マクロビオティックの陰陽を活かした家事アドバイス講座(39) バッグの収納方法

<Ka(86-4)さん>
タンスとクローゼットの中身の見直しをされて、エクセルに枚数をまとめてくださいました。
手間のかかる作業をありがとうございました。
量はそんなに多くないですよ。
女性ならこのくらいあってもいいです。
ただ、色合いがブラック・グレー・ブラウンなどで、なおかつ無地のものが多いですね。
もう少しカラーや模様を楽しめるようになると、見た目にもグッと華やかさが出てきて、お顔映りも良くなりますよ。
特に首周りに来る色を明るめにすると効果的です。

【寝室について】
今回いただいたメールに、やっと寝室のことが出てきました。
実は最初から私はこの寝室のベッドが気になっていました。
北側の窓からの冷気が首や肩を襲ってくるからです。
冬の北側からの冷気ほど体に悪いものはありません。
せめて洋室(1)なら違う配置も出来るかもしれませんが、そこはご主人様の書斎になっておられるので、今回は手をつけないお約束です。

家全体の床面積に比べて、寝室に当てている場所の床面積が上手に使えていません。
せめてシングルベッドで別室就寝なら可能なことも、ダブルベッドの壁にぶつかります。

 
 

リビングに続く和室にちゃぶ台や火鉢を置かれて、和の空間を楽しまれたりしているのですが、これはもしかして、前のダイニングセットの椅子が座りにくかった影響もあるのでしょうか?
リビングのダイニングセットの椅子、ソファ、和室の座椅子と、3箇所も座る場所があります。
それらの場所に座る時間は通算してどのくらいでしょうか?
新しくオーダーされたダイニングセットがとても座り心地が良くて、その他の座椅子やソファは不要になる可能性があります。

そのような状況なので、私はむしろ、毎日6〜8時間お世話になる寝室にもっと多くのスペースを使われることをお奨めします。
マンションというのは構造の関係で、どうしても北側を寝室にあてがってしまいますが、幸いにあなたがたご夫婦だけなので、思い切って和室を寝室に使うという発想はいかがでしょうか?

あなたは病気を抱えた身でありますから、普通の人以上にお休みになる場所は気をつけた方が良いのです。
それは一にも二にも免疫力を低下させないためです。
そのためには北側の窓から来る冷気は、なんとしても避けてほしいのです。
この際、思い切って洋室(2)を収納室に変えて、そこでもっと効率的な収納をされた方が断然使いやすくなります。

【追記】 3/10 22:19
もしこの提案が無理な場合は、せめて頭を南向きにして、冷気から距離を取りましょう。
この場合は冬には足元が寒く感じますから、毛布を一枚足元にかけるなどして、寒さを感じないようにしてください。
陰性が少し減ります。

*   *   *

次にご質問にお答えします。
【寝室のラグについて】
上に書きました寝室の移動が可能かどうかについて、判断が決まってからお返事させていただきます。

【照明器具について】
現在はどのお部屋もペンダント式の照明器具をお選びですが、このタイプは地震が来た時には、震度によって非常に危険な凶器に変わります。
ですから、私は天井に直付けするタイプをおすすめします。
しかし、照明器具といってもお値段が張りますので、あっという間に何十万円もの出費になってしまいます。
ですから、この際はせめて寝室になるお部屋だけでも、直付けタイプのものに買い替えてはいかがでしょうか。

【かばんの収納について】
かばんというのはハンドバッグではなくて、もっとカチッとした形のものでしょうか?
あなたから最初に送られてきた収納のお写真を拝見し直しましたが、おそらく大きめのバッグ(通勤バッグのようなもの)を指しているのかなと思いました。
もし、上の寝室の件が変更になれば、その時に具体的なアドバイスをさせていただきますが、一般的な収納の仕方をご説明しておきます。

日常的に使う頻度によって収納の場所を変えます。
季節外のかばんならクローゼットの上の棚でもかまいませんが、しょっしゅう使うかばんはむしろ腰から下くらいの高さにあった方が便利です。
収納の基本として、かばんの形を歪めない置き方をするようにします。
オープン棚が一番使い勝手がよいです。
私のイチオシは次の商品ですが、今も在庫があるかどうかは不明です。
もしなければ、このイメージで収納してみてください。

【すっ桐  カバンハウス】
とても機能的であること、それに材質がよいことがおすすめ理由です。
写真は押し入れの下段で二段にしていますが、一段でも使えます。

 
 

あと10日間ありますので、使用頻度の多いところから改善して行きましょう。
気分優先で住むのではなく、機能優先で住まわれると、断然家事がしやすくなりますよ。
中川さんのお住いがその好例です。
狭い空間に必要なものがビシッと収められていて、だからこそあれだけの仕込みをやってのけられるのだと感心します。

塾生さんの復習投稿や、家事アドバイスのお写真を拝見すると、おそらく私のキッチンが一番狭いです。
その次が中川さんのキッチンです。
美味しいお料理はキッチンの広さではなく、合理性から生まれるのだと思って間違いありません。
住まいも同じです。
広さではなく、使い方ですね。

そんなことを考えながら、家事アドバイスの残り期間を有効にお使いください。

 
 

▽▲ 過去の「マクロビオティックの陰陽を活かした家事アドバイス講座」は、こちらからご覧ください。▽▲

 
 

+ – + – + – + – + – + – +

【ご案内】
これから開催予定の講座案内 最新版
中川式鉄火味噌のご注文方法
【サイト内の記事】
マクロビオティックの盲点
塾生のきょうの100点お弁当
陰陽を感じる日々の暮らし
中川善博から娘へのお弁当
中川善博厳選!おすすめ器具と食材

 
 


カテゴリー: マクロ美風の家事アドバイス講座 パーマリンク

コメント

  1. さえ より:

    美風さん

    こんばんは。

    洋服の色合いは、こんなにモノトーンが多かったっけ?と自分のものなのにきちんと把握できていませんでした。これからは明るいカラーや柄ものにもどんどんチャレンジしてみます!

    鞄について大きさや形が情報不足で申し訳ありませんでした。まさに大きめな鞄を指しての質問でした。美風さんおすすめを教えて下さりありがとうございます。収納の仕方についてなるほどです。寝室について決まり次第、また宜しくお願い致します。

    照明器具についてはアドバイス頂いたように、まずは寝室のみで進めたいと思います。

    そして寝室ですが、変更の方向で考えたいのですがまたメールさせて下さい。宜しくお願い致します。

    合理的な使い方にシフトして、快適な暮らしが実感できるように、残り最後まで頑張ります。
    どうか引き続き宜しくお願い致します。

    • マクロ美風 より:

      さえちゃん、おはようございます。

      このコメントの後にも、どんどんとメールを送ってくださってありがとうございます。
      積極的に取り組んでいらっしゃるのが、ビシビシ伝わってきます。
      ご主人様のご協力が得られていることも大きいですね。
      素晴らしいことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です