玄米ご飯の概念をくつがえす玄米ご飯 塾生さんの投稿より

先日開催した「中川式小豆玄米ご飯の炊き方秘伝講座」を受講された“めぐ”さんから、玄米投稿がありました。
そこに書かれていた表現が素敵だったので、こちらでも記事にしておきます。

 
 

<めぐさんの投稿文より> 抜粋

炊き上がりは今までの小豆玄米ご飯よりも明らかに柔らかく、炊き立ては特に!おぉ!!と感動しました。
こんなに皮感なく炊けて驚きです。
白米レベルに柔らかい玄米ご飯に出合えて幸せです。
玄米ご飯とは多少は固いものだという概念を覆す食感でした。
ありがとうございました。

 
 


(小豆玄米ご飯 料理:めぐさん マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

<マクロ美風より>
上手に炊けましたねぇ。
あなたのおっとりしたところがご飯にも表れているような気がします。
幸せコースのときからきちんと復習投稿をされていたので、お写真が綺麗で気持ちがよいです。
器の正面もきちんと意識されていてお見事でした。

玄米ご飯とは多少は固いものだという概念を覆す食感でした。

多くの人がきっと同じような概念をお持ちだと思うのです。
そして、それは当たり前のこととして受け止められているのではないかと思うんですね。

でも、むそう塾ではそれは当たり前ではないわけです。
白米と同じか、それ以上のやわらかさがむそう塾の玄米ご飯なわけです。
離乳食のときから玄米ご飯でスタートできるのですから、そのやわらかさはお子さんたちの胃袋が証明してくれます。

もっと多くの人に、この驚きのやわらかさを知ってもらえて、玄米大好きさんになってもらえたら嬉しいですね。
素敵な投稿をありがとうございました。

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
むそう塾が教えている陰陽料理名一覧
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: 玄米の炊き方講座, 塾生さんのメールから心に響いたこと パーマリンク

コメント

  1. めぐ より:

    美風さん、記事にしていただきありがとうございます

    「ちょっとプチプチしてるね」
    「玄米だからね」
    「よく噛んで食べなきゃね」

    このような会話が一般的な玄米ご飯の前で繰り広げられる言葉かなと思います(笑)
    でもこの小豆玄米ご飯は、食べている間これが玄米である事をつい忘れてしまうような柔らかさがありますね

    他のどのような炊き方で勝負を挑まれても圧勝だと思います
    この無敵な炊飯方法と共に、一生玄米を美味しく食べていけるなんてすごい事ですね
    授けて下さってありがとうございます

    ちなみに私的にはかなり緻密に炊いてみました(笑)
    ご飯に炊いた人の性質が表れるのも興味深いです

    • マクロ美風 より:

      めぐちゃん、こんばんは。

      小豆玄米ご飯のご感想が私と同じで、心の中で「よかったあ」と思いました。
      本当にあのやわらかさは、食べた人でないと分かりませんからね。

      >ちなみに私的にはかなり緻密に炊いてみました(笑)

      ここに笑ってしまいました(^o^)
      いつも「なんとなく」がめぐちゃんの印象だったから、「かなり緻密」に炊飯している姿を想像して面白かったです。
      でもね、中川式はそのくらい緻密を心がけないと、ジワジワずれて行って、最後はお教えした炊き方よりずれてしまうんですよね。
      ですから、これからも「緻密」を心がけてください。

      ところで、めぐちゃんの文章には情景を思い浮かべられるゆとりがあって、素敵だなあと思います。
      あくせくしない性格が、文章に表れているからでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です