剣に食べ物のことを考えてみようかなと思われるのではないでしょうか。
私がむそう塾で食事日記をつけてもらうのも、塾生の皆さんが食べ物の力を知って、少しでも良い方向に歩んでいける力を自分でつけられるようになってもらうためです。

昨日も素晴らしい食事日記が送られて来ました。
主食がその人の中心軸を作ると常々思っていましたが、やはり主食がきちんと確立している人は心身両面で強いです。
特に精神面の強さを主食は育ててくれますね。
そんなことを感じながら、私の食事日記添削は延々と続きます。
結構気の遠くなる作業ですが、頑張ります!


京都 山県有朋別邸2 無鄰菴

(京都 無鄰菴)

京都はそろそろ秋の変化を見せ始めました。
これからどんどんと木々の表情が変わってきます。
私たちも同じように食べるものを変えて行きましょう。
食べ物の衣替えの季節です。


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当


カテゴリー: むそう塾スタイル, マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロビオティック料理教室 むそう塾 | コメントする

マクロビオティックの食事日記と判断力の7段階

ただいま「むそう塾幸せコース」恒例の食事日記を添削しています。
丁寧に、実に丁寧に隅から隅までチェックしています。
それは頑張って記入してくださった塾生さんへの礼儀でもありますし、食べ物が体に及ぼす影響を現実的に確認するためでもあります。
つまり、私自身も勉強になりますし、私の望診力も上がるのです。
ですから、真剣に一字一句読ませてもらっています。

マクロビオティックではよく「食べたもののようになる」といいますが、まさにそれを実感するのがこの食事日記です。
食事日記をつけていただく目的は、ご自分でご自分の心身をコントロールする一つの方法として、食べ物の力を知ってもらうためです。

よく「変わりたい」とか、現状の不満を口にされる方がおられますが、ただ思っているだけでは何も変わりませんし、不満も解決しません。
それを誰かに変えてもらうのを待つのではなく、自分の力で変えていけることを説いているのがマクロビオティックの陰陽を用いた食べ方や考え方です。

*   *   *

例えばお酒を毎日大量に飲む人がいたとします。
人間はそんなに大量に毎日お酒を飲まなくても生きて行けるので、その理由を知ることも大切なことです。
なぜなら、毎日続けて摂るものは確実に心身に影響するからです。
楽しくてお酒を飲みたいのか?
気を紛らわせたくてお酒を飲みたいのか?
これだけでも陰陽では真逆になります。

あるいは何となく水分が欲しくて、それがたまたまお酒だったということもあるでしょう。
じゃあ、その前にどんな食べ物を食べたのかな?
すごくそれを食べたかったのかな?
それはどんな味付けだったのかな?
そんなことまで考えていくと、あなたの心の中まで透けて見えてくるんですよ。

そのツールがマクロビオティックの陰陽です。
ですから私は、そのツールを活かしてご自分を知る方法を幸せコースで教えようとしているのです。
そして、ご自分でそのツールを使いこなせるように、その練習をするのが9月と10月の幸せコースの座学内容です。

ただ単に食べたいから食べるというのでは、マクロビオティックでいうところの判断力が最低のところですね。
過去記事で「マクロビオティックの判断力の7段階」について書いていますので、ご参考になさってください。
「マクロビオティックにおける判断力と食事」

もっと詳しく知りたい方は日本CI協会の「判断力の7段階」がありますが、難しいかな?
そんなに難しく理屈をこねたくない人は、ただ単に「体に良くて美味しいものを食べる」と端折ってもかまいません。
頭でっかちで食べるのはかえって悪いのでね。
しかし、むそう塾生なら、コントロール術だけは身につけてほしいなと思います。


%e8%9b%b8%e9%a3%af%e3%80%80%e3%83%9e%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%93%e3%82%aa%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e4%ba%ac%e6%96%99%e7%90%86%e6%95%99%e5%ae%a4%e3%80%80%e3%82%80%e3%81%9d%e3%81%86%e5%a1%be

(蛸飯 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

陰陽をよ〜く考えて作られたこの蛸飯は、やみつきになる美味しさです。
山椒の実も陰陽を考え抜いた作り方なので、こんなに沢山載せてもOKなのです。
陰陽って凄いですねぇ。


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当


カテゴリー: からだ, こころ・想い, むそう塾スタイル, マクロビオティックが楽しい♪, マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロビオティック料理教室 むそう塾 | コメントする

再び「一杯のお吸い物からマクロビオティックの陰陽を感じる」

「一杯のお吸い物からマクロビオティックの陰陽を感じる」という記事が2年前の過去記事としてFacebookで上がって来ました。
読み返してみると、なかなか良いことを書いている(笑)ので、もう一度こちらでご紹介しておきます。

「一杯のお吸い物からマクロビオティックの陰陽を感じる」


%e4%b8%ad%e5%b7%9d%e5%96%84%e5%8d%9a%e3%81%ae%e6%96%99%e7%90%86

(京料理人  中川善博の料理)

慣れという世界にも陰陽があります。
技術の習得には慣れというのは陽性に働きます。
効率が上がりますし、精度も上昇します。
しかし、悪癖や怠惰な環境に慣れると、それは陰性に働きます。
上達を阻み、成長がありません。

もしそれが食生活での悪癖や怠惰な環境なら、間違いなく健康を損なう方向に行くでしょう。
あなたの食べ癖も悪癖にならないように、良い癖をつけましょう。
怠惰な暮らしには陰性が渦巻いて氣の流れが良くありません。
血液と同じように、体の隅々まで良い氣を巡らしましょう。
そのノウハウはこのブログ内にいっぱい書かれています。


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当


カテゴリー: むそう塾スタイル, 料理人 中川善博の陰陽料理 | コメントする

これから開催予定の講座案内(2016.9.27現在)

2016年10月〜12月に開催予定の単発講座と、2016年度コース授業のご案内です。

●【初めての方が受講できる単発講座】
・10月23日(「玄米の炊き方秘伝(第101回愛クラス)」
・11月27日(「玄米の炊き方秘伝(第102回愛クラス)」
・12月10日(「玄米の炊き方秘伝(第103回愛クラス)」

●【パスポート取得者が受講できる単発講座】
・10月日(「2010年版  圧力鍋料理とモバイル味噌汁講座」

<単発講座>

【10月】
8日()  「2010年版  圧力鍋料理とモバイル味噌汁講座」 満席
10
日(「中川善博の盛付秘伝&料理写真の撮り方講座」 (京都)受付中
23
日(「玄米の炊き方秘伝(第101回愛クラス)」 受付中
29
日(「中川善博の盛付秘伝&料理写真の撮り方講座」 (東京)受付中

【11月】
3日(「2015年版  秋から冬の極上お弁当講座」 満席
12日(「2014年版  おせち料理三種とおせちの詰め方講座  」 受付中
23日(「2015年版  秋から冬の極上お弁当講座」 満席
25日(金)〜「 2015年版  煮物コース 冬春編 2016 A(金)クラス」 満席
26日()〜「2015年版   煮物コース 冬春編 2016 B(土)クラス」 満席
27日(「玄米の炊き方秘伝(第102回愛クラス)」 受付中

【12月】
10日(「玄米の炊き方秘伝(第103回愛クラス)」 受付中

*   *   *

<2016年度コース授業>
・5/7〜   「2016年度(第8期)幸せコース 土曜クラス」満席
・5/8〜   「2016年度(第8期)幸せコース 日曜クラス」満席
・5/10〜 「2016年度(第8期)幸せコース 火曜クラス」満席
・5/15〜 「2016年度(第6期)上級幸せコース」満席
・5/21〜 「2016年度(第2期)秘伝コース」満席
・5/22〜 「2016年度(第3期)満足コース」満席
・5/23〜 「 煮物コース 夏秋編 2016 A(月)クラス」満席
・5/27〜 「 煮物コース 夏秋編 2016 B(金)クラス」満席
・5/28〜 「 煮物コース 夏秋編 2016 C(土)クラス」満席
・5/30〜 「 煮物コース 夏秋編 2016 D(月)クラス」満席
・11/25〜「 2015年版  煮物コース 冬春編 2016 A(金)クラス」 満席
・11/26〜「 2015年版  煮物コース 冬春編 2016 B(土)クラス」 満席


(マクロビオティック京料理教室 むそう塾 2016年度年間日程表 2016/9/27現在)
2016年度マクロビオティック京料理教室 むそう塾 年間日程表


<ご案内>
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当


カテゴリー: 玄米の炊き方講座, 講座のご案内・連絡事項 | コメントする