中川善博の入院日記 3/9 11:30〜3/10 10:30

中川さんの入院関連の記事も4回目になりました。
退院のご報告を早く書きたい一心で文字を連ねております。
今回からは書き方を変えて、時系列ではなく、気持ちの面を重視して書いて行きます。
小学生の夏休みの日記ではないので。

 
 

【痛み止め】
まず、中川さんの状態から。
昨日は痛み止めの点滴は1回だけになりました。
この点滴がいらなくなれば退院できるので、今か今かと待ちわびているのです。

【水分】
体温・尿・便の状態は体調を知る上で最も重要なものですが、持ち込んでいる玄米ご飯のおかげで、便の状態も形を形成するようになってきました。
一日1リットルを経口摂取、1リットルを点滴で水分補給する治療方針のため、色々な水分を用意してお届けしています。

当初は一気に薬が入るために、陰性に負けないように陽性を意識していましたが、石を溶かすためには陰性の力も必要なので、昨日は陰性を意識したものに変えました。
毒消しも兼ねて椎茸スープをお届けしたら、体が求めていたのか、美味しく飲んでくれたようです。

【果物】
それから、果物は中川さんのご希望でパイナップルをお届けしました。
以前から中川さんは果物の摂取が少なかったので、私が「陽性になりすぎるから果物を食べた方がいいですよ」と言っても、「俺はオランウータンじゃない」と言って食べてくれなかったのですが、やっと食べてくれてホッとしました。

酵素をしっかり摂ってほしいので、キウイも一緒に入れておきました。
今日は自然食品店の菜花さんから無農薬のイチゴが届くので、それをお届けしようと思います。

【小豆玄米ご飯】
昨日も「小豆玄米ご飯」を麗可ちゃんが炊いてくれました。
召し上がった中川さんは、「56点!」と笑顔でした。
3月8日の玄米ご飯は55点でしたが、新しい炊き方を忠実に再現しようとした炊きあがりだったそうです。
でも、今日はすでに慣れが出てきて、「美味しく炊けますように」という気持ちがご飯に入っていて、それが1点アップになっているそうです。
では、56点のご飯です。

(小豆玄米ご飯 料理・撮影:麗可)

 
 

よく中川さんが、「玄米は心で炊く」と言い、54点以上の世界はその差だと言いますが、麗可ちゃんの強い想いが56点を叩き出したのだと思います。
夜の10時頃、冷めたこのご飯をいただきましたが、本当に美味しかったです。
ふわふわで玄米ご飯というより、マシュマロのような優しさが舌に溶けていきます。
こんな玄米ご飯だったら、誰だって白米よりこっちを選ぶだろうなあという炊きあがりでした。

 
 

【幸せコースのこと】
13日から幸せコースの講座が3日間連続であるのですが、なんとかそれまでに退院できないか、もしダメなら、病院から授業に来れないかと話し合いました。
朝の回診で先生にお願いする予定なので、もう少しで結果が出るかもしれません。

と、ここまで書いたら、中川さんからiMessageが。
11時から16時まで外出のOKが出たよ!

ということで、無事、幸せコースは授業ができることになりました\(^o^)/

 
 

<入院関連の記事一覧>
むそう塾生の皆様へ 2020.3.8 
むそう塾生の皆様へ 中川善博の入院日記 2020.3.8 2020.3.9
中川善博の入院日記 2020.3.9 午前11時30分まで 2020.3.9
中川善博の入院日記 3/9 11:30〜3/10 10:30 2020.3.10
中川善博の入院日記 3/10 10:30〜3/11 9:00 2020.3.11
むそう塾から3月の講座についてのご連絡 2020.3.11
中川善博の入院日記 3/11 10:30〜24:00 2020.3.12
中川善博の入院日記 3/12 5:00〜3/15 7:30 2020.3.15
中川善博の入院日記 3/15 7:30〜23:00 2020.3.15
中川善博の入院日記 3/16 7:30〜3/17 14:00 2020.3.17
中川善博の入院日記 3/23〜3/24 最終回 高血圧の顛末 2020.3.24

 
 


カテゴリー: 中川善博の入院日記 パーマリンク

コメント

  1. かあさん のコメント:
    ありがとうございます。
    外出という事は、授業を終えたら病院へ戻られる。という受け取りをしています。
    そのような体調である中、本当にありがとうございます。
    • マクロ美風 のコメント:
      かあさん、こんにちは。

      はい、そうです。
      授業が終わったら病院に戻りますが、それは病院に対しての敬意の気持ちであって、中川さん自身の気持ちでは退院したいくらいの元気さがあります。
      病院には病院の決まりがあるのに、そこに我儘を言わせてもらうので、外泊ではなく外出としてのお願いをしました。

      お気遣いをさせてしまって申し訳ないのですが、よい授業にしますので、安心してお出かけくださいませ。
      • かあさん のコメント:
        美風さん
        お返事ありがとうございます。
        病院への敬意伺い、これを伺い、ほっとした私がいます。
        整え土曜日伺います。
        どうぞよろしくお願い致します。
        • マクロ美風 のコメント:
          かあさん、おはようございます。

          ご理解いただけてよかったです。
          土曜日にお待ちしています!
  2. ますます のコメント:
    美風さん、こんばんは。

    中川さんの入院に、
    そんな事ないはずと思う私が居ました。
    中川さんはいつも元気って
    思い込んでいました。

    入院中の中川さんの優しい笑顔を
    拝見して、安堵しました。

    中川さん、美風さんが授けて下さった
    玄米ご飯の炊き方。
    玄米ご飯を頂ける日々に感謝です。
    ありがとうございます。

    無事に退院される事、願ってます。
    • マクロ美風 のコメント:
      ますますちゃん、おはようございます。
      お久しぶりですね。

      きっと誰しも、中川さんが入院することを信じられない気持ちだと思います。
      でも、陰陽を知っているますますちゃんならご理解いただけると思うのですが、陽性になりすぎるのも問題があるわけです。
      今回はそのへんのことが中川さん自身も勉強になった出来事でした。
      ますますちゃんが健康指導をする時の参考にしましょう。

      コメントをありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です