桂剥き投稿2022  Yuさん(94-4)  19

超リキミレッスンの後で一番効果が見られたのは刻みですね。
刻みの力加減がかなり弱くなってきて うでのスジスジが消えてきました。 あれはやはり体質では無く力んでいたのです。 もう少し脇を締めても良いので肘から刃先を一直線に近づけましょう。 正しく竹上が見られています。
桂剥きは力んでいます。 握り込みも激しいので刃を上げきるときに包丁が開いていますね。 11時半に向けて上げていくイメージでちょうど垂直にあがるでしょう。よく自分の動画を見ておきましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 | コメントする

桂剥き投稿2022  Teさん(140-1)  12

すばらしい! できましたねぇ。 チョコチョコ力みが無くなりました。これで良いのです。
ちゃんと正しい桂剥きができた記念日ですね おめでとうございます。
さぁあとはこれをどんどん薄く均一に剥いていくだけです。
今でマッチ棒くらいに揃いはじめました。
次はマッチ棒の半分の厚さに剥いてマッチ棒の半分の幅に刻む に挑んでください。
できてきたらヨコケンに進みますので まずは絶対にマッチ棒より太いものは刻まないと心に誓って練習しましょう。 できた自分を強く思い浮かべてから練習を始めてください。 そのように結果が導かれますのでs。


カテゴリー: 桂剥き道 | コメントする

桂剥き投稿2022   Saさん(142-3)   12

揃えて剥くことはできるようになりました。 今日の作品でマッチ棒の厚さに剥いてマッチ棒の幅に刻むより少し太いです。
次回はマッチ棒の半分の厚さに剥いてマッチ棒の半分の幅に刻む を実践しましょう。
ボールに放った画像が まるでオニオンスライスの仕込みのようでしょう? 薄く剥いて細くきざめるようになれば格好良くなります。

 
 


分厚いので縦線が目立ちませんがたまにバナナの葉のように切れ込みが入っているのは縦線があるということです。 面圧のオンオフ差をなるべく減らしていきましょう。

いろんな太さや幅があるでしょう?  これを揃えるのです


カテゴリー: 桂剥き道 | コメントする

桂剥き投稿2022   Haさん(141-1)   19

砥げるようになってきました。 浮かせるように前後滑らせて居る時もあります。
あとははたして切れるかどうかですね。 乾いたまな板の木目で切れ味チェックをしてどうですか? くっくっ!っとひっかかるようであれば切れ味はOKです。
剥きは左手親指が力んでいるので今剥く厚さがセンサーで判れていないようです。
両手の親指のセンサーをビンビンにしていられる持ち方送り方を見つけてください。
刻みは左猫手に右包丁で面圧を当てられていませんね。 好き放題の幅で刻むので1打1打の幅が違うのです。猫手の抗いの強さで幅を揃えましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 | コメントする

桂剥き投稿2022  Teさん(140-1)  11

Air桂剥きはなめらかに動かせるようになりましたね。
最初は極度のアガリ症なのかと思いましたがもう11回目ですから緊張は減ったと思います。
ご自身で思い当たるか当たらないかがわかりませんが刃物か先端に恐怖症があるのかもしれませんね。 もしそうなら無理をしないでください。
練習は1ヶ月では足りないと思います。 でもできるようにはなって欲しいので練習を重ねて鮮やかに格好良く剥けるようになりましょう。 大丈夫。
大根を剥くときに1つお約束をしましょう。 絶対に刃を上下にチョコチョコ動かさない。ずーーーーーぃ ずーーーーーーぃとじっくり長く上げ下げすること。 これを約束してください。


カテゴリー: 桂剥き道 | コメントする