京料理人中川善博のお弁当とパウンドケーキの想い出から

「マクロビオティック京料理教室 むそう塾」のサイトに、「中川善博から娘へのお弁当」として、「今日の弁当」コーナーがあります。
ここには、中川さんがお嬢さんに作ったお弁当の数々を載せているのですが、この記事は元々中川さんがブログに掲載していたものでした。

当時、中川さんのお料理ファンだった人は、このお弁当に魅了されていたものです。
このお弁当が朝の忙しい時間に、お嬢さんが起きてくる前に詰められ、お嬢さんの朝ごはんはこれとはまったく別のものを召し上がっていたと知って、二度ビックリしたものです。

お嬢さんに「行ってらっしゃい」と言ってから、バイクに乗って職場に向かう時には、キッチンは綺麗に洗い物も済んでいたのだとか。
お母さんへのお食事も作って、さぞかし「主夫 中川善博」は忙しかったことでしょう。
でも、単なる京料理人だけではなく、家庭のお料理を作って子育てと母親の介護食を作った経験が、むそう塾では今まさに役立っています。

さらに、京料理の世界にとどまるだけはでなく、イタリアンメニューを6年半も開発した経験は、驚くほど美味しいイタリア料理となって、むそう塾の人気メニューにもなっています。
まだまだお伝えしていないメニューがあるそうなので、環境が調ったらそれらをご紹介できるチャンスが来るといいなと思っています。

*   *   *

さてさて、昨日はパウンドケーキ特集の記事を3つアップしましたが、なぜ2019年の写真がないかというと、それは中川さんがブログに載せずに、Instagramにアップしてしまうからです。
iPhoneからピュッとアップできるのが性に合っているらしいです(笑)

今回私がパウンドケーキの写真を集めるにあたって、過去記事のコメントまで読まなければケーキの名前が判らないものがいくつもありました。
それらを読んでいると、いかに中川さんがお嬢さんのためにせっせとお料理を作っていたかが伝わってきます。

さらに、当時は病気療養中だったお母様を、定期的に京大病院に連れて行って、一日がかりの介護をしながらケーキを焼いていたり、ポロッと涙がこぼれる場面もありました。
1本1本のパウンドケーキに込められた想いは、中川善博の人生の想い出そのものです。

つらかった過去を振り返りたくない時もあったでしょうが、今はむそう塾ベビーの可愛いお顔を思い浮かべながら、パウンドケーキの試作を繰り返していることでしょう。

人生に無駄なことはない。
私はいつもそう思っています。
どん底であっても、マイナスの時期であっても、その経験は必ず将来役に立つときがきます。
いや、役立つような生き方が出来るようになります。

そんなことをつらつらと想いながら、中川さんの家族愛を感じたことでした。

 
 

京料理人 中川善博の焼いたパウンドケーキ大集合(1)
京料理人 中川善博の焼いたパウンドケーキ大集合(2)
京料理人 中川善博の焼いたパウンドケーキ大集合(3)

 
 

(中川善博から娘へのお弁当)

 
 

これから、パウンドケーキの写真にリンク付けの作業をします。
気になるケーキがあったら、ピッとリンク先に飛んでみてください。
もう14年位前の記事ですが、TwitterもFacebookもInstagramもなかった頃の、ブログの時代が覗けます。

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: お弁当の想い出, マクロビオティック料理教室 むそう塾, 食べ物あれこれ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です