熱中症になった場合の飲み物 ならないための食事

今年も熱中症の人が増えて来ました。
これは単に気温が高いからという理由だけでなく、衣服や食事面も考える必要があると思います。
ご存知のように今はアイロンをかけなくてもしわにならない化学繊維のお洋服も多く、吸湿性が悪かったり発汗性の悪いデザインだった場合は、汗の処理もうまく出来ません。
汗をかく環境の場合は、発汗を意識してお洋服選びをしましょう。

それから、就寝中も熱中症の問題がありますが、眠る前にお部屋を寒いくらいに冷やしておいて、部屋の窓やドアは閉めたままクーラーを消して寝るのがおすすめです。
朝方には28度前後になっていると思いますが、寝汗で寝苦しいことはありません。
ポイントは寝具が冷え冷えになるまで冷やしておくことです。
シーツが冷やっとするまで冷やせばグッスリを保証します。
6時間以上寝る人や、動物性がたくさん入っている人は、これでは暑いと感じる場合があります。
そんな人はクールダウン出来るお食事を摂るようにしましょう。

 

027A9371

(京野菜のラタトウィユ 料理:中川善博)

027A9364

(賀茂茄子と万願寺とうがらしの揚げ浸し 料理:中川善博)

上の二品のお料理は冷蔵庫で冷たく冷やしたものをいただきます。
どちらもちょうど良い塩分濃度なので、ゴクゴクと汁ごと飲み干して「あ〜、美味しかった!」となります。
これは確実に熱中症予防のお料理です。
夏が旬のお野菜はクールダウンにピッタリですし、お汁の塩分濃度は体液とほぼ同じですから、理想的な水分・塩分補給になります。

ところで、熱中症になった場合には、軽い場合なら冷たいお味噌汁を飲むと良いです。
よく水分だけを摂る人がいますけれど、それでは駄目です。
スポーツ飲料は甘味が多くて塩分が少ないので駄目です。
常々お味噌汁を飲む習慣をつけて、水分を多く摂らないような食生活を続けていれば、熱中症には無縁でいられるはずです。
食生活の乱れが熱中症を招くといっても過言ではありません。
ですから、年々熱中症患者が増えているのだと思います。

熱中症になった場合は、必ず塩分も一緒に摂ることをしますが、意識などにも影響が出ている場合は、もっと早く吸収してくれる電解質を摂ることが効果的です。
しかし、この電解質飲料はお水代わりに普段から飲むものではなく、点滴の代わりに応急処置として飲むものです。
ミネラルウォーター感覚でゴクゴク飲むと水毒症状が起こってしまいます。
薬局などに置いていますが、お医者さんや薬剤師さんの指示がないのに飲むのは止めてください。
様子をみて救急車の出動をお願いする方が安全な時もありますから、適切な判断をしましょう。

我こそは陰性と思う人は、あらかじめ梅醤番茶を飲んでおくことも良いです。
夏に陽性な梅醤番茶を? なんて思わずに、失われるものは先に入れておくことも予防になります。

マクロビオティックを知っているがために、夏の過ごし方を間違ってしまう人もいますから、どうぞ体調を良く観察しながら、上手に食べ物でコントロールしてください。
お盆を過ぎてから体調が落ちてくる人は、間違いなく夏の過ごし方を間違った人達です。
え? すでに体調不良? それはもう日々のお食事が滅茶苦茶ですね。
熱中症になる人は代謝能力が落ちているわけですから、水分と塩分を上手に取り込むようにしましょう。

 


カテゴリー: からだ, マクロビオティックの陰陽で考えてみよう パーマリンク

コメント

  1. てんこ より:

    美風さん、こんにちは。
    的確な記事をありがとうございます。

    熱中症の話題があちこちで取り上げられています。
    熱中症になりにくい環境を整えたり、なってからの対処に焦点が当てられる事が多いのですが、ならない様に体を整える視点がかけているなと気になっていました。
    周辺に解決策を求めるばかりで問題は自分自身のなかにあることに気づけないのですよね。
    熱中症問題に限った事ではありませんが。。。

    我が家の子供たちにはお味噌汁とぬか漬けで夏を満喫してもらいたいと思います。

    • マクロ美風 より:

      てんこさん、こんばんは。

      >周辺に解決策を求めるばかりで問題は自分自身のなかにあることに気づけないのですよね。

      そうなんです。
      何事も出発点は自分にあることに思いが至らないと、いつまで経っても同じことを繰り返すことになりますよね。
      いつも問題の本質をつかんで、自力で解決の道筋をつける訓練をしてほしいなと思っています。
      もちろん、これは一般人に向けた発信なので、てんこさんはお気遣いなく。

  2. まま(4-6) より:

    美風さん おはようございます。
    記事を思い違いのないよう、何度も読み返しました。まだ、頭痛と脱力感が残ってますが、初心に戻り、食事と水分の取り方に注意しながら、まだまだ暑い夏を乗り切りたいと思います。
    ありがとうございました。

    • マクロ美風 より:

      ままさん、お久しぶりです(^^)/

      この問題の核心は血液の質です。
      人間って血液で生きていることを実感するのが熱中症の特徴です。
      普段から間違いのない暮らし方が出来るようになっておきましょう。

  3. かがやき より:

    美風さん、こんばんは。
    熱中症で検索し、こちらの記事を拝見しました。

    家族が熱中症または脳梗塞疑いで救急搬送されたと連絡がありました。
    結果は熱中症で、会いに帰った時にはもう元気な姿でした。
    その姿を見て、とてもとても安心しました。
    また、元気で暮らせていることが当たり前のように感じてしまいますが、
    生きているって本当にありがたいと思いました。

    私たち夫婦は、むそう塾のおかげで熱中症とは無縁の日々を送ることが出来ています。
    ありがとうございます。
    今年の夏も元気にすごしたいと思います。
    そして、私たちが元気で、家族にも伝搬していったらいいなと思います。

    • マクロ美風 より:

      かがやきちゃん、こんばんは。

      ご家族といっても、かがやきちゃんはご主人と二人だけの生活なので、別にお住まいのご両親のどちらかが熱中症になられたということだと理解しました。
      こうして一瞬でも命に黄色信号が灯ると、普通に暮らせる幸せやありがたさを痛感しますよね。
      でも、喉元をすぎればそのことをジワジワ忘れてしまうのが人間の常なので、この経験を境にして日常生活を見直してもらえるといいですね。

      まずはかがやきちゃんがそのお手本になって、納得してもらえると見直ししてくれるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です