ヨシヒロール

いつか塾生さんにも食べさせてあげたいな。

ヨシヒロール

 
 

(料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

中川さんの亡くなった奥様は、パティシエだったそうで、奥様が使われていた道具を今でも大事に使われているものがある。

 
 


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾, 料理人 中川善博の陰陽料理 | コメントする

「鱧の骨切り特訓講座」で感じたこと 改めて身震いする感動

昨日は「鱧の骨切り特訓講座」を開催しました。
時間がかかる内容のため、10時半には全員が集合してくれました。
それでも終了したのは20時半近くになって、皆さんがお疲れだったと思うのですが、なぜか全員が笑顔で楽しそうでした。
難しいことを覚えようとして、頑張っている姿が素敵で、さすが秘伝コース生だなあと感心しました。

一人で鱧をおろす本数は例年通り3本なのですが、今年は希望者が多かったため、交替でまな板を使うようにして、他の人の練習を観察する時間を設けました。
そのことが功を奏して、他の人から学んだり、順番待ちの間に骨で包丁使いを練習したり、時間を有効に使っていました。

そして、なんと!
全員がとても上手に鱧の棒寿司を作り上げたのです。
たった3本おろしただけで、こんなに上手にできるなんて、毎年そばで骨切り特訓を見てきた私としては驚きです。
鱧を無駄にしないために、中川さんが考え抜いた練習方法は、驚きの効果を上げてくれたのでした。

年々進化するむそう塾らしく、素人さんが京料理人でさえ難しいとされる鱧の骨切りに挑むなんて、頭がクラクラしてきますが、ちゃんと結果を出してくれる塾生さんがいることを、誇らしく思うのでした。
それにしても中川さんの指導力は凄いなあと思いました。
今年も身震いするほど感動した私です。
毎年撮りためた動画を塾生さんに何本も送って、私からも応援しているところです。

今年は19日にもう1回特訓講座があって、5人が挑戦することになっています。
どんな感動的な場面が展開されるでしょうか?
今から楽しみにしています。

棒寿司だけでなく、こんなお料理も楽しんでください。
美味しいですよ〜。

(鱧寿司 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

(鱧チリ 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

*   *   *

ところで、秘伝コース生ともなると、技術の細かいところを、感覚でも自分で掴み取ろうとする学び方が上手になってきます。
昨日は包丁が左手に当たる感覚を教えてほしいと、中川さんから実際に包丁を当ててもらっていました。
そうすると、ご自分で思っていたよりもっと手応えがあったようで、感動していました。(ウルウル)

 
 

この塾生さんは、満足コースでも熱心に桂剥きや刻みの練習をされていたからこそ、今あらためて猫の手に触れる包丁の感触を確かめて、はっきりと自分の目指すところが定まったのだと思います。
頑張って練習していたからこそ、味わえた感動だったのです。
彼女にとっても「刻み革命」が起きた一日だったようです。

こういうことは、教室で直に習って初めて得られる学びで、だからこそ京都まで通うことは大変貴重な機会なのです。
お料理には香りとか食感とか、何よりも大切な味があるので、やはり直に伝える必要があります。
オンラインであってもこればかりは伝えられません。

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ | 4件のコメント

第11期幸せコース桂剥き投稿回数まとめ

本日の21時で、第11期幸せコース日曜クラスの桂剥き投稿が終了し、金曜・土曜クラスと合わせて21名中18名の熱き1か月間が終わりました。
下記に全員の投稿回数と内訳を表にしてあります。
(Macをご使用の人は、ズリズリとデスクトップに表を引きずり出すと、もっと大きくみられますのでお試しください。Twitterではもう少し大きな画面を載せておきます。)

 
 

【第11期幸せコース桂剥き投稿回数一覧】2019.7.7作成

*   *   *

投稿回数トップ8は次のとおり。
1 46回(123-3さん)
2 43回(124-1さん)※
3 32回(120-2さん)※
3 32回(125-4さん)※
5 30回(3-3さん)※ 再
5 30回(93-4さん)※ 再
7 29回(125-2さん)※
8 21回(12-10さん)※ 再

※=桂剥き美人認定者
再=幸せコース再受講者

*   *   *

この数字を見て思うのは、桂剥きが上達した人は間違いなく練習回数が多かったことです。
ただ、間違った練習をしていた人は、修正のために時間が奪われてとても惜しい結果になりました。
誰でも正しい練習方法で回数をこなしてくだされば、課題はクリアできたはずですが、諸事情により練習時間を生み出せなかった人が半数あまりいました。

まだむそう塾に通い始めたばかりなので、これから陰陽を身につけながら、時間をうまく作れるようになってくださったら嬉しいです。
お料理に奇策はありません。
コツコツと素直に取り組むのみです。

継続は力なり。
改めてこのことを感じた2019年度の桂剥き投稿でした。

 
 

(まな板 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

「桂剥き美人」に認定された皆さんには、有次さんのまな板をプレゼントします。
7月の授業日にお渡ししますので、お楽しみに!

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: マクロビオティック料理教室 むそう塾 | コメントする

信用できる人

先日Facebookのお友達が、「パートナーがほしくなった」という内容の記事を書かれていました。
そんなときってありますよね。

ちなみに私が結婚したくなったのは、お正月にインフルエンザで寝込んで、高熱が続いたときでした。
一人暮らしだったので、お水の一杯でも運んで来てくれる人がいたらなぁと思ったのでした。
そして、バレンタインデーの日に「結婚しようか?」と、目の前の男性に言ってみたのでした(笑)

私の人生でインフルエンザにかかったのは、記憶のある限りでは3回なのですが、体調が悪くなると、人間って心細くなりますから、そんなことを言いたくなるのだと思います。

とまあ、そんなわけで結婚したのですが、結婚を決めるときに、「この人は信用できる」というのが根底にありました。
そうなんです。
信用できる人がほしかったんでしょうね。

人間って、心から信用できる人の存在が必要なのだと思います。
小さい時にはそれが親であり、兄弟であったりします。
だんだん成長するにしたがって親友の存在もあるでしょう。

でも、社会人になって複雑な人間関係になると、改めて「信用できる人」の力が大きいなあと思います。
それが夫婦という形ならなお良いし、それが叶わなくても、そういう人が自分の周りにいるかいないかは、「人生の質」を大いに変えると思います。
だから私も、誰かの「信用できる人」になれたら嬉しいです。

まずは、信用できる中川さんや、スタッフの麗可ちゃんや、塾生さんたちに感謝しています。

 
 

(京都 東山)

2015年の6月に京都に部屋を借りてから丸4年が経ちました。
窓からいつもこの景色を眺めながら暮らしています。
環境の良さを存分に味わっています。
それを許してくれている夫にも感謝。

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: 京都やマクロビオティックのことなど | コメントする

桂剥き投稿メールから 包丁砥ぎが出来るようになって嬉しい 

2019年度幸せコースの桂剥き投稿は、本日の21時に金曜クラスの提出が締め切られました。
あとは土曜クラスと日曜クラスの提出が残っています。

例年なら締め切り時間ギリギリまで粘るのですが、今年は最終日を待たずに「桂剥き美人2019」の認定が発表されるなど、新しい変化がありました。
一番最初に認定された“ぺろり”( Ha 12-10)さんは、実は昨年の今頃は「秘伝コース生」だったのです。
しかし、秘伝コースで改めて桂剥きの重要性を知り、今年の幸せコースを再受講されたのでした。

そして、新しい塾生さんと肩を並べて桂剥きに取り組みました。
なかなか脱力が出来ず、途中で体に痛みを感じたり、体調が悪くなる日がありました。
私が凄いなあと思ったのは、あれだけ頑固な尺取り虫だったのに、ちゃんと克服されたことです。
まだ後輩さんにも尺取り虫の人がいますが、あれは完全に直さないと駄目です。
合谷が開いてしまうからですね。

ぺろりさんのこれからの課題は、スピードアップでしょうか。
そのためにすることはもう分かっていらっしゃるので、あとは桂剥き投稿期間が過ぎても一人で練習できるかどうかです。

では、最終投稿のメールをご紹介します。
ぺろりさん、公開をご許可くださいまして、ありがとうございました。

*   *   *

<ぺろりさんのメールより>

中川さん こんにちは。
桂剥きの動画と写真を送りましたので見てください。

今日で最後の投稿です。長い間ありがとうございました。
休んだのは 2回、よく続いたと自分でもびっくりしています。

途中で具合が悪くなりましたが、力み過ぎという事がわかり、丹田に力を入れる事を意識する事でその後は以前の様に疲れる事も無くなりました。

はじめの頃は、腹痛や頭痛で辛い時もありました。
今では、仕事も楽になりました。(力み過ぎ)

桂剥きもここまで上手になるとは思っていませんでした。
教室の時に「焦らず丁寧に自分の出来る範囲で剥く」と思ったのが良かったみたいです。家でも自分のペースでコツコツと、褒めてもらっても驕らない。

中川さんの言われた事を何回も繰り返し考え、どういう事を言われているのか考えました。
そして「同じ事を言われない様に一歩、半歩でもいいので少しでも進歩できるようにしよう」と思っていました。

包丁砥ぎはとても不安で、「ここで出来なかったら出来るようにはならない。どうする自分。このまま出来ないままにするのか出来るようにするのか」自問自答しました。

でも、何とか出来るようになって(最初は信じられなかったです)、桂剥きが出来た事よりも包丁砥ぎの方が嬉しかったです。
桂剥きも嬉しいです。

今まで本当にありがとうございました。

○○○○○ Ha(12-10)

 
 

(大根のケン マクロビオティック京料理教室 むそう塾 ぺろりさんの作品)

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロビオティック料理教室 むそう塾, 体験談 | 2件のコメント