包丁砥ぎと桂剥き講座のこと

先日急遽募集しました「包丁を泥で砥ぐことと桂剥きの面圧を理解する特訓講座」は、2日間とも満席になっておりますが、裏でずいぶん多くのお問い合わせがありました。
それほどこの講座の重要性を認識してくださっている塾生さんが多いわけです。

今回包丁砥ぎと桂剥き講座の受講資格にあえて制限を設けましたのは、何年もこの問題を引きずっている人達に突破口を開いてあげたいと思ったからです。
さらに、幸せコース在籍者であっても、上のコースの人達と同じようなレベルの人もいますので、その方たちのやる気をさらに伸ばしてあげたいと思ったからです。

ある塾生さんが申し込みの際の備考欄に次のように書いてくださいました。
【講座の開催ありがとうございます。お盆明けで厳しいなと悩みましたが、満足さん、秘伝さんも参加したいと言うことは、お料理を習う程に必要性が増すんだと思い、申し込みさせて頂きます。『悩んだら困難な方を選ぶ』美風さんが書かれていた事に、少しでも挑んでみます。】

『悩んだら困難な方を選ぶ』。
憶えていてくださってありがとうございます。
玄米投稿の時に彼女の頑張り精神は認識していましたが、こうして見事に物事の核心を見抜いておられて素晴らしいと思いました。
そうなんです。
まさに上のコースに進むにしたがって、包丁砥ぎと桂剥きの必要性をひしひしと感じている先輩がゴロゴロいるのです。

実はこの私だって、こんなにも包丁砥ぎと桂剥きがお料理の仕上がりに影響することを知って、毎日身震いする思いです。
今朝もそのことを鱧の骨切りで学びました。
中川さんによると、鱧の骨切りも人参の引き切りも同じ理屈なのだそうです。
それほどに「砥ぐ・剥く・切る・刻む」の基本が後々まで影響するわけですが、「剥く・切る・刻む」は正しく砥げた包丁がなければ実現しません。
それで包丁砥ぎをしっかり出来るようになってもらいたいと思って講座を開くことにしたのです。

今、鱧の骨切りに挑んでおられる先輩たちは、包丁砥ぎがきちんと出来ないと骨切りも思ったとおりにいかないことを痛感しておられることでしょう。
ただし彼女たちのレベルは、出刃包丁や骨切り包丁なので、包丁の形が変わることによる砥ぎ方の違いをまだ会得していないだけです。
包丁の形は変わっても、砥ぎ方の基本は幸せコースで使用する三徳包丁にありますので、これが正しく砥げるようになれば良いのです。

何かを会得することに時間を使う生き方は、その後のあなたの人生に楽しみと可能性をもたらしてくれます。
食べることは一生ついてまわりますので、その内容や質を高めることはあなたの人生の質を高めることにつながります。

今回お申込み出来なかった皆様には、もう少し基本的なことにウエイトを置いた講座を開催したいと思っていますので、その講座までお待ちくださるようお願いいたします。


皮を剥いたトマト マクロビオティック京料理教室 むそう塾

(皮を剥いた人 京料理人  中川善博)

こんな写真を載せると、マクロビオティックを盲信している人たちから怒られそうです。
あんな陰性なものを!
皮を剥くなんて!


冷やしトマトの炊いたん マクロビオティック京料理教室 むそう塾

(冷やしトマトの炊いたん 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

でも、こうして仕上がったお料理は、汗をかく季節のミネラルバランスを調整してくれます。
体というのは正直なもので、陽性な人は大喜びで召し上がっておられます。
実に判りやすいです(^^)


【これから開催予定の講座案内】


カテゴリー: 料理人 中川善博の陰陽料理 | コメントする

これから開催予定の講座案内(2016.7.28現在)

2016年7月〜9月に開催予定の単発講座と、2016年度コース授業のご案内です。

【最新情報】
7月30日(土)の講座に1席空きが出ました。

【初めての方が受講出来る単発講座】
・8月28日(「玄米の炊き方秘伝(第99回愛クラス)」
・9月25日(「玄米の炊き方秘伝(第100回愛クラス)」

【7月31日までにパスポートを取得すれば受講出来る単発講座】
8月1日(月)  「2013年夏の特別料理講座 涼麺と賀茂茄子のピザ再開催」


<単発講座>

【7月】
7日(木) 「鱧の骨切り特訓講座」 満席
8日(金) 「鱧の骨切り特訓講座」 満席
9日()  「2014年春のお弁当講座メニュー再開催」 満席
24日(「玄米の炊き方秘伝(第98回愛クラス)」 満席
30
日(「2014年春のお弁当講座メニュー再開催」 あと1名
31日(「2013年夏の特別料理講座 涼麺と賀茂茄子のピザ再開催」 満席

【8月】
1日(月)  「2013年夏の特別料理講座 涼麺と賀茂茄子のピザ再開催」あと3席
10日(水)「2012年版 瞬速料理5品  夏バージョン」 満席
11日(「2014年版 夏から秋の極上お弁当講座再開催 満席
13日(「2014年版 夏から秋の極上お弁当講座再開催」満席
15日(月)「2012年版 瞬速料理5品  夏バージョン」 満席
18日(木)「包丁を泥で砥ぐことと桂剥きの面圧を理解する特訓講座」 満席
19日(金)「包丁を泥で砥ぐことと桂剥きの面圧を理解する特訓講座」 満席
20日(「2015年版 お出汁の取り方と体調に合わせた絶品お味噌汁講座」 あと4席
28日(「玄米の炊き方秘伝(第99回愛クラス)」あと2席

【9月】
10日(「2015年版 お出汁の取り方と体調に合わせた絶品お味噌汁講座」 満席
25日(「玄米の炊き方秘伝(第100回愛クラス)」あと3席

*   *   *

<2016年度コース授業>
5/7〜   「2016年度(第8期)幸せコース 土曜クラス」満席
5/8〜   「2016年度(第8期)幸せコース 日曜クラス」満席
5/10〜 「2016年度(第8期)幸せコース 火曜クラス」満席
5/15〜 「2016年度(第6期)上級幸せコース」満席
5/21〜 「2016年度(第2期)秘伝コース」満席
5/22〜 「2016年度(第3期)満足コース」満席
5/23〜 「 煮物コース 夏秋編 2016 A(月)クラス」満席
5/27〜 「 煮物コース 夏秋編 2016 B(金)クラス」満席
5/28〜 「 煮物コース 夏秋編 2016 C(土)クラス」満席
5/30〜 「 煮物コース 夏秋編 2016 D(月)クラス」満席


(マクロビオティック京料理教室 むそう塾 2016年度年間日程表 2016/7/28現在)
2016年度マクロビオティック京料理教室 むそう塾 年間日程表


カテゴリー: 講座のご案内・連絡事項 | コメントする

一夜明けて

梅酢 マクロビオティック京料理教室 むそう塾 2016:7:27

(梅酢 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

一夜明けて、朝一番で梅干しの壷を覗き込むと、わあ!美しい!

この赤さを出すにはあの体重と腕の力が必要なのだとか(笑)


カテゴリー: 食べ物あれこれ | コメントする

申年梅干しの紫蘇もみ(動画付き)

今年は申年。
申年の梅は縁起が良い言い伝えがあるので、中川さんは桂剥き投稿中の忙しいさなかであるにもかかわらず、梅酒や梅シロップを浸けていました。
昨日は自然食品店から赤紫蘇が届いたので、梅干し用に塩もみをしなければなりません。
葉っぱが新鮮なうちに処理しなければならないからです。

赤紫蘇 
赤紫蘇 マクロビオティック京料理教室 むそう塾

お水で洗った赤紫蘇にお塩をどっさり入れて揉みます。
赤紫蘇2 マクロビオティック京料理教室 むそう塾

体重をかけながら力を込めて。
YouTube Preview Image
一度絞って、もう一度揉みます。
こんなに綺麗な紫色が出てきました。
YouTube Preview Image
赤紫蘇4 マクロビオティック京料理教室 むそう塾

どんどん良い色になります。
YouTube Preview Image
これをまた絞って、赤い色を出してから梅干しの亀に入れます。
梅干し1 マクロビオティック京料理教室 むそう塾
紫蘇を敷き詰めて梅が見えなくなったら、最後は重しを載せておしまい。
梅干し2 マクロビオティック京料理教室 むそう塾

マクロビオティックでは梅干しは欠かせないものですが、こうして自分で作るとお好みの塩分濃度で美味しくいただけます。
何やら中川さんの梅干しはとても美味しいのだそうですよ。
楽しみ〜♪



カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾, 京料理人 中川善博の動画 | コメントする

「包丁を泥で砥ぐことと桂剥きの面圧を理解する特訓講座」開催のお知らせ

包丁をちゃんと砥げるようになりたい、桂剥きをもっと上手に剥けるようになりたい。
そう思って地道に頑張ってくださる塾生さんが増えて来ました。
そういう熱い想いをもった塾生さんを応援するために、包丁砥ぎと桂剥きの最重要ポイントにターゲットを絞った講座を開催することにしました。
内容は次のとおりですが、レベルに個人差がありますので、それぞれが課題をもらってそれを克服するための一日になります。

なお、指導を効率よくするために、申込資格に制限を設けますので、よくお読みになってからお申込みくださいませ。

*   *   *

【講座名】
「包丁を泥で砥ぐことと桂剥きの面圧を理解する特訓講座」

【開催日】
・2016年8月18日(木) 満足コース在籍者優先
・2016年8月19日(金) 幸せコース在籍者優先(但、桂剥き投稿回数20回以上)

【会場】
「なかがわ」京都市左京区孫橋町18

【内容】
<包丁砥ぎについて>
むそう塾仕様の刃の角度についての説明。
包丁の構造を知ってもらい、どのように包丁を砥石に当てれば良いのかを理解してもらう。
どうしても包丁砥ぎで泥を出せない人に、泥で砥ぐ感覚をつかんでもらい、包丁を持ち上げることを徹底してもらう。
泥で砥いでいる音をしっかり耳に焼き付けてもらう。

<桂剥きについて>
面圧の理解を徹底するために個人の癖を踏まえながらその場で矯正指導をする。
特に包丁をおろすときに面圧を解除してしまう癖を撲滅するために、その解決方法をロジカルなデモで納得してもらい、それが体感できるまで剥いてもらう。
左手4本指(左利きの人は右手4本指)を板にして剥くことの感覚をつかんでもらう。
講座終了後、1か月間に10回の桂剥き投稿をしてもらって、講座中の指導が自宅でもブレないようにフォローアップ指導をする。

<刻みについて>
包丁砥ぎが合格して、桂剥きの面圧が理解出来て、自宅に帰ってもブレないであろうと思われた人は、刻みに進むことも可能です。

<昼食>
なし

【タイムテーブル】
11:00  開場
11:30〜16:30 実習

【定員】
各8名

【申込資格】
・8月18日(木) 満足コース在籍者優先
・8月19日(金) 幸せコース在籍者優先(但、桂剥き投稿回数20回以上)

【受講費】
43,200円(税込) 10回の桂剥き投稿付

【受講費の支払期限】
仮受付メールが届いてから7日以内

【申込方法】
こちらの予約システムから

【締切】
定員になり次第


賀茂茄子 マクロビオティック京料理教室 むそう塾

(賀茂茄子 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

賀茂茄子の皮を剥くことも桂剥きと同じ技術が要求されます。

【これから開催予定の講座案内 最新版】


カテゴリー: 講座のご案内・連絡事項 | 4件のコメント