「手の中に握る塾長」 ちょっとキザですが本当です

GW中に開催した講座は、「玄米の炊き方秘伝(愛クラス)講座」・「陰陽別お出汁の取り方と味噌汁大全講座」・「中川式お寿司講座」・「第5期秘伝コース」・「第2期無双原理&盛付コース」・「オムライス特訓講座」でした。

塾生さんは平日より日曜日や祝日の方がご都合の良い人が多いので、どうしてもカレンダーの赤いところにむそう塾の仕事は集中します。
お陰様で無事にすべての講座をこなすことが出来ました。
受講してくださった皆さん、ありがとうございました。

そして、何より嬉しいのは、習ったお料理をすぐ作ってくださって、ご家族様が喜んでくれたり、体調がよくなったと報告してくださることです。
たった1食で?と思われるかもしれませんが、本当にたった1食でも体の反応の違いを確認できるのが陰陽料理です。
たとえば、こちらの記事のように。

多くの人が何を食べても必ず何らかの変化をしているのですが、その変化を意識していないか、変化をキャッチ出来る情報に不足しているのが現状かと思います。
マクロビオティックの考え方では、陰陽でそれを判断できるツールがあるので、食べ物と体や心の反応を細かく観察することができます。

5月10日からは、「第11期幸せコース」が始まりますが、最初はちんぷんかんぷんでも、陰陽を理解することによって、だんだん納得のいくことが増えてくるはずです。
そのお手伝いを私も中川さんもスタッフの麗可さんも、iPhone片手にiMessageや動画や写真をやり取りしながら、瞬時にフォローしています。

中川さんはちょっとキザですが、「手の中に握る塾長」なんていうようなことを言っています(笑)
でも、本当にマメにお返事しているので、それは中川さんの実感でもあると思います。
そのくらい塾生さんと密につながっているということですね。

多くの人からiMessageで質問が届くと、確かに大変ではあるのですが、「出来ないことが出来るようになった」り、「困ったことが解決した」り、「ご家族様が喜んでくれるお料理が作れた」りすると、純粋に「よかったなあ」と思えるのです。

疲れというのは、相手に喜んでもらえることで一掃してしまうことを、ずっと感じています。
それが支えで10年以上も頑張って来れました。
ですから、嬉しいとか、感謝の気持ちとか、そういう心の状態は素直に相手に伝えるようにすると、人間関係も上手く行くことが想像できますね。

そんなことを塾生さんから学びながら、今年度も丁寧な仕事をしていきたいと思っているところです。

あなたの「嬉しい!」は誰かの生きる喜びになることでしょう。



(胡瓜のかつらむき 料理:京料理人  中川善博 マクロビオティック京料理教室 むそう塾)


+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式糠床のご注文方法(2018年度の場合)
2018年中川式糠漬け(じゃい安Direct)のご注文方法
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

+ – + – + – + – + – + – + – + – + – +


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です