出し巻き投稿」カテゴリーアーカイブ

出汁巻き投稿2019  Irさん(125-4)

芯は上手にできています 鍋先上げると締まるでしょう? 実感できましたね。
本番は初期鍋温度が低かったです。 よく確認して始めましょう。
この高さで肘を下げて練習するほうが良いですね。右手の使い方がまだまだ多い、でしゃばりすぎなので左手主体で巻きましょう。 もっと締まってつやつやひよこになります。
あわてて箸の刺し場所、刺し角度を間違わないようにしましょう。
挿すときは右手甲が上を向き、返し終えたら手のひらが上を向きます。 これを徹底しましょう。


カテゴリー: 出し巻き投稿 | コメントする

出汁巻き投稿2019  Yaさん(123-3)

14番だけが生き残りということはこの方法は間違っているということですね。
お子様に持ってもらわなくても「肘紐の刑」にして自分で自分の肘を固定しましょう。
遠心力を使わないと箸で前に投げ続けてしまいますのでダンボールの練習と並行して練習を続けてください。
1つ言えることは練習をやめれば上手くならないということです。
頑張りましょう 私がついています。


カテゴリー: 出し巻き投稿 | 1件のコメント

出汁巻き投稿2019   Naさん(124-1)

うーーーん!できています! すばらしい。
坂を登っていく感覚が掴めましたね。ここからは箸への依存度を限界まで減らしていきましょう。 でないと出しが増えていくと裂けたり崩壊したりするからです。
無重力と遠心力で巻く。もうあなたはしっぽを掴んでいます。あとは習熟ですね。
繰り返し練習をして動作の面取りをしていきましょう。  楽しみです。

ずっと2番で!

 
 

中央の穴を小さくしていきましょう。
断面からどんどん「渦」が消えてきました。 温度と動作の速さがシンクロしてきた証です。


カテゴリー: 出し巻き投稿 | 1件のコメント

出汁巻き投稿2019  Irさん(125-4)

鍋を振らずに箸で返すので右肩を要とした半閉じ扇に芯が巻けてしまいますね。
力んでなおかつ脇を締めるからです。
一杯目でもたついて焦げ始めたらずっと温度高い目で焦げが続きますね。 どこかで急いで鍋温度を下げていかないと焦げの連鎖が止まりません。 美味しく焼くには焦げは厳禁です。
全体の速度を上げて火に追われないようにしましょう。

何番かわかりませんが一番上のが正しい形の芯ですね。


カテゴリー: 出し巻き投稿 | 1件のコメント

出汁巻き投稿2019  Naさん(124-1)

90度で立てられませんでしたね 箸で前に投げる癖があるから真ん中で止められないのです。
箸を挿す角度が違っていますね。下の図の青い箸の角度で挿しているので返し始めに右手甲が上を向いていません。 前を向いていますね。桂剥きのときにもお教えしましたが人間の手は手の甲の方向に動かす癖があるのです。 もうわかりますね?なぜ巻き始めに手の甲を上に向けておくのか。 マエス止めなのです。

3番の芯が良いです あとはだめ。
焦げることはなくなりましたのであとは精度 ふわふわ感ひよこ感を。


カテゴリー: 出し巻き投稿 | 1件のコメント