投稿者「マクロ美風」のアーカイブ

「夏の特別料理講座 涼麺と賀茂茄子のピザ」開催のお知らせ

夏のお食事で一番気をつけたいのは、ミネラル不足にならないことです。
汗をかきますので、そんな時には冷たい麺類がとても美味しく感じます。
マクロビオティックでは主食に玄米を奨めていますが、体調に合わせて麺類も取り入れて、上手に陰陽をコントロールしましょう。

この講座でお伝えする麺つゆの作り方は、幸せコースでも上級幸せコースでもお伝えしていない秘伝中の秘伝もので、まさに「麺は添え物 汁が主役」と実感していただける美味しさです。
私が一番好きな麺つゆがここにあります。
このお味は一生の財産ですね。

また、この講座では「賀茂茄子のピザ」が強烈な印象になっていますが、実は中川式温泉玉子の作り方がいかにも中川さんらしい精緻な方法です。
温泉玉子だけでもプロの世界の凄さを実感されることと思います。
さらに、「オクラ地漬け」や「どんこ椎茸旨煮」まであって、これらはお弁当のおかずにもなるという嬉しい内容です。

むそう塾の数ある単発講座の中でも、最も古くから開催されていて、風格すら感じさせる夏の必須講座です。
このとびきりの美味しさを多くの人に味わっていただきたいので、受講資格は「むそう塾のパスポート取得者」まで広げています。
この資格で受講できる講座は、他に「陰陽別お出汁の取り方と味噌汁大全講座」しかありません。
限られたチャンスを最大限にいかして、格調高い美味しさを我が家の味にしていただけたら嬉しいです。

*   *   *

【講座名】
「夏の特別料理講座 涼麺と賀茂茄子のピザ」

【開催日】
2019年8月2日(火)

【会場】
「むそう塾」京都市左京区孫橋町18

【内容】
<涼麺>
・中川式温泉玉子の作り方
・料亭を超える麺つゆの作り方
・冷麦の茹で方
・オクラ地漬けの作り方
・どんこ椎茸旨煮の作り方
<賀茂茄子のピザ>
<昼食>
(季節のおかず三種・玄米ご飯・お味噌汁・糠漬け)

【タイムテーブル】
11:00  開場
11:30〜12:15 昼食
12:30〜17:00 デモ&試食
17:00 記念撮影・解散

【定員】
8名

【受講資格】
むそう塾のパスポート取得者(飲食店・料理教室・セミナー関係者を除く)

【お子様】
会場が狭いため、申し訳ありませんがご同伴出来ません

【受講費】
54,000円(税込)

【受講費の支払期限】
仮受付メールが届いてから7日以内

【申し込み方法】
こちらの予約システムから 随時受付

【締切】
定員になり次第

【キャンセル料】
・入金前:0%
・開催日の15日前〜8日前:受講費の50%
・開催日の7日前〜当日:受講費の100%
(ご返金に伴う振込手数料はいただきません)

 
 

涼麺 マクロビオティック京料理教室 むそう塾
(涼麺 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

涼麺 マクロビオティック京料理教室 むそう塾 中川善博
(涼麺 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 


(賀茂茄子のピザ 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: 講座のご案内・連絡事項 | コメントする

ヨシヒロール・タピオカミルクティー・ビビンバ・テールスープ

タイトルにカタカナがずらりと並びました(笑)
これは最近食べた新しいお料理で美味しかったものです。

 
 

【ヨシヒロール】
スポンジ部分のしっとりさがたまらない。
甘すぎず油っぽくなく、朝から食べられてしまう軽さに驚く。

 
 

【タピオカミルクティー】
甘さはほんのりで、タピオカのグミ感が楽しい。
飲み物? 食べ物? という食感もよい。

 
 

【ビビンバ】麗可作
玄米ご飯とよく合う。
野菜たっぷりで食べやすい。
切り方がさすが。

 
 

【テールスープ】麗可作
これがまたすごくよい出来上がり!
お肉がとても美味しくて、ついつい一気飲みしたくなる。
これは講座にしてあげたいなあ。

 
 

<おまけ>
【上賀茂トマトとアサリのパスタ】
スープがめちゃくちゃ美味しい!
元気の出るパスタ。

 
 

ああ、美味しかった(๑´ڡ`๑)
ごちそうさまでした。

 
 


カテゴリー: 食べ物あれこれ | コメントする

育児が一段落した母親たちに、「親のエゴだったと思う育児」を調査したところ?

過去にある調査で次のような結果が出ました。
元記事は削除されてしまったのですが、誰しも身に覚えのある内容ではないでしょうか。

 
 

【育児が一段落した母親たちに、「親のエゴだったと思う育児」を調査した】

・1位:「勉強や受験をさせた」で、不登校になったという声もあがった
・2位:「習い事をさせた」
・3位:「親の感情で接してしまった」

 
 

私は子育てに正解はないと思っています。
置かれた環境の中で、精一杯育ててあげれば、それがベストなのではないでしょうか。

 
 

今の時代は子育て環境も、学校のあり方も、親の経済力も一昔前より複雑ですから、主人公は誰なのか?ということを考えて、後悔のない子育てをしたいものです。

 
 

(むそう塾生の赤ちゃん)

 
 

この笑顔を守ってあげられる世の中であってほしい。
心からそう思います。

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: 子育て・野口整体・アトピー, こころ・想い | 6件のコメント

ヨシヒロール

いつか塾生さんにも食べさせてあげたいな。

ヨシヒロール

 
 

(料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

中川さんの亡くなった奥様は、パティシエだったそうで、奥様が使われていた道具を今でも大事に使われているものがある。

 
 


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾, 料理人 中川善博の陰陽料理 | コメントする

「鱧の骨切り特訓講座」で感じたこと 改めて身震いする感動

昨日は「鱧の骨切り特訓講座」を開催しました。
時間がかかる内容のため、10時半には全員が集合してくれました。
それでも終了したのは20時半近くになって、皆さんがお疲れだったと思うのですが、なぜか全員が笑顔で楽しそうでした。
難しいことを覚えようとして、頑張っている姿が素敵で、さすが秘伝コース生だなあと感心しました。

一人で鱧をおろす本数は例年通り3本なのですが、今年は希望者が多かったため、交替でまな板を使うようにして、他の人の練習を観察する時間を設けました。
そのことが功を奏して、他の人から学んだり、順番待ちの間に骨で包丁使いを練習したり、時間を有効に使っていました。

そして、なんと!
全員がとても上手に鱧の棒寿司を作り上げたのです。
たった3本おろしただけで、こんなに上手にできるなんて、毎年そばで骨切り特訓を見てきた私としては驚きです。
鱧を無駄にしないために、中川さんが考え抜いた練習方法は、驚きの効果を上げてくれたのでした。

年々進化するむそう塾らしく、素人さんが京料理人でさえ難しいとされる鱧の骨切りに挑むなんて、頭がクラクラしてきますが、ちゃんと結果を出してくれる塾生さんがいることを、誇らしく思うのでした。
それにしても中川さんの指導力は凄いなあと思いました。
今年も身震いするほど感動した私です。
毎年撮りためた動画を塾生さんに何本も送って、私からも応援しているところです。

今年は19日にもう1回特訓講座があって、5人が挑戦することになっています。
どんな感動的な場面が展開されるでしょうか?
今から楽しみにしています。

棒寿司だけでなく、こんなお料理も楽しんでください。
美味しいですよ〜。

(鱧寿司 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

(鱧チリ 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

*   *   *

ところで、秘伝コース生ともなると、技術の細かいところを、感覚でも自分で掴み取ろうとする学び方が上手になってきます。
昨日は包丁が左手に当たる感覚を教えてほしいと、中川さんから実際に包丁を当ててもらっていました。
そうすると、ご自分で思っていたよりもっと手応えがあったようで、感動していました。(ウルウル)

 
 

この塾生さんは、満足コースでも熱心に桂剥きや刻みの練習をされていたからこそ、今あらためて猫の手に触れる包丁の感触を確かめて、はっきりと自分の目指すところが定まったのだと思います。
頑張って練習していたからこそ、味わえた感動だったのです。
彼女にとっても「刻み革命」が起きた一日だったようです。

こういうことは、教室で直に習って初めて得られる学びで、だからこそ京都まで通うことは大変貴重な機会なのです。
お料理には香りとか食感とか、何よりも大切な味があるので、やはり直に伝える必要があります。
オンラインであってもこればかりは伝えられません。

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ | 4件のコメント