ダイエットの低年齢化とマクロビオティックの誤解の現実

ダイエットの低年齢化については問題点が多々あるのですが、成長期には思考方法もまだ十分ではないので、後々尾を引く人もいらっしゃるようです。
その中のお一人Aさんも今、まさに尾を引いているのです。
人間って自分を変えるのは本当に大変なものですが、Aさんにはぜひ頑張って変わってほしいなと思います。
そうでないと、マクロビオティックに出会っていながら、本当の良さを味わえないことになるからです。
では、Aさんのメールを見てみましょう。

 
 

<Aさんからのメール>  抜粋

4日から、一人暮らしが再スタートしました。
お野菜は通販ではなく、野菜直売所やスーパーで買うことにしてます。

先日、お豆腐が安かったので買って食べたところ美味しくて、
再び小さなお豆腐の9パックセットを購入して、1つずつ3日連続で食べていました。
帰省中に動物性食材(特にお魚)をたくさん食べていたので、
5日から7日までの3日間、野菜とお豆腐か納豆、鰹節を少しいただく程度にしていました。
まだ冬休みで課題もあったので、しばらく部屋にこもる生活だったこともあり、
孤独感や無気力感がありました。
スマホやパソコンを意味もなく使用して、インスタグラムやネットサーフィンもしました。
食後は物足りないような感じがして、ナッツや芋などをほおばってしまいました。

今日の夕食には、食べきってしまったので玄米ご飯を炊いて食べ、お魚もいただきました。
お豆腐は今日いただきませんでした。
食後の物足りなさ、孤独感や無気力感がなく驚いています。
これは陰陽の力なのでしょうか。

体重はまだ34kg、体も貧相なままですが、
これといって息苦しさや動悸など「死にそう…!」ということもないので、
ついお魚やお肉や卵が数日なくても、玄米とお野菜の味噌汁があれば大丈夫かな、
体に負担もないようだしいいかな、と思ってしまいます。
しかし、やはり毎日動物性食品を食べたほうが良いのでしょうか。

まだまだ未熟者で申し訳ありません。
マクロビオティックをまだちゃんと理解できなくて…歯がゆい思いです。
よろしくお願いします。

*   *   *

<マクロ美風より>

文面からは、5〜7日の3日間は主食が白米だったのか、玄米だったのか分かりませんが、ここで問題なのはお豆腐です。
Aさんには召し上がってほしくない食べ物です。
マクロビオティックをする人の多くが大豆製品を摂りすぎる傾向にありますが、中でもお豆腐は陰性タイプの人にはおすすめしません。
Aさんがお豆腐をどのようにして召し上がったのか分かりませんが、せっかく陽性を取り入れてほしい時にお豆腐を9パック購入されたということに驚きました。
頭のどこかにお豆腐はヘルシーだという考えが居座っているのかもしれませんね。

私はマクロビオティックを知ってから5年間はお豆腐を一切口にしませんでした。
夏でも冷奴を食べませんでした。
私は陰性タイプだと思ったからです。
今ではたま〜にお味噌汁に入れますけどね。
でも、お豆腐は厳選します。
陽性な人ならこんなに気にしなくても大丈夫なのですが・・・。

>これといって息苦しさや動悸など「死にそう…!」ということもないので、

ああ、こんなことを基準に食べ物を決めないでください。
あなたはまだ34kgなのですから、まずは太ることを目指しましょう。
そして、止まっている生理を再開させることを目標にしなければなりません。
それから、朝もちゃんと起きられないのですから、そこも改善しなければなりません。
毎日動物性食品を摂るのが良いのかどうかは、体の反応をみて決めてくださいねと申し上げているのですが、ついつい動物性を避ける気持ちが働くようです。

一度マクロビオティックを動物性排除の視点でインプットしてしまうと、なかなかそこから脱出できない精神状態をよく物語っています。
動物性を排除しても、それに代わる陽性料理がないとAさんはまだまだ陰陽バランスが取れないので、お料理全体で陰陽を考えてほしいなと思います。
たとえ白米を食べていても、陰陽バランスが取れていれば良いのだし、玄米を食べていても陰陽バランスが取れていなければ偏りが生じることを知ってほしいです。

マクロビオティックとは人生を愉しく生きるための考え方なのですが、こうして排除の理論だけがクローズアップされて年若き人を洗脳してしまう誠に厄介なものとして広まってしまいました。
Aさんが早くそのことから脱出できて、本来の健康な大人になれるよう頑張ってほしいと思います。

 
 

 
 

(マクロビオティック京料理教室 むそう塾生 好さん作のお弁当 陰陽バランスが取れた良いお弁当です)

 
 

+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

 
 


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, からだ, こころ・想い パーマリンク

コメント

  1. ゆかえもん のコメント:
    こんにちは。
    私はこのブログを見て、Aさんが少し前の自分と重なりました。
    今もまだ間違ったマクロビオティックから完全に抜け出せたわけではありませんが、何をどれだけ食べる・食べたにとらわれすぎて本来の食事を楽しんで食べるという事から遠くかけはなれていた少し前の自分からは抜けだせたと思っています。

    頭で食べたものは栄養にならないと感じました。
    極端かもしれませんが、私は今授乳中で人生で一番お腹が減ってます。
    そして初めての育児で、前のようにキチキチと何をどれだけ食べるという事を考える暇がなく、おかげで食べたい!と思うものを口にしてます。
    本能で食べたいと思って食べてるからか、母乳も沢山でます。
    息子の生きるための栄養になっています。
    もちろん添加物や砂糖などには気をつけてますが。

    私も体重が30キロ代です。
    妊娠中も30の壁を越えれませんでした。きっとまだどこかに間違ったマクロビオティックにとらわれている部分があり、そこに気づけていないのかなと思っています。

    Aさんに、こんな私でも少しづつ体重も増え、子供も授からせてもらえ、食事を楽しめるようになったのだから前向きに一緒にがんばろーと言ってあげたくなりました。

    そんなことより自分の心配をしなさいと怒られそうですが、自分の過去を振り返ると辛かったと思うことばかりなのでついつい御節介になってしまいます。
    私も改めて気持ちが引き締まりました。ありがとうございます。
    長文のコメント失礼しました。
    • マクロ美風 のコメント:
      ゆかえもんさん、こんにちは。

      あなたもまた大変な人でした(笑)
      でも、こうして妊娠できて授乳できているのは奇跡だと思ってもいいくらいです。
      ですから、誰にでも当てはまるわけではないので、Aさんには楽観視してほしくないなと思います。

      ところで、授乳後はドッと体力を消耗しますから、今までで一番体力をつけるように気をつけてくださいね。
      子育ては体力勝負ですから。
  2. ゆかえもん のコメント:
    美風さん、お返事ありがとうございます。
    そうですね、人はそれぞれ体質や住む環境やら同じではないですものね。

    私は自分は本当に奇跡の妊娠だったと思っています。
    きっと息子は私に何かを伝えるために来たのだと思っているので、育児で辛い時もコレはきっと何かを教えてくれてるんじゃないか?と考えてしまいます。おかげで育児ノイローゼなどとは縁が無さそうです笑

    私も自分の体力が少し心配です。
    倒れないように食事も工夫して、しっかり育児が務まるようにしたいと思います。
    しかし産後の身体に除雪作業はこたえます(T ^ T)
    • マクロ美風 のコメント:
      ゆかえもんさん、おはようございます。

      もし統計をとったら、あなたのケースは100人に1人くらいになるでしょうね。
      だからお子さんはあなたに揺り戻しをさせるためにやって来てくれたのかもしれません。
      お子様から学ぶ気持ちで子育て(親育て)をしましょう。
      実は私もそんな気持ちで子供に向き合っています。

      除雪作業はご主人様に頑張ってもらいましょう。
      母乳の出方に影響することがありますから。
      • ゆかえもん のコメント:
        こんにちは。100人に1人のケースだったのですね。改めて自分が自分の身体にしてきたことに反省ですm(_ _)m

        子育ては本当に親育てですね。もうすでに沢山の気づきを与えてもらい、私自身も自分の考え方や身体から出るエネルギーが変わってきてるのを感じます。

        息子は私よりはるかに大人な感じがします。
        大変なこともありますが、とても充実した日々を送らせてもらっています。

        子育て=親育て 同じ立場であることを忘れないように頑張ります。

        雪は夫が不在の時だけにします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です