むそう塾生の皆様へ

2020年3月7日(土)の深夜、中川さんが入院しました。
したがって、大変申し訳ありませんが、本日(3月8日)の「無双原理&盛付コース」は休講にさせていただきます。
入院期間は1〜2週間とのことです。

時系列でご説明します。
【3月5日(木)】
朝、急に背中からお腹にかけての激しい痛みに襲われる。
徐々に痛みは下腹部に移り、脂汗を流す状態だったため、近くの個人医院を受診したところ、腎臓結石との診断。
薬は出ず。
ただし、エコー検査で、石は見つからず。

【3月6日(金)】
前日からの痛みがさらに強くなったため、再度個人医院を受診したところ、腎臓結石との見方は変わらないものの、採血をして片腕の血圧測定の結果、上が190の高血圧とのこと。
憩室炎のようなことが起きているかもしれないと言われ、腎臓結石の痛み止めと、高血圧の薬を出されて帰宅。
ただし、高血圧に関しては疑問だったので、薬は飲まず。
調剤薬局では塩分を控えろと言われたが聞き流す。
痛み止めを飲みながら一日授業を行い、授業後また痛みが強くなりながらも耐える。

【3月7日(土)】
個人病院から午前9時前に電話が来る。
前日の血液検査の結果、白血球の数値が異常に高かったので、抗生剤の点滴をすると楽になるとのことで、点滴を受けに行く。
この日の血圧は180近く。
その後一日授業をこなしたが、授業後にまた痛みが激しくなったため、京大病院に行ったところ、やっと3〜4ミリの石が数個確認され、その周囲が炎症を起こしているのを確認。
そのまま入院となり、点滴中。
なお、こちらの病院で両腕の血圧測定をしたところ、なんと最高118で正常範囲だった。
先の病院で出された高血圧の薬を飲まなくて正解。

*   *   *

病気とは無縁と思われた中川さんですが、突然入院ということになり、急に休講となってしまった「無双原理&盛付コース」の皆様には大変ご迷惑をおかけして、申し訳ございません。
今後のことについては、改めてご連絡いたしますので、それまでお待ち下さるようお願いいたします。

それから、13〜15日の幸せコースの授業については、現段階においては何とも申し上げられません。
もう2日ほど様子を見てから、またご報告させていただきますので、もう少しお待ちくださいませ。

また、お弁当投稿の添削指導につきましては、このような状況のため2,3日できておりませんでしたが、なんとかパソコンに向き合えるようになるまで、もう少しお待ちくださいますようお願いいたします。

なお、お見舞はどうぞご遠慮くださいますよう、お願いいたします。

<病院より連絡>
新型コロナウイルスの問題があるため、面会できる人は私と麗可ちゃんまでと限られました。
マスク着用とのこと。(2020.3.8 9:48追記)

 
 

<入院関連の記事一覧>
むそう塾生の皆様へ 2020.3.8 
むそう塾生の皆様へ 中川善博の入院日記 2020.3.8 2020.3.9
中川善博の入院日記 2020.3.9 午前11時30分まで 2020.3.9
中川善博の入院日記 3/9 11:30〜3/10 10:30 2020.3.10
中川善博の入院日記 3/10 10:30〜3/11 9:00 2020.3.11
むそう塾から3月の講座についてのご連絡 2020.3.11
中川善博の入院日記 3/11 10:30〜24:00 2020.3.12
中川善博の入院日記 3/12 5:00〜3/15 7:30 2020.3.15
中川善博の入院日記 3/15 7:30〜23:00 2020.3.15
中川善博の入院日記 3/16 7:30〜3/17 14:00 2020.3.17
中川善博の入院日記 3/23〜3/24 最終回 高血圧の顛末 2020.3.24

 
 


カテゴリー: 中川善博の入院日記 パーマリンク

コメント

  1. 京子 のコメント:
    美風さん、おはようございます。

    休講のお知らせをTwitterで拝見して大変心配しておりました。
    詳細をお伝えくださりありがとうございます。

    幸せコースのことも承知致しました。
    中川さんの回復を願っております。
    • マクロ美風 のコメント:
      京子ちゃん、こんにちは

      体に関することなので、皆さんもご心配されるだろうし、参考になることもあるかと思って記事にしました。
      これからも入院日記をアップして、回復への道のりを塾生さんにお知らせしようと思います。

      コメントをありがとうございました。
  2. ばんび のコメント:
    美風さん、大変お疲れ様です。

    お知らせくださってありがとうございます。
    中川さんのご快復を心よりお祈りしております。
    お陰様で今日も美味しい玄米が炊けました。
    いつも本当にありがとうございます。
    • マクロ美風 のコメント:
      ばんびちゃん、こんにちは。

      急なお知らせにビックリされたことと思います。
      でも、何事も学びになるので、中川さんのことだから、ベッドの上であれこれ考えていると思います。
      今日も美味しい玄米ご飯が炊けて、良かったね〜。
      それを一番中川さんが喜んでくれることでしょう。

      コメントをありがとうございました。
  3. ゆき のコメント:
    美風さん

    お知らせいただき、ありがとうございます。
    ここ数日、中川さんのTweetを見かけなかったので、お忙しいのかな?と思っていました。
    昨日の休講のお知らせを見て、いろいろ心配しましたが、
    むそう塾のこれまでの姿勢から、必要な時に必要なお話をしてくれるだろうと思っておりました。
    こうして状況をお知らせいただき、また中川さんのTweetを見てちょっと安心いたしました。
    ありがとうございます。

    また、緊急事態と思われる状況でも、冷静に対処されたのは
    陰陽を知ってのことだと思います。
    今後、自分や家族に何か合った時に冷静に対処できるよう活かしたいと思います。

    中川さんのことだから、かなり我慢をされたのではないかと心配ではあります・・・。
    どうぞお大事になさってください。
    中川さんの一日も早い回復を願っております。
    • マクロ美風 のコメント:
      ゆきちゃん、こんにちは。

      >むそう塾のこれまでの姿勢から、必要な時に必要なお話をしてくれるだろうと思っておりました。

      はい。中川さんの状況をお伝えするのは私の仕事だと思いますので、これからも回復状況をアップしていこうと思います。
      私にとっては縁のなかった病院ですが、思わぬ機会が訪れたので、これを機に最新の病院情報も学んでおきたいと思っています。

      >緊急事態と思われる状況でも、冷静に対処されたのは
      >陰陽を知ってのことだと思います。

      はい。もちろん陰陽の考え方で対応しておりましたが、何しろ急に激痛に襲われて、炎症がひどくなるともっと重症になって、かえって回復まで時間がかかるので、ここは西洋医学の力をお借りした方がよいと判断しました。

      中川さんは体力の貯金がいっぱいあるので、回復は他の人より速いと思います。
      どうぞ、ご安心くださいませ。

      コメントをありがとうございました。
  4. みんみ のコメント:
    美風さん
    お知らせありがとうございます。

    昨日お話を伺いましたが、このような状況での講座開催は想像以上に大変だったと思います。
    いつも私達塾生のことを考えてくださってありがとうございます。

    先ほど私も中川さんのTwitterを見て安心しました。
    一日も早い回復をお祈りしています。
    • マクロ美風 のコメント:
      みんみちゃん、こんにちは。

      授業中の中川さんは、痛みが少し和らいでいたようなのですが、白衣を脱ぐとドーッと痛みが増してきたそうです。
      それからは危険だなと判断したので、別の病院を探しました。

      中川さんがつぶやいてくれると安心しますよね。
      ですから、中川さんに病院のお食事だけでもつぶやいてくださいとお願いしておきました。
      少しずつコメントに元気が出てくることを期待しましょう。

      コメントをありがとうございました。
  5. かよ のコメント:
    美風さん、麗可ちゃん

    おはようございます。
    TLを拝見して心配しておりましたので、お知らせ頂きありがとうございます。
    激痛の中、お講座を続けていらした中川さんが心配ですが、中川さんらしいとも思ってしまいました。

    お側にいらっしゃる美風さんや麗可ちゃんもご無理なさらないよう、お気をつけ下さい。
    中川さんのご快復をお祈りしております。
    • マクロ美風 のコメント:
      かよちゃん、こんにちは。

      激痛に耐える姿はまことに中川さんらしいのですが、我慢しすぎてより悪くなるといけないので、入院を覚悟して病院に行こうと言いました。
      「うん」と言ってくれて胸をなでおろしました。
      私と麗可ちゃんへのお気遣いもありがたく受け止めました。

      コメントをありがとうございました。
  6. ふみよ丸 のコメント:
    美風さん
    お知らせをありがとうございます。

    中川さんの1日も早いご快復を、心からお祈りしております。

    今迄、一言も弱音を吐かず、お講座だけでなく、お弁当投稿や復習投稿、imessage対応など、早朝から深夜迄、塾生のために休む間もなく対応していただいておりました。

    そんな過酷な状況により溜まった不要物の排出を促し、今、浄化されているのだと思っております。

    ただ、中川さんには、ずっとずーーーっと、長生きしてもらいたいので、これを機会に、もう少しご自分の時間を持たれ、ほっと緩んでいただけるような体制にと、願わずにはいれません。
    • マクロ美風 のコメント:
      ふみよ丸ちゃん、こんにちは。

      >そんな過酷な状況により溜まった不要物の排出を促し、今、浄化されているのだと思っております。

      そうですねぇ。
      休めと言われても休まない人ですから、まさにドクターストップだったのかもしれません。
      色々なことから学びながら、皆さんにも良い氣で接することができるよう、すべてを調えるようにしていきますね。

      コメントをありがとうございました。
  7. もーにゃん のコメント:
    美風さま
    お知らせをありがとうございます。
    びっくりしました。
    中川さんのご体調が早く快復されますよう、お祈りいたします。
    幸せコースの件も承知いたしました。
    • マクロ美風 のコメント:
      もーにゃんさん、おはようございます。

      幸せコースは予定どおり授業をしたい気持ちが10,000%なのですが、こればかりは気持ちだけではどうにもならず、中川さんの体調次第になります。
      今月はお魚の授業なので、気持ちはあってもお魚が用意されなければ授業ができません。
      大変申し訳ないのですが、もう少しお待ちくださいね。

      コメントをありがとうございました。
  8. ナオミ のコメント:
    美風さん

    大変な状況のなか、お知らせくださってありがとうございます。

    それほどの激痛に耐え、講座を2日も開催された中川さん。
    そのプロ意識に頭が下がります。

    毎日休む間もなく頑張られている中川さんに、きっと神様が「ゆっくり休みなさい!!」とおっしゃっているのでしょうね。
    中川さん、ゆっくりされてくださいね。
    そして、1日も早い回復を願っております!!

    美風さん、麗可さんも大変だと思いますが、ご無理をされませんように。
    • マクロ美風 のコメント:
      ナオミちゃん、おはようございます。

      >それほどの激痛に耐え、講座を2日も開催された中川さん。
      >そのプロ意識に頭が下がります。

      中川さんは、お母様が亡くなられた翌日も、玄米の炊き方講座を開催しました。
      一睡もしていなかったのですが、遠くから来て下さる方に申し訳ないからと。
      でも、今回はさすがに私が止めました。
      「コース生は中川さんのことを理解してくれるから大丈夫!」と言ってね。
      幸せコースはまだ確実なお答えができないので、もう少しお待ちくださいね。

      コメントをありがとうございました。
  9. ひな のコメント:
    美風さん、こんばんは。
    お知らせしてくださり、ありがとうございます。
    中川さんの無事がわかり、ほっとしております。

    わたしも数日前、約10年ぶりに熱を出し、
    日頃から気をつけていても病気にはなること、
    病気になった原因をしっかり把握し向き合うこと、
    薬を信じすぎず否定しすぎず考えて対応すること、
    様々な気づきがありました。

    中川さんが身体と向き合い、
    薬を飲まなかったりアドバイスを聞き流したりしていらっしゃったと知り、
    改めて自分の得た気づきを言葉にして振り返ることができました。

    痛みがある中でも中川さんが講座をやっている姿が目に浮かび、
    自然と感謝や尊敬の気持ちでいっぱいになりました。
    ご快復を遠くから願っています。
    • マクロ美風 のコメント:
      ひなちゃん、おはようございます。

      私は前からひなちゃんにもお伝えしているとおり、西洋医学を否定しているわけではありません。
      自分の体のことを何も考えないで生きるのではなく、自分でできることは自分でしようよ。そして、どうしてもここはお医者様の判断を仰ぎたいと思ったときには、病院に行ったら良いと思っています。

      そして、病院に行っても、自分の判断を停止するのではなく、最後まで自分の体のためにベストの選択をしたらよいと思うのです。
      今回は高血圧の診断に疑問だったので、記事に書いたような判断をしました。

      コメントをありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です