新型コロナウイルス」カテゴリーアーカイブ

マスクは着けたり外したりこまめに対応しよう

昨日、京都から埼玉の自宅に戻って美容院に行った。
ここの美容院では消毒だけでなく、体温も測り、マスクをするよう要求される。
お店の方針なので従う。

その後近くのデパートに寄ったところ、入り口に消毒液は置いてあったけど監視する人はいなかった。
京都のデパートでは監視する人がいて、スルーすると血相を変えて追いかけてくる(笑)
東京のデパートでは入り口での消毒はもちろんだけど、検温もされる。
地域によって少しずつ温度差があるところが面白い。

デパートの中に入って、店員さんと話す時はマスクをつける。
相手のために。
一人で歩くだけの時はマスクを外す。
もしここで店員さんに注意されたら、「今胸が苦しくなったのでちょっと外しました」といって、手に持っているマスクを見せれば大丈夫(^_-)-☆

私がマスクをしたくないのは、温かい空気を脳に送らないためだ。
酸素不足にならないために。

実はこれはとても重要なことなのだ。

ひんやりした空気を吸ったら、思わず深呼吸したくなる経験をした人は多いはずだ。
それは体の声にほかならない。
脳は冷やす方が心地よいからだ。
昔から頭寒足熱というではないか。
だから、鼻から吸う空気は少しでも低い方が脳のためにはよい。

酸素不足では良い細胞が作れないし、免疫力も低下する。
この新型コロナに対処するには、とにかく免疫力で頑張るしかないので、いつも以上に免疫力を下げるようなことはしない方がよい。

マスクに関しては書きたいことがいっぱいあるけど、今日はこれだけにしておこう。
新型コロナに関しても書きたいことがドドドーっとあるけど、伏せておこう。

太陽に当たることはとても大事。
土や植物に接していたらわかるけど、太陽の力は物凄い。
現代人は太陽の力を忘れていないだろうか?

梅雨がこんなに長引いて、作物にも日照不足の影響が出始めている。
人間まで日照不足にならないように、せっせと外に出よう。
間違っても自宅内で自粛なんてしないように。

あ、それとお味噌汁もせっせと飲んでほしい。
だから、むそう塾では「お味噌汁講座」も開催する。(9月26日)
体質に合わせたお出汁のとり方とお味噌の選び方、そして具材まで四季に分けた一覧表付きで伝授するお宝講座だ。
免疫力アップのために、多くの人に受講してほしい。

ところで、新幹線は乗った途端、消毒のにおいが強かったけど、東京の地下鉄も、池袋からの私鉄も窓をたくさん開けていたので、消毒のにおいは勿論しないし、とても爽やかだった。
ずーっとマスクなしだったけど、誰にもとがめられるわけでなく、気持ちよく過ごせた。
電車の中では誰とも話をしないから、マスクは不要。

今日はお昼過ぎに京都に戻り、明日明後日は自由人コースの遠足。
どうか晴れますように。

あ、私はマスク不要論者なので、念のため。

 
 


(京都 瓢亭別館にて)

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
むそう塾が教えている陰陽料理名一覧
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: 新型コロナウイルス, からだ | 7件のコメント

新型コロナウイルスを自分の頭で考えるための2つの動画

怖がってばかりいないで、新型コロナウイルスのことを自分の頭で考えてみましょう。
貴重な2時間です。
動画の内容を文字起こしした記事もご紹介しておきます。

https://note.com/studioring/n/n0e28990002fb


【マスコミでは絶対、言えない「新型コロナウィルスの真実」に迫る!タブーの日赤の売血ビジネスも!徳島大学名誉教授で免疫生物学専門の大橋眞(まこと)医学博士へのインタビュー!】 
2020.6.1 1:23:12

 
 

【ウイルス数から伝搬力と病原性を読み解く】 2020.7.14 19:29

※もし、2番目の動画が見られない場合は、下のURLで検索してください。 
youtu.be/f9RC8RGDzwQ

 
 


カテゴリー: 新型コロナウイルス | コメントする

新生活様式とある日の瓢亭さん

久しぶりに瓢亭さんに行った。
お昼の忙しい時間帯なのに、お客は私たちのみ。
23日から26日の連休中は忙しかったらしいけど。

 
 


(京都 瓢亭別館)

 
 

秘伝コースの人たちにはお馴染みの“粽寿司”。
参考のために中身をどうぞ。

 
 

松花堂とは別の注文で“鮎の塩焼き”。

 
 

お刺身の器に載っている“鱧落とし”は、ふわっとやさしく開いていて、骨の存在は皆無だったけど、煮物椀の鱧は舌触りにゴロゴロ感があって、気になった。

 
 

今までは松花堂の場合はデザートはなかったのだけど、アイスクリームの用意があるというので注文してみた。
“たまごアイスクリーム”。
乳製品を使わないアイスクリームだそう。
上に載っているのは、“べっ甲生姜”で、オンラインでも売っている。
常々甘いものをあまり食べない私には、ビックリするような甘さだった。

 
 

テーブルにはこのような注意書きが。
でも、他にお客さんがいないので、マスクはしなくて結構ですよと言われた。

 
 

お会計付近にはこんな注意書きもあった。
飲食店も大変だなぁ。

 
 

さすがの老舗もコロナの影響は大きいらしい。
みんな生き延びるためにあれこれ考えている。

だから、安倍さん。
もうマスクは配らないで、もっと真っ当な仕事をしてほしい。

 
 


カテゴリー: 京都やマクロビオティックのことなど, 新型コロナウイルス | コメントする

「第134回玄米の炊き方秘伝講座(愛クラス)」を終えて

2020年7月26日(日)、「第134回玄米の炊き方秘伝講座(愛クラス)」を開催しました。
受講してくださったのは、石川県1名・京都府1名・大阪府1名・兵庫県1名・福岡県1名、新人さん2名、再受講者3名の5名でした。
当日の朝、お一人が急遽欠席となって、とても残念でした。

今回はとてもパワフルな新人さんと、静かだけど内に秘めたる陽性をお持ちの新人さんお二人が印象的でした。
お二人の陽性さの違いが、これからどのように発揮されていくのか、とても楽しみにしています。

講座の様子はこちらの記事から。

 
 

【最初から知りたくて】
パワフルな新人さんは、私のブログの過去記事を最初からさかのぼって読んでくださって、今2013年まで来られたそうです。
もうただただ感謝しかありません。
「最初から知りたくて」そのようになったとのこと。
ありがたいことです。
何でも歴史を知るというのは王道の学び方なので、この塾生さんのこれからが楽しみです。

 
 

【真のありがたさに気づくと日々の気持ちが変わる】
もうお一人の新人さんは、ご主人様とおかずの好みが合わないと悩んでおられました。
でも、ご主人様も幼いお子さんも玄米ご飯が大好きなんだとか。
もうそれだけでいいじゃない!という感じなのですが、やはり家族みんなで美味しいお料理を囲みたい奥様のご希望は理解できます。

食材の質はとても重要ですが、心を重ね合える家族の存在はそれ以上に大事です。
ジャンクな物が好きなご主人であっても、それを認めつつ自分の好みも認めてもらえるような夫婦のあり方も大切です。
突き詰めれば、「食べてくれる人がいる」ことに感謝あるのみなのですから、そこまで想いを馳せられたら、気持ちのよいご家庭になると思います。

 
 

【新しい生活様式の中にも息抜きを!】
ところで、昨日は愛クラス最多受講者の“おはる”さんも受講してくれました。
そのおはるさんの取った行動が面白かったです。
福ZENの玄米ご飯が「おいしい♪おいしい♪」と早々におかわりしていて、さらに自分でも作れるメニューにも感動しながら「美味しい!」を連発されているのです。

後で話をしていてその謎が解けました。
コロナのために何か月も一切外食をせず、ずーっと自分でお料理を作り続けていて、気持ちが煮詰まってしまったようです。
つまりコロナ疲れですね。

中川さんのお料理が美味しいのはよく理解できるのですが、「自分で作らないで食べる行為」そのものが、おはるさんが精神的に開放された結果、美味しさの広がりを感じられたのでした。
そして、一般的に報道されているような“新しい生活様式”疲れでもありました。

こういう人が多くなっていると思います。
やはり人間は適宜な陰陽バランスを取らないと、不自然な疲れが溜まってしまうのです。
その解決の糸口としても、マクロビオティックの陰陽を知ることはとても有意義です。

これから新人さんが玄米投稿をされて、ご自分の内面と向き合いながら、陰陽を知るきっかけになってくれたら嬉しいです。
そして、愛クラス当日まで抱えていた不安が楽しみに変わってくれたらいいなと思っています。

 
 

【懇親会】
懇親会はいつもの「京都 ホテルオークラ カフェレックコート」でありました。
玄米の炊き方の復習をして、Twitterデビューもされました。
これからTwitterを通じて、日々の交歓を深めましょう。
むそう塾の仲間たちが、新人さんを応援していますよ。

夏のおすすめドリンクが割と美味しかったです。

 
 


(Grape Connection~つながり~ 京都 ホテルオークラ カフェレックコート

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
むそう塾が教えている陰陽料理名一覧
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: 玄米の炊き方講座, 新型コロナウイルス | 10件のコメント

除菌と消毒のし過ぎに要注意! 特に子どもは避けてあげたい

先日東京の某デパートに入ろうとしたところ、入り口近くですでに消毒剤の臭いがすごかった。
ちょっと息をするのをためらうほどの強さで、その場を通り過ぎるまで呼吸を止めたほどだった。
入り口でマスク確認と検温と手の消毒を要求されたが、手首で検温するのが新鮮だった。

どの売場に行っても消毒剤が置かれて、真面目に消毒に応じていたら、きっと手がひどく荒れるにちがいない。
そもそも私は行き過ぎた消毒には反対だ。
常在菌を殺せば皮膚が丸裸でウイルスに接することになるからだ。

ところで、消毒液を下方に向けてシュッとしても、大抵は腰をかがめているので顔が結構近くにある。
入り口では次々とシュッシュッとするので、噴霧しているのと同じような環境になる。

消毒剤や漂白剤は、吸い込んでしまうと肺に大きなダメージを与える。
だから私は吸い込みたくない。

タクシーに乗ると、真面目にシュッシュッとしたような車は、1分ほどで喉がキューッと締め付けられて、途端に苦しくなって咳が出る。
この場合の咳は当然のことながら、異物を排除したい体の免疫反応だ。

しかし、今どき咳をすると、運転手さんが過敏に反応するので、喉を外側から引っ張ってしきりに呼吸を調節すると、目にいっぱい涙が湧いてくるが咳は出ないで済む。
でも、そんな我慢は体によくないので、過剰消毒はあなたのためにも良くないですよと運転手さんに告げることにしている。

大人の私でさえこうなのだから、小さな子どもならもっと影響が大きいと思う。
第一、入り口の台に置かれた消毒剤は、子供の顔にもっと近くなるのだから、大人は子供を守るために要領よくふるまってほしい。

これらについては、こちらの記事にもあれこれ書かれているので、長いけれどお読みになることをおすすめする。

 
 

そういえば、デパートのエレベーターは、顔を壁に向けて立つのが新しい生活様式らしい。
私は階段かエスカレーターを利用するけど。
1台につき4名制限。

 
 

(京都高島屋にて)

 
 


カテゴリー: 新型コロナウイルス, からだ | コメントする