お料理が上手になると人間関係が驚くほどスムーズになる

食べることは好きでも、お料理が苦手という人はいっぱいいますね。
そういう人は、今回の新型コロナによる自粛期間中、とてもつらくて不便な思いをされたと思います。

いえね、お料理の好きな人だって、来る日も来る日も3食を作るのは容易なことではありません。
家で作るためには、食材の買い出しから後片付けまで、時間も労力も必要とされるからです。

家庭でのお料理は、ともすると義務のようになってしまって楽しさがなくなってしまうことが多いです。
そのうえ、出来上がったお料理がまずかったら、もう最悪ですよね・・・。

ですから、せめて出来上がったお料理が「美味しい!」と喜べるレベルで、作ることが楽しいと思えるようになったら、事情は一変します。

 
 

【先輩のお弁当投稿】

むそう塾には、お料理の苦手な人がいっぱい集まっています(笑)
時々お料理の好きな人が来られるのですが、そういう人はプロのレベルの技術や美味しさに目を輝かせて、楽しそうにお料理をされています。

昨年の記事に、お料理が苦手だったきよさんのお弁当を取り上げたものがあります。
お料理が苦手だったからお弁当投稿を続けた塾生さんの歩み 2019.10.19

お弁当投稿者の成長をピックアップした記事もあります。
<ビフォー&アフターの記事一覧>
京料理人が毎日指導するお弁当投稿のビフォー&アフター(1)
京料理人が毎日指導するお弁当投稿のビフォー&アフター(2)
京料理人が毎日指導するお弁当投稿のビフォー&アフター(3)
京料理人が毎日指導するお弁当投稿のビフォー&アフター(4)
京料理人が毎日指導するお弁当投稿のビフォー&アフター(5)
京料理人が毎日指導するお弁当投稿のビフォー&アフター(6)
お弁当投稿のビフォー&アフター(番外編) みんな最初は下手だったのです

 
 

【具体的な行動をとると変化が始まる】

ただなんとなく「お料理が出来るようになりたい」とか、「お料理が上手になりたい」と思っているだけでは、現実は変わりません。
一念発起するか、行動を起こすか、とにかく「なんとなく から 具体的に」的を絞ると変化し始めます。

まだむそう塾にご縁がない人は、一度むそう塾にいらして、「本物の美味しさ」を味わってください。
目の前に目指す美味しさがあると、人はやる気が出てきますし、それを誰かに評価してもらえたら、俄然楽しくなってきます。

お料理は案外、楽しいきっかけ、嬉しいきっかけ、美味しい体験から始まるものです。
そんな体験をできるのが、むそう塾の入門講座である「愛クラス」です。

 
 

【お弁当投稿のススメ】

むそう塾生なら、お弁当投稿を始めるのが一番近道だと思います。
まずはデビューすること。
そこに少しの勇気が必要でしょうが、日々添削されて正解を知ることができる効果は、あなたが思っている以上に上達します。

客観的に自分を評価してもらうと驚くほど伸びますので、お弁当投稿で成長を楽しみましょう。
それは料理技術の成長であったり、写真技術の成長であったり、健康的な生活の充実だったりしますが、一番嬉しいのでは「人間関係のよさ」かもしれません。

「美味しいお料理」は、それほど人の心を解きほぐしてくれます。

 
 

(粟麩旨煮 三度豆煮浸し 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

むそう塾生に大人気の粟麩です。

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
むそう塾が教えている陰陽料理名一覧
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロビオティック料理教室 むそう塾 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です