マクロビオティックの今 そしてむそう塾の伝える陰陽

先週は1週間に二つのマクロビオティックの集まりに出席してきました。
猛暑の中の強行スケジュールでしたが、どちらも大事な集まりなので、他のかたのご意見を伺って参考にさせていただきました。

その中で感じたことを一言でいうなら、11年前のスタート時からむそう塾が目指したことは間違っていなかったということです。
なぜそう出来たかというと、それには二つの理由があります。
一つは、陰陽を当てはめて考えればマクロビオティックの将来が予想できたこと。
もう一つは、私も中川さんも何年にもわたりマクロビオティック実践者の多くに直接会って、その問題点をたくさん把握していたこと。
これに尽きます。

そのうえでむそう塾は、中庸のマクロビオティックを目指してスタートしたのでした。
玄米菜食一辺倒でもなく、動物性が必要な人のためには毒消し方法と併せて、その質や量を細かく伝授してきたのです。
食べる人の体調を把握できる状態でのみ伝えてきたことによって、心身両面にわたって改善される人が多く出て、どれだけ励まされたかわかりません。

しかし世の中にはまだまだマクロビオティックを誤解されている人が多く、そのために著しく体調を崩している人が多いことでしょう。
もしかしたら時代は、「マクロビオティックが体に良いものではなく、体に悪い食べ方」として受け取られているかもしれません。
極端な食事法だけが独り歩きした結果ですね。

そのようなことも十分考慮しながら、むそう塾では陰陽の考え方の利点を伝えるべく、お料理から陰陽を感じ取ってもらいながら、実生活に陰陽を活かす方法をお伝えしています。

先日もお仕事のことで塾生さんから相談がありましたので、陽性な職種を選んだ方があなたに合いますねというお返事をしたところです。
その塾生さんはまだむそう塾に来られたばかりなので、陰陽で職種を考えることを知らなかったようです。
でも、詳しく説明したところ、大いに納得してくださって、これから陰陽を踏まえた仕事選びができそうです。

こんなふうに陰陽は万物すべてに影響することなので、それを知っているのと知らないのとでは大いに生き方が変わってきます。
限られた人生を充実して生き切るために、むそう塾はこれからも「手から手へ」丁寧に陰陽の考え方をお伝えしていきます。



(万願寺とうがらしと黒毛和牛の美山炒め 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

このお料理には動物性が少し含まれています。
でも、毒消し材料もしっかり入っています。


+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +



カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロビオティック料理教室 むそう塾, 料理人 中川善博の陰陽料理, マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です