水分の摂り方に注意!

湿っぽい毎日が続きます。
こんな時には体も水はけの悪い状態になります。
雨の日には洗濯物が乾きにくいのと同じですね。

でも、習慣できっとお水を無意識に口に運ぶ人が多いことでしょう。
もしかしたら、お水をたくさん飲むことが健康に良いと思っているかもしれません。
幸せコースの食事日記を拝見した時にもそういう人がいました。

でもね、水分は日々のお食事から摂るのが望ましく、それ以外でゴクゴク飲まなくてもいいのです。
ましてやお食事の最中にお水をそばに置きながら飲むのは、みずから消化力を落としているようなものです。
消化には唾液があれば十分です。

食べるものの種類によってお水が欲しくなるのですから、ここはメニューと味付けを工夫しましょう。
スープやお味噌汁など、塩分が強くない汁物を必ず一緒に摂りましょう。
お料理の味付けも重要です。
味の濃いものは必ず後で水分をほしくなりますからね。
甘くても、辛くても、しょっぱくても、水分がほしくなります。
これはマクロビオティックの陰陽を持ち出すまでもなく、誰でも経験していることですね。

もし喉が渇いたなあと感じたら、一口ずつなめるように飲みましょう。
ゴクゴク飲んだり、氷をガリガリかじるなんてしないように。
私はお水でも舌の上に転がして、冷たさがなくなってから飲み込みます。
舌の上で冷たさを感じれば、案外スーッとするからです。
こうして無駄に胃袋を冷やさないようにしています。

そうそう、45年以上前に野口整体の先生から「お水は噛んで飲むように」と言われたのが忘れられません。
そのときから私はお水の飲み方が今の方法になりました。

この水はけの悪い梅雨時にガバガバ水分を摂ったり、その後の夏の暑さで冷たいものばかり摂っていると、やがて夏バテになってしまいます。
夏バテというのは秋の始まりに体調不良となって出てきます。
多いですね、こういう人が。

陽性タイプの人でも陰性タイプの人でも、水分の摂り方を間違うと体調不良に影響します。
なぜなら、体で一番多いのは水分だからですね。
どんな水分を体に送り込むかは、あなたの気持ち一つでコントロールできます。
水分を味方につけて、元気にこの梅雨時と夏を乗り越えましょう。

陽性の人も過信は禁物です。
陽性の人はついつい無茶をしてしまう癖があるのでね。



(梅ジュース 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


爽やかで、美味しすぎて危険(笑)


+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾, 子育て・野口整体・アトピー, からだ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です