桂剥き道」カテゴリーアーカイブ

桂剥き投稿2019  Yaさん(123-3)

刃が開くのはマシになってきましたね。後は力みを無くして左手の送りの力みも無くして真っ直ぐな円筒形の芯が残れば良いでしょう。 薄く薄く均一な厚みに剥きましょう。
刻みは どうもまな板が古くて濡らして乾かしてを繰り返して反っていませんか? 手首の硬さもありますがまな板の反りもゲソの原因であったかもしれませんね。
正しい道具を揃えてから練習・投稿を始めるというアタリマエのことが出来ていなかったようです。

引く方が強い丸刃になっているようですね。 直しましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント

桂剥き投稿2019  Isさん(120-2)

砥石に包丁を押し付けてこすっています。
砥石からわずかに浮かせて前後させましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント

桂剥き投稿2019   Naさん(124-1)

とっても上手です  縦線撲滅しましょうね

 
 

 


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント

桂剥き投稿2019   Kaさん(93-4)

尺取り虫と大根が奥にパタパタ倒れる癖を無くしましょう。
それだけですね。
刻みもウール玉も美しいので美しいフォーム(剥き姿)にこだわってください。
それが桂剥き美人なのです。  尺取り虫はちょっとこまるw


カテゴリー: 桂剥き道 | 1件のコメント

桂剥き投稿2019  Irさん(125-4)

泥に乗れるようになってきました。 砥石の横に垂れないようになりましょう。
桂剥きも上手です。 前にも言うたち思いますが包丁と前腕のライ角が大きすぎます。握り込んで手のひらのふところがなくなる(覚書参照)のです。
わかるかな? これがあなたの力みの原因になっています。
上の図のように前腕と包丁の角度を(180-45)135°に保てていれば楽に平行に均一に面圧が当てられるでしょう。 微調節しましょう。
刻みは大丈夫 ということは包丁砥ぎも大丈夫ということです。


カテゴリー: 桂剥き道 | コメントする