こころ・想い」カテゴリーアーカイブ

今年最初の講座が始まりますので、思いついたことをつらつらと。

今日は今年最初の講座が始まります。
まだ市場がお休みなので、お料理のない座学のお勉強です。
「中川善博の盛付秘伝&料理写真の撮り方講座」
これは過去に何回も開催しているのですが、新しい塾生さんは受講されていないので、こうして時々開催することになります。

食卓でのお食事だけでなく、お弁当を作る時には、盛り込みの基本を知っておくと食中毒も防げますし、何よりも美しさが違います。
美しいというのは、人の心に潤いをもたらしてくれますので、美術品を鑑賞したあとのような優雅で満足感のある気持ちになれます。
そんな上質の氣に触れようというのが、今年最初のお正月らしい講座です。

それから、今では携帯電話が普及して、気軽に写真を撮ることが増えたのですが、お料理写真を美しく撮るにはある程度の工夫が必要になります。
特に冬の早朝で暗いうちに撮ることも多いお弁当の写真は、明るいときの屋外撮影とは違った工夫が必要なので、そういったことも学びます。

私は写真のことはさっぱり分からなかったので、「写真は光を撮るもの」という中川さんの教えを守ってシャッターを押すようにしています。
すると、ドキッとするような写真が撮れることがあって、「なるほど〜」と思います。

盛り付けというのは、なかなか奥が深くて難しいのですが、ちゃんとセオリーがあるので、それを守るだけでも見違えるように美しくなります。


あ、むそう塾ではもう一つセオリーがあります。
「速く!」です。
「速さも味のうち」と、お料理を作る段階から言われ、シャッターチャンスも数秒しかないお料理もあるので、速さは欠かせない要素です。

人は楽な方に流れるので、すべてにおいて「速く」を心がけると、あなたの1年は物凄く変わるかもしれません。
事実、のんびりしていると達成感から程遠い生き方になっている人を多く見受けます。

でもね、「速く」すると「丁寧さ」がなくなるのは本物ではありません。
丁寧にできるようになるには、数多くの「無駄」を省かねばなりません。
ということは、無駄の発見をしなくてはいけませんよね。
そのへんから取りかかると、充実した1年になると思います。

ちなみに、マクロビオティックでは速いというのは陽性ととらえます。
ですから、速く出来る陽性さが心身に必要です。
そんなところから着手するのが現実的かもしれません。

 
 

(京都タワー 2020.1.3)

昨夜京都に戻ってきて、京都タワーを見ると安心する自分がいました(笑)

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: こころ・想い | 4件のコメント

二度寝に思うこと 新しい自分になるための提案 

皆さんはお正月をどのように過ごされていますか?
中には寝正月という方も多いかもしれませんね。
我が家の男性二人も、その仲間です(笑)

ちなみに私は、独身時代に野口整体で「二度寝はよくない」と教えられてから、二度寝はしない派です。
とはいっても、1年に何回か二度寝をすることがありますが、そんな時は決まって夢を見るし、寝起きには頭がボヨ〜ンとして不快になります。
1か月に2〜3回夢を見る時がありますが、そんな時には良質な眠りが得られていない感じがします。

ですから、一気に5〜6時間寝て、パッと起きるのが一番快適で心地よいのです。
こんな生活を50年近くしているので、長い時間(8時間)眠るとかえって頭がボーッとします。
でも、夫も息子も私より相当睡眠時間が長いので、人それぞれだと思っています。


【野口整体】
2020年1月号の「月刊 全生」に、野口晴哉先生の「健康法の錯覚」という記事が載っていました。(12P)
昭和49年1月の活元大会での話が記事になっています。
その中から一部抜粋します。

ーーこの間来た人は一見して「これは二度寝の頭だ」と言ったら、「いえ違います」と言う。「いや絶対二度寝だ」と言ったら、「四回寝ました」と言うのです。そういう人は目が覚めても覚めきらないからまた寝る、また寝ても覚めきらない。つまり肩の疲れている部分、お尻の疲れている部分、腰の痛かった部分というように、何回かその部分に合わせて寝直さないと疲れが抜けない。抜けないのは、疲れが偏ったまま寝てしまうから、体はそれを調整する要求が起こる。欠伸が出るのも、伸びをするのも、活元運動が起こるのもそのためなのです。ーー


【疲れの内容】
この中で、「疲れが偏ったまま寝てしまう」というのがあります。
私はその「疲れ」に注目します。
肉体的疲労の単純な疲れだと、案外眠りが深くなってよいのですが、精神的な疲れは眠りの導入部分も深さもよろしくない場合が多いですね。
こういう人は二度寝傾向にあるように思います。

質の良い眠りを得るためにも、起きている間の過ごし方や、人付き合い、働き方、食べ物などを全般的に見直してみることをおすすめします。
大きく言うなら、生き方そのものを改めて問うのが効果的かもしれません。

・自分の思い込みで無理だと思っていることはないか?
・誰もそんなことは要求していないのに、自己満足で自分の仕事を増やしていないか?
・人の目を必要以上に気にしていないか?
・お金がないから無理だと諦めていることはないか?

この中で一番簡単なのは、最後のお金の問題です。
お金が必要なら働けばよいのです。
お金のために自分がしたいことを我慢しているのなら、それはストレスになります。
ストレスは良質の睡眠の妨げになります。

あとは人付き合いのストレスですね。
これが一番厄介だと思います。
ここには割り切りが必要ですね。
でも、多くの人が割り切る勇気が持てないのかもしれません。

そこを承知で言います。
思い切って割り切ってごらんなさい。
曇天から晴天になりますよ\(^o^)/
いかにしがらみを捨てられるかに、あなたの自由度はかかっています。
ちなみに、しがらみって「柵」と書くんですよね。
すごく納得です(^^;)

 
 

(梅人参 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: からだ, こころ・想い | コメントする

女性が男性に望むこと

独身のうちは理想の男性像なんてあるでしょうが、結婚してみると意外なところが良かったりするものです。
その一つが、器用な男性でしょうか。
生活をしていると、あちこち直してほしいところが出てくるものですが、そんなときササッと器用に直してくれると、ほほうと惚れ直すものです。
ある女性が、つき合っていた彼氏が、女性の部屋のカーテンレールを直してくれて、それがきっかけでゴールインした例もあります。

ですから、男性は日曜大工が得意な方が有利です(笑)
しかし、男性でも不器用な人はいっぱいいるので、そういう場合は他で点数を稼ぐしかありません。
お皿を洗う、掃除機をかけるなど、自分で出来そうなことはせっせと協力する姿勢が必要です。
日常の細かなことを女性の仕事と思わない姿勢が、女性にとっては嬉しいものなのです。

そんな生活感のある男性は、結婚してもうまく行くことが多いので、男性にはぜひ家事力をつけてほしいなあと思います。
家事力といえばやはりお料理でしょうか。
難しいことはいいません。
ご飯を炊いてくれるだけでもいいのです。
ご飯さえあれば、あとは何とかなりますから。

*   *   *

今、むそう塾には男性の方がお料理を習いに来られています。
奥様もお仕事をお持ちで、現在二人目を妊娠中です。
ご主人様がお料理を作って、上のお子さんの保育園の送り迎えもご主人様がしています。
そして彼は、保育園の送り迎えをとても楽しく感じているのがいいなあと思います。

先日も「出汁巻き玉子」の授業があったのですが、3クラスの塾生さんの中で、彼の手付きが最もやさしいのでビックリしました。
玉子を返すときの彼の手付きは、本当に慈愛を感じるほどの柔らかさだったのです。
中川さん曰く、「女手なんやねぇ」とのこと。

つまり、やわらかい手の動きを女手というのですが、20名の女性より彼の手の方が柔らかい動作をするというのが面白かったです。
こういう男性は結婚生活がうまく行くでしょうね。

ともすると、男性は仕事だけに神経が行きがちですが、女性は家庭のことも大事にしてほしいのです。
普段の生活でもそうですが、子育て中はなおのこと協力してほしいのです。
お子さんをお風呂に入れてくれるだけでも、奥様はものすごく助かるのです。
一人で子どもをお風呂に入れるのは、本当に大変なんですよ。

お金を稼げる男性は、それだけで勝者になった気持ちになるでしょうが、お金だけでなく、人としての優しさが女性の一番望むところです。
その優しさに触れた時、揺るぎない信頼感と愛情が増すと私は思っています。

なお、2015年の記事ですが、こういうのを読むと、小さい時からの体験が大人になって影響するとつくづく思います。
素敵な男性になるためには、子育て中から体験を増やしてあげる方がよさそうですね。
タオルを絞ることができない小学生が増加している背景とは 

 
 


(中川式麻婆豆腐 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

ただいま大人気の「中川式麻婆豆腐」です。
そのさっぱり感は健康に良いだけでなく、新しい食感として、すでに受講された皆さんが興奮しておられます。
もちろん、男性にも喜んでもらえること間違いなしです。

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: こころ・想い | コメントする

輝く女性でいるために

ある塾生さんのノビノビ感がいいなあと思っていた。
先日その塾生さんと話す機会があったのだけど、『お母さんが働いていて、あまり干渉されなかったからかも?』という言葉があった。

それは一つの要因として考えられるなあと思った。
でもまあ、性格はもうお母さんのお腹の中で決まっているから、そのノビノビとした性格を歪めることなく育ててもらったのだと思う。

私はかねがね結婚しても仕事を続けていた方がよいと言ってきた。
もし、子どもが出来た場合は、ある年齢まで体が二つも三つもほしいくらい大変になるけど、その時期を過ぎて子どもが巣立って行ってから、女性としての差が出てくる。
仕事を持っていると、社会性があるので、それが差につながっていく。

女性として輝くのは、実は若い時だけでなく、熟年になってからだと私は思っている。
今では、もっと長く、高齢者になったときこそ、真の女性の美しさが問われるように思っている。

熟年になってから、あるいは高齢になってから急に美しくなることはできない。
そのためには、若い時から張りのある生活をしておかないと、中からにじみ出てくるものがない。
張りというのは、やはり働く場面での緊張感から来ると思っている。

社会性を持って、身だしなみに気配りをして、健康な体があれば、結構人生は楽しい。

 
 

瀬戸内の海。2019.12.18

 
 


カテゴリー: こころ・想い | コメントする

「プロから学ぶ台所の整理術と道具講座」を終えて 氣を意識しよう

10月29日と11月27日の2回にわたって、「プロから学ぶ台所の整理術と道具講座」を開催しました。
キッチン周りでお悩みの問題を解決すべく、中川さんのキッチン周りの写真を沢山お渡しして、詳しくご説明しました。
きっと中川さんのキッチンの狭さにビックリされたことでしょう。

でも、狭さは便利さでもあるのです。
キッチンに関しては、広ければ良いというものではなく、合理性が最も重要だからです。
広すぎて不便というキッチンをお持ちの方が何名かおられましたし、対面式(オープン)キッチンが使いにくさを助長しているケースがとても多かったです。
キッチンにも流行があるので、致し方ない部分もありますが、その中で改善できる方法をアドバイスしていますので、ぜひ実行なさってみてください。

それから、多くの設計者は、シンク前にある扉の内側に包丁差しを付けていますが、あれほど使いにくいものはありませんし、不潔です。
多くの場合は、設計者が男性か、お料理をあまりしない人によることが多いためだと思います。
包丁はお料理で一番大事なものですから、キッチンでも一番氣の良いところで、使いやすい場所に置くべきです。
むそう塾生の場合は、圧力鍋も別格として扱いましょう。
決して水切りカゴに伏せて置くことのないように。

部屋のどの場所でもそうですが、腰から上と腰から下では氣が変わります。
昔の日本人は、そういうことを日常生活の中で意識して暮らしていたのですが、核家族のせいなのでしょうか、そういうことを伝えられていないと思われる人が多くなりました。
ですから、そういうことも含めてアドバイスしていますので、これからはぜひ室内やキッチンの道具に至るまで、氣を意識してみてください。
きっと気持ちよい空間になってくれることでしょう。

なお、これはどの整理についても共通していることなのですが、使う頻度の多いものを一番便利な場所に配置することです。
これによって動線が減り、仕事も効率的になってきます。
お料理では秒単位で速さを求められることも多いので、便利かどうかは味に直結するのです。
ま、これを陰陽でいうなら、陽性なキッチンにしておく方が美味しいお料理を生み出しやすいということですね。

家事アドバイスについては書き出すと切りがないのですが、キッチンは家中で一番多くの物が集まるところなので、上手に整理してみましょう。
そして、ぜひ改善後のご報告もお待ちしています。
もし途中で分からないことがあれば、中川さんや私に質問をしてください。
一緒に素敵なキッチンにして行きましょう。

 
 

(京都 鴨川 中川善博撮影 2019.11.28)

 
 


カテゴリー: こころ・想い, マクロ美風の家事アドバイス講座 | コメントする