お料理の上手な習い方 「<保存版> お料理上達の秘訣10か条」とともに

以前私は「<保存版> お料理上達の秘訣10か条」(2018.2.7)という記事を書きました。
これを読んで、あなたの場合はいかがでしたか?
心当たりはありましたか?
もしあったら、即刻それを改めましょう。
せっかく作ったお料理がまずい出来上がりになると、作った人もそれを食べさせられる人も不幸ですし、食材にも申し訳ないですからね。

よく、お料理本を見たり、ネットを検索してお料理を作る人がいますが、その場合はお味見が出来ませんね。
DVDやオンラインでの通信教育でも同じことで、遠隔地の方にお料理の味や香りを味わってもらうことはできません。
ですから、お料理は実際に食べて味わって、触って、五感で感じ取ることが一番上達する近道なのです。

むそう塾では「舌覚え」という言葉を使っていますが、お料理の全行程でお味見をしたり、触ったり、香りを確認したり、とにかく大忙しです。
メモを取ったり写真を撮ったりしている暇はありません。
というか、そのどちらも禁止です。
そんなことをしている間に、お料理の重要なポイントを見逃してしまうからです。
教室ではとにかくガン見すること、これを徹底しています。

よく、子どもが小さいから無理、あるいは遠いから無理といって、お料理教室に出かけることをためらう人がいるのですが、むそう塾の場合は授業がひと月に1回なので、遠くからでも通ってくださいます。
北海道からも九州からも、東京からも、飛行機や新幹線で、あるいは泊りがけで京都までいらしてくださいます。
お子さんと一緒に京都まで来て、むそう塾の近くの託児施設に預けて授業を受ける塾生さんも多いです。
それはやはり、京都まで来なければ得られない料理技術があるからです。

しっかり味見をして、その味を再現すること。
それが料理を習うということです。

この写真は、今日の講座で茹で具合や絞り具合を確認しているところです。
これはとても大事なことで、直接お味に影響します。



また、次のような写真もあります。
みんなで鱧の体表のぬめり具合を確認しています。
ぬめり取りがしっかり出来ていないと、後々骨切りの時まで影響するからです。


*   *   *

こんなふうに手で実際に触ってみて、やっと伝わることがお料理にはたくさんあるのです。
先日、むそう塾生のアイリスさんが次のようなコメントを寄せてくれました。

今までは、作ってみたい料理があっても、作る気力がなく
料理の本を眺めては、頭の中で妄想を膨らませていました。
なので、家には料理の本がたくさんあります。

むそう塾に通うようになり、妄想ではなく、現実に料理を作るようになって
気づくと料理の本はほとんど見なくなっていました。

仕事か疲れて寝ているかの生活に彩りを与えてくれ、ストレスを感じる事が
少なくなりました。
むそう塾とご縁ができて、本当に良かったです。

嬉しいですねぇ。
美味しいお料理を作れるようになってくることで、ストレスが減ってくるのですから、素晴らしいことだと思いませんか?
そういえば、アイリスさんは教室でもせっせと味見をしていました。
ストレスフルな人が多い今の時代にあって、お料理の影響がこんなところに出るとは、多くの人は思わないでしょうが、むそう塾ではちゃんと分かっています。
お料理をすることも、美味しいものを食べることも癒やしになるからなんですよね。
そして、満足感でいっぱいになるから、ストレスが減るのです。

一人でも多くの人が、お料理の持つ力を知って、美味しいお料理が作れるようになってくれたらいいなと思っています。



(湯葉とう 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾」)


+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床のご注文方法(2018年度の場合)
2018年 中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロビオティック料理教室 むそう塾 パーマリンク

コメント

  1. アイリス のコメント:
    美風さん、こんにちは。

    コメントを記事に取り上げて下さり、ありがとうございます。

    ここ数日仕事が忙しくて、身体の節々が痛くなる程でしたが
    気持ちが落ち込む事もなく、穏やかな気持ちで仕事をこなす事ができました。
    心と身体が確実に変化している事、中川さんの教えて下さる料理ってすごい!
    と改めて実感しました。

    家で料理を復習する時に、調理道具にも凄く助けられています。
    中でもシラルガンの鍋が大好きで、この鍋なしでは美味しく作る事ができません。
    味の再現はもちろんですが、同じ調味料、調理道具を使うと
    授業中の光景を思い出し、楽しく料理ができます。
    • マクロ美風 のコメント:
      アイリスちゃん、こんにちは。

      おお〜、気持ちが落ち込まないというのが素晴らしいですね。
      それも、穏やかな気持ちというのが最高に嬉しいです。
      食べ物で体も心も変化することを実感していただけて、私も嬉しいですよ〜(泣)

      >授業中の光景を思い出し、楽しく料理ができます。

      いいですねぇ、こういうことって目に見えないエネルギーになるんですよね。
      教室でも楽しそうに笑顔でお味見しているアイリスちゃんを見るのが好きだし、その姿が目に焼き付いています。
      教室での良い氣を、そのままご自宅にも職場にも持ち込んだら、いつも笑顔でいられること間違いなしです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です