新型コロナウイルス」カテゴリーアーカイブ

「米が主食の国のほうがCOVID-19感染率低い」渡邊昌氏の論文

まだまだ新型コロナのことで不安に思っておられる人が多いのですが、玄米を食べて元気に頑張っている周りの人たちを見ていると、この情報に納得する部分があります。

渡辺先生は先の記事でも取り上げたように、玄米に対する研究がたくさんおありで、なおかつご自身も玄米を召し上がっておられますので、なおのこと身近に感じられます。

後日のため、記事を転載させていただきます。

 
 

「米が主食の国のほうがCOVID-19感染率低い」論文がアメリカのオンライン研究誌に掲載

食品産業新聞社ニュースWEB2020年08月17日17時04分

 
 

米消費とコロナ感染者数の「負の相関関係」(横軸:国民1人あたり米消費量(kg)/縦軸:人口100万人あたりコロナ感染者数)

(画像はこちらからお借りしました。)

 
 

米を主食とした国のほうが、小麦を主食とした国より、COVID-19(新型コロナウィルス肺炎)の感染率が低い、との統計的解析結果が明らかになった。渡邊昌東京農大客員教授(元国立がんセンター研究所疫学部長、メディカルライス協会理事長)と飯沼一元(株)ライステック社長(工学博士)の連名による論文「Low COVID-19Infection and Mortality in Rice EatingCountries」のなかで明らかになったもので、論文は去る6月25日、アメリカのオンライン研究誌「Scholarly Journal of Food andNutrition」に掲載された。

 
 

論文によると渡邊教授らは米の消費量とCOVID-19感染者数(6月6日時点)の相関を、5大陸19か国(カナダ、アメリカ、メキシコ、アルゼンチン、イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、スペイン、ロシア、中国、日本、インド、インドネシア、韓国、南アフリカ、トルコ、サウジアラビア、オーストラリア)で統計解析。横軸に国民1人あたり米消費量(kg)、縦軸に人口100万人あたりCOVID-19感染者数をとってプロットすると、「負の相関関係」にあることが分かった(決定係数0.5916)。また横軸を小麦消費量に置き換えると、「正の相関関係」にあることが分かる(決定係数0.4879)。 小麦消費とコロナ感染者数の「正の相関関係」(横軸:国民1人あたり小麦消費量(kg)/縦軸:人口100万人あたりコロナ感染者数)
小麦消費とコロナ感染者数の「正の相関関係」(横軸:国民1人あたり小麦消費量(kg)/縦軸:人口100万人あたりコロナ感染者数)

(画像はこちらからお借りしました。)

 
 

論文のなかで渡邊教授らは「米食者は腸内細菌がよく、免疫機能が高くなり、感染を抑制しているのではないか」と推定。今後のCOVID-19対策として、「特に玄米食や米糠の利用、全粒粉の普及など食生活の工夫や、農業政策にも目を配っていくことが望まれる」と指摘している。また「キスをする習慣(欧米)やマスクをする習慣(アジア)などを加味(補正)して計算すると、よりハッキリとした相関関係が浮かび上がってくる」とも。

〈米麦日報2020年8月17日付〉

 
 

論文:Low COVID-19 Infection and Mortality in Rice Eating Countries

日本語訳で読むことも可能です。

 
 

<マクロ美風より>

新型コロナに関しては、まだ断定的なことは言えないのですが、渡辺先生が書かれておられることは、私たちマクロビオティック界の人間としては、ごく当然のことと受け止めています。
免疫機能と腸内細菌は不可分の関係にありますし、むそう塾としても日夜そのことをお伝えし続けてきました。

ですから、やっとそれを論文として発表していただけたんだなあと、感慨深い思いになります。
「特に玄米食や米糠の利用、全粒粉の普及など食生活の工夫や、農業政策にも目を配っていくことが望まれる」というところは、待ってました!という感じです。

むそう塾を始めた時から大事にしてきたことは、新型コロナにも対処出来るものだと確信しています。

 
 


カテゴリー: 玄米の炊き方講座, マクロビオティック料理教室 むそう塾, 新型コロナウイルス, からだ, 食べ物あれこれ | コメントする

水分の摂り方を変えたら背部痛が解決した事例

9月26日に「陰陽別お出汁の取り方と味噌汁大全講座」を開催しました。
この講座は、むそう塾が大事にしている三種の神器(玄米ごはん・お味噌汁・糠漬け)の一つなので、一人でも多くの人に受講してほしい内容です。
特に今年は新柄コロナの問題があるので、絶対受講してほしかったのです。

お味噌の効果は、もう知り尽くされていますから、私がいちいち書くまでもありませんが、やはり日本人にはお味噌が合っていると思います。
なんと言ってもお米との相性が抜群です。

主食との相性がよいというのは、それだけで安定感があるのですが、最近は主食そのものがいい加減になっている人もおられます。
そして、中心軸のない食生活をしているうちに体調を崩して、色々な健康法に手を出す人が多いですね。

情報が氾濫する今の社会では、何を信用したらよいのか分からないのでしょうが、少なくとも自分の体のことは自分で勉強する姿勢が必要だと思います。
そうすると、怪しげな情報かどうかは、自然に嗅ぎ分けられるようになります。

ただし、西洋的な考え方と東洋的な考え方がありますので、その違いは充分把握する必要があります。
どちらが良いではなく、どちらも得意分野があるので、その時の症状に応じて使い分ければよいのです。

 
 

【水分】

ところで、先日のお味噌汁講座に、ずっと背部痛(腰の後ろ)を抱えていた方が2か月ぶりに受講してくださいました。
2か月前に背部痛のことを相談されて、その時その方の水分の多さにビックリしたのです。
水分を多く摂るように指導されていたのだとか。

それで、水分の摂り過ぎは腎臓に負担がかかることを話して、水分を減らしていただくことと、水分の種類のお話をしました。
動物性の食材を減らすことも話しました。

そうしたら、早い段階で背部痛は解決して、先日は笑顔で遠くからいらしてくれました。
嬉しかったです。
彼女にはまだ交通事故の後遺症があるので、すぐに全部が解決とはいかないのですが、水分のとり方で痛みが出ることを体験されたのでした。

 
 

【水分は多く摂らなきゃ?】

体の60%〜80%は水分です。
ですから、水分を多く摂るように指導しているところがあちこちにあります。
そして、定期的に水分を摂るべく、いつもペットボトルを携行している人を電車内でも見かけます。

汗をかいて水分補給するのならかまいませんが、冷房の効いた室内で義務のようにゴクゴクと水分を流し込むのは、病気になってくれという行為のように私には見えます。

人は、喉が渇いてから水分を摂ればよいのです。
その時でも、ゴクンゴクンと飲むのではなく、一口ずつ噛むように舐めるように飲んだ方が体に吸収されます。
ゴクンゴクンと飲んでも、早く尿になってしまうだけです。

特に胃腸の弱い人が冷たい水をゴクゴク飲むと、お腹が冷えて体調悪化につながりますから要注意です。
水はなくてはならないものですが、その質とともに、飲み方が重要です。

 
 

私のブログでも、過去記事で水分のことがたくさん書いています。
「水分」とブログ内検索をしていただくと、あれこれ出てきますのでご参考になるかもしれません。

 
 


(煮物椀 すっぽん玉子豆腐・焼粟麩 三度豆 白髪葱 露生姜 料理:京都 瓢亭 本館)

 
 

※ 
水分といっても、お料理に含まれる水分は、少なからずナトリウムと一緒なので、体が吸収しやすい状態にありますし、このように滋養効果の高い水分は、飲むほどに体に染み渡る感じがすることでしょう。
ちゃんと体は感じているのです。
そんな体の反応を大切にしましょう。

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
むそう塾が教えている陰陽料理名一覧
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: 新型コロナウイルス, からだ, 体験談 | コメントする

本間真二郎医師の記事より 免疫のとても簡単なまとめシリーズ

新型コロナウイルスに関しては、さまざまな情報が錯綜していますが、私は「免疫」をしっかり理解しておくことと、免疫を下げない暮らし方をすることがポイントだと思っています。
そのためには勉強も必要です。
自分の頭で考えるためにも、確かな情報に接して正しく理解しておきましょう。

Facebookで本間真二郎医師が、免疫について解りやすい記事を書いてくださっていますので、ここでタイトルをまとめておきます。
他に関連記事も載せておきます。
皆さんのお勉強に役立ちますように。

なお、本間医師は次のようなことを書かれていています(^o^)

私自身は、学生時代は免疫オタクというくらい免疫が好きで、今では免疫について私だけの特別な解釈もあるのですが、ここではあくまで一般に免疫としてほぼ共通に理解されている基本的な内容を紹介します。

新型コロナウイルスやそれに関連するワクチンなどを理解するために、最低限ここだけでも押さえておいてほしい免疫の知識を、できるだけ誰でもわかるように、説明したいと思います。

 
 

【免疫のとても簡単なまとめシリーズ① 】「免疫とは」2020.9.10
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2802198566771811

【免疫のとても簡単なまとめシリーズ②】「免疫系は大きく2系統4種類ある」2020.9.12
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2804031226588545

【免疫のとても簡単なまとめシリーズ③】「自然免疫系について」2020.9.14
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2805914896400178

【免疫のとても簡単なまとめシリーズ④】「獲得免疫系について」2020.9.17
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2808751026116565

【免疫のとても簡単なまとめシリーズ⑤】『免疫は「働く」ことと「調節できる」ことの両方が大切』2020.9.20
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2811625332495801

 
 

 

【本間真二郎先生のCOVID-19関連の記事】

ブログ:https://shizenha-ishi.com/blog/

①最も重要な情報の簡潔なまとめ(2/21)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2622431101415226

②新型コロナウイルスの臨床的特徴(2/22の時点)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2623921001266236

③新型コロナウイルスについてのウイルス学的な特徴(2/24)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2625162077808795

④一般家庭での新型コロナウイルスの感染予防(2/25)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2626104541047882

⑤一般家族内で新型コロナウイルス感染が疑われたり、すでに発症者が出た場合の対応(2/26)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2626879774303692

⑥新型コロナウイルス感染症の治療に期待される抗ウイルス薬であるファビピラビル(商品名アビガン)について(2/28)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2628624327462570

⑦新型コロナウイルスの特徴の追加と今後の対応についての考え方(3/10の時点)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2638163739841962

⑧新型コロナウイルス感染症の軽症例と重症化を分ける免疫の仕組み(3/13)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2640729986252004

⑨新型コロナウイルス感染症の重症化のカギはACE2(アンジオテンシン変換酵素2)にある(3/15)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2642554642736205

⑩不安や疑問に答えるQ&A(3/17)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2644286082563061

⑪新型コロナウイルス感染症の追加情報~ACE2の重要性②~(2/28の時点)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2654227164902286

⑫抗体検査が、あらゆる問題解決の糸口になる!(4/2)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2658527991138870

⑬自宅での療養の際に気を付けることなど(4/3)
文化放送のラジオ番組の補足https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2659367531054916

⑭一刻も早い抗体検査による大規模調査を希望します!!(4/5)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2660942120897457

⑮『抗体検査は免疫がついているかどうかの判定に使わない方がいいという意見に対して』(4/6)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2661809647477371

⑯『新しい情報にすぐに振り回されないようにしましょう』(4/10)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2664856933839309

⑰『アメリカで開始!日本でもやはり1日も早い大規模な抗体検査を希望します』(4/13)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2667980716860264

⑱『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連の速報です』(4/15)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2669784266679909

⑲『COVID-19の抗体検査による疫学調査の結果が次々と出て来ています』(4/22)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2676306186027717

⑳『新型コロナウイルスの変異(進化)について』(4/26)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2679832895675046

21『日本の一つのクリニックでの抗体検査の結果です』(5/1)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2683695715288764

22『民間での抗体検査の結果が次々に出て来ていますがが、どれも同じような結果です』(5/4)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2686727908318878

23『政府主導の抗体検査の結果はどこに?』(5/14)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2695457140779288

24『日本政府主導の抗体検査の結果発表!?』(5/17)
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=2697731003885235&set=a.1436883019970046&type=3&theater

25『PCR陽性率とPCR検査率から真の患者数と致命率の推定できる』(5/19)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2699948363663499

26『COVID-19は子どもではとても軽い感染症である』(5/25)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2705252296466439

27『超過死亡について』
①超過死亡について(6/15)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2723852221273113

②欧州の超過死亡からみえるCOVID-19の真の姿(6/17)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2725519054439763

③超過死亡とこれまでの様々な(公式の)報告値との関係(6/20)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2728145037510498

④今シーズンの日本の超過死亡(6/23)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2730797263911942

28『日本の現在の陽性者数の増加はCovid-19の第2波なのか?』(7/19)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2754013504923651

29『日本の陽性者数の増加を世界のデータから解析する』(7/22)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2756597614665240

30『現時点(8/18)での第2波について全世界のデータから考える』(8/19)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2781967135461621

31『検査陽性と感染と発症の違いをわかりやすく説明します』(8/21)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2783858135272521

32『PCR検査の問題点を詳しく説明します』(8/23)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2785653858426282

33『活動制限は第2波の発生や推移に関係していない?』(8/26)
https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/2788272021497799

 
 

【新型コロナ「検査の陽性者」=「感染者」ではない…!PCR検査の本当の意味】2020.9.3
ーウイルス学研究者の定義する「根本的な感染」はー
(現代ビジネスオンライン)

 
 


カテゴリー: 新型コロナウイルス, からだ | コメントする

胆道閉鎖症から肝移植を経て元気に育つ男児とその両親が素晴らしい

【生後2ヵ月の子どもが「胆道閉鎖症」に】

少し長くなりますが、素敵なむそう塾生のご夫婦がおられるので、第三者の立場から記事にさせていただきます。
今から4年あまり前、こんなメールを送ってくれた塾生さんが、大きく成長して眩しいくらいの存在になりました。

まるで思いがけない展開にとてもショックですが、これから
勉強して息子のために出来ることがあれば何でもしたいと思っています。
なかなか受け入れられない大変な状況ですが、息子からわたしは
大切なことを沢山教えてもらっています。大好きな息子のために
家族力を合わせてこれからがんばっていきたいのでどうか
力を貸してください。

 
 

おっとりとして幸せな暮らしをしてきた、むそう塾生の“おたに”さんは、2016年にママになりました。
むそう塾生の赤ちゃんが産まれました 2016.3.13

ああ、よかったと安堵したのもつかの間、お子さんが生後2か月で「胆道閉鎖症」と診断されて、緊急手術をしました。
2016年5月のことでした。
しかし、この手術の時点で肝硬変が進んでいたため、残された手段は肝移植のみになってしまいました。

 
 

【肝移植手術】

そこで、ご主人様が息子さんのためにドナーとなって、「肝移植手術」が行われました。
2016年9月のことでした。
おたにさんはご主人様の体への影響を心配して最初は反対したそうですが、ご主人様の強い希望で移植手術が行われたそうです。

それから4年。
息子さんもご主人様もお元気で、おたにさんのお料理を喜んで召し上がってくれているそうです。
一家で玄米ごはんはもちろんのこと、お子さんはすごく食欲があってモリモリ食べてくれるそうです。

そして、何より嬉しいのは、おたにさんの言葉によれば、「夫も元気です! 心配は夫が息子を好きすぎて子離れ出来ないんじゃないかということくらいで、息子の方がドライです(汗)」ということでした。

 
 

【死ぬことが怖くなくなった】

おたにさんは結婚をする前に、むそう塾の「幸せコース」「上級幸せコース」を修了し、結婚・出産・お子さんの手術と大激変の日々を過ごしたあと、2019年にもう一度基本の「幸せコース」を受講されました。
そして、今年は「満足コース」で学んでいて、来年の5月からは「秘伝コース」に進む予定です。

それと同時におたにさんは、お弁当投稿も頑張っています。
お子さんがいて、お仕事も持っていて、その環境で朝からお弁当投稿をするのは大変だと思うのですが、彼女は笑顔でこなしています。

彼女のそのエネルギーはどこから湧いて来るのか?
それを彼女に直接尋ねたことがあります。
そうするとやっぱり、予想どおりの答えが返って来ました。

「人間はいつ死ぬかもしれない。泣いてばかりいたあの時に比べたら、今は何でもできる。」
「死ぬことが怖くなくなった。」

そうなんです。
彼女は肚が据わったのです。
著しく成長したのです。

 
 

【たった一人の授業】

今年の4月に、コロナ禍でクラスメイトが次々と欠席する中、幸せコース最後の授業をおたにさん一人で行なったことがありました。
マクロビオティック京料理教室 むそう塾 幸せコース 第11期 日曜クラス 2020.4.12

色々な話をして、その時におたにさんの強さをしっかりと確認したのでした。
やはり人は困難を乗り越えると強くなれます。

私がおたにさんのお子さんのことでとても感動したのは、ご主人様の素晴らしさです。
まさに自分の体で我が子を助けようとした決断、そして、おたにさんへの愛ある暮らし方。
こういう判断ができる男性は心から尊敬できます。

そして、おたにさんのお料理のことも理解してくださって、全面的に応援してくださっていることが素晴らしいです。
こちらの記事にそのことが書かれています。
自分には料理があって本当に良かった 塾生さんのコメントより 2020.4.12

おたにさん、素敵な男性と出会えて、本当によかったですね。

 
 

【誰かのお役に立てれば嬉しい】

この記事を書くにあたって、私はおたにさんに確認しました。
病名や個人情報をさらけ出すことになってしまうけれど、どこまで書かせてもらえるでしょうかと。
そうしたら、おたにさんのお返事が感動的でした。

「大丈夫ですよ。わたしも、息子の闘病中、いろんな方のブログで体験談を読んで勇気をもらいました。誰かのお役に立てれば嬉しいです。」

うなりました。
私よりずっとおたにさんの方が人間が上でした。

 
 

この何気ない光景が、どんなに稀有で幸せなことか。
極限を味わったからこその宝の時間。

 
 

【おたにさんとむそう塾】

・2011.2.20 玄米ご飯の炊き方講座(愛クラス)受講
・2011.3.8 パスポート取得
・2013.5〜2014.4 第5期幸せコース受講
・2013.8.25 第75回玄米の炊き方講座(愛クラス)受講
・2014.5〜2015.4 第4期上級幸せコース受講
・2015.5.1 結婚
・2016.3.9 出産
・2016.5 息子さんが「胆道閉鎖症」で緊急手術
・2016.9 息子さんが「肝移植手術」を受ける
・2017.10.21 第112回玄米の炊き方講座(愛クラス)受講
・2019.5〜2020.4 第11期幸せコース受講
・2020.5〜 第7期満足コース受講中
・2021.5〜 第7期秘伝コース受講予定

終わり

 
 


カテゴリー: 塾生さんのメールから心に響いたこと, 子育て・野口整体・アトピー, 新型コロナウイルス, からだ, こころ・想い, 体験談 | 2件のコメント

新型コロナウイルスで職場環境が変わって疲れている人たちへ

きのうの放課後、何人かの塾生さんが、以前ブログでご紹介した梅園という喫茶店に行くというので、私も一緒に行きました。
少し遅れてスタッフも到着し、全部で8名になりました。
コロナ対策で席を詰められないとのことで、2箇所のテーブルで離れ離れになりましたが、あれこれお話しできてよかったです。
いつも教室だけでサヨナラしているので、たまにはこうして交流するのもいいなあと思った次第です。

ところで、ある塾生さんと話をしていたら、某企業で受付のお仕事をされていて、新型コロナの前はとても忙しかったけれど、今はとても暇で、待機している時間が精神的にとても疲れるとのことでした。
じっと座ったまま終業時刻まで過ごすというのは、想像以上につらいと思います。
私なら3日で逃げ出すかもしれません。

この場合、体は疲れないのですが、精神的に疲れるのです。
何度もする消毒の作業も、ご自分では気の進まないことをしているわけですから、それはとても精神面な負担になります。

反対に、コロナ前は肉体面では疲れても精神面は疲れていなかったわけです。
ここが問題の分かれ目ですね。
肉体面の疲れなら、一晩寝ると治ります。
しかし、精神面の疲れは寝ても治らず、ますます蓄積されかねません。

ですから、頭であれこれ考える癖のある人は、眠ってもとれない疲れが慢性的にあって、いつもパワー不足の状態から抜けられません。
もしご自分がパワー不足だと思われるなら、悩み事を抱えないことです。
すぐ答えを出して、悩みをお泊りさせないこと。

いつもスッキリした精神状態にしておくと、ほとんどが肉体的な疲れだけになるので、パワー全開で働けますよ。
マインドの影響ってとても大きいので、新型コロナで環境が変わってしまった人は、精神面の状況を意識して改善しておきましょう。

 
 


(京都 瓢亭本館)

 
 

いつも心に明かりを!

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
むそう塾が教えている陰陽料理名一覧
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: 新型コロナウイルス, からだ, こころ・想い | 5件のコメント