鱧の骨切り特訓講座の復習   Yaさん(3-4)

YouTube Preview Image
うーむ みられな〜い。 残念。
見られるようになりました。
綺麗におろせるようになりましたね。 手順が頭と身体に入ってきたのです。 えーと次はどこだったっけ?と一瞬考えるとどんどん遅くなります。なにも考えなくても包丁が勝手に動くようになってからが勝負です。 これからですね。
骨切りもかなり良くなりました。 たまーにミスショットして骨を押しているときがあります。 原因はズバリ 右手の包丁を持つ力が強すぎ握り過ぎです。 重い包丁ですからしっかり持たなければならないのは当然なんだけれどそんなに力は要りません。とくに中指と薬指が力み過ぎです。 もっと力を抜いて包丁の重さを感じてそれを利用できるようにショットしましょう。 もっと薄く切れるようになります。
あとは薄く薄くを目標にがんばってください。

IMG_7213撮影するときにステンレスの調理台に蛍光灯が反射してそれをカメラが露光したために肝心な鱧が暗く写ってしまいましたね。 気づいてるかな?
正しく写して正確に伝える。 #秘伝卒なのに

IMG_7214前日の活け鱧ですから流線は出ませんがしっぽ近くの身は右身も左身も皮近くまで刃をおろせています。 骨も切れて美味しく食べられたでしょう。

IMG_7219


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. 麻莉 のコメント:
    中川さん、こんばんは。
    早速のご指導ありがとうございました。

    動画が非公開になっておりました。
    (今更ながら限定公開に変更しました…)
    写真も含め大変申し訳ありませんでした。
    #秘伝卒なのに

    次回改めます。
    申し訳ありませんでした。
  2. 麻莉 のコメント:
    中川さん、おはようございます。
    動画の不手際、大変申し訳ありませんでした。
    重ねてのご指導もありがとうございました。

    やっとスタートラインに立てたようで嬉しいです。
    練習します。
    骨切りも「薄く薄く」を目標に頑張ります。

    次回は#返上できるよう投稿致します。
    ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です