アメリカの小麦戦略体験記 マクロ美風の場合

昨日は「なぜむそう塾では小麦粉料理を教えるのか?」という記事を書きました。

まずは、その背景の一つを過去記事からご紹介しましょう。
食生活欧米化の真の原因 2006.1.5

それから次は、実際にむそう塾生が体験した記事です。
体験報告 『アメリカ小麦戦略』と日本人の食生活 2016.9.19

 
 

【小麦戦略の体験記憶 マクロ美風の場合】

昭和30年代というのは私の小学生時代だったのですが、北海道の片田舎までこの「アメリカの小麦戦略」は浸透してきて、私の実家にも「栄養改善普及員」が講習にやってきました。

私の実家には20人ほどの主婦が集まり、実家のキッチンを使ってお料理講習がされました。
確かにフライパン料理もありました。
そして母は、習ったお料理を作ってくれたのですが、子どもたちは食べ慣れないお料理より、母の今までのお料理がいいと言った記憶があります。

さらに、私が通う小学校でも、保護者を相手にしたお料理講習会があって、好奇心が旺盛な私はこっそり大人に混じって見学していました。
その時初めてスポンジケーキを作る経験をして、お料理の楽しさを知ったのです。

そして、中学生の頃は、夜中にドーナッツを揚げたりして、すっかり小麦粉料理を楽しんでいました。
もちろん、給食はコッペパンと脱脂粉乳の時代でしたから、いち早く食生活の欧米化の洗礼を受けるはずでした。

しかし、母がそれまでの手料理を欠かさず作り続けてくれたため、子どもたちは全員和食好きのまま大人になって今に至ります。
今でも米飯が大好きで、パンはおやつの域を出ません。

 
 

【まずは腸をしっかりさせておくこと】

私は小麦粉製品をすべてダメだというつもりはありません。
その前に、小麦粉製品を摂っても大丈夫な腸になっていますか?という問題があります。

腸がしっかりしていれば、小麦粉製品が少しくらい入っても平気だからです。
現代人で小麦粉を避けなければ体調が悪くなる人は、お料理の品質に問題がなければ、ご自分の腸に問題があると考えた方がいいです。

毎日パンを食べているのでは?
毎日お菓子を食べているのでは?
小麦粉の毒消しになる食材を摂っていないのでは?

ごはんとお味噌汁とお漬物を食生活の中心に据えていますか?
ここがしっかりしていたら大丈夫です。
軽さをほしいときに、パンやパスタは嬉しいお料理です。

いつでもパンやパスタを楽しめる腸にしておきましょう。

 
 

(パンの授業から マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
むそう塾が教えている陰陽料理名一覧
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: からだ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です