改めて陰陽の素晴らしさに感動したお料理 「甘鯛の潮仕立て」

バタバタと日々が通り過ぎて行き、2月ももう10日。
明日は稲荷寿司講座なので、今日はつかの間の休日、といきたいところですが、私はサイトの講座案内の更新仕事がドバッとあって、これが結構大仕事なのです。
私の仕事はどちらかというと、単調ですが根気のいる内容が多くて、細かく神経をつかいながらコツコツとこなす必要があります。

当然のことながら、パソコンの前にいる時間も長く、健康的にはあまり望ましいとはいえません。
でも、教室での立ち仕事との組み合わせで、結果的に不都合なく毎日を送っています。
自分よりお若い塾生さんたちに囲まれて、あれこれ話していると、自分の歳を忘れてしまうのですから、ありがたいことです。
塾生さんたちに感謝あるのみです。


ところで、昨日は「無双原理&盛付コース」の授業で、お料理は「甘鯛の潮仕立て」と「椎茸ご飯」でした。
もちろん、糠漬けがどっさり付きます。
陰陽バランスを取って、発酵食品も摂る献立は、免疫力を高めるためにも必須です。

甘鯛の陽性→昆布の陽性→根菜の陰性→葉野菜の陰性→柚子の陰性が丼の中に盛り込まれています。

 
 

(甘鯛の潮仕立て 料理:京料理人 中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


 
 

ふぅ〜ふぅ〜しながらこのお料理をいただくと、体が芯から温まってきて、汗がにじんできます。
京都は朝方から雪が舞う寒い一日でしたが、温かいお料理に身も心もほっこりとしたことはいうまでもありません。
体を温めるには陽性のエネルギーが必要ですが、陽性だけでは強すぎて長期間続かないのです。
陽性に陰性のエネルギーが加わって初めて、バランスの良い状態が保てるのです。

こんなに大きな丼でいただいているのに、美味しくておかわりした人が何人もいました。
でも、その後塩分で喉が渇いた人はいなかったはずです。
そういう優しい味付けが、チリチリした厳密さを追究する京料理人中川善博の世界だなあと感心します。

*   *   *

そういえば、以前に京都の「いづ重」さんで、「ぐじの潮汁」をいただいたことがありました。
京都 いづ重 稲荷寿司 鯖寿司 ぐじの潮汁 2013.3.19

 
 

(ぐじの潮汁 いづ重さんにて)

 
 

このときにはこれでとても美味しかったのですが、後々中川さんの手で作られた「甘鯛の潮仕立て」をいただくと、その差が歴然としていることを知ってしまったのでした。
(昨日の授業を受けられた方は、どこが違うか見抜けますね。)

中川さんは、陰陽を知らないときに「もっと美味しくするためにはどうしたらいいのか?」と考えて編み出したお料理法が数々あるのですが、それらが陰陽の視点からみると、素晴らしく符合しているのです。
ですから、マクロビオティックに出会って陰陽を知ってから、さらに一層お料理が美味しくなったと言います。

先日お伝えした小豆や葛料理にしても、陰陽を知っていると納得することばかりですね。
こうして陰陽は私たちの生活に直接影響しているのです。
ですから、それを知って生活することは、とても強い味方を得たことになりますので、陰陽を現実の場面で活かせる暮らし方が素晴らしいなあと思っています。

ということで、私は陰陽を意識して暮らしています。

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: 京都やマクロビオティックのことなど, 料理人 中川善博の陰陽料理 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です