樹木からもらったパワー そして富士山は永遠のパワー源

旅行についてまわるのは「食べ物」と「お土産」と「写真」だろうか。
私はこのうちのお土産と写真が眼中にない人間だった。
だから、過去に旅行に行ってもお土産は買わない派だった。
理由は簡単。自分でほしいと思えないものを誰かに渡すのはイヤだから。
でも、どうしても義理で渋々買うことはある。

写真の方は、今ではiPhoneで下手ながら何枚か撮るようになったが、今回の旅行では息子が自分のお気に入りカメラでたくさん写してくれた。
18年の旅行ブランクの間に、息子を写す側から写される側に変化したようだ。

 
 

では、息子が写してくれた1枚を。
箱根神社のパワースポットと言われる鳥居の所で、沈みかける夕陽を受けながらパシャリ。
いつどちらが天に召されてもいいように、想い出は残しておいた。

(芦ノ湖 箱根神社 2020.10.6)

 
 

あとは私がiPhoneで撮った写真のみ。
箱根神社の入り口で。
さあ、階段を!
トントンと登れる足腰に感謝!
健康は大事。

神社の魅力はやはり樹齢の長い樹木のパワーに魅せられるところだろうか。
人間の何倍も長生きしている大木がゴロゴロしているのだから、そりゃあエネルギーをもらえるというもの。
ちなみに、樹木で一番長生きなのは「イチョウ」とのこと。
イチョウは防火にもなるから、ありがたい樹木だ。
(だから街路樹のイチョウは切ってはいけないのよね)

(箱根神社 2020.10.6)

 
 

箱根神社から芦ノ湖の湖畔に戻ってきたら、ちょうど夕陽が沈むところだった。
寒い風に吹かれながら、急いで1枚。
ススキと夕陽は情緒あり。

(芦ノ湖 2020.10.6)

 
 

翌日は午後から台風の影響で雨になるとの予報だったので、空模様を気にしながらの移動。
まずは「九頭龍神社本宮」へ。
この鳥居はあまりアップで撮らない方がいいのだとガイドのお兄さんが教えてくれた。
新緑の季節には湖面に緑が映り込んで逆さ富士のようになるのが綺麗だそうな。

(九頭竜神社本宮から写した鳥居 2020.10.7)

 
 

萬巻上人(まんがんしょうにん)が九頭龍を調伏した時に座ったとされる岩(鳥居の下)が、綺麗な水を通して見える。
ちなみに芦ノ湖の水は湧き水で、深いところでは地下40メートルから湧いているそうだ。

(芦ノ湖側から写した九頭龍神社の鳥居 2020.10.7)

 
 

息子が「芦ノ湖スカイライン」を走りたいというので、同行した。
車好きの息子は、埼玉からよく箱根まで走りに来ていたし、「箱根ターンパイク」はお気に入りのコースなんだとか。
しかし、「芦ノ湖スカイライン」は走ったことがなかったらしい。
じゃあ、「三国峠」に行こう!
その前に、「杓子峠」へ。

(杓子峠 2020.10.7)

 
 

次は三国峠。
大好きな富士山を目の前にして、息子は大喜び!
晴れていたらもっと素敵だから、今度またドライブするといいね。
今にも雨が降り出しそうで、気温も低くて寒かったが、この気持ちよさには圧倒される。

(三国峠 2020.10.7)

 
 

杓子峠より40メートル海抜が高いだけあって、風も三国峠の方が強い。

(三国峠 2020.10.7)

 
 

動画もどうぞ。
(なぜ縦撮りだったのだろう?)

おわり

 
 


カテゴリー: 子育て・野口整体・アトピー, こころ・想い パーマリンク

コメント

  1. あけねー より:

    美風さん
    こんにちは。

    箱根。
    懐かしいです。
    私が行ったのは十数年前ですが、箱根のホテルでシェフをしている友人を訪ねながら、美術館巡りをしたのが良い思い出です。

    美風さんが撮影された写真も
    息子さんがご両親を撮影された写真も
    共に美しいですね。
    特に光が綺麗で素敵な写真だなぁと魅入っておりました。

    美風さんは常に撮影する側にいるでしょうから、こうやって撮られるのも珍しいのでは?(笑)

    息子さんがご両親を撮った写真から
    温かい気持ちが伝わってきます。

    • マクロ美風 より:

      あけねー、こんばんは。

      おお、ご友人がシェフを!
      それはいいですねぇ。
      箱根は美術館も多いので、あれこれ楽しめますよね。

      昔は御殿場に「松田コレクション」(フェラーリ美術館ともいう)があって、車好きの息子は大興奮でした。
      いつでも動かせるように手入れしてあるのがすごかったです。
      富士山も見えるテラスでお茶やお食事もできる、採算無視のリッチな空間でしたが、今はないようです。

      写真のこと、ブログに載せるほどのものではないのですが、一応想い出として残しておこうと思いました。
      ちょうど夕陽が当たる時間帯だったので、光を写せました。

      >息子さんがご両親を撮った写真から
      >温かい気持ちが伝わってきます。

      ありがとうございます。
      18年ぶりの旅行が嬉しかったのでしょう。
      いつか彼の想い出の1ページになったらいいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です