良い苦労 悪い苦労 男性の場合 女性の場合

新しい総理大臣がすでに決まったかのような流れですが、こういうのは古い自民党の体質そのもののような気がします。
いわゆる「勝ち馬に乗る」ということですね。

でも、これって結構世の中のあちこちで日常的に見られることで、特に珍しいことではありません。
もしかしたら人間の性なのかもしれません。
ただ、政治家になると権力がついてまわりますから、庶民のレベルとは大違いですが。

理念を全面に押し出すと、野党の新党問題のようにまとまるものもまとまらなくなります。
細かいところまで一致させようとした玉木さんは、今どちらの方向に進むのか有権者には見えてきません。

枝野さんも最初は細かいことを言っていましたが、最近は消費税も下げるようなことを口にして、だったら最初からそう言えよと思う人も多いことでしょう。

ま、政治家というのは風向き次第でコロコロ変わるものだと思った方がいいのかもしれません。
そういえば、昔「風見鶏」と言われた政治家がおりました。
派閥としては少人数なのに、結構長期政権でした。


 
 

【苦労話】
ところで、新しい総理大臣になりそうな人は、「苦労人」とか「たたき上げ」とか言うキーワードでテレビが情報を垂れ流しているそうですが、それって高齢者への心理作戦ですよね。

昔、田中角栄が登場したときも、同じように「貧しさ」とか「学歴がない」とか「地方出身」ということを強調して、有権者の支持が多く集まりました。
「今太閤」と言われて。

高齢者は苦労話がお好きなのかもしれません。
どこかに自分の苦労を重ねようとする心理があるのかもしれませんね。

でも、苦労をしたからすべて善人になるとは限りません。
苦労の過程で裏の味をしめる人もいるからです。


 
 

【男性の苦労】
でも、私は苦労には良い苦労と悪い苦労があると思っています。
長い目で見ると悪い苦労からでも学びはあるのですが、貴重な時間を有意義に使えなかったという意味では悪い苦労だと思っているのです。

男性の場合は色々な苦労をしながら人間性を高めて行けるでしょうが、みんながみんなそうではありません。
「若い時の苦労は買ってでもせよ」と言われたのは昔のことです。
中には理不尽な苦労もあるので、そういうのはサッサと退散するに限ります。

ホリエモンなら絶対そんな世界に足を踏み入れないでしょう。
そんなの時間の無駄だと思っていますから。
そもそも苦労なんて、美徳でもなんでもないという考え方ですからね。


 
 

【女性の苦労】
一方女性の場合は、悪い苦労はしない方がいいですね。
美しさがなくなります。
さもしい行為や考え方が定着してしまうと、見苦しくなります。

さもしさというのは男性にもありますが、女性は特に目立ちますね。
そういう片鱗を感じると、見かけ上の美しさはいっぺんに飛んでしまいます。

だから私は、ぜひ心の美人になることをおすすめします。
楽しいと思えることをして、尊敬できる人との時間を多く持つようにすると、自然に人生が愉しくなります。

ですから、まずは尊敬できる身近な人を意識することからスタートしましょう。
そこには悪い苦労はありません。
すべてが学びになるからです。

え? 尊敬できる人がいない?
ご両親以外で探してみましょう。
もし本当にいなかったら、尊敬できる人がいる世界に飛び込みましょう。

 
 


(黒毛和牛の時雨煮重 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
むそう塾が教えている陰陽料理名一覧
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: こころ・想い パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です