桂剥き投稿2018  Waさん(111-3)



赤ペンは上手です。 包丁砥ぎも上手ですが裏面(左面)しか動画で見ていないような気がします。 両面とも撮影しましょう。 もっと音が静かになるように砥ぎましょう。
桂剥きは右手に力が入りすぎです。 こんなに力を込めていると注ぎの段階指導にはいれませんので力みを抜いてください。
刻みが上手になってきました。 リズミカルに同じ幅にきざむ練習をしましょう

包丁砥ぎの時の刃と砥石の角度が間違っていますね。10円玉の隙間が確保できていないので傷がどんどん広がっています。 画像に線で示しておきます。
赤い矢印の幅しか砥石に触れないように。 寝かせ過ぎですね。


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント

桂剥き投稿2018  Taさん(113-2)



Air桂剥きがじっくりじわーっと進められていて良いですね。 同じ間合いで大根も剥けそうです。
大根になると右手で左に剥きすすんでいます。 怪我をするのですぐに直してください。
剥くときの包丁の持ち方が違いますね。 刻みの持ち方から「包丁だけを」90度回転させるとお教えしましたね。 あなたのは違って、包丁ごと90度手をひねって剥いています。 よーく手本と見比べてください。  これが左に剥きすすんでしまう原因です。
刻みは上手です、手首が柔らかいのであなたは刻み名人になれますね。
包丁砥ぎは基本的な動きはできています。 しかしまだまだ刃を押さえつけすぎです。
もっとかすかな音にしてください。 泥に触れても砥石に触れない。 これです。

上手に撮影できています。 断面にピントが合っていますね。
この断面が同じサイスの断面正方形にそろうようになりましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント

桂剥き投稿2018  Urさん(110-1)



すこし調理台が高すぎるようです。厚い底の部屋履きを履きましょう。
赤ペンが前後に倒れているので垂直を保てるように。
砥石に刃を押し付けて前後にこすりつけているので残酷な音がしています。
砥石に刃が触れないように砥ぐのです。 触れてはいけません。
大根が食い込んで刃が止まってしまうのは右手で左に剥きすすもうとするからです。
刃はその場で上下させるだけ。左手でその刃に向けて大根を送り込むのです。
刻みもまな板が高すぎますので自分を上げるかまな板を下げるのです。
厚い底のスリッパにしましょう。
もっと上手になれます。


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント

桂剥き投稿2018  Isさん(116-3) iPhone8Plus購入記付き



youtubeへのアップロードのあまりの遅さに参って、思い切ってiPhone8Plusプロダクトレッド大容量モデルを入手されました。 素晴らしい!拍手!
家庭の回線環境は変わっていないのにアップロードが激速くなったそうです。
アップロードにもたついて辟易としている方がおられましたら参考にしましょう。
その真紅のiPhone8Plusからの初投稿です。

お、赤ペン上手いなぁと思っていたらやはり、包丁砥ぎも上手です。
残酷な擦過音がしていませんね。 たまに包丁が寝すぎて泥に刃先が触れずに胴体の小傷を増やしているだけのときがありますので角度に注意しましょう。

Air桂剥きは形はできています。 力んで定規を上げるとき(親指を下げるとき)に、缶が前方に倒れる癖があります。これがあるとリアル大根のときに下側が厚く剥けて刃がすすまなくなりますので怪我をします。
視線に常に直角に大根を据えて回転させましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント

桂剥き投稿2018  Fuさん(37-7)



「送る!」のときに指では送れていますが手首がロックされています、指で送る&手首で送るのハイブリッドでなければスムーズにたっぷり送れないので手首の力みを取りましょう。
大根は送る上げるが速いです。 ズッズッと上げずにじわーーーーーーーと上げてじわーーーーーと送りましょう。
刻みは美しく刻めています。
砥ぎはもっともっと静音に。 iPhoneのマイクは集音性能が良いので大きく音を拾いますがこれは大きすぎます。 なめらかな泥の上を行き来する音が出るように。
擦過音がなくなるようになりましょう。
どんどん練習してください。

ついに逆パイロンを克服しましたね 美しい見本のような芯が残りました。
すばらしい。


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント