はじめとおわり

365日は単なる365日ではなく、それぞれの日に意味があります。
その意味を解って生きるのと、単純に暮らすのとでは、精神面に違いが出てきます。
日本人は元来、そういうことを意識して暮らしていたのですが、明治からそういうものが追いやられてしまいました。
ですから、旧暦でものを考えて暮らしに役立てることを、むそう塾ではおすすめしています。

月の初めに気持ちを引き締めて、充実した時間を送って、月の終わりを迎えるという気持ちの区切りは、細かく言うと一日にも当てはまります。
それゆえ、朝から氣を悪くするようなことを避けて、無事に夜を迎えるのです。
ちょっとしたことですが、これを意識しているとけじめがついて良いものです。

さて、昨日は11月1日ということで、月の始まりを意識した塾生さんが、素晴らしいお弁当をたくさん投稿してくれました。
いつもは「塾生のきょうの100点お弁当」コーナーでお一人を選ぶのですが、昨日は秀作揃いだったことと、11月1日という特別な日だったこともあって、「文句なし100!」をゲットできた10名全員を選びました。

いつもの10倍の手間をかけて記事を書きましたので、どうぞご覧ください。
京料理人指導のマクロビオティックお弁当1587 まい・朝・舞・おはる・つむぎ・さなえ・キラキラ・好・きよ・じゅんじゅんさん 2019.11.1

皆さんよく頑張りました!
惜しくももれた方は、30日に頑張って素敵なお弁当を作りましょう。
たかがお弁当、されどお弁当なのです。

 
 


(マクロビオティック京料理教室 むそう塾 朝さんのお弁当)

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロビオティック料理教室 むそう塾, 食べたもののようになる パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です