毒消しを意識した食べ方があなたを救う

先日本屋さんに行ったとき、健康関連の本の多さにビックリしました。
どんどんその種類は増え続け、怪しいものまで並んでいます(笑)
ふと後ろを振り向くと、うずくまって本を読んでいる人がいました。
真剣に読んでいたので、きっとご自身か身内の人が病気になられたのだと思います。
そこは癌に関する本が並んでいるところだったので、もしかしたら癌かもしれません。
本当に癌になる人が多いですね。

かくいう私だって、体の中で癌細胞が作られているかもしれません。
電磁波の影響もいっぱい受けていますしね。
もう体が電磁波の影響を受けていることを知らせてくれています。
それで、それに対処した方法もとっているところです。
違いますね。
はっきりと変化が出て、体って本当に凄いな、体って凄く正直だなって思います。

健康雑誌があれほど並ぶということは、それを買う人がいるということで、それは病院の待合室にも似ているかと思います。
大病院の待合室には「こんなにも具合の悪い人がいるのか!」とビックリするほど多くの人が溢れていて、以前付き添いで病院に同行したときにクラクラするほど衝撃的でした。

しかし体はとても良くできていて、自分の健康は自分でまかなえるようになっているのですが、何らかの理由でそのシステムがうまく機能しないときがあります。
その理由はいくつもあるのですが、ストレスと食べ誤りが大きく影響していると思います。
その積み重ねが癌を誘発することもあるでしょうから、心身両面でそのことを意識して、自分にできることを増やしておかれるのが良いと思います。

自分にできることの筆頭は断トツでお食事の改善です。
あなたが口にするものは、すべてあなたが決断した結果なのですから。
その口にした食べ物があなたの血液をつくって、細胞もつくって、肉体だけでなく精神面まで影響を及ぼすのです。
そのことを60年以上前に説いたのがマクロビオティックの考え方ですが、この考え方と同じようなことが今ではあちこちで発信されるようになりました。
これらのベースは東洋医学にありますので、西洋医学一辺倒ではない空気が漂い始めたということですね。

*   *   *

ところで、マクロビオティックは食べ物の力を重視しますが、その中でも私が大事にしているのが「毒消し」です。
毒消しの方法や食材はたくさんありますし、昔から伝えられてきた方法が案外マクロビオティックの陰陽から考えても納得できるものが多いです。
普通のお食事をされている方でも、この毒消しを意識して召し上がるだけで、驚くほど体調は変化して来ます。
過去記事もリンクしておきますので、ご参考になさってください。

「毒消しの考え方や方法および注意点のまとめ」


%e8%9b%b8%e3%81%ae%e6%9f%94%e3%82%89%e3%81%8b%e7%85%ae%e3%80%80%e3%83%9e%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%93%e3%82%aa%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e4%ba%ac%e6%96%99%e7%90%86%e6%95%99%e5%ae%a4%e3%80%80

(煮物コースより蛸のやわらか煮 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

このお料理の主役は蛸ですが、後ろにひっそりと鎮座している大根がとても良い仕事をしているのです。
大根なくしてこのお料理はありえないほどです。
これからの季節は大根が美味しくなりますが、動物性を多く召し上がっている人は、毎日何らかの形で大根を召し上がってください。
大根は毒消しの筆頭ですが、長時間加熱するとビタミンCとしての効果も薄れますので、酵素を期待したい人はなるべく生の状態でいただきましょう。
陰性の人は摂りすぎないように。

*   *   *

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾 パーマリンク

コメント

  1. くまもとかおり のコメント:
    拝読しました。もし差し支えなかたら、どういう電磁波の対処方法をとっていらっしゃるかお聞きしてもいいですか?ちょうど、電磁波対策って日常生活の中でどんな事ができるか気になっていたところでした。
    • マクロ美風 のコメント:
      くまもとかおりさん、初めまして。
      コメントをありがとうございます。

      私は移動が多いので、家の中で施す対策だけでは不完全ですし、現実的でもありません。
      それでボディカードをポケットに入れています。
      どの会社の商品かもご紹介した方が親切なのでしょうが、個人差があるかもしれませんし、その効果がどの程度持続するかもまだ実験中なので、安易なご紹介はしない方が良いと思います。
      したがって、商品名は差し控えますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です