私が玄米ごはんと和食をおすすめする理由 子育て中の食事のポイント 

【癖】

人間というものは誠に面白いもので、癖によって生きているといっても過言ではありません。
昔から「無くて七癖有って四十八癖」といいますから、もう癖の塊が人間だと思った方が現実的です。
しかし、その癖というのを、本人は案外知らないものです。
全部無意識で行われているからですね。

食事に対する癖もあります。
その「癖」の結果として偏りが出ると、本来持っているはずの体力が出なかったり、体調不良に陥ったりします。
それに精神面でのストレスなどが加わると、病気になったりしますから、癖といえども侮れません。

その「食べ癖」を見直したら、もっとあなたはパワーアップできますよ。

 
 

【朝食】

あなたは朝食を食べる派ですか? 食べない派ですか?
もしかしたらそれは癖ですか?
それで体調がよくて、仕事もバリバリできるならそれでよいのですが、そうでないならその癖を見直すのもアリです。
低体温だったり、寝起きがつらい人は、むしろ朝食を軽く摂った方がよかったりします。

また、肉体労働だったり、お昼ごはんが遅くなる人は、朝はしっかり摂った方がよいですね。
あ、授乳中のママもここに入ります。
育児は肉体労働なのです( ー`дー´)キリッ

 
 

【朝食の種類】

朝食は基本的に、その時の自分が食べたいものを食べるのでよいのですが、単純に洋食と和食に分かれますね。
これも癖だったりします。
育てられた環境を引きずっていることが多いです。

これもその人が元気にフル活動できる状態ならよいのですが、そうでないなら反対にしてみることをおススメします。
一般的に洋食は油分を使うことが多く、和食は油分は多くないのですが塩分が多めになります。
しかし、この塩分は体にとって必要なものなので、塩分を気にする人はそのお勉強から始めましょう。
減塩がよいと思い込まされていませんか?

 
 

【ごはんの種類】

ほとんどの人はごはんと言ったら白米を連想されるでしょう。
でも、健康に関心のある人は、分づき米だったり雑穀を混ぜたり、玄米を召し上がっているかもしれません。
私もこれらを全部経験しました。
その結果落ち着いたのは、玄米とたまに白米です。
基本は玄米ごはんなのですが、おかずによって白米を選ぶことがあります。

これは私が何十年も試してみて、体で感じ、塾生さんにも玄米や白米を召し上がってもらって、健康状態をチェックして到達した食べ方です。
玄米ごはんの方がやっぱり体力がつきます。
毎日の積み重ねが下半身を強くしてくれるのを実感します。

塾生さんの中には糖尿病患者さんもいますが、この食べ方で元気に働いてくれています。
玄米ごはんは食後の血糖値が急激に上がらないので、糖尿病の人には強い味方となってくれます。

 
 

【子育て中の食事】

子育て中は断然和食で育てることをお奨めします。
理由は簡単。和食は成長に必要な栄養素を摂りやすいからです。
栄養栄養と神経質になりすぎる必要はありませんが、子育て中は何かと忙しいし、お食事の準備も大変です。
ですから、食材の力に頼った方が育児がうまくまわります。

白米と玄米の栄養素の差は歴然としていますし、ごはんは加工がしやすいです。
つまり、ごはんはおにぎりにすればおやつにもなるし、炒飯にすれば1食まかなえます。
子育て中はこうして、ジャーにごはんがあるだけで救われるのです。
さらに、ごはんにはパンにない栄養素がいっぱいあります。

玄米ならミネラルや繊維質も豊富なので、もっと理想的です。
それだけ玄米には栄養分が多いので、おかずが少なくてもOKなのが嬉しいところです。
ミネラルは現代人が一番不足しているものですから、それを主食から補える玄米は最強ですね。

ということで、忙しい子育て中には、玄米ごはんを炊いて、お味噌汁とお漬物(できれば糠漬け)があれば7割完成です。
常備菜があれば、あと1品を作って百点満点!
これならなんとかなりそうだと思いませんか?

 
 

【和食のメリット】

なんといっても一番のメリットは、主食の概念があることです。
まずご飯で5割程度を摂り、その残りを植物性や動物性の割合を考えればOKなのですから。
その比率を崩すと偏りが出て、長い間には病気へと発展してしまうこともあります。

それから和食には水分が多く含まれていることです。
そもそも和食を料理するときには、蒸したり茹でたりする工程が多いので、出来上がりに水分が多いのも納得ですね。
またご飯もパンより多くの水分を含みます。
こういう点が食べやすさにもつながっていることに気づけたら、パンとのつき合い方も上手になると思います。

これは、お食事全般だけでなく、一日中にどんな水分を摂るかという問題とからめて、とても重要なことなのです。
お食事に水分が含まれていれば、別途飲み物を補う必要がありません。
しかし、パサパサのものばかり食べると、必然的に飲み物をほしくなります。
この飲み物が健康に与える影響はとても大きいのです。
ここまで考えて「何を食べるか?」を選択するようにしましょう。

 
 

【上級者】

むそう塾では上のような食べ方をマスターされた塾生さんには、パンの焼き方も教えています。
時々軽いものをほしい時がありますし、小さいときからパンに馴染んで育った人もいらっしゃるので、そういう人の食習慣も満たしてあげたいからです。

むそう塾で教えるパンは、市販のパンとは違って体の反応が驚くほどよくて、皆さんがビックリされます。
逆に言うと、市販のパンにはいかに色々なものが入っているかということですね。
食材の問題は本当に大きいです。

安心できるだけでなく、ものすごく美味しいパンが自分で焼けるようになって、和洋のお食事を自由に楽しめる食生活。
こんな暮らし方が素敵ですね。

 
 

【コロナに負けないために】

子育て中はなおのことですが、全世代を通じて貝類を摂るようにしましょう。
今はコロナ禍でもあり、マスクをしている人が多く見受けられます。
そうするとどうしても酸素不足になるのですが、鉄分が不足していると、体内で酸素を運搬する力が弱ってしまうため、免疫力も下がってしまいます。
子どもの場合は発育にも大きく影響します。

貝類には鉄分が豊富に含まれているので、毎日摂ってもよいくらいです。
ぜひ貝料理にも挑戦してみましょう。

 
 


(しじみのお味噌汁 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

【「玄米の炊き方秘伝講座(愛クラス)」のご案内】

玄米の炊き方をお教えする講座が、2021年7月25日(日)に開催されます。
詳しくはこちらの記事をごらんください。

 
 


カテゴリー: 玄米の炊き方講座, マクロビオティックの指導現場からシリーズ, 食べたもののようになる, 子育て・野口整体・アトピー, 新型コロナウイルス, からだ | コメントする

「中川式おでん講座」開催のお知らせ

むそう塾には以前、「煮物コース」といって、1年間煮物だけ習うコースがありました。
とても人気があって、よくもこんなに煮物があるものだと思うくらい、次から次と美味しい煮物が登場しました。
全部で35種類の煮物をお教えしたのです。

その内容の凄さに驚いて、年間のコースに通っている人が煮物も習いたいという声が上がりました。
でも、ダブル受講は日程の調整が厳しいという人もおられたので、分解して5つの「単発煮物講座」に組み替えました。
(5つの講座内容はこちらの記事から。)

その時に、時間がかるからと組み込まなかったものに「おでん」があったのです。
それをよ〜く覚えていらっしゃる塾生さんが、再開催のラブコールを送ってくれました。
ということで、2019年1月から開催していなかった「おでん講座」を開催します。
この講座では、おでん種としてロールキャベツも作りますので、おでん以外のお料理にも応用ができてお得です。

すでに受講してくださった皆さんが、「こんなに美味しいおでんは初めて!」と目を輝かせて、いっぱい召し上がってくれました。
それは、選びぬかれた16種類の種と出汁に秘密があるのです。
ご家庭でも大人気で、冬に欠かせないお料理として作ってくださっているのがとても嬉しいです。

なお、予め受講をご希望されていたのは次の方々ですが、他の方もお申し込みできます。
<ご希望者>
1 コロナさん(120-1)
2 takaさん(105-2)
3 てんこさん(27-9)
4 ペロリさん(12-10)

 
 

【講座名】
「中川式おでん講座」

【開催日】
2021年12月11日(

【会場】
「むそう塾」京都市左京区孫橋町18

【内容】
<下記メニューのデモ・試食>
・中川式おでん(16種類の種)
・焼きおにぎりのお茶漬け

<フォロー>
・iMessage
・お弁当投稿

<昼食>
デモで出来上がったお料理を試食

【タイムテーブル】
11:00     開場
11:30~17:00 デモ・試食
17:00     記念撮影・解散

【定員】
8名

【受講資格】
幸せコース在籍以上

【お子様】
会場が狭いため、申し訳ありませんがご同伴出来ません

【受講費】
55,000円(消費税込)

【受講費の支払期限】
講座開催日の1か月前まで

【申し込み方法】
こちらの予約システムから 随時受付

【締切】
定員になり次第

【キャンセル料】
・開催日の15日前〜8日前:受講費の50%
・開催日の7日前〜当日:受講費の100%
(ご返金に伴う振込手数料はいただきません)

 
 


(中川式おでん 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 


(ロールキャベツ 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 


(玄米の物相 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 


カテゴリー: 講座のご案内・連絡事項 | コメントする

「アジア料理講座 第5弾」開催のご案内

以前Twitterで、習いたいお料理のご希望を伺ったところ、中華メニューが多くありました。
それにお応えしているうちに、第6弾まで広がるほどメニューが増えました。
昨年も3回開催して大好評でした。

お料理名としてはお馴染みなのですが、外で食べるものより絶対美味しくなる方法が隠されています。
特にレバーは貧血気味の女性には絶対摂ってほしい食材の代表格ですが、臭いからイヤとか、美味しくなさそうだからイヤということで敬遠されがちです。

でも、中川さんはそれを「美味しい!」と思ってもらえる味にしてお伝えしますので、パワーのない人には是非召し上がってもらいたいです。
体力がつけばこなせることが増えるので、こういうお料理に助けてもらって処理能力をアップしましょう。

男性も大好きなお料理ですしね。
男性はやはり、スタミナがつきそうなお料理を自然に求める人が多いです。

あ、そうそう。
私のイチオシは「黒炒飯」です(^_-)-☆
毎日でも食べたくなる美味しさですよ。
そして、春雨サラダのさっぱり感も大好き!

なお、予め受講をご希望されていたのは次の方々です。
この他にご希望の方は追加開催になりますので、ご希望の旨をマクロ美風までお知らせください。
<ご希望者>
1 ゆこさん(90-2)
2 香さん(113-1)
3 yumiさん(111-1)
4 かがやきさん(94-3)
5 ミホさん(84-3)
6 コロナさん(120-1)
7 あっこさん(134-1)
8 みほさん(124-3)
9 彩生(あい)さん(116-1)

 
 

【講座名】
「アジア料理講座 第5弾」

【開催日】
2021年11月3日(

【会場】
「むそう塾」京都市左京区孫橋町18

【内容】
<下記メニューのデモ・実習・試食>
1 黒炒飯 実習
2 プルプル美肌スープ
3 レバニラ炒め
4 酢豚
5 春雨サラダ

<フォロー>
・iMessage
・お弁当投稿

<昼食>
デモで出来上がったお料理を試食

【タイムテーブル】
11:00     開場
11:30~17:00 デモ・試食
17:00     記念撮影・解散

【定員】
8名

【受講資格】
幸せコース在籍以上

【お子様】
会場が狭いため、申し訳ありませんがご同伴出来ません

【受講費】
55,000円(消費税込)

【受講費の支払期限】
講座開催日の1か月前まで

【申し込み方法】
こちらの予約システムから 随時受付

【締切】
定員になり次第

【キャンセル料】
・開催日の15日前〜8日前:受講費の50%
・開催日の7日前〜当日:受講費の100%
(ご返金に伴う振込手数料はいただきません)

 
 


(黒炒飯 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


(中川式ニラレバ炒め 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 


カテゴリー: 講座のご案内・連絡事項 | コメントする

「牡蠣(かき)料理五種講座」開催のご案内

すでに10回も開催した「牡蠣(かき)料理五種」講座は、多くの皆様に大絶賛していただいた上に、体調が良くなってビックリしたという声がたくさん寄せられました。
特に女性は貧血になりやすいので、この牡蠣料理が造血作用を発揮してくれて、血液の質によってこんなにも体調が変わるのかと驚かれていました。
マクロビオティックでもミネラルの重要性を伝えているのですが、こうして体験として実感していただけると納得してくれるのです。

一般的なお料理の仕方では、牡蠣が嫌いという人がとても多いのですが、中川式の牡蠣料理は、牡蠣嫌いの人でも「美味しい!」と言って喜んで召し上がってくれました。
その秘密はすべて料理方法にあります。
陰陽を踏まえた正しい牡蠣の下処理の仕方から、毎日でも食べたくなる美味しい牡蠣料理を伝授しますので、まだ受講されていない方は、ぜひ早目の受講をお勧めします。
牡蠣効果の恩恵を少しでも早く受けるために。

すでに受講された人から「すっごく美味しかったよ〜!」「私でも美味しく作れたよ〜♪」とご感想が寄せられています。
牡蠣が苦手の人でも「美味しい!」といって、ペロリと召し上がる光景は、毎回凄いなぁと感心するのですが、今年もあちこちでそういう光景が展開されると思います。

なお、予め受講をご希望されていたのは次の方々ですが、この他の方もお申し込みできます。
<ご希望者>
1 コロナさん(120-1)
2 あっこさん(134-1)
3 つむぎさん(31-1)

 
 

【講座名】
「牡蠣(かき)料理五種講座」

【開催日】
2021年10月31日(

【会場】
むそう塾(京都市左京区孫橋町18)

【内容】
<下記メニューのデモと試食>
1 牡蠣ご飯
2 牡蠣フライ
3 牡蠣パスタ(別名  女殺しのパスタ)
4 牡蠣のエスカルゴ風
5 牡蠣のクリームシチュー

<フォロー>
・iMessage
・お弁当投稿

<昼食>
デモで出来上がったお料理を試食

【タイムテーブル】
11:00      開場
11:30~17:00 デモ&試食
17:00      解散

【定員】
8名

【受講資格】
幸せコース在籍以上(2021年度幸せコース申込者もOK)

【お子様】
会場が狭いため、申し訳ありませんがご同伴出来ません

【受講費】
50,000円(消費税別)

【受講費の支払期限】
開催日の1か月前まで

【申し込み方法】
こちらの予約システムから 随時受付

【締切】
定員になり次第

【キャンセル料】
・開催日の15日前〜8日前:受講費の50%
・開催日の7日前〜当日:受講費の100%
(ご返金に伴う振込手数料はいただきません)

 
 

(牡蠣のパスタ 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

このパスタは、私が別名「女殺しのパスタ」と命名しました(笑)
あまりにもスープが美味しくて、お皿を舐めたくなるほどだからです。

 
 


カテゴリー: 講座のご案内・連絡事項 | コメントする

「イタリアン ベーシック講座 第1弾」開催のお知らせ

昨年「イタリアン ベーシック講座 第1弾」を3回開催したところ、すべて満席で大好評でした。
特にアクアパッツァの美味しそうな写真や動画が流れて、受講せずに失敗した〜と思われた塾生さんが多かったらしく、再開催のご要望をいただきました。

授業では甘鯛を使ったのですが、他のお魚に置き換えることもできますし、鱧のアクアパッツァは最高に美味しくて、とてもオススメです。
秘伝コースで鱧の骨切りを習った人もおられますから、鱧納めの前に鱧でアクアパッツァができるといいですね。
サクサクとすぐ用意ができて、お料理担当の人も一緒に楽しめる豪華で嬉しいお料理です。

昨年は「自由人コース1」でピザを作ったり、7月には生パスタを教えたりしましたが、試作段階から中川さんはとても楽しそうでした。
ハードな日程の中での試作なのに、なぜそんなに楽しそうなのか訊いてみると、「より美味しく! より健康的に!にするための研究が楽しい♪」そうなのです。

そして、それを習ってくれた塾生さんやご家族の皆さんが喜んで召し上がってくれる現実が、とても嬉しいそうなのです。
そんな楽しい氣も一緒にお伝えしますので、どうぞお楽しみに!

なお、予め受講をご希望されていたのは次の方々ですが、この他の方もお申し込みできます。
実習の関係上8名が定員となっておりますので、開催日を2回に分けました。
ご都合の良い方を選んでお申し込みください。

<ご希望者>
1 きよさん(115-2)
2 ともちんさん(102-3)
3 つむぎさん(31-1)
4 みほさん(124-3)
5 ゆこさん(90-2)
6 香さん(113-1)
7 かがやきさん(94-3)
8 さなえさん(98-1)
9 あっこさん(134-1)
10 PICOさん(130-1)

 
 

【講座名】
「イタリアン ベーシック講座 第1弾」

【開催日】
・2021年10月29日(金)
・2021年10月30日(

【会場】
「むそう塾」京都市左京区孫橋町18

【内容】
<下記メニューのデモ&実習&試食>
1 スパゲッティ・ナポリタン 実習
2 スパゲッティ・ミートソース
3 アクアパッツァ
4 残り福パスタ
5 レモンゼリー

<フォロー>
・iMessage
・お弁当投稿

<昼食>
デモで出来上がったお料理を試食

【タイムテーブル】
11:00     開場
11:30~17:00 デモ・実習・試食
17:00     記念撮影・解散

【定員】
8名

【受講資格】
幸せコース在籍以上

【お子様】
会場が狭いため、申し訳ありませんがご同伴出来ません

【受講費】
55,000円(消費税込)

【受講費の支払期限】
講座開催日の1か月前まで

【申し込み方法】
こちらの予約システムから 随時受付

【締切】
定員になり次第

【キャンセル料】
・開催日の15日前〜8日前:受講費の50%
・開催日の7日前〜当日:受講費の100%
(ご返金に伴う振込手数料はいただきません)

 
 


(アクアパッツァ 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 


カテゴリー: 講座のご案内・連絡事項 | コメントする