「会って、話すこと。」を陰陽で考えると?

【会って、話すこと。】

この本を手にしたら、きっとあなたは一気読みすることだろう。

漫画のような手触り、読みやすさ。

内容は濃すぎるほど濃い。

何歳の人が読んでも胸に響く言葉がある。

 
 

【陰陽で考えると?】

私は「会って話す」ことを大事にしている。

体温を感じたいから。

 
 

陰陽でいうなら、オンラインより会う方が陽性だ。

オンラインで伝わる内容は陰性な部分だから、私はもっと陽性な部分を伝えたい。

人と会うと、細胞全体で感じるものがある。

仮に無言であっても、相手の目を直視しただけて伝わるものがある。

これが陽性というものだ。

 
 

電子書籍と紙の本の場合、電子書籍が陰性で、紙の本が陽性。

電子書籍もよいが、この本は紙の本で読むと、もっと五感で感じられる。

 
 

会って、話すこと。 田中泰延著)

 
 


カテゴリー: こころ・想い, 本の紹介 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です