桂剥き投稿2018  Fuさん(37-7)



包丁を砥石に押し付けて前後させていますので、もっと浮かせて砥ましょう。
残酷な音がしています。
水や泥には触れても良いですが砥石には触れないようにしましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント

桂剥き投稿2018  Niさん(117-3)



包丁砥ぎは片面の動画しかありませんでしたが、両面砥いでくださいね。

刃先が砥石の表面から浮いてしまってますね。これは包丁砥ぎにはなっていないのです。
おそらく切れ味が悪くなっていると思います。 刻みの音を聞いてもスパッと切れている音がしていません。
剥きは親指が尺取り虫になって親指と人差し指の股がゆるく、合谷の筋肉が使えていないので大根に対して包丁をまっすぐ面圧が当てられない状態です。 ですから結果として芯がパイロンや逆パイロンになるのです。チョークや象牙の印鑑のような芯がのこるのが理想です。


カテゴリー: 桂剥き道 | コメントする

桂剥き投稿2018  Urさん(110-1)



ここに来てついにあなたの才能が開花し始めましたね 均一に剥けたロールの美しさに見とれますね。 しかし進化がおそいw  このまま猛練習をしてください。
マッチ棒の半分の厚さに剥いてマッチ棒の半分の幅に刻む に到達して横ケンやぴら〜んにチャレンジしてほしいです。
包丁の握りが深いのでもうすこし懐を確保して剥きましょう。尺取り虫が減ります。
この画像は見たことありますね? 他の方への指導も見ましょうね。 宝の山なのです。
美しいですねぇ


カテゴリー: 桂剥き道 | コメントする

桂剥き投稿2018  Taさん(113-2)



残った芯をみても判るように左手まで力んでいます。その現れが真ん中に入った太い横線です 親指でぐいっと圧をかけた大根の細胞が潰れて透明になっているのです。
ここは横ケンにしても水を吸収できずにぱりっとしたケンにはなりません。
横線も縦線もいかないように剥くのです。
もうあと数日しか無くて焦っているのが動画からも判ります。 そんなことは1月が始まる前からわかっていましたね。ですからスタートダッシュが必要だったのです。
あと数日、もう時間がないから焦って緊張しますよね。 そこで潰れるか、今まで以上の結果を出せるかで大きくあなたの成長に違いが出ます。 とかく日本人は緊張すると本来の実力が出ずに終わってしまいます。オリンピックや国際競技をみていても判りますね。緊張感に潰されやすいのです。 欧米の選手はここ一番で実力以上の結果を出してきます。 この差は何から来るのでしょう? そしてどうすれば克服できるのでしょう?
Botでも言いましたが、 100%のちからを緊張しながら出すには、緊張しながら150%の練習をするしか無いのです。


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント

桂剥き投稿2018  Saさん(115-2)



ここにきてすこし乱れてきていますね。
力みが原因なのですが、力んでいても薄く均一に剥くことは可能です。
なぜできないか? それはひとえに面圧のON-OFFが生じているからです。
力みながらもずっと面圧を当て続けていれば縦線ができにくく、ぴら〜〜んももっと両手を伸ばした長さに広げてもプツッと切れません。
今更力むなと言ってもあなたは力むのですから、面圧のON-OFFをなくすことに尽力しましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント