腸を調えてコロナウイルスに負けないようにしましょう

コロナウイルスだけでなく、感染症に対して右往左往するのではなく、いつもどおり体調を万全にしておくことをおすすめします。
具体的には、いつも以上に陰性な食べ物や、甘いものの過剰摂取をしないようにしましょう。

普段から陰陽バランスの取れた食事をしておくのは勿論ですが、いざという時には甘いものを断つだけでも違います。
疲れたり、ストレスが溜まると、つい甘いものに手を出す人が多いのですが、お酒と同じで、それは一時的なごまかしにすぎません。

健康に心配のない時には、たまに甘いものでリラックスするのも良いのですが、今のように身近で感染された人がいる場合には、しばらく食べ物の見直しをしましょう。
最終的には潜在的体力のある人が軽く済みます。

あなたには潜在的体力がありますか?
普段から発酵食品を摂って、腸の状態をベストにしておくことは勿論ですが、睡眠不足や冷えは免疫力を低下させますので、注意しましょう。

*   *   *

地に足がついた生活をしていれば、コロナウイルスに対してそんなに大騒ぎをしなくても済むはずです。

一般的に肺は呼吸器系と言われますが、発生学の途上では肺は消化器系です。
出来上がってから呼吸の役割をしているのです。

陰陽五行では、肺は消化器系に分類されるのはこのためです。
ですから、やはり消化器系をきちんと調えておくことが、肺のためにも重要なことなのです。

何も打つ手がなくてオロオロするのではなく、常々腸の健康を意識した食生活をしていれば、いつもどおりで少し陽性を増やす程度で乗り越えられると思います。
こんなときに、陰陽を知っていると便利ですね。

 
 


(京都市左京区にて)

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: からだ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です