私のマクロビオティックの原点 田中愛子先生逝く

マクロビオティックの創始者桜沢如一先生の愛弟子であられる田中愛子先生が亡くなったそうです。
詳しいことはまだ分かりません。

*   *   *

私が目指したマクロビオティックの原点は、リマ・クッキングスクールで教えていただいた田中愛子先生だった。
その愛子先生が亡くなってしまった・・・。
いつかは来る日でありながら、その日が一日も遠いことを願っていた。

2008年の9月、あの時にご一緒した斉藤さんには先日お会いしたばかり。
今月また愛子先生のお話をさせていただこう。

もったいない一日〜その1〜 2008.9.13
私のなかの“受信機”は、体を空っぽにすると、作動しやすい」田中愛子先生の言葉より 2014.10.31
マクロビオティック指導者田中愛子先生の言葉を想い出す 2014.11.27


カテゴリー: 講座のご案内・連絡事項 | コメントする

京料理人にマクロビオティックの陰陽をプラスすると凄いお料理になりました

マクロビオティック京料理教室むそう塾は、京料理人である中川善博の実力がなんといっても凄いのですが、それに加えてマクロビオティックの陰陽が唸るほど味を変えてくれます。
お料理をしながら、改めて「陰陽って凄い!」と思わせてくれます。
煮物講座って本当に陰陽のお勉強になるなぁと毎回思います。

4月1日の「単発煮物講座 第1回」でお伝えする「蕗味噌」も、陰陽を正しく知っている人なら深く納得する作り方です。
この蕗味噌の肌を見ただけで、他の蕗味噌とは大違いなのが判っていただけることでしょう。
(ちゃんとふきのとうが入っているんですよ 笑)



(蕗味噌 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


昨年の煮物コースで作った時の記事も、ぜひご覧ください。
京料理人による絶品冨貴味噌の練り方(動画付)

なお、今回は単発での煮物講座になるのですが、「煮物コース」の時と同じように、ブリティッシュグリーンのエプロンをプレゼントすることにしました。
みんなで同じエプロンを締めて、陰陽の調和をはかりたいと思うからです。
どうぞ楽しみにお待ち下さい!


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: 京料理人 中川善博の動画, マクロビオティック料理教室 むそう塾 | コメントする

2018年度の「幸せコース」「無双原理&盛付コース」を受講予定の皆様へ

2月も中旬になりました。
立春を過ぎると、むそう塾は色々と準備が増えてきます。
まずは微生物の動きに合わせた糠床の調整。
次は包丁やエプロンの手配。
ということで、先日有次さんに包丁の注文に行って来たわけです。

各コースのエプロンについては、これから注文するのですが、今年からは「無双原理&盛付コース」が新設されるので、このコースのカラーを決めなければなりません。
このコースにピッタリの色はもう使ってしまったので、何色にしようかなぁ?
エプロンのカラーは、もちろんマクロビオティックの色の陰陽を考えて決めているのですが、「えーっ?」という色になるかもしれません(笑)
ご希望の色はありますか?

塾生さんは女性が圧倒的多数ですから、似合う色はあるのですが、中川さんが似合わない色があるのです(泣)
過去の煮物コースのえんじ色みたいにね(笑)
でも、中川さんは今年は少し痩せることを実行しているみたいだから、似合う色が増えてくれるかな?(希望)

やっと本題です。

*   *   *

<第10期幸せコース受講予定の皆様へ>

包丁とエプロンはむそう塾からプレゼントしますので、ご自分で用意しないでください。
三角巾は被りません。



(幸せコースのエプロンの色)

むそう塾を始めたのが4月29日(当時はみどりの日、今は昭和の日)だったので、その時の若芽の美しさを「むそうカラー」と決めたのでした。


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: 講座のご案内・連絡事項 | 2件のコメント

これから開催予定の講座案内(2018.2.15現在)

このページはこれから開催予定の次の講座のご案内をしています。(掲載順)
・2018年2〜4月の玄米の炊き方講座のご案内
・2018年2月〜4月の単発講座のご案内
・2018年度各コースのご案内
・2017年度各コースの講座内容
・糠床宅配のご案内
・中川式糠漬け(じゃい安)のご注文案内
・中川式鉄火味噌のご注文案内

初めての方が受講できるのは、玄米の炊き方秘伝(愛クラス)のみです。

【単発講座 玄米の炊き方講座(愛クラス)】
<2018年>
【2月】
17日(「玄米の炊き方秘伝(第115回愛クラス)」 満席
【3月】
17日(「玄米の炊き方秘伝(第116回愛クラス)」 満席

【4月】
21日(「玄米の炊き方秘伝(第117回愛クラス)」 あと5席

【単発講座 愛クラスを除く】
<2018年>
【2月】
12日(「牡蠣(かき)料理五種」 満席
27日(火)「稲荷寿司と春夏金平牛蒡講座」満席
【3月】
31日(「稲荷寿司と春夏金平牛蒡講座」満席
【4月】
1日(「 単発煮物講座 第1回」あと2席
13日(金)「中川式カレー講座」後日ご案内

【2018年度各コースのご案内】
5/5〜「2018年度(第4期)秘伝コース」 満席
5/6〜「2018年度(第1期)無双原理&盛付コース」 満席
5/12〜「2018年度(第10期)幸せコース 土曜クラス」 あと4席
5/13〜「2018年度(第10期)幸せコース 日曜クラス」 あと2席
5/18〜「2018年度(第8期)上級幸せコース 金曜クラス」
あと2席
5/19〜「2018年度(第8期)上級幸せコース 土曜クラス」 あと1席

5/20〜「2018年度(第8期)上級幸せコース 日曜クラス」 満席
5/25〜「2018年度(第5期)満足コース 金曜クラス」 あと1席
5/26〜「2018年度(第5期)満足コース 土曜クラス」 あと1席

【2017年度各コースの講座内容】
5/6〜  「2017年度(第9期)幸せコース 土曜クラス」 満席
5/7〜  「2017年度(第9期)幸せコース 日曜クラス」 満席
5/9〜  「2017年度(第9期)幸せコース 火曜クラス」 満席
5/13〜「2017年度(第7期)上級幸せコース 土曜クラス(A)」  満席
5/14〜「2017年度(第7期)上級幸せコース 日曜クラス(B)」  満席
5/21〜「2017年度(第7期)上級幸せコース 日曜クラス(C)」  満席
5/26〜「2017年度(第4期)満足コース 金曜クラス」  満席
5/27〜「2017年度(第4期)満足コース 土曜クラス」  満席
5/28〜「2017年度(第3期)秘伝コース」  満席

【中川式糠床宅配のご注文】
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合) 随時受付中
【中川式糠漬け(じゃい安)のご注文】
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文方法  随時受付中
【中川式鉄火味噌のご注文】
香りの良い中川式鉄火味噌が出来上がりました 随時受付中


2017年度 マクロビオティック京料理教室 むそう塾日程表 2018/2〜4】
(2018.2.15現在)


2018年度 マクロビオティック京料理教室 むそう塾日程表 2018/5〜2019/4】


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事のご案内】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: 講座のご案内・連絡事項, 玄米の炊き方講座 | コメントする

離乳食の開始時期が早いとアレルギーになる人が多い

本当は5月から始まる「無双原理&盛付コース」で講座に組み入れるつもりでいた離乳食のことですが、気になることがあるので、こちらで少し記事にしておきます。

というのは、今の厚生労働省の離乳食指導は、アメリカで問題になった「スポック博士の育児」の考え方が虎の巻になっているため、離乳食の開始時期が早すぎるのです。
かつては生後3か月で離乳食開始なんていう時代もあったのですが、今ではアメリカの状況に鑑みて生後5,6か月からとしています。

しかし、アメリカでは「スポック博士の育児」はとっくに捨て去っており、離乳食開始は遅ければ遅いほど良いという流れになっています。
これは、離乳食の開始時期が早すぎるための弊害がたくさん見られたために、見直しているのですが、この情報が日本の厚生労働省では採用されていません。

昨年出された「授乳・離乳の支援ガイド」の策定について という記事では、PDFで資料を公表していますが、まだまだマクロビオティックの考え方からすると、大事なところが抜け落ちています。
この点に関してはアメリカの方が進んでいますね。
離乳食の開始が早いために、アレルギーになってしまう子どものなんと多いことか。

先日も栄養指導の第一線で働くむそう塾生に確認したところ、やはり「スポック博士の育児」による指導をしているとのこと。
これではアレルギー患者は増えるばかりですね。
きっと母子手帳に沿う指導がされているからでしょう。
(大いに問題ありの母子手帳です。)

59Pに及ぶPDFファイルを、寝不足してフラフラになっているママに読ませるのはあまりにも酷です。
(でも、読んでこのとおりにしなくちゃ!と悩むママがいるんでしょうねぇ。リンクするのも気が引けますが・・・)
こんなことより、もっと原点にかえって、人間は哺乳類であることと、動物の進化を考えたら、もっと離乳食開始は遅くてもいいことを多くの人が知って、安心して子育てが出来たらいいのになぁと思います。

地球上に生命が誕生し、単細胞の微生物が誕生し、多細胞の生物が誕生してきたこの40億年近いプロセスを考えれば、まだ未完成で産まれる人間の赤ちゃんは、そんなに急いで育てなくても良いのです。
離乳食の開始時期は、遅ければ遅いほど子どもへの負担は少ないと考えましょう。
すでに始めている人は、ゆっくり進めましょう。

赤ちゃんもまた、進化の途中なのです。
このことを忘れずに。

今日は時間がないのでここまでですが、後日もう少し詳しく書けたらいいなと思っています。



(蛤のお吸い物 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾, 子育て・野口整体・アトピー, からだ | 6件のコメント