「我や」青山店のこと

きょうの夜は、「我や」の青山店に行きます。
リマ・クッキングスクールの初級(ウィークエンドコース)に通う、仙台の花香さんの発案で、この交流会が開かれることになったのです。
メンバーは全員が、花香さんと同じコースに通う、リマの初級生ばかりなんです。
何人集まるか楽しみだなぁ♪
エっ?
マクロ美風は違うのでは?
ハイ、そのとおりなのですが、花香さんが特別にシルバーシートを用意してくださるそうで、お言葉に甘えてしまいました(汗)
     *  *
ところで、「我や」青山店って、とってもイキのいいお店なんです。
何が?
ネタが?
それは勿論なんですが、スタッフの皆さんが、とても感じが良くて、“”に“イキ”がいいんです。
要するに、いいエネルギーが集まってるって感じかな?
男性も、女性も。
そりゃそうだ、表参道は今、“表参道ヒルズ”で、凄い求心力だもんね。
先日、ここに初めて足を踏み入れたNさんは、すっかりこのお店に惚れ込んで、“アジトだ”と言って喜んでいました。
“アジト”。
懐かしいですねぇ、この言葉。
 (年代がバレル)
じゃ、その“アジト”に行ってきまぁ?す。


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメント

  1. prosperity_pie のコメント:
    我やって、昔はただのアジアンエスニックな居酒屋だったんですよね。我が母校の西門の真向かいにあったのですが今も同じロケーションでしょうか。今はマクロビになったんですねー。私が青学に通っていた頃の、世間での自然食の認知度の低さを考えると隔世の感があります。。。ベジっぽいものをたのんでも卵が入っていたりして結構泣かされましたが今はそんなことないんでしょうねー。
  2. マクロ美風 のコメント:
    prosperity_pieさん、こんにちは。

    そうですかぁ、青学が母校でしたかぁ。

    それじゃ、懐かしいでしょうね~。

    ぜひ、機会があったら、その母校の前で、ご一緒しましょう!



    ところで、今も、西門の真向かいですよ~。

    prosperity_pieさんがいらしたら、ウルウルしちゃうかも。



    我やのお料理は、厳選したお肉やお魚も扱っていますが、完璧にマクロビオティックのお料理を出してくれますよ。

    きのうも、マクロビオティックのコースでお願いしたのですが、初めから最後まで、動物性は一切なしでしたよ~。



    お料理の材料が何か、飲み込むまで分からなかったり、意外な料理法にビックリしたり、楽しいお店ですよ~。



    何しろ、かわいいお寿司までメニューにあって、おいなりさんもあるんですよ~。

    そんな意外性が、また、人気の秘密かもしれないですね。



    あ~、美味しかった♪
  3. prosperity_pie のコメント:
    いつかぜひみなさんとご一緒できたらいいですね、久々の「我や」。その日を楽しみにしています。昔の我やからは考えられないコース内容にますますびっくりしました。。。。
  4. マクロ美風 のコメント:
    prosperity_pieさん、こんばんは。

    最近の東京、特に、青山界隈は、マクロビオティックのお店が、どんどん出来てきましたよ。

    場所柄、しゃれたお店もあります。

    ぜひ、ご一緒しましょうね♪
  5. 花香 のコメント:
    マクロ美風さん、おはようございます!

    交流会ではありがとうございました。

    ゆっくりとした雰囲気に美味しい料理。

    我や仙台にもあるのだけれど、やはり青山のはマクロ仕様だけありスタッフの皆さんの暖かさが違って、もうダイスキになりました!



    それにしても交流会は時間がいくらあっても足りないですね。またvip席用意しますので、中級コースの飲み会には是非来て下さい!

    キャベツを持ったステキな方にも(謎?)お会いできて良かったです(笑)



    仙台では「ハレマク」の次にいつものお店での「マジマク」(真面目にマクロビ)も計画中です。仙台で頑張ってますよ~~!
  6. マクロ美風 のコメント:
    花香さん、こんにちは~!

    交流会、ホントに楽しかったです~。

    あの調子で、一晩語り合えたらいいのにね~。

    そうだ!

    今度、泊りがけって言うのもいいねぇ。



    ところで、我やさんの人って、みんなイイ感じでしょ!

    やっぱり、創作している物と、食べている物の影響、それに、最も大きいのは、経営者の姿勢だと思うわ。

    何しろ、マクロビオティックで病気を治した経緯があるんですもの。



    ところで、さすが聡明な花香さん。

    “キャベツを持った謎の人”にしてくれて、ありがとうございます。

    今度は、キャベツさんとゆっくりお話する機会をつくりましょうね。

    再会を楽しみにしてま~す!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です