男性の食事日記に文句なし100点! 今年の食事日記から感じたこと

むそう塾では「幸せコース」で食事日記を提出していただきます。
強制ではないのですが、今年は全員の方から提出があって、先日すべての添削が終わりました。

この食事日記を面倒だと思う人もおられるでしょうが、「人は食べたものでできている」ので、「自分は何をどのくらい食べて、その結果心身への影響はどのようになるのか?」ということを、一度客観的に把握していただく機会を提供しているのです。

皆さんが思い思いの表を作ってくださって、計量してくださって、体調観察をして書き込んでくださったことに感謝しています。

今まではお腹が空いたら満たすことを日常にされていたでしょうが、これからは、その時に「陰陽を考えてみる癖」をつけてみましょう。
食べてもいいし、食べなくてもいい。
食べるなら主食なのか、おかずなのか?
固形物より汁物なのか?
加熱したものなのか、生や冷たいものなのか?

たったそんなことを意識するだけでも、体の反応はちがいます。
そして、心の反応も変化してきます。

幸せコースの皆さんは、今月から1か月間「かつらむき投稿」がありますが、7月からは美味しいお料理が待っています。
玄米ご飯より陰性な麺類を習いますので、それを復習しながら、同じ炭水化物でも体の反応が異なることを実感できるでしょう。

 
 

【Sさんの食事日記】

今年の幸せコースではただお一人の男性であるSさんが、最後に食事日記を提出してくれました。
実に丁寧に書かれていて、気象情報も細かく書かれていることに感心しました。
天気・最高気温・最低気温・最高湿度・最低湿度・気圧まで記入されています。

所々にお料理やお弁当の写真も載せられて、一目でイメージがつかめるように工夫されています。
食材のgやccも細かく計量されて、さらに毎日体調や感想ももれなく記入されていて完璧です。

さらに特筆すべきは、玄米ご飯・お味噌汁・糠漬けをパーフェクトに摂っており、その量も申し分ありません。
むしろ多すぎるくらいの量を摂られているのですが、お仕事で体を使うとのことなので納得です。

今まで食事日記に点数をつけたことはありませんが、あまりにも素晴らしい食事日記だったので、思わず「文句なし100点!」と書いてしまいました(笑)

 
 

【自分で自分の食べるものを作れるようになりたい】

ところで、Sさんには、むそう塾の幸せコース第1期を修了した彼女がいます。
その彼女がいてもなお、「自分で自分の食べるものを作れるようになりたい」と幸せコースの門を叩いてくれました。

素晴らしいですねぇ。
これからの男性の鏡のような人です。

それから、Sさんの食事日記にはアルコールの記入がありませんでした。
でも、お食事の内容を見ていると、これならアルコールの力を借りなくても大丈夫だなと思いました。
上手に陰性が取れているからです。
ここはきっと彼女のセンスなのでしょう。

1期生が12期生にバトンタッチしたような食事日記を拝見して、とても嬉しく、そして12年間の歩みの日々を想い出させてくれました。
ゆらさん、ありがとう。

 
 


(鰻の棒寿司 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)

 
 

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床宅配のご注文方法
中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
シリットecontrol 鍋のご注文方法
むそう塾が教えている陰陽料理名一覧
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

 
 


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ パーマリンク

コメント

  1. めんでぃ のコメント:
    美風さん こんばんは
    有り難いコメント、嬉しく思います。
    でも、この様な食生活が送れていることも評価して頂けるのも、ゆらさんが全面的にサポートしてくれているからです。
    今のところ玄米炊飯と後片付けくらいしか、役割を果たせていませんし、料理どころか包丁の使い方すらまともに出来ておりませんので、先ずは1か月そして1年間勉強させて頂き、少しでも負担を減らしてお互いの役割分担が出来るようになりたいと思っています。
    宜しくお願い致します。ありがとうございました。
    • マクロ美風 のコメント:
      めんでぃさん、おはようございます。

      いや〜、後片付けをしてくれるだけでも嬉しいのに、玄米を炊いてくれるのですから、それだけでもゆらちゃんの負担が減ります。
      これから一つづつ覚えようとなさるわけですが、それが中川さんから習えるとは、なんと恵まれたことでしょうか!

      お料理って、食べてくれる人がいるだけでも嬉しいし、自分が作って「美味しい!」と反応してくれたら、それもまた嬉しいのです。
      ですから、めんでぃさんは食べても作ってもゆらちゃんが喜びます(^o^)

      そんなお二人の関係が素敵ですよね。
      どうぞ仲良くお料理を楽しんでください♪
  2. ゆら=Yu(8-10) のコメント:
    美風さん、おはようございます。
    思ってもみないコメントを頂戴し、驚くと同時に安堵しました。
    過分なお言葉をありがとうございます。

    思い返せば昨年の3月、彼から当初「昼間勤めて夜、料理の専門学校に通おうと思う」と聞かされたときはまず仰天し、それからよくよく話を聞いて
    「それなら、むそう塾も候補に加えて比較検討してみてほしい」と勧めたのが始まりでした。
    そして昨年6月に彼が愛クラスを受講し実際に「玄米を炊ける人」になると
    こんなに助かるものなのか~、と、想像以上に良いことづくめでした。
    美風さんのおっしゃるとおり、片付けだけでもありがたいのに、、、です。
    玄米炊きの圧落ち予想など、マニアックな会話そのものも楽しいです。

    今回、コロナ禍の関係で急遽状況が変わり、週の大半の夕飯を共にすることになり、
    お弁当も持って行ってもらうようになりました。
    そうした中で何度も思い出し、実感したのが、
    なかがわさんの「家族は同じものを食べているればだいじょうぶ」という言葉です。
    ほぼ同じものを食べていると、相手の体調が手に取るようにわかるのです。
    そしてお互いにとって必要なものを提供できる。
    そんなことも、今回の評価につながったのだと思います。

    これから玄米以外のお料理も作ってもらえると思うととても楽しみですし、
    ひたむきに課題に向き合う彼を見ているのも楽しく、
    むそう塾を勧めて良かったなぁと思っています。

    今日は2回目のお講座、また進化した幸せコースの内容でアタマの中を「過積載」にした
    めんでぃさんが帰ってくるのを、楽しみにしています。
    • マクロ美風 のコメント:
      ゆらちゃん、おはようございます。

      いや〜、教室での彼を見ていると、彼の性格がよ〜く判って面白いですよ(笑)
      そして、ゆらちゃんの性格も知っているがゆえに、「あの二人はこんなふうになるだろうねぇ」と中川さんと話しています(^_-)-☆

      中川さんの男性目線の説明は、コトッと彼の認識と一致する場面も多々あるようで、「あ、今伝わったな」と感じながら授業が進んでいますよ。
      常に細かくバージョンアップするむそう塾ですが、今年は桂剥きの大根の長さが1センチ短くなっていますので、より剥きやすくなっています。
      ゆらちゃんも試してみてね。

      >玄米炊きの圧落ち予想など、マニアックな会話そのものも楽しいです。

      共通の世界を持つと、日常生活もグンと充実しますよね。
      これからも毎月感動の材料をお届けしますので、話題も豊富な素敵な関係をお楽しみにください。

      お料理を通じて結ばれていく心を感じさせてもらって、私もとても嬉しかったです。
      コメントをありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です