マクロビオティックにおいて「玄米」は一つの座標軸

Facebookで「玄米」について意見交換しておりました。
私の尊敬する高桑智雄氏の記事に、玄米について書かれていて、その表現がとても解りやすいので、ここでも共有させていただこうと思います。
コメントがまた素晴らしいので、コメントも抜粋で転載させていただきます。

<高桑智雄氏の記事より>

今日はマクロビオティックの料理教室「リマ・クッキングスクール」の初級5回目。私にとっては、2期に渡った全12回の最終日でした!

メニューは、発芽玄米と玄米をそれぞれ土鍋で炊き食べ比べ、お味噌汁と車麩煮、なますと葛餅でした。

仕事がらみとはいえ、15年たずさわってきたマクロビオティックの活動においても初心に帰るとてもよい機会になりました。

とにかくあらためて「玄米」と向き合う毎日。
とかくマクロビオティックは、「玄米にこだわりすぎ」とか、「玄米教」とかいわれるとこもあります。

しかしながらマクロビオティックにおいて「玄米」は、一つの座標軸です。玄米をゼロポイントとして、自分が陰性、陽性のどちらに傾いているかを知ることがマクロビオティックのメソッド(方法論)なのです。

だから、陽性に傾いていれば、玄米ではなくより陰性な分搗き米や麦やうどんを食べればよいし、陰性に傾いていれば、雑穀を入れたり、そばなどを食べればよいわけです。

だから「玄米を絶対に食べなくてはいけない」なんて言っているのではありません。環境によっては玄米を食べられない所ももちろんあります。しかし、どこまでも「玄米」がすべての食材の中での中心軸であると考えるのがマクロビオティックなのです。

中心軸を定めることによって、私たちは陰陽を捉えることができるようになります。マクロビオティックを実践する者にとって「玄米と陰陽」は、世界の荒波に溺れないための「救命胴衣」であり、世界を自由に泳ぎまわるための「サポートアイテム」なのです。

だから「また玄米・・・」とか言わないでくださいね(笑)
とにかく玄米と向き合うことから始めるのが、マクロビオティックなのです。

*   *   *

<高桑智雄氏のコメントより> 抜粋

【最近マクロビオティックの業界の中でも、「玄米にこだわりすぎ」と言われることが多くて…。
茶道の世界で「お茶にこだわりすぎ」とはいわれないのに(笑)】

【自然食なら「米」にこだわるで充分だと思いますよ。ただ、マクロビオティックは「穀物中心」「一物全体」思想が基本ですから、どうしても「玄米」ということになりますね~】

【「現時点の自分の中心軸」を見つけるための第一歩が「玄米」なのです。だから「現時点の自分の中心軸が玄米ではない」と発見できることも、「玄米」が座標軸になっているからなのです。

マクロビオティックは、日本の伝統食から発展した新しいメソッド(方法論)です。ですから「マクロビオティック=日本の伝統食」ではありません。大森先生も「マクロビオティックは新しい未来の食べ方」と言っていましたね!

現代的な道具で炊けるようになった「玄米」を基準点として、自分の生き方を見つけて行くという、ある意味「新しい試み」なのです。】

【マクロビオティックにおいての「玄米と陰陽」は、茶道でいうところの「お茶と茶筅」みたいなものなので、「玄米と陰陽はもういいよ」というのであれば、それは「マクロビオティック」ではなく「自然食」やら「ベジタリアン」でよいのではないかと思ってしまいます。
まぁそんなこと言っているとまた「原理主義」とか、「時代にそぐわない」とか言われちゃうのですが(笑)
でもまずは「お茶と茶筅を取り上げないで!」と。まぁ達人になれば、「お茶と茶筅」がなくても、茶道を体現することはできるのでしょうか(笑)】

【マクロビオティックにおける玄米論争盛り上がってきました(笑)
そうそう、マクロビオティックが多くの人々の助けになったのは、玄米と陰陽という座標軸があるからです。これがあるから、複雑な現象世界を迷わずに生きることができるようになるのですね~。座標軸はあくまで座標軸で、善悪の基準ではありません。座標軸に善悪の基準があったら、それはもう座標軸ではありません。】

*   *   *

<マクロ美風より>

いかがでしたか?
高桑氏の発する言葉の数々で、玄米や陰陽のことで腑に落ちたことがあったのではないでしょうか。
むそう塾はマクロビオティックの料理教室として、他に類を見ない玄米の指導をしています。
それらはマクロビオティックの総本山である「リマ・クッキングスクール」でもしていない取り組みなのですが、それは少人数だからこそ出来ることであり、プロの料理人だからこそ見える世界があるからです。

しかし、それを続けるのは恐ろしく労力のいることで、誰も真似をしたくない方法かもしれません(笑)
それでも、むそう塾を始めてからずっと玄米を大切にして、おかずを教える前に主食の玄米に膨大な時間を費やしているのは、玄米がそれだけ多くの情報を教えてくれるからです。
玄米にこだわればこだわるほど見えて来る世界があります。

高桑氏は「座標軸」という言葉を使って説明されていますが、まさに塾生さんをずっと見続けていると、玄米ご飯とその人の生き方がリンクしていて恐ろしいほどです。
心身がブレたらいつでも原点に返る場所があって、むそう塾の場合はそれが愛クラス(玄米の炊き方講座)です。
一物全体の世界に我が身を置いて、静かに自己の内面と会話することが玄米では可能になります。

陰陽と玄米。
この2つで人生が変わることを、私は日々確認しています。


玄米ご飯 マクロビオティック料理教室 むそう塾
(中川式玄米ご飯 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


【これから開催予定の講座案内 最新版】
【玄米の炊き方講座(愛クラス)】


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪, 玄米の炊き方講座, 食べ物あれこれ | コメントする

文章が書けない理由 感想文のこと

幸せコースの皆さんから送られてくる感想文には、判で押したように「文章を書くのが苦手で」とか「うまくまとめられません」とかいう言葉が並んでいます。
謙遜の意味で使われているのかも知れませんが、中には「文章力」の本を数冊買って、それから書こうとしたけど書けなかったという人までいてビックリするやら可笑しいやらです。

一言で言い切りましょう。
文章が書けないのは、「うまく書こうとするから」です(`・?・´)キッパリ!!

思っていることを文字に託すことが文章を書くという行為なので、うまく書こうとしなくても書けない場合は、普段なにも思っていないということになります。
ということは、頭の中で物事が整理できていない可能性があります。
常々物事の整理がついている人は、結論を出すのが早くて決断力もあります。

ですから、おそらく文章を書くのが苦手ではなく、その前の整理ができていないから「何を書いたらよいのか分からない」状態になるのだと思います。
整理とは、大なり小なり決断を伴います。
普段から決断を他人任せで、自分の意志をあまりもたない生き方をしていると、文字に託す感情もあまり出てこなくなります。

でも、皆さんは何かしら感じながら生きているわけですから、ちゃんと文章が書けています。
感想文を読ませていただくと、ちゃんと書けているのに過小評価されている人がほとんどです。
突然、宇宙だの陰陽だの、マクロビオティックだのと、馴染みのない言葉が並ぶ本を読んで感想文を書くなんて、ハードルが高過ぎることは重々承知しています。
でも、むそう塾の授業に入るには、陰陽のことを輪郭だけでも知っておいてほしいから宿題にしているのです。

なお、幸せコースの感想文の締切日は次のとおりです。
24時まで受付けます。
・土曜クラス 5月27日(金)
・日曜クラス 5月28日(土)
・火曜クラス 5月30日(月)


瀬戸内海2

(瀬戸内海 岡山から高松へ 2016.5.24 12:08)


瀬戸内海 

(瀬戸内海 高松から岡山へ 2016.5.24 17:36)



カテゴリー: こころ・想い, 講座のご案内・連絡事項 | コメントする

毒消し記事のご紹介

ただいま幸せコースの感想文を読ませていただいているのですが、毒消しについて初めて知った人がおられたようなので、ここで過去記事をもう一度ご紹介しておきます。
時間のない人は次の記事だけでもお読みください。

「毒消しの考え方や方法および注意点のまとめ」


<毒消し関連記事>
マクロビオティックの陰陽バランスは毒消しの目安でもあります 2015.3.23
ブルーベリージャムとパンの馬鹿喰い後日談(毒消しも) 2014.8.11
毒消しバッチリ! 万願寺唐辛子の美山炒め丼 2014.8.5
毒消しの考え方や方法および注意点のまとめ 2014.7.25
野菜に毒消しは不要 陰陽バランスだけ考えよう 2014.6.26
排毒と毒消しのこと 2014.6.21
排毒の季節になりました 上手に毒消しをしましょう 2014.4.7
マクロビオティックだからこそ動物性の食べ方を教えるむそう塾 2013.11.8
ふろふき大根の柚子味噌かけ(毒消し満点のマクロビオティック料理) 2013.11.4
なぜ毒消しをするのか? マクロビオティックの意味 2013.9.25
毒消しの食材と玄米ご飯の力 有害ミネラルの排出 2013.9.25
マクロビオティックにおける毒消し大根の食べ方 2013.9.23
マクロ美風の体験的マクロビオティック 毒消しの重要性 2013.9.22
マクロビオティックにおける毒消し 2012.9.20
食べ過ぎ熱の毒消し 2012.6.1


マクロビオティック京料理教室 むそう塾 毒消し

(毒消し食材の例 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾 | コメントする

むそう塾のサイトに記事を書いてみませんか?

むそう塾のサイトに「塾生の声」欄があります。
その中に「陰陽を感じる日々の暮らし」コーナーを設けました。
これは、5月10日からむそう塾生の舞さんが「お料理が好きになった!」というテーマで原稿を書いてくれていたのですが、時間的に毎日は厳しいようなので、改題してもっと多くのむそう塾生さんにこの場を提供したいと思いました。

お料理が苦手だったけど、健康のために作れるようになりたいなと思っていること。
何が何だか分からなかったお料理なのに、誰かに「美味しい」と言ってもらえて嬉しかったこと。
むそう塾で習ったお料理が美味しかったので作ってみたくなったこと。
マクロビオティックを知って良かったこと、心境の変化や体の変化など。
タイトルにとらわれずに、自由に塾生さんの声をお寄せいただけたら嬉しいいです。

このコーナーの目的は、マクロビオティックやむそう塾でのお料理を通じて、人生を前向きに歩もうとする人たちへの応援をするためです。
京都にはしばらく遠のいてしまっている塾生さんでも、愛クラスに来られただけの塾生さんでも投稿が可能です。

投稿してくださった原稿には、マクロ美風からコメントをつけて記事にさせていただきます。
時によっては陰陽を深めたり、疑問点を解決するためのお手伝いが出来るかもしれません。
お一人で何回送ってくださっても結構です。
双方向で一緒に学び合える場として、新しいコーナーをご利用なさってください。

原稿はメールとしてマクロ美風宛に送っていただき、その際に写真を1枚添付してください。
写真は原稿の内容と一致していることが望ましいですが、無関係のものでもかまいません。
写真の大きさは横幅を1,000ピクセルでお願いします。
寄せられた原稿には少しですが原稿料をお支払いします。

多くの皆さんから、色々な声をお寄せくださることを楽しみにしています。


マクロビオティック京料理教室 むそう塾 芍薬

(マクロビオティック京料理教室 むそう塾 教室の掛花 おや? 双子? )


カテゴリー: 講座のご案内・連絡事項 | コメントする

日々の生活でも陰陽を感じてみましょう

マクロビオティックの陰陽は難解だとして、マクロビオティックのお料理教室でも力を入れて教えているところが少ないですね。
ひどい場合は食材の陰陽だけ教えて、お料理方法の陰陽も曖昧なまま、まずいお料理を「美味しいでしょう?」と教えているところもあります。

もし「まずい」と言ったら、「それはあなたの体に問題がある」というようなことを言われたりして、素直な人はまずいお料理を作るために時間を費やしたりします。
そのうちに体調を崩してしまう人も出てくるありさまで、なんともマクロビオティックは厄介な存在になっているのが現実です。

むそう塾にはマクロビオティックのことは知らなくても、美味しい玄米ご飯を炊けるようになりたい人たちが集まって来てくれます。
最低限、健康を意識し始めた人たちが集まってくださるので、健康のためにマクロビオティックの陰陽を知っていただくようにしています。
最初は食材の陰陽だけでも良いのですが、幸せコースに通ってくださる人たちには、食べ物だけでなく日々の生活でも陰陽を感じてもらうようにしています。

なぜなら、これこそがマクロビオティックの醍醐味であり、人生に希望や愉しみを感じるようになれるからです。
そのためにお願いしているのが、課題本を読んでいただいて、その感想文を提出していただくことです。
今はその感想文の提出時期で、毎日次々と感想文が送られて来ます。


マクロビオティックの陰陽がわかる本

(マクロビオティックの陰陽がわかる本 幸せコースの課題本の1冊です)

多くの人が文章を書くのが苦手とおっしゃるのですが、それは相手を意識しすぎですね。
文章なんてひらがなを知っているだけでも書けるのです。
心に浮かんだ気持ちをそのまま文字に託せば良いからです。
多くの場合は「自分を良く見せたい」と思うから書けなくなるのです。
背伸びした文章はすぐ分かりますね。
何を感じたか? どんなことを考えて生きているか? これが大事です。

もし文章が書けないとしたら、日頃流されるままに生きていて、心を失っている場合です。
自分で自分の人生を歩もうと思えば、誰でも文章は書けます。
あなたの周りのすべてに陰陽は存在します。
正しくは、陰陽のエネルギーは私たちが存在するずっと前(宇宙の始まり)からあるわけですから、私たち人間もまた陰陽エネルギーの結果なのです。

私たちは陰陽エネルギーの中で生活していて、その影響を受けていることを知るだけでも、健康にグンと近づきます。
そのことをもう少し詳しく現実的に知るために、むそう塾の授業の数々が存在します。


【これから開催予定の講座案内 最新版】


カテゴリー: こころ・想い, マクロビオティックが楽しい♪ | 2件のコメント