おはよう おやすみ

今月の幸せコースの座学は「ありきたりの大切さ」です。
私の体験談を含めて日々の暮らしを見つめるお話をしています。
皆さんにちょっとだけお話をしていただくのですが、きのうは嬉しいお話がありました。
結婚されて2年経ったIさんは、ご主人が入退院を繰り返して心労の多い日々を過ごされていました。
妊娠・出産・育児と並行しての毎日は本当に大変だったと思います。
お疲れモードのご主人に元気になってもらいたくて、一時は食べてくれなくなっていた玄米ご飯を、あなたの健康のために食べてほしいとお話ししたそうです。
話し方も以前とは違う感じでお願いしたそうです。
その結果ご主人は玄米ご飯を再開してくれるようになって、お代わりまでしてくれるのだとか。
そして、嬉しい変化もあったそうなのです。
夜は崩れるようにお布団に入っていたご主人が、「おやすみなさい」と言ってから寝てくれるようになったこと。
朝もギリギリまで寝ていたのに、少しゆとりが出来て「おはよう」と言ってくれるようになったこと。
この変化をハンカチで目頭を押さえながら話してくれて、ついもらい泣きをしてしまいました。
これはご主人に体力がつき始めて来た証拠ですね。
人間って自分が辛いときはまわりの人に気遣い出来ないものです。
自分のことで精一杯になるからです。
でも、Iさんのご主人は玄米ご飯のおかげで、Iさんにおはようおやすみの挨拶をできるようになりました。
Iさんのおっしゃった言葉が忘れられません。
「私はこの言葉が聞きたかったのだわ・・・」
一番楽しいはずの新婚時代を、細い肩にいっぱいの荷物を背負わされたIさんは、きっと何度も泣いたことでしょう。
でも、「おやすみ おはよう」の言葉でこんなにも感動してくれたのです。
嬉しかったです。
玄米ご飯をもっと優しく炊くために、Iさんは愛クラスを再受講されます。
進化した愛クラスで、新しい発見をいっぱいお持ち帰りくださいね。
応援していますよ、Iさん。


カテゴリー: マクロビオティックが楽しい♪ パーマリンク

コメント

  1. まりこ より:

    Iさん、美風さん
    大切な大切なお話しを伝えてくださりありがとうございます。
    幸せを想い描くIさんのひたすらな氣が玄米炊きに注がれ、それをお食べになったご主人に何よりの手当てとなっているのですね。
    胸が熱くなり泣けました。
    私にはまだまだ想いが足りてない家族がいます。
    もっと想いを込めて家族のために炊きたいと思いました。
    家族の誰にも小さな嬉しい日が続く、相手への言葉かけができる、そんな日々が幸せですね。

  2. Is より:

    美風さん,おはようございます。先日はありがとうございました。
    私の拙い話を、このように記事にしていただき、もったいない思いでいます。

    朝、玄米ご飯のお弁当を持った夫を見送りました。
    今は娘が私の隣で、1人お喋りしながらのびのびと遊んでいます。
    それだけで、なんだか涙が出てきます。
    当たり前の日々を、当たり前に過ごせる事の奇跡を感じています。

    愛クラス、とてもとても楽しみにしています。
    しっかりと学ばせていただきます。
    どうぞよろしくお願い致します。

  3. マクロ美風 より:

    まりこさん、こんにちは。

    何気ないひと言が相手を傷つけたり、喜ばせたり、奮い立たせたり、感謝したり、言葉には命があると常々思っています。
    だからこそ私は、言葉だけのブログで可能性を確かめてみたかったのです。

    Iさんは結婚して間もなく、ご主人の病気のために氣を張って頑張って来ました。
    全力で支えて来ました。
    乳飲み子を抱えて遠い病院に毎日通いながらも、何とかして京都まで学びに来れるよう努力されています。
    ちなみにIさんは関東在住です。
    この距離を乗り越えて彼女はむそう塾で学んでくれています。

    こんなに頑張ったIさんだからこそ、「おはよう おやすみ」の当たり前と思われる会話さえも、貴重な言葉になるのです。
    可愛いお子さんとともに、Iさんご家族が幸せに包まれることを願ってやみません。
    まりこさんにも似たような時期があったからこそ、この記事がまりこさんの心を揺さぶったのでしょうね。
    痛みの分かる人って好きです。

  4. マクロ美風 より:

    Isさん、こんにちは。

    >朝、玄米ご飯のお弁当を持った夫を見送りました。
    >今は娘が私の隣で、1人お喋りしながらのびのびと遊んでいます。
    >それだけで、なんだか涙が出てきます。

    うんうん。
    私も涙が出ちゃったよ。

    >当たり前の日々を、当たり前に過ごせる事の奇跡を感じています。

    わ~ん、もう号泣です!
    「当たり前に過ごせる事の奇跡」という言葉が、胸に突き刺さります。
    本当にあなたはすでに私以上の体験をされましたよね。
    苦しかったでしょうが、素晴らしい財産を残したと思います。
    お子さんの笑顔が何よりの救いだったことでしょう。
    このような体験をされると、お子様の育て方も変わって来ます。
    視点が変わるんですよね。
    本当の愛がIs家にはありますね。
    素晴らしいことです!
    絶対にお幸せになってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です