子育て・野口整体・アトピー」カテゴリーアーカイブ

むそう塾生に男児誕生! 

幸せコース1期生のゆうぽん(8−3)さんに男児が誕生しました。
10月で41歳になるのですが、子象ちゃんの鉄火味噌にも助けられて、順調な妊娠期間を過ごしていました。
実はご出産日は2月28日とのこと。
のんびりした連絡はいかにもゆうぽんさんらしいなぁと笑ってしまいました。

ゆうぽんさんといえばイラストが上手で、私が忘れもしないお気に入りのイラストがあります。
昔「炊こう会」というのがむそう塾にありました。
今は愛クラスでその内容と同じようなことをしていますが、その炊こう会にゆうぽんさんが参加されたときのものです。
「炊こう会 320」
私はこの時のイラストが大好きです。
こんな素敵な絵が描ける彼女がお母さんになったのですから、もう感激です。

40週と4日越えで、3,456gの男の子が産まれたそうです。
ご主人様がお料理をはじめとする家事のほとんどを引き受けてくださっているそうで、何と素晴らしいことでしょうか。
ゆうぽんさんは、むそう塾がまだリニューアル前のお店だった頃、ご主人様と一緒にカウンターに座っておられました。
2008年12月7日のことです。
当時は中川さんのお店が営業中のため、無理にお願いして初の日曜開催となったのでした。

むそう塾とともに歩んでくださった塾生さんなので、そのご出産のお知らせも本当に嬉しかったです。
出産の大仕事を終えたゆうぽんさんに、心から「お疲れさま」と申し上げます。
そして、待ちに待ったお子さんが産まれて、本当に良かったですね。
おめでとうございます!

 
 

(誕生の翌日)
マクロビオティック京料理教室 むそう塾 塾生の赤ちゃん1

 
 

(誕生の翌日)
マクロビオティック京料理教室 むそう塾 塾生の赤ちゃん2

 
 

(生後11日目)
マクロビオティック京料理教室 むそう塾 塾生の赤ちゃん3

 
 

(最近)
マクロビオティック京料理教室 むそう塾 塾生の赤ちゃん4

 
 

美男美女を両親に持つお子さんらしく、お顔立ちの整った凛々しいお子さんですね。
妊娠中に頑張って摂った陽性も功を奏して、ママの陰性さを吹き飛ばす赤ちゃんになりました。
頑張った甲斐がありましたね。
産むのは一瞬ですが、育てるのは何年もかかります。
これからは体力勝負の日々ですから、どうぞお食事をしっかり召し上がって、良いおっぱいを飲ませてあげてください。
授乳中はお腹もすきますし、喉も渇きます。
精神的にも不安定になる時期なので、むそう塾仲間や私や中川さんに気軽に相談して、悩みを抱え込まないで早めに解消しましょう。
最大限のサポートをさせていただきます。

 
 


カテゴリー: 子育て・野口整体・アトピー | 17件のコメント

アトピーを救った中川式糠漬け 男子厨房に入る

<中川式糠漬けに救われたアトピー>

昨年の10月にむそう塾デビューした竜クンは、生まれて初めて炊いた玄米ご飯を今も炊き続けています。
その後、モバ味噌講座陰陽実験と個人別食べ方講座最新の食べ方講座を受講して、昨日は糠漬け講座を受講しました。
彼にとっての糠漬けは、救世主でもあります。
彼がアトピーの再発でズルズルの皮膚だった頃、中川さんの漬ける糠漬けを毎日いっぱい食べ続けて、腸の改善をはかり、見事にアトピーが完治したからです。
顔も手も赤くただれていたのですが、今はこんなに平気で笑顔がこぼれるようになりました。
素手で糠床に手を入れられるようになりました。

 
 

マクロビオティック京料理教室 むそう塾 糠漬け講座

 
 

(糠床を混ぜる竜クン 照れて少し顔が赤くなっていますが、アトピーのせいではありません^^;)

アトピーを改善するには腸を改善すること。
ストレスを可能な限り排除すること。
これに尽きます。

健康の土台は腸を整えること。
これはマクロビオティックの世界では常識ともいえることですが、一般社会ではやっと今頃腸に関心が集まっています。
かなり遅れているとともに、「やっと今頃そのことに気がついたか」という感じです。
最近ではテレビでも雑誌でも腸のことが取り上げられ、本屋さんにも腸と健康関係の本が並びます。

と同時に「発酵」にも関心が高まっています。
これもマクロビオティックの世界では口を酸っぱくしてその重要性を伝えてきたのですが、なかなか本物の発酵食品が少ない環境になっていることも事実です。
そんな中でむそう塾は、ずっと貴重な発酵食品として糠漬けを塾生さんに教え続けて来ました。
現代の住環境では難易度が高くなってしまった糠漬けですが、毎年工夫をこらして何とか塾生さんの手で糠床をキープ出来るように応援しています。
教材としてお送りしている「じゃい安DIRECT」が功を奏して、グンと越冬率も上がりました。

あとはいかに本家の味に近づけるかですね。
これが難易度が高いのですが、そこには微生物の世界を徹底的に理解することと、暮らし全体を見直す気持ちがあれば不可能なことではありません。
むそう塾に出会ったからには、最高の武器として本物の糠漬けを漬けられる人になりましょう。
竜クンも頑張ってください!

*   *   *

<男子厨房に入る>

母の不在中、竜クンは自分で玄米ご飯を炊いて、父親と自分の健康のために頑張ろうという気になりました。
何度か京都に足を運んでいるうちに、中川さんの魅力に惹かれたのも大きな要因です。
同じ男性として、どんな話でも通じるうえに、深い所で自分を分かってくれている中川さんのそばに行くと、なぜか笑顔になれたからです。
自分に出来ることが少しでも増えたらいいな。
そんな気持ちもあることでしょう。

話は変わって、母はこの写真を見ていると感慨深い気持ちになります。
こちらの記事でも書いたように、竜クンは中学校3年の2月あたりから急に髪が抜け始めました。
本人も母も思い出したくないつらく悲しい過去でした。
体中の毛がなくなっていく恐怖は、死を意識した日々につながりました。
その彼が、今こうしてフサフサの濃い髪の毛に恵まれ、眉毛もまつげもあって、笑顔まであることに、もうそれだけで十分と思えるのでした。
まさに「生きていてくれるだけでいい」と思えた日々でもありました。

アトピーや脱毛と闘って来た彼が、健康に関心を持つのは当然のなりゆきかと思います。
ですから、彼がこれから幸せコースでお料理を習って、少しでも自分の健康を自分の手で生み出せたら、生きていて良かったと思えることでしょう。
まだまだ未知数だらけですが、彼の生活に笑顔が増えるなら、母としてこれ以上の喜びはありません。
中川さんから習うお料理によって、彼の人生に新しい命が吹き込まれることを母は願っています。

 
 


カテゴリー: 子育て・野口整体・アトピー, からだ, こころ・想い | 2件のコメント

精神安定のための食べ方メニュー一例(内海聡医師の記事より)

子育てをしていると、食べ物のことであれこれ悩みますよね。
それで、悩みすぎて子育てがちっとも楽しくなかったり、家族間で溝が出来たり、枚挙にいとまがありません。
現実はどうであれ、知識として知っておいた方が役に立つこともありますので、私は子育て中にお母さんが本気で食べ物のことを勉強されたら良いと思います。
その上で忘れてならないのは、押しつけではなく環境づくりをすることです。
本気で取り組んでも神経質にならず、子供の自由度を確保しながら環境を整える方法はいくらでもあります。

マクロビオティックでは陰陽で食べ物の大きな分類をしますが、年齢によっても食べ方が異なります。
むそう塾ではその食べ方を細かく教えていますが、まだマクロビオティック初心者で陰陽も細かく解らない場合は、甘いものを避けるだけでもかなり結果が変わって来ます。
さらに、あまり不自然な工程を経た食品は食べないことです。
今は人工的な食べ物が大手をふって販売されている時代ですが、宇宙の営みから外れた食べ物は最終的に心身ともにアンバランスになってしまいます。

Facebookで内海聡医師が低血糖と加工食品について記事を書かれています。
海外での実例なども紹介されていますので、ご参考になさってください。

*   *   *

<内海聡医師の記事より>

精神安定のための食べ方メニュー一例
本来私は精神薬を中心とした医原病や薬害を取り扱ってきたので、精神をおかしくする食事については指導する機会が多かった。ここでもそのような経験に沿ってメニューを考察してみることにする。

たとえばE・M・エイブラハムソン博士とA・Zペイゼット博士は、次のようにいっている。「血糖値が通常より低いと細胞、とりわけ脳細胞は栄養不足になる傾向がある。この低血糖は食事によって回復するが、細胞とくに脳細胞が慢性的に栄養不足になると、どういうことが起こるか?その場合、最も弱く、最も傷付きやすい細胞が最初に損なわれることになる。」こうなると脳はすぐに障害を起こし、あらぬ妄想や幻覚を告げるようになり、撃鉄を充分引かないうちに弾丸が飛び出すように、わたしたちは早まったことをしでかすようになってしまいます。

この言葉は非常に重要である。というのは食事の中において糖分の多くは人を精神的に狂わせる作用があるからだ。まず精神面を強くしたいと願うなら甘いものは砂糖であれ甘味料であれ避けねばならない。調味料としての砂糖やてんさい糖や黒糖であっても、さらにいえばモラスやはちみつであっても全部使ってはいけない。これらの直接糖は一切使ってはいけない。もしあなたが精神的に悩んでいたり精神的諸問題を抱えているならば。

バージニア州の少年院で囚人276人を対象に行われた興味深い研究がある。砂糖の摂取を減らしたグループと、普通食のグループと、それぞれの行動変化を比べるというものだ。この実験を行ったシュテフェン・ショーエンセーラー博士によると、砂糖の摂取を減らしたグループは普通食のグループに比べ、反社会的行動が46%低下した。特に暴行が82%減、盗みは77%減、と激減した。この結果を受けてワシントンなど12の少年院、計8000人における同様の大規模調査が行われ、この調査でも反社会的行動は47%減という結果が出た。彼らに対する栄養学的研究では、ビタミンB1.2.6、ナイアシン、葉酸、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄などの不足が目立った。

学力テストってのはある意味バカバカしいテストなのだが、これを使った研究もある。ニューヨークでジャンクフードや着色料や甘味料や保存料を段階的にカットし、四年かけて行われた研究だと、学力テストの平均が39点から55点にアップしている。つまり甘味料や添加物は行動だけでなく知能にも影響を与えるということだ。また同様の理由で味の素=グルタミン酸ナトリウムも避ける必要がある。知能を下げ攻撃的にして筋肉やてんかんなどの症状を誘発する。アルコールも問題でありアルコールに飲まれてしまえば精神を狂わせることは周知の事実である。

もう一つ精神的に不安定な人の食事の代表格が「加工食品」である。そしてその加工食品を電子レンジを温めたり、カップラーメンなどを食べるという愚行を犯しているが、これは何をどうやっても精神的に不安定になるであろう。添加物たっぷりのところに、さらに残った数少ない栄養素さえ電子レンジで破壊するのだから、まさにカスを食べていると述べるに等しい状態である。まあまとめると甘いものと加工食品を避ける、ナイアシンの重視、カルマグの重視、そして良質の油をとるということを念頭に置く。精神的に落ちている場合は肉食を入れることも考慮していただきたい。

 
 

京都 琵琶湖疏水の桜4

 
 

(京都 琵琶湖疏水の桜 2016.4.5)

 
 


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾, 子育て・野口整体・アトピー, 食べ物あれこれ | コメントする

親知らずが生えない!(息子のケース)

誰しも乳歯から永久歯に生え変わり、ある程度の歳になったら親知らずが生えると思っていた過去の私。
息子の2014年の歯科検診で、乳歯がそのまま残っている歯が2本あることを知ってビックリしたのですが、今度は親知らずが1本横向きになっていることを知りました。
(下の歯の8番)
さらに、他の3本の親知らずはレントゲン検査でも確認出来ないとのことで、もしかしたら親知らずが生えないのかも知れません。

 
 

歯科検診 松見歯科

 
 

(息子の歯 2016.3.22検診 松見歯科診療所にて)

下の歯のEが乳歯なのですが、やはり虫歯になっていました。
2年間で息子の歯の状態が変わりましたので、きっと食べ物の影響があるのだろうと思っています。
彼も玄米ご飯が炊けるようになったので、これからは玄米を中心に食生活を見直してほしいなと思います。
それと正しい歯磨きも。

私がお世話になっている歯科衛生士さんは、とても良く勉強されていて、話し方も上手なので講演もされています。
「健康寿命を長くする歯周病の治療 健康維持方法」というDVDが大変解りやすくて勉強になります。
マクロビオティックを知って玄米ご飯を食べていても、生活全体が歯に影響しますので、歯のことをもっと勉強して健康の土台作りをしましょう。

 
 

(これから開催予定の講座案内 最新版)

 
 


カテゴリー: 子育て・野口整体・アトピー, からだ, マクロビオティックと歯科治療 | コメントする

『母子手帳 驚愕の真相!』真弓定夫先生(薬を出さない小児科医)ワールドフォーラム

私は独身の頃から野口整体をしていたので、妊娠しても野口整体の考えを優先して暮らしていました。
しかし、産後の大事な時に人手の関係で野口整体の教えどおりに過ごすことができず、結局身体を歪めてしまいました。
その後マクロビオティックでいくらお食事を改善しても、もう過ぎてしまった産後の過ちは治ることはなく今に至ります。
いわゆる「血の道」が狂ってしまったんですね。

 
 

マクロビオティック京料理教室 むそう塾

 
 

(マクロビオティック京料理教室 むそう塾の教室の置き花)

お産というのは上手く行けば女性の身体を大改革できますが、間違うと一生抱えるほどの負担も背負います。
それらを乗り越えて無事出産しても、間違った子育てをしてしまったらこれまた一生後悔しますよね。
その一つが母子手帳です。
(私は幸いにも妊娠中から野口整体のおかげで、この母子手帳とは無縁の子育てをすることができました。)

母子手帳。
この愚かなる手帳によって、どれだけ多くの日本人が犠牲になっていることか。
妊娠中から飲みたくない牛乳を多く飲み、子供にしなくていいワクチン注射をし、発育曲線に一喜一憂し、ノイローゼにすらなってしまうお母さんもいるのです。
もし、あなたやあなたの周りで妊娠された人がいたら、この動画を観てもらいましょう。

『母子手帳 驚愕の真相!』真弓定夫先生(薬を出さない小児科医)ワールドフォーラム2014年5月


カテゴリー: 子育て・野口整体・アトピー | コメントする