尊厳ある死 Aさんさようなら

先日こちらの記事で触れた親戚のAさんですが、本人の希望で退院してから1週間で亡くなりました。
すべてのチューブを外したので、食事が喉を通らなくなり、お水も飲めなくなって、最後は眠っている間に静かに息を引き取ったということです。
知らせを受けて駆けつけた私の夫は、最後のお顔が少し微笑んでいるように見えたので救われたとのこと。

ただ息をするだけなら、病院にいた方がもう少し生きられたかもしれませんが、Aさんはそれを拒否したわけです。
つまり「尊厳ある死」を選んだのでしょうね。
残されたご家族様も納得されているので、これで良かったのだと思います。

人は食べられなくなったら死ぬ。
この当たり前を真正面から受け入れたAさんご一家に、お疲れさまでしたと申し上げるとともに、Aさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 
 

(夕暮れの京都)

 
 

Aさん、さようなら。

 
 


カテゴリー: からだ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です