からだ」カテゴリーアーカイブ

「糖質は免疫に不可欠:2種類の糖質が免疫力を高め、長生きを助ける」

マクロビオティックでは主食とおかずの理想的な割合があるのですが、体調によってその割合とおかずの陰陽を変えます。
主食は玄米を中心にしますが、これも体調によって白米にすることもあります。
理念的には一物全体ですから玄米でなければならないと信じ、体調を著しく損なってしまう人がいるので、ここは要注意です。

玄米と白米の差はとても大きいのですが、それでも長年日本人の命を紡いでくれた食材ですから、安心していただきましょう。
ただ、糖尿病の人は白米だと血糖値の上がり下がりが著しいので、玄米を召し上がった方が体調管理が楽になります。(とても効果的)

しかし、玄米はやわらかく炊けて初めてその効果を得られるのであって、かたい玄米を無理して食べても胃腸を壊すだけです。

また、白米より玄米のほうがおかずが少なくて済みます。
玄米の米糠部分に、白米にはない栄養分があるからですね。
ですから、主食とおかずの量も白米より全体的に少なくなって普通です。

 
 

***

今の時代はおかずが多くて主食が少ない傾向にありますが、昔はその逆でおかずの方が少なかったのです。
ごはんもおかわりして食べる時代でした。
でも、その方が体力はあったのです。

白米より玄米の方が栄養分はいっぱいありますが、その玄米にも沢山含まれていない栄養素があります。
それは「ビタミンA、ビタミンD、ビタミンK、ビタミンB12、ビタミンC」です。
それを補うために、代表的な食品をあげておきましょう。(他にもあり)

【ビタミンA】豚スモークレバー 鰻 銀だら ほたるいか 牛レバー しそ葉(生)
【ビタミンD】鮭 サンマ ブリ 真アジ いわし丸干し シラス干し 卵黄 干し椎茸
【ビタミンK】ブロッコリー 小松菜 鶏肉 鴨肉 納豆 油揚げ 小豆 生の卵黄
【ビタミンB12】牛レバー 豚レバー しじみ あさり 焼海苔 干し海苔 あおさ
【ビタミンC】赤ピーマン 芽キャベツ 黄ピーマン ブロッコリー キウイフルーツ

 
 

偶然、次のような記事を見つけました。
「糖質は免疫に不可欠:2種類の糖質が免疫力を高め、長生きを助ける」 2022.9.26

「玄米を食べて免疫力をアップしよう」というのは、実に正しい方向性なのです。
今はあちこちから免疫力のことで情報が入って来るでしょうが、玄米とおかずの選択によって、それが可能になることを知っていただきたいです。
特に「小豆玄米ご飯」だとビタミンKも取れるので、より一層理想的です。

 
 


現代版マクロビオティック食事法(2)食事バランスの記事より)

 
 

<参考記事>
現代版マクロビオティック食事法(1)序 2016.9.10
現代版マクロビオティック食事法(2)食事バランス 2016.9.12
現代版マクロビオティック食事法(3)動物性の割合 2016.9.14
現代版マクロビオティック食事法(4)主食としての玄米 2016.9.14

 
 


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロビオティック料理教室 むそう塾, 食べたもののようになる, 新型コロナウイルス, からだ | コメントする

うれしかったこと マクロビオティックもどきを脱出してくれました!

先日「マクロビオティック(もどき)で体調不良になった人からのご相談」という記事を書きました。
今日はその結果のご報告です。

何回もメールでやり取りをしました。
病院でも診断してもらいました。
ちょっとその経過を記してみます。(抜粋)

【9月22日】
玄米菜食ですが、どこかの教室で教わったりはしていませんでした。
自分でインターネットで調べ、自分で行っておりました。
主食は玄米が絶対に自分の身体に合っていると勝手に頭で考え、2年間断固として白米を頂いておりませんでした。
玄米菜食は絶対に玄米で無いといけない、とも思っていました。

【9月23日】
玄米は食べずに白米のお粥を頂きました。
初めは、少し恐怖感があったものの思い切って頂いて見ると、とても美味しく感じました。
今日の朝起きるとなんと、いつもより身体が軽く調子が良いのです。
次は卵や白身魚も試してみようと思います。
本当に有難うございます。
感謝申し上げます。

ダイエットを行っていた頃は酷く、痩せる事で頭が一杯でストレスばかり溜まっていました。
白米は太る、身体に悪い、老ける、絶対に玄米で無いと痩せれないなどと言う事は、その頃にインターネットから覚えた知識でした。
玄米信仰や過食の道から早く抜け出せるように、食事や考え方を改善しようと思います。

【9月25日】
今まで胃腸や身体の事は全く無視していましたが、これからはしっかりと胃腸はもちろん、身体の声を聞いて偏らず、痩せにこだわる事は辞めて生活自体を改めようと思います。白米はとても美味しく、食べていて非常に満足した気持ちになりました。

今までは、何だか食事自体があまり好きではありませんでした。
玄米信仰やこの食べ物は太るから駄目、動物性や乳製品は悪い、小麦は毒、等今思うと情けないです。
アドバイスに感謝申し上げます。
今は白米は毒や動物性や乳製品が悪い、痩せる、玄米信仰や菜食主義は無くなりました。

 
 

***

相談者さん(Aさん)がすぐ対応してくださって、本当によかったです。
今は体調を立て直すために、お医者さんの診断を仰いで、ご自分の体がどうなっているのかを正しく把握していただきました。
そのうえで、胃腸に負担のかかるものを一旦お休みして、健康人の胃腸に戻す段階です。

Aさんはダイエットのためにネットで情報を得て、玄米菜食がよいと信じられたのですが、それはすべて「玄米が胃腸に負担をかけない状態に炊けていることが前提」でした。
しかし、玄米を炊飯器で炊かれていて、Aさんの胃腸には無理だったわけです。
これでは玄米の良さを享受できません。

Aさんの胃腸の状態をマクロビオティックで治すことも可能ですが、まだお若いので、一旦知識をリセットされて、仕切り直しをされた方がよいと判断しました。
それで、社会生活やお友達との関係も、20代にふさわしいものに戻してあげたいと思いました。

マクロビオティックもどきと本来のマクロビオティックの違いは、正しい陰陽判断があるかないかです。
陰陽の判断のうえに食べ物をコントロールするのはマクロビオティックですが、特定の食材を排除するのは単なる偏りにすぎません。
偏りは必ず途中で破綻します。

陰陽を正しく知って、楽しくなるように活かすことがマクロビオティックでもあります。
食べ方だけでなく、暮らし方や生き方、人づきあいや考え方など、至るところに陰陽を当てはめていけば、心穏やかに人生を過ごすことができます。

Aさんには、今後陰陽を知っていただいて、そのうえで充実した人生になることを応援させていただきたいと思っています。

「うれしかったこと その1「その2」に続いて、「その3」になる出来事でした。

 
 

(中川式小豆玄米ご飯 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

絶対胃腸の負担にならない小豆玄米ご飯の炊きあがりです。
小豆は玄米と同じか、それ以上の柔らかさに炊き上げます。

 
 


カテゴリー: うれしかったこと, マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロビオティックが楽しい♪, からだ, こころ・想い, 体験談 | コメントする

接種した人としなかった人 その差を時間をかけて縮められるのか?

このブログで何度も取り上げた荒川央 (あらかわ ひろし)さんの最新記事が、とても心にしみます。

 
 

「人はコロナ後の世界の夢を見るか?」2022.9.20

荒川さんほどの方でも、このような思いになられるのですから、私たちはもっともっと周りの人の変化を待つために時間を費やすべきなのかもしれません。
諦めないで!

 
 

それにしても、次の言葉には重みがあります。

過去は変えられませんが、これからの未来は変えられます。

コロワクチン接種によって文字通り体の老化が進み、繰り返す度に更に寿命を縮める可能性があるのです。

コロナ騒動の始まりに集団心理があるのなら、終わらせるには集団心理の転換が必要なのです。

 
 

(夜の京都タワー)

 
 


カテゴリー: 新型コロナウイルス, からだ, こころ・想い | コメントする

【井上正康】打った人が逃げ切るための最善策 のご感想より

塾生さん(以下Aさんとする)からメールをいただきました。
昨日ご紹介した【井上正康】打った人が逃げ切るための最善策の動画を観てくれてのご感想です。
説得力ある井上先生のお話は、ご家族やお知り合いの人にも知っていただけたらと思って、記事にしましたが、そのとおりになって嬉しいです。

 
 

<Aさんのメールより>  抜粋

ブログでご紹介いただいた動画を昼休み
帰宅後と観ました。

家族にも早速
外で歩く事、おしゃべりする事、唾液、発酵食品と
伝えました。
接種を後悔してる大切な友人にもこの動画を伝えます。

この免疫力アップ方法は、
むそう塾に通学する事まさしくそのものですね!

遠方まで出向くので必然的に外に出て
おいしいものも発酵食品も食べて、学んで大笑いして、、。
そして本来の人間らしい喜びだと。

今この時を生き抜くためのエネルギー補給の場を
ありがとうございます。
何ものにも代え難い濃くて充された時です。

人間らしく生きること、それが,免疫力アップ
なんですね。

井上先生のお話、説得力があって聞き入りました。
ありがとうございます。

 
 

***

2020年の2月からずっと一貫して訴えてきたことが、こうして井上先生のお言葉を通じて塾生さんに納得していただけました。
特に「人間らしく生きること、それが,免疫力アップなんですね。」という文章がすべてを表していると思います。

あれこれ細かく考えるより、人間が本来持っているセンサーを頼りに生きている方が、案外免疫力アップにつながるということですね。

むそう塾はお料理だけでなく、免疫力を高めるためのノウハウをいっぱいお伝えして、教室でもそれを実行していました。
これからも、皆さんの免疫力を落とさないよう、応援させていただきますので、一緒に頑張りましょう!

 
 

(京都 瓢亭 2022.9.20)

 
 

美しい景色を眺めることも、美味しいものをいただくことも、ホッとすることも、笑い合うことも、全部免疫力アップになります。
当たり前と思っていたことは、実はすごく重要なことだったと気づけた2年8か月の日々でしたね。

 
 


カテゴリー: 新型コロナウイルス, からだ, こころ・想い | コメントする

【井上正康】打った人が逃げ切るための最善策(動画)

今こそ免疫力が求められる時代はないかもしれません。
せっかくの免疫力を人為的なことでグチャグチャにされてしまっている人が、あなたの周りにもいっぱいいると思います。

でも、今までは免疫力なんて興味がなかったか、その力を無視して生きて来られたかもしれません。
そのような人でも、免疫力のおかげで生きているのですから、これからはその免疫力を強化するような暮らし方をしましょう。

私は20代の時からずーっと免疫力を意識して生きてきました。
子育てもそのようにしました。
周りとは違ったスタンスでしたが、今はそれで正解だったとつくづく思います。

そして、ネットもない時代に、本や講演会からそのことを教えてくださった先生方に、感謝してもしきれません。
マクロビオティックの考え方もその延長線上にあります。

にわかに免疫力を前面に出した業種も見受けられますが、免疫力強化のためによいことを集めていくと、そこはマクロビオティックの世界と同じなんですよね。
特に食事法なんて、面白いほどにピッタリです。

 
 

井上正康先生のお話がとても分かりやすいので、接種された人にはぜひお薦めします。
お食事以外でもできることを紹介されています。
せっせと免疫力を高めて、ご自分の体を守りきりましょう。

 
 

【井上正康】打った人が逃げ切るための最善策

 
 


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪, 新型コロナウイルス, からだ | コメントする