お酒と陰陽(マクロ美風の体験的マクロビオティック)

独身の頃の私はよくお酒を飲んでいました。
えーっと誤解のないように書いておきますと、お酒が好きというより、お酒と一緒にいただく美味しいお料理が好きだったんですね。
ついでに、そばに素敵な男性がいてくれると、お酒もお料理ももっと美味しくて幸せだったわけです(^^;)
そんなわけで長年お酒を飲んでいたのですが、ひょんなことから結婚した夫は、気がついてみるとお酒が飲めない人でした_| ̄|○
これは大きな誤算。。。

しかししかし、マクロビオティックを知ると、お酒は陰性なので飲まない方が良いのだと思い込み、わあ、結果オーライだったんだと思って、夫に感謝したものでした(笑)
あれほど夜な夜なお酒を飲んでいた私なのに、結婚を境にピタッとお酒は飲まなくなり、マクロビオティックを始めてからは、料理用のお酒すら台所から消えました。
味醂も消えました。
当然のことながら白砂糖も消えました。
大好きだった千鳥酢も消えました。

そんなマクロビオティック生活をしているうちに、体は細くなり、体重も13kg減り、女性らしくない体つきになって来ました。
でも、すごく元気で威勢も良かったです。
行動力もバリバリあって(元々あったけれど)、いつも前向きな時間の使い方をしていました。
そんなある日、マクロビオティックの指導者から、「少し酢の物を食べた方がいいよ〜」「お酒を飲んだ方がいいよ〜」と言われ、一緒にお食事をすることになったのでした。
そこが私のマクロビオティックの分かれ道だったのです。

そこを境に私は猛烈にマクロビオティックの勉強をし直しました。
今だったら当然判ることが、マクロビオティックの初歩だった私には判らなかったのです。
それは「偏り」ということでした。
つまり、私は陽性に偏っていたのですが、調子が良かったので気づかなかったのです。
というか、陽性が良いことだと信じきっていて、陰性の大切さに目がいっていなかったのです。

かつてのマクロビオティック指導者に多かったのは、陽性になりすぎて大酒飲みになった人、お菓子がやめられない人たちでした。
お酒もお菓子も陰性の代表ですから、陽性になりすぎた先輩たちがそれらに手が伸びるのはよく分かります。
今ではストレスの多い人がそれと同じような傾向にありますね。
ストレスは陽性だからです。

そんな経験をしてからの私は、陰性を摂るようにして、お酒も口にするようになりました。
しかし、あれほど好きだったお酒も、過去にあんなに美味しいと思った銘柄も、そんなに感動するほどではないのです。
つまり、ある程度陰陽バランスが取れていると、そんなにお酒や甘いものがほしくないことが身をもって分かったのでした。
それは過去の私の食べ方と、マクロビオティックを知ってからの私の食べ方が変わったため、美味しく感じるラインが移動したためですね。
これに似たことはたくさんあります。

そんなわけで、もしあなたが物凄くお酒を飲みたいか、お酒に強い場合は、あなたの体の中に強い陽性を抱えていると考えて間違いありませんね。
この陽性というのは、体質的な陽性だけでなく、物凄く不満を持っているとか、感情処理がうまくいっていないとか、極度な心配事を抱えているとか、そういう陰性の積み重なったものが陽性に転じたような場面も含まれます。
ですから、それらの一つひとつを解決していくと、そんなにお酒や甘いものに逃避しなくても済むようになります。

ということで、今の私は陰陽の偏りを感じていないので、お酒はお料理の美味しさを引き立てる存在であり、甘いものは一仕事を終えてリラックスしたい時の演出ですね。
それが陰性の本来の役目だと思うので、今は陰陽をうまく使いこなせているかなって思います。

それから、陽性になりすぎる一つの落とし穴って、ごま塩だと思うので、マクロビオティックを知って玄米にごま塩をセットで考えている人は、良く考えたほうがいいですね。
ごま塩にはごま塩の良さがあるのですが、いつも玄米とセットである必要はありません。
サイトの「マクロビオティックの盲点」に並んでいる過去記事も参考にしてください。

マクロビオティックの落とし穴 胡麻塩の盲信
中川善博の胡麻塩論(プロが研究した胡麻塩)
中川式胡麻塩・鉄火味噌


マクロビオティック京料理教室 むそう塾 ビール

(マクロビオティック京料理教室 むそう塾の授業から ビールと唐揚げ)


カテゴリー: マクロビオティックの指導現場からシリーズ, マクロビオティック料理教室 むそう塾, 料理人 中川善博の陰陽料理, マクロ美風の体験的マクロビオティック パーマリンク

コメント

  1. なな のコメント:
    こんばんは
    過去の記事に、コメントお許しください。

    お酒を、すごく飲みたがる。っていうのは、身体の中に強い陽性があるということに、すごく興味があります。
    私は、マクロビオティックの先生に「極陰性」だと言われました。
    多分、原因は、コ─ヒ─とお酒だと思っています。就職してから、20年近く、これで乗り切ってきたと言いきれます。
    ただ、自分に、仕事のケアレスミスも多く、叱責されることが多い。(極陽の方が多い)そのストレスをお酒やコ─ヒ─で紛らせてきました。しかし、中身は、男性化していっているような気がします。「見かけは女の子っぽいけど、中身は、男」と、よく言われます。婚期を逃しているのも、これが原因ではないかと思われます。
    仕事をしている限り、男化していくのはしょうがないかもしれません。
    悩み事やストレス、未消化の感情。陰が積み重なって、極まって、陽に転じたというのが、すごく興味深くて、「これだ!」と思いました。
    一つずつ解決するというのも、よくわかりません。
    男性(陽)を惹く、真の女性(陰)に、なるためには、どうしたらいいのでしょう。
    仕事を辞めるしかないのでしょうか
    • マクロ美風 のコメント:
      ななさん、初めまして。
      コメントをありがとうございます。

      マクロビオティックの先生に極陰性だと言われたのですね。
      私はななさんにお会いしたこともないし、お写真を見たわけでもないので、あなたがどのようなタイプか判りませんが、私なら滅多に極陰性とは言いません。
      陰陽を判断する時、肉体面と精神面があるので、そのどちらで判断されたか分けて考える必要があります。

      その上で私があなたに感じるのは、2つあります。
      1)その仕事が合っていない
      2)気持ちの切り替えが下手
      ただこれだけで、肉体面では極陰性ではないと思われます。
      だって、20年間もお仕事に行けるのですから。
      というか、20年間もコーヒーとお酒を飲んでも耐えられる陽性をもっているとも考えられます。

      >仕事をしている限り、男化していくのはしょうがないかもしれません。

      そんなことはありませんよ。
      お仕事をしていても素敵な女性はたくさんいます。
      むしろ、お仕事のある人の方が、前向きで精神面でも好ましいかたが多いですよ。

      >一つずつ解決するというのも、よくわかりません。

      上の1と2を解決することを考えてはいかがですか?

      >男性(陽)を惹く、真の女性(陰)に、なるためには、どうしたらいいのでしょう。

      心を磨くことですね。
      お酒を飲んでも心は磨かれません。
      一時的に麻痺しているだけです。
      つまり、現実から逃避しているだけで、問題の解決にはなっていないのです。

      >仕事を辞めるしかないのでしょうか

      お仕事を変えることは良いと思いますが、まったく働かないのは精神的にもよくないと思います。

      あなた自身が感情処理や人間関係の切り替えが上手に出来るようになると、周りの見る目も変わってきますので、まずはなぜ仕事のケアレスミスが起きるのかを考えて、それは防げるのか、病的なものなのか正しく把握することが必要だと思います。
  2. なな のコメント:
    ご丁寧なコメント返し、ありがとうございますm(_ _)m
    とても、心に響く内容です。

    マクロビオティックの先生には、見た目、色の白さから、陰性だと言われました。多分。我が強い…とも。
    確かに、事務処理が忙しくなると、頭が拡散してしまって、自分でもどうすることもできません。陰性だからかなと、梅翔番茶や、玄米コ─ヒ─を飲んでいましたが
    、また強いストレスがかかると、コ─ヒ─やお酒もやめられません。
    ケアレスミスは、病的なものだと思います。色々調べて、サプリを飲んだりしています。締めることが苦手です。
    そこからくる自信喪失が問題なので、事務処理の仕事は、先生の言う通り向いてないのかもしれません。自分でも、20年やって、はっきりそう思います。
    でも、今の仕事でも、営業はわりと好きだし、待遇も良いので、出来れば、自分がマクロビや体質、能力改善で、勤め続けることができればと思いますが、自分を殺しているのかもしれません。

    スゴイ!!気持ちの切り替えは、下手です。同じことを何年も考え続けています。
    感情の処理や人間関係の切り替えも、課題ですね。人に振り回されやすいので。怒ると黙って我慢してしまいます。感情の処理とは、皆さん、具体的にどうしているのでしょう。お酒で感情処理をするのが、癖になっている気がします。

    お酒や娯楽で現実逃避してきましたが、
    「ケアレスミスと結婚」という、二つの課題は、20年、解決しておりません。
    でも、それは、表層的な問題で、根本的な原因は、、先生がおっしゃる二つのことかもしれません。
    今こそ、逃げていた現実を解決すべきとき?
    心を磨く…深いですね。どういったことでしょう?陰は陽を惹く…。
    お酒好きの極陽の男性に振られてから、自暴自棄で。
    私の中の極陽が消えれば…
    もう、何をどうしたらいいものか。

    マクロビオティックの教室にも、初級中級と通っていましたが、いつもダメ出しされているようでした。
    私が、上手くいってないのは、陰陽整ってないせいだと、自分を責めたり…
    どこに向っていったらいいかわからない。
    でも、奥深いマクロビオティックの世界にまた興味がでてきました。
    何をしても解決できない問題に、少し光が見えたような気がします。
    食べものに留まらない、陰陽の世界。
    具体的なアドレスをいただけて、本当に嬉しいです!!
    もっと、陰陽勉強してみたい。
    • マクロ美風 のコメント:
      ななさん、こんばんは。

      なるほど、このコメントで判断する限り、あなたは陰性な面が多いですね。
      でも、極陰性ではないので、ぜひこれから次のことに集中して生きてみましょう。

      ・笑顔でいられる自分になること

      それが実現できたら、心が磨かれて行きます。
      笑顔と心を磨くのは表裏一体ですから、仕事中はもちろん、寝ているときでも笑っているのではないかと、第三者に思われるくらい笑顔の時間を多くしましょう。
      そうしたら必ず結婚に結びつきます。

      本当にそれが実現できたら、またこの記事にコメントを寄せてください。
      ずっとお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です