「自然治癒力を高めるマクロビオティック 基礎編」磯貝昌寛著

15歳から桜沢如一の書物を読み進め、一途にマクロビオティックを追究して来られた磯貝昌寛さん。
その磯貝さんが、日本CI協会の月刊誌「Macrobi0tique」に書かれていた連載記事が単行本になりました。
私は1ヵ月前以上に入手していたのですが、出版社からブログでの告知は8月10日まで待ってほしいと言われていたので、本日のご紹介になりました。

「自然治癒力を高めるマクロビオティック 基礎編 正食医学の理論と実際」 ミネルヴァ書房

 
 

大森英櫻先生の薫陶を長きにわたって受けられたその知識だけでなく、群馬県で断食道場(マクロビオティック和道)を開いて、実際に大勢の人に指導されているご経験から綴られる内容は、とても貴重なものばかりです。
この本には「実践編」もあって、近々出版されるそうですが、そちらも楽しみにしているところです。

私が大森先生が話してくださる「無双原理」に惹かれ、今なお飽きることなく陰陽を学ぼうと思えるのは、こうした物凄く力のある先輩方がご活躍されているおかげです。
磯貝さんの本を読んでいると、大森先生が帰って来られたかのような錯覚に陥りました。

大森先生は敢えて本を書かなかったのですが、この混沌とした時代には、磯貝さんのように経験豊富な方が実際に体験したことを陰陽で解説する本は貴重な存在です。
特に新型コロナで右往左往している現在には、コロナ問題を考える指針にもなって心強い味方になってくれることでしょう。

 
 

【「自然治癒力を高めるマクロビオティック 基礎編」磯貝昌寛著】

 
 

【月刊誌「Macrobi0tique」】

 
 

月刊「Macrobi0tique」2020年7月号に記載されている磯貝さんの記事。
この記事もいつか本になって出版されることでしょう。

 
 

【磯貝昌寛の正食医学 第103回 感染症の原因と断食】

<28P>

 
 

<29P>

 
 

29Pの記事の中に鈴木英鷹先生のことが書かれていますが、私は鈴木先生からも陰陽をたくさん学びました。
お医者さんならではの話が参考になりましたが、お雛様の飾り方と陰陽の話なども面白かったです。

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
むそう塾が教えている陰陽料理名一覧
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: 新型コロナウイルス, からだ, 本の紹介, 大森英櫻・磯貝昌寛 パーマリンク

コメント

  1. あけねー より:

    美風さん
    こんにちは。

    ブログにコメントするのは久々です。
    Facebookにコメントするのが楽になってしまい…それもどうかと思いつつ(汗)
    初心に帰るつもりで、こちらに投稿を!

    美風さんのブログ記事にこれまで助けられてきました。
    私的に羅針盤的なところもあり、感謝しています。
    ありがとうございます。

    コロナに振り回されないようにと思いながらも、現実的には右往左往している自分が居ます。
    年齢的な体調不良と自分を取り巻く環境変化からストレスを招いていたり…
    精神的にも弱いなぁと改めて痛感しています。

    不安を払拭したく、自分のベースになる「マクロビオティック」を再度しっかり叩きこみたいと模索していたところでした。

    磯貝さんの著書、ご紹介ありがとうございます。
    読みます!

    • マクロ美風 より:

      あけねーさん、こんにちは。
      お久しぶりです♪

      世の中は元々雑音が多いですが、この新型コロナに関してもそれが短期間に世界中で騒いでいるだけですね。
      仕組みはなんてことなくて、ウイルスを常々どう認識していたか?ということです。
      ワーワー騒いでいる人達は、体調が悪くなったら自分で考えることをしないで、すぐ病院(お医者さん)に丸投げしてしまう生き方をしてきた人たちだと思うのね。

      でも、ウイルスのことをちゃんと理解していたら、突然大慌てすることなく、磯貝さんが書かれているような方向に進むと思うのです。
      ですから、私も、むそう塾もそのスタンスでいます。
      いつもどおり、淡々と暮らしています。

      西洋医学を全否定するわけではなく、自分でできることは自分の体なんだから、まず自分で面倒みよう。
      でも、お医者さんの力をお借りした方がよい場面では、西洋医学の力も借りようと思っていれば、動じることがないと思うのです。

      (国民一人ひとりがこんなふうに考えられたら、国の医療費が大幅に減るのに!)

      鈴木さんの場合は、ご自分がそのように思われたとしても、周りの環境が西洋医学一辺倒だったりすると、孤立する場面がおありかと思います。
      でもね、真実は一つです。
      ウイルスは昔からあるのです。
      アプローチの仕方が異なるだけなので、そこを理解して陰陽の考え方で整理してみましょう。

      マクロビオティックは宗教ではありませんが、陰陽の考え方はこんなとき、力強い味方になって、不安を除去してくれますよ。

      (コメントをいただき、とても嬉しかったです。ありがとうございました。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です