黒髪よさようなら 胡麻塩(白髪)さんこんにちは

私は39歳(数え40歳)の時に初めて出産して、授乳中に次々と白髪を発見して驚いた。
行きつけの美容院で、「赤ちゃんを産んでから白髪が出てきましたね」と言われ、出産がどれほど母体の体力を奪うものかを思い知った。
猫も出産をすると毛並みの美しさが半減するというし、やはり出産は母体に負担をかけるものだと思う。

そんな私でも若い時には、まだ若さという体力があったから、お産を終えて病院から帰ったらすぐ台所に立ったり家事をしてしまった。
でも、後になるとやはりそれはしない方が良かったなと思った。
人手がなかったので、動いてしまったけれど・・・。

息子が小学4年生のころ、ついに私は髪を染めた。
授業参観日に一人だけ白髪頭のお母さんは可哀想だと思って。
当時はヘアマニュキアで済んでいたけれど、何年か経って本染めに移行した。

染料は入手出来るものの中で最良のものを選んで来たけれど、それでも体にとって異物であることに変わりはない。
経皮毒の問題もある。

最近、ふと、もう白髪頭になってもいいかなと思うようになった。
しかし、周りの男性陣は「えーっ!」と言う(笑)
もうこんな歳なのに(苦笑)

真っ白になってしまうと、それはそれで美しいのだけど、その途中のごま塩状態を素敵に通過する自信がない。
でも、そろそろ体への負担も考えてやらないとね。

*   *   *

私が独身の頃観た映画で「男はつらいよ  寅次郎夕焼け小焼け」というのがあった。
その中で女優の岡田嘉子さんの白髪が美しくて、私もその年齢になったら白い頭でいようと思ったものだ。



(故 岡田嘉子さん)

しかし、白髪で素敵な人になるためには、黒髪のとき以上にその人の内面が問われる。
女優さんで白髪の人が増えて来たけれど、それは元々綺麗な人たちだし、生き方も私なんかとレベルが違うから、そういう人の頭を見て憧れてはいけない。
一歩間違うと、胡麻塩頭で生活に疲れたお婆さんになってしまうから危険だ。

マクロビオティックを知っていると、自然体で生きたいと強く思うようになる。
だから、農業を目指す人も多い。
私は縁あって、京都に部屋を借りて、京都滞在の時間が埼玉にいるより長くなった。
今も東山の方向から吹く風や虫の鳴き声に癒やされながら、どんどん自然志向が強まっている。

せっかくマクロビオティックに出会ったのだから、本当の髪の自分と暮らしたいなと思うようになってきた。
でも、息子は大反対をする。
いつまでも黒い髪でいてほしいらしい(笑)

でもね、望診のこともあるし、そろそろ私は自分を実験台にして腎臓や肝臓と向き合ってみたいと思うようになった。
白髪を染めるのをやめて、髪を切ってみようと思う。
いよいよ内面勝負だ。

さあ、新しい自分になろう!




黒髪姿の最後の記念に1枚残しておこう。
大好きな瓢亭さんの前で。


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床受付方法のご連絡(2017年度の場合)
中川式糠漬け(じゃい安)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材


カテゴリー: 京都やマクロビオティックのことなど パーマリンク

コメント

  1. 85-3 のコメント:
    美風さん、カッコイイ!です!
    • マクロ美風 のコメント:
      85-3さん、こんにちは。

      あら、そうですか?
      カッコよくなれるように工夫してみます。
  2. かよ のコメント:
    美風さん

    こんばんは。
    記事を拝見してドキッとしました。
    私も一年前から急に目立つようになりお手入れしているのですが、あまり頻繁に染めたくないし、かといって、分け目を変えるとびっくりするような状態で、少しでも改善するために食べ物、食べ方の相談をしようか悩んでいた所でした。

    最近は疲れて見えるからと友人にアドバイスされ、ヘアスタイルを少し変えたりと、まだまだ表面的な所で彷徨っています。

    美風さんは、お忙しくてもまめに美容院にいかれたり、いつも巻いて綺麗にされている位、ヘアスタイルに拘りを持っていらっしゃるので、今回の新しい方向性に同じ女性としてハッと思うところがあります。

    自然体でいながら、清潔感や身綺麗さを保つことは本当に難しいですし、内面から滲み出る品格が問われることも良く分かります。

    年齢を重ねることが楽しみになるような素敵な女性像をいつも示して頂き、ありがとうございます。
    • マクロ美風 のコメント:
      かよちゃん、おはようございます。

      食べ方でコレッというのはありませんね〜。
      あったら私が実行していますって(笑)
      白髪対策の食べ方やお手当を習いましたが、理論優先のような気がするし、お手当は現実にはやりにくいし、そんなことに時間を消費するのは虚しいような気がするのです。

      かよちゃんはまだお若いから、お仕事が定年になるまで染められるのも良いかもしれません。
      スタイルも抜群に良いので、まだまだお若い生き方を楽しまれたら良いと思います。
      • かよ のコメント:
        お返事ありがとうございます。
        確かに食べ方で改善するなら、美風さんが実践してますよね。。

        今日のブログでも書かれていましたが、男性陣には不評なのですね〜
        わかる気がします。

        私も家で、さっきから気になって仕方ないから抜いていい?と言われたりします(笑)

        身だしなみは、周りの人のため、と言うのもやっぱり大きいのですね。
        歳を重ねると、色々とコントロールが難しくなりますが、前向きに捉えて今の自分に合った外見を模索してみます。
        • マクロ美風 のコメント:
          かよちゃん、こんばんは。

          ご主人様のお気持ちがわかるな〜。
          だって、◯◯なんだから、かよちゃんにはより美しくいてほしいのよ(^^)
          男性の永遠の願望ね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です